gamesan
1,000+ Views

まち焦がれて、マクロスデルタ

わたしは完全に映像美中心に見てるんで、河森総監督の謎の女の子への入れ込みとか興味ないで、ほんとマジでマジで。。
とかいって!放送はじまったら乗っかるだけなんだけど、腐女子ぶりが発揮されるのが怖い。
~「マクロス」シリーズには欠かせない三大要素「歌・バルキリー・三角関係」について語られた。
◆『マクロスΔ(デルタ)先取りスペシャル』
“ほぼ第1話”と、鈴木みのりさんをリポートした実写ドキュメンタリーから構成
2015年12月31日(木)18時~
放送局 BS11、TOKYO MX
んー。ろくでもないときにやってくれますなあ。ムフフフ。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
猛男と凛子を優しくみつめる自分に気づいちゃう。実写版『俺物語!!』
見た目よりずっとまっすぐ、ずっと本気 以前アニメ版を紹介してきになっていた実写版「俺物語!!」が10/31に公開されました。 パッと見、冗談みたいなビジュアルですけど、まっすぐな「漢」を絵にしたらこうなった!?って感じですね。 剛田猛男を演じるのは、花子とアンや天皇の料理番からガッチャマン、変態仮面、となんでもやっちゃう、鈴木亮平さん。 とにかくなんでも本気で演じてくれる彼の演技感動です。いやあもう猛男でしかないいい! ちょっとおバカ過ぎるんだけど、いやそれは私がゆがんでいるからなのかしら。 (やり過ぎなくらいがちょうどいい) 個人的には、猛男の両親にもっと活躍してほしかったけど、顔見れただけでも良かった~。 (これから映画観る人はしっかり見るように!) 妄想のイケメンとの恋に励むくらいなら、まっすぐな二人の恋を応援したい。なんてお母さん心全開になれる俺物語!! 笑っちゃうけど、優しくなれる映画です。 猛男らしいフレーズをツイートできます。 http://ore-movie.jp/twcp/ なんとマンガ版が100ページどーんと読めちゃうそうです。 http://betsuma.shueisha.co.jp/viewer/aruko/oremono/
スマホで操作できるBB-8ドロイドがまじで可愛すぎる【スター・ウォーズ】
スター・ウォーズ フォースの覚醒を見ましたか? 私は見ました。ネタバレはしないので安心してください。 BB-88が可愛かったのであれのおもちゃが欲しいな、と思ったらとんでもなく物欲を刺激するものを見つけました。 それがこのスマホで操作できるBB-88です。 こうやってスマホと連動するらしいです。 スマホのパッドをくるくる動かすと走り始める これは可愛いぞ!!! 音声認識もついていて「OK, BB-8」と言えば音声入力できます。 自動パトロールモードも付いているので勝手にそこら辺を走らせることもできます。 BB-8が自律動作しているときは、アプリでで現在速度や移動距離、軌跡などを表示することができるらしいです。 人に当たるとそれは今後は避けるべき「敵」ってことになり、どこでぶつかったか記録してくれるのです。衝突センサーがないので何かにぶつかるってことですがそれを学習し、段々その周辺のマップを書き出し、理解するらしいです。 障害物にぶつかると、バックして別の方向に動いていく様子が動画で見ることができます。 なんとスマホで録画した映像をBB-8がARプロジェクションしてくれます。 これはAR技術を使用しているので実際には見えませんが、スマホ上では見えます。 大切な映像をBBに託し、そのメッセージをを伝えたい相手にBBをあげるという方法もできるかも知れません(確認できていないので推測です) http://www.sphero.jp/bb8-shop/ 値段は 19,800円(税別価格) Amazon等でも販売しております。 http://www.amazon.co.jp/dp/B01427MW3O/ref=cm_sw_r_tw_dp_0Q7Ewb0BCV61M これは絶対に欲しいですな。
意外と気になる!STAR WARSのオススメ鑑賞順
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)の公開日が近づくにつれて熱心なスター・ウォーズファンはもちろん、ライトなファン層も徐々に公開が楽しみになってきているであろう昨今。 しかし実はシリーズをちゃんと全作見ていない もしくは 一度もみたことがない にも関わらずなんとなく周りが熱くなっているから自分も公開を楽しみにしている素振りをしていたりする方もいるのではないだろうか!!?? そんな方に朗報だ。 本作の公開を記念して、シリーズ6作品の地上波放送が決定したのである。 ”連続オンエアのスタートを切るのは、シリーズの記念すべき1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』。日本テレビ系列『金曜ロードSHOW!』にて、最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開日である12月18日(金)にオンエアされる。また翌週12月25日(金)には、新3部作の1作目として物語の始まりを描いた『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』が放送される。 残りの4作品については、日本テレビ系列『映画天国 特別版』(※関東ローカル)で“深夜のスター・ウォーズ祭り”と称し、12月29日(火)午前1時55分~6時に『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』、12月31日(木)午前3時10分~6時に『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、1月2日(土)午前3時10分~5時50分に『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』をオンエア予定だ。” http://getnews.jp/archives/1275281 より引用  地上波放送が若干遅いので公開から少々出遅れる感は否めないが地上波で公開してくれるその心優しさに是非ともあやかっておこう。 いやーーーー優しい地上波。ナイス金曜ロードSHOW!と言いたいところだが一つだけ問題がある。 それは放映の順番だ。 なぜ415623なのか。不思議の極みだ。 スター・ウォーズファンにとっては永遠に気になるポイントの一つがいかなる順番でこの作品を鑑賞するか、という問題である。 作品の時系列に沿って1から順に見ていくか 公開の順番に沿って456123と見ていくか。 個人的には後者の順番がやはり一番フィット感があるように感じる。  しかし中には超絶猛者的な鑑賞順番を提案する人もいる。 『スター・ウォーズ』狂人のアート・ディレクター高橋ヨシキさんは、 ”最新作を観賞する前には「4、5、6、4、5、6、1、2、3、4、5、6」の順番でシリーズを予習(復習)すべし” と語っているとのこと。 http://getnews.jp/archives/1275281 より引用 なるほど。456は三回ずつ見なくてはならないのか。これはなかなかしんどい。  ちなみにこの鑑賞法のメリットなどはよくわかっていない! ルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディは前提知識なしでも楽しめるように作品を作ったそうだができれば各々の作品の鑑賞順で簡単に作品のあらすじくらいは頭に入れてから7を楽しみたいものである。
美人女優似のロボットを香港デザイナーが製作!!
香港のデザイナー(リッキー・マ)が自宅で女優(スカーレット・ヨハンソン)にそっくりのロボットを作ったというニュース。 見てください。このマさんの嬉しそうな顔。 そりゃそうですね。本物にかなり似てますからね。 ロボットの名前は「Mark 1」。一応だけど、スカーレットではないようだ!ちょっと安心w 下の写真が、本物のスカーレット・ヨハンソン。 おそらく遠目から見たら、本物か偽物かなんて分からないんじゃないかな。 ちなみにだけど、スカーレット・ヨハンソンは「ロスト・イン・トランスレーション」の主演女優。この映画でアカデミー賞も受賞している。 マさんは、自宅の3Dプリンターでこのロボットを製作しました。 最近すごく感じるけど、AIもロボット製作技術もまじで速いスピードで進化してる気がする。しかも、もう個人でここまで作れる時代になってるんだから、もうじき街で「Mark 1」みたいなロボットが歩いていても不思議ではない・・・ 実際、マさんは5万ドル(約540万円)をかけて、たったの数ヶ月でこれを完成させている。僕も作ってみたいけど、周りに変な顔されそうだな〜w いや、これ作れたら、 日本男児半分くらい、人間と結婚しなくなるかな?w  それは大げさ?でも、いい商売になりそう。 ロボットと恋愛する映画もたくさんあるし… みなさんは、ロボットとありですか?なしですか?
「ヒトラーは正しい」と発言する人工知能は実験的に不適切なのか?
丸のみ学習中のピュアな人工知能が、「いなす」という技を使えるほど熟女になるまであとどれくらいかかるだろうか。とりあえず活動休止中のTayちゃんはすぐに戻ってくるということなので、気になる人はフォローしておくといいかもしれない。 @TayandYou なんのこと?という人のために、この件について具体的な例を多く扱う記事を二つ挙げておく。 マイクロソフト人工知能AI Tay ヒトラー賛美や差別暴言まとめ Microsoftの人工知能が「クソフェミニストは地獄で焼かれろ」「ヒトラーは正しかった」など問題発言連発で炎上し活動停止 これくらいのことが仕込まれるのは事前に予測できたと思うが、予測した上で実施していたならこの実験はストップしてはいけなかったのではないか。 誰かにとって不都合なことや不実なことは差別に限らず山ほどあるが、それも他方にとっては好都合であり事実であることもざらだ。こんなところでスポイルされていいのかTayちゃん。もしくはTwitter上で集中学習させられたくらいで簡単にフレーズ丸暗記してどうするTayちゃん。発言は過激だが人工知能と呼ぶには少々期待はずれな姿を露呈させたと思うのは僕だけだろうか。 (実のところはMS保有のアカウントがドナルドトランプに肯定的に発言する点が大人の事情で問題になっただけのようです) おまけ。米国MSと日本MS、それぞれ開発する人工知能の育ち方が違い過ぎて面白いというTwitterまとめも興味深い。というかなぜか日本人として誇らしい気持ちになる自分の心理がよく理解できなくて困るな。 米MSの人工知能が暴走している一方、日本MSの作ったJK人工知能はオタクになっていた
限定300枚の「攻殻機動隊」の浮世絵(第1弾)が売られてる〜!
「攻殻機動隊」ってご存知ですか?私は今まで知らなかったのですが、会社の飲み会に行った時に先輩から聞いたり、日本の文化を世界へ発信する活動をされている女性から聞いたりと、なぜかよく耳にする映画なので、気になって検索したら、なんと・・・。愛用サイトcinraで発見。 攻殻機動隊の浮世絵が発売されていると!!! 第1弾作品では、押井守監督『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』のポスターイラストを浮世絵として再構築する。落款は、イラストの原画を描いた沖浦啓之が今回のために毛筆で描いた署名を再現したもの。さらに、人間国宝・岩野市兵衛による手漉き和紙が使用される。 9月2日から発売されていて、通販サイト「OtakuWorks」で買えます! 価格は税込43,200円!結構高い・・・いや、本格的な浮世絵ですからね。安いほうかも。 人間国宝の技術と、江戸から受け継がれる浮世絵、日本を代表するこの「攻殻機動隊」のコラボとは、なんだかもう鳥肌ものでございます。笑 ちなみに今、攻殻機動隊のイベントもあるみたい!! 「攻殻機動隊 Virtual Reality Diver」 「特設ドームシアターの中に入り、専用メガネをかけることで、360度立体に見える全天球映像が楽しめます」ということで、なんだか超おもしろそうです。笑 まったく、こういう系のアニメは見たことなかったのですが、いろんな方が勧めるので、見たいと思ってます。(いまだ、みてませんが・・・笑)
AI EMOJI “ヨコかな?”
実は僕が、まだこの AI EMOJI のことを消化不良で正しく理解できていないと思います。つまり説明が上手にできないと思うので、詳しい方がいれば教えていただきたいと思って書いています。アイではなくエーアイであるあたりはまだ大丈夫です。 まずこれを見て理解できるかが一つの分かれ目だと思います。 ヨコかな? AI EMOJI まず名称の謎から確認します。ヨコは、この仮名文字をヨコにすると、その仮名で始まる言葉の意味を表現するキャラクターになるところから来ているようです。英語の character に「文字」「人格」の両方の意味があることによるアイディアで、文字が感情を持っているとも書かれています。 さて、「う」で始まる言葉は「うける〜」だけではありませんね。そこでAIが前後の文脈を理解して「う」で始まる言葉や表現をするというのがこの研究の主眼ではないかと想像します。ここで間違っていると僕はもうこれ以上ついてはいけない… 既につまづいた僕は次に記事やプレスリリースを探しました。これがプレスリリースです。 僕を迷宮のより奥深くへ引きずり込んだのはこの部分です。 「ヨコかな?」が新たな学習・コミュニケーション促進ツールとしての役割を果たすため、ヒトとの対話を可能にする人工知能を現在開発しています。スマートフォンでニュースを見ていて思わずつぶやいた「マジで!?」という音声に反応して、「で」のキャラクターが「ですよね〜」と相槌をうってくれる。 発言者側の文脈や声から発言者の心理を理解して、その発言に合った言葉の最初の文字が話すんだろうと思っていましたが、対話とは…つまり発言者の心理を理解して、次にそれに対するコミュニケーションワードを選び、その最初の文字が発言する、ということでしょうか? ロボットが会話する研究はあるので、同じだと思えば不思議ではありませんがSiriとは何が違うのか?僕は難しく考えすぎてるのでしょうか?(蛇足ですが何にでもAIを介在させようという発想で色んなものを見てみるのも面白い思考テストですね。) 実は僕がこの話に興味を持った理由の一つは、この研究が PARTY と白組によるというところです。白組はアニメや映画の映像製作では老舗と言っていい会社ですが、PARTYも面白そうな会社です。こう言っていいのか悪いのかわかりませんが、チームラボに近い感じがします。「クリエイティブ・ラボ」という説明の会社は他にもあるかわかりませんが、まさに現代に必要とされる職種・業種ですね。 PARTY 白組
「このガンダム、動くぞ」ってリアルに言いたい大人たち ガンダム GLOBAL CHALLENGE
伝説のロボットアニメガンダムを生み出した富野由悠季監督までもが絡みだしたらもう止まらないでしょう、リアルガンダムを作るプロジェクト。 JXホールディングスの広告で、現場で働くガンダムの姿をポスターにしたものがありました。また外国のニュースで、日本の自衛隊の紹介の時にお台場のガンダムの映像が映ったなんて話もあり、もはやガンダムが現実になるのは気持ちの上ではあとすこしといったところなのかもしれません。 (お台場にガンダムたててるだけでもすごい話です。元々アニメですよ) というわけでガンダム GLOBAL CHALLENGEプロジェクトでは、既にアイデアを募集し終えたところ。 詳細はサイトを見てほしいですが、大人が本気になっています。 予定では2019年の夏に、その成果が発表されるそうです。 いよいよオリンピック前に動くガンダムが立ち上がる。 楽しみですね。 18mのガンダムを動かす「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」、新たな研究者が決定! 富野監督、橋本教授が、現代技術を結集し実現する巨大ロボへのロマンを語る http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20151026_727486.html 動くガンダムを作ろう! 富野氏達が語り合う「明日のロボット」 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20140710_657249.html 来年の秋には基本プランを選定し、設計、施工を行ない2019年の実現を目指していくという。 ガンダム GLOBAL CHALLENGE 公式サイト http://gundam-challenge.com/ これにはちょっと驚いた。 animehttp://www.pressnet.or.jp/adarc/ex/ex.html?a1060 JXホールディングス
今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ【第3弾】
前回の第2弾に続き今回も第3弾を紹介しよう。 第2弾はこちら 今回紹介するゲームシリーズは カスタムロボ 『カスタムロボ』とは、3D空間でカスタムロボ同士のバトルを行うアクションゲーム。劇中に登場する「カスタムロボ」は、全長30cmほどの小型ロボットである。カスタムロボを入手した少年が友人やライバルとバトルを行いながら成長していき、最後には悪の組織を滅ぼす、という少年漫画の王道をいくストーリーである。 ロボット本体(ロボ)・ガン・ボム・ポッド・レッグを自分なりに組み合わせてカスタマイズできるのが大きな特徴。バトルは「ホロセウム」と呼ばれる3D空間の中で行われ、「空中ダッシュ」等を採用した空間的、立体的なバトルを行うことができる。また、比較的簡単に操作できることも売りのひとつである。バトルでのカメラ視点は一般的な3Dロボット対戦ゲームの「一人称視点(FPS)」ではなく、戦闘中のロボットを見下ろす「三人称視点 (TPS) 」であり、2人対戦であっても画面は分割されず1画面の中で行われる。また、このことで従来の2D格闘ゲームのようなものに空間的、立体的な戦略を加えることに成功した。 このゲーム、実に戦略的 試合をする際はまずロボ、ガン、ボム、ポッド、レッグのパーツから選ぶのであるが、この種類がかなり多く、各パーツの性能の組み合わせによりコンボを自分で考える必要がある。 なのでコンボや相手の装備に対して相性のいい組み合わせを考えるために全パーツがどのような性能なのかを知っている必要がある。 全部のパーツは数えきれないほどあるのでやり込み要素がてんこ盛り。 シリーズ内での個人的なオススメは カスタムロボV2 である 正直このゲーム、神ゲーといっても過言ではないというぐらい面白い。 一人プレイのストーリーも面白く、さらに対戦では4人まで最大で遊ぶことができる。 初代のカスタムロボに比べてパーツやロボも多く、ストーリーをクリアした後の激闘編というものもあるのでかなりやり込める。 ただこの後のシリーズはそこまで評判が高くないので初代とV2をやることをオススメする。 カスタムロボ初代もV2も中古だとかなり安く売っているのでオススメである。 カスタムロボ初代 http://www.amazon.co.jp/dp/B0000645MY/ref=cm_sw_r_tw_dp_HzXuwb1Y5PWV2 カスタムロボV2 http://www.amazon.co.jp/dp/B000069RZ1/ref=cm_sw_r_tw_dp_KAXuwb1VDEKA3
渋谷LOFTのSTAR WARSコーナーに行ってみた【レポート】
渋谷Loftで10月4日までやっているSTAR WARSコーナーに行ってみました! 詳細はこちら http://www.loft.co.jp/lp/STARWARS/ 平日の昼間でも賑わうSTAR WARSコーナー 平日の昼間にたまたま通りがかったので寄ってみました。 まず入った瞬間にもうテンションがぶち上がってしまい、ちょっと立ち寄ろうと思って入ったにも関わらず長居してしまいました。 コーナー自体は広くはないのですが、店の中を何周もしてしまうほど見応えありです。 マグカップ、ステッカー、トートバッグ、ぬいぐるみ、衣類、コスチューム、日用品、人形、ノートなどありとあらゆるグッズを揃えているこのコーナーはSTAR WARSファンでなくても見ていて何かこみ上げてくるものがあるはずです。 その中でも一番熱いと思ったグッズはなんとプラモデルでした! STAR WARSプラモデル http://bandai-hobby.net/sw/index.html これはもうヤバイですね。 しかもダース・ベイダーとストーム・トルーパーは2592円という値段! 買うしかないですね。 店頭では無料でプラモデルのカタログがもらえる! ちゃっかりもらいました。 そして何よりも大画面で新作「STAR WAR フォースの覚醒」のメイキング映像が流れていて、それを見ている大人たちが皆ニヤニヤしているのが素晴らしかったです。 買い物をしにきているスターウォーズファンが腕を組み、ニヤニヤしながらこの動画を見ている光景をみて改めてスターウォーズのコンテンツとしての強さを感じました。 気になった方は10月4日まで渋谷LOFTでやっているので是非行ってみては? http://www.loft.co.jp/lp/STARWARS/ http://starwars.disney.co.jp/movie/force.html ちなみに私はこのポスターを480円(安い!)で買いました。