nobuoo
1,000+ Views

北欧のアウトドアブランド Norrøna は個性的なカラーリングで大人気!

1929年にノルウェイで誕生したアウトドアウェアのブランド「Norrøna(ノローナ)」。日本には数年前から輸入されているのですが、キッチュな感じのカラーリングとしっかりとしたアウトドア性能を発揮することができるブランドとして、少しずつ人気が出てきました。
ノルウェイのオスロに開発拠点を持ち、北欧の伝統的なアウトドアライフに沿った製品を、現代の技術を追い求めています。
この可愛らしいカラーとともに、スリムなシルエットも、今までのダブダブなウェアと違い、とてもシャープな印象を与えてくれます。上は Norrøna のライダー Andreas Wiig と、彼の友人 Yuta Watanbe が北海道のパウダースノーを滑っている動画ですが、そのシルエットもよくわかるのではないでしょうか。
スキー・スノーボードだけでなく、トレッキングやタウンで着ることのできるウェアもこのカラー。日本では、フルマークスという会社が輸入をしています。私も去年はフリースを、そして今年はタウンで着ることのできるジャケットを購入してしまいました。
Monto-bell、NORTH FACE、Mammut、Marmot、HELLY HANSEN、HOGLOFS、Patagoniaなどのブランドはもう見飽きたかな?と思った方や興味のある方はチェックしてみてください。
フルマークス - NORRØNA
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
patagonia
環境問題に取り組む企業としても有名なアメリカ・カリフォルニア州ベンチュラに本拠地を置くアウトドア・ブランド。 「パタゴニア」という名称は南米の地名で、「地図には載っていないような遠隔地」「どの国でも発音しやすい」という理由から。元々はロッククライミング用具の製造販売からスタートした。 それまで、カラーバリエーションが少なく地味だったアウトドア製品に、鮮やかな色展開でファッション性を持たせ、”日常着としてのアウトドアウェア”の代表的ブランドとなる。また、同時にペットボトルのリサイクル素材を用いて「エコロジー」という概念の普及に貢献したという点も素晴らしい。 国内では1989年に目白へ1号店をオープンして以降、現在では全国各地に直営店を構えている。 http://www.patagonia.com/jp/ パタゴニアの代表作といえばまずはコレ。フリースジャケット”Synchilla”。 軽量、耐風、保温、透湿、撥水、日除、速乾という多くの機能性を合わせ持ち、コンパクトに収納可能。しかも着心地良しということで、絶大な人気を誇る"Houdini"ジャケットもお薦め。 コンパクトに収納できて、格別な通気性、速乾性、保温性を誇り、本格派の人たちから抜群に評価が高いのがフリース・ジャケット"R2"。 ファッションのシーンで根強い人気を誇るフリースベストが"CLASSIC RETRO-X VEST"。
JR東日本の「駅からハイキング」で地元をめぐっちゃおう!
友達と週末にちょっと遠出したいな〜と思って話していたら、こんなものを教えてくれた。 JR東日本の「駅からハイキング」!最近、ローカル列車の旅とか女子の間でも流行っているしね。行きたい行きたい。 このサービス、実は16年前からやってるもの。ちょっとびっくり。知らなかった〜これは、もったいないですね。ほとんど当日参加OKだから、ほぼ全てが弾丸ツアーみたいなわたしたちにはぴったり〜!(笑) 桜も、紅葉も、その地方にある美味しいものもローカルで満喫する。 コースによっては、地元の人がボランティアで教えてくれる。超たのしそう! 駅からハイキング https://www.jreast.co.jp/ekihai/index.aspx 例えば、4月5日(火)~6月30日(木)まで行われる会津若松の「駅からまちなか歴史散策ガイド」のルートはこんな感じ。スポットとスポットの間は、もちろん徒歩移動。 延命地蔵→西軍墓地→会津町方伝承館→大町札の辻→旧會陽医院跡→野口英世青春広場→会津若松市役所→山川健次郎生誕地→西郷頼母邸跡→鶴ヶ城→会津若松駅 11:00にスタートすれば、地元のボランティアガイドさんがついてきてくれるよ〜! しかも無料だからね。 列車を降りてからのハイキングでは、きっと懐かしい風景がたくさん見られるんだろうな〜。今週末か4月に入ったら行ってみよう〜っと。 桜がみれる地域がいいな。桜の名所をまわれる千駄ヶ谷も気になる! ふふふ。これは、知る人ぞ知る、使えるサービスかも。
日本人は、オランダから「最恵国待遇」特権を与えられている?その内容は…?
「日蘭通商航海条約」というもの、覚えていますか?学校の授業で習ったこの条約、100年前に交わされたものですが、実はまだ生きているそうです!! この条約は、「日本人がオランダで労働許可なく就労したり、自由に事業をしたりする特権が認められる根拠」となるもの。忘れかけらていたこの条約、「2015年の3月、オランダ社会雇用省が日本人は労働許可が不要であることを正式に発表」し、見事、正式に復活を果たしました。 (太字部分引用:http://www.lifehacker.jp/2016/01/160118holland_embassy_nfia.html?cx_click=ranking) つまり、オランダで日本人が労働する場合、許可が必要なくなったということらしい。(実際には、最低所得の要件はあるようですが) 最低所得の条件も緩和されたことで、特にデザイナーやプログラミング系の方などは就労しやすくなったようです。 気になる言語ですが、約9割の人が英語を話せるとのことで英語ができれば不自由なく暮らせるようです。 しかし、オランダ語ができれば、英語が話せない地元の高齢者の方と話せる、より気兼ねなく会話できるなど、できることが圧倒的に広がるので、覚えていて損なし! あと、自転車に乗れない人は、乗る練習もぜひ。 ほとんどのアムステルダム市民は、自転車に乗っている!(笑) 参考資料: http://www.lifehacker.jp/2016/01/160118holland_embassy_nfia.html?cx_click=ranking
雪崩に巻き込まれた瞬間
スノーボーダーが雪崩に巻き込まれた際の動画。 地面にヒビが入ったと思った瞬間!! 雪に呑まれている。 恐怖。。 <もし雪崩に巻き込まれてしまったら> 足元が動き、雪崩の発生に気づいた人は、その瞬間に、叫んでください。これは、たくさんの目で流されていく人を注視し、どこで見えなくなったのか、どの方向に流されたのかを見届けることで、初動捜索を速やかに進めるため、とても重要です。もし可能であれば、気づいた瞬間に、雪崩エネルギーの小さな、横方向へ逃げます。滑走前に、どこが安全地帯であるかを考えておくことも大事です。流下する雪崩に巻き込まれ、流され始めたら、その表層に留まれるように努力します。流下する雪崩の密度よりも、人の密度のほうが大きいので、何もしないと沈みます。また、外れない滑走用具(スノーボードやテレマーク)は、抵抗となり、流下する雪崩の底に人を引き込む役目(アンカー)となります。スキーヤーであれば、ストックの手革も同様です。 雪崩が停止する前に、可能であれば、エアポケットを作るようにします。また、もし、上がわかるのであれば、そちらの方向に片手を突き出すこと有効です。もし、少しでも手がでていれば、素早く掘り出してもらえるかも知れません。そして、埋まってしまったら、何もできることはありません。雪崩れるスラブの統計的な重さを思い出してください。真っ暗で、冷たく、まったく身動きでないところに、閉じこめられるのが埋没の現実です。雪の圧力で、たとえ頭部を下に埋まっていても、それに気づかないことも、ごく普通にあります。
自転車と言えば…BIANCHI(ビアンキ)
ビアンキは、現存最古の自転車メーカー。イタリアのブランドで、創業は1885年だという。 この画像のように「チェレステ(天空)」をブランドイメージにしていて、おそらく見たことのある人も多いのではないかと思う。 ここ何年か、おしゃれ自転車に乗って通勤するのもブームなのか増えてきているし、 満員電車に疲れたので、購入検討中!!!!!! そこで、ビアンキの中でも、BIANCHI ROMA2 2015がいいかな〜と。 街乗りにはぴったりの自転車らしいぜ。 価格は、90,000円(税別)ってことで、毎日通勤で使うなら、、ちょっと頑張って購入してみたい。デザインもスタイリッシュで、若者にも人気らしい。 重量がそこまで軽くなく、ライドポジションなども考えると長すぎるライドには向かないかなぁと思いますが、街乗りメインで週末にはちょっと遠出のサイクリングを楽しみたいという方でしたら十分に対応できるスペックが魅力となっています。(中略)細かなギアチョイスができることからスピードを出しで走行性能を楽しみたいという方のニーズにもお応えできます。 ギアチェンジが9速までできるようになっているので、負荷をかけたい時によって、細かい調整もできるようだね。 上記、http://pedaltimes.com/bianchi-roma2-2015/ からの引用。 カラー展開は、チェレステカラー、マットシルバーとマットブラックの3カラー。 ぼくは、マットシルバーとマットブラックで迷うな〜。 自分が女だったら、チェレステカラーにしてしまうな、おそらく。
新緑や紅葉の景勝地、奥入瀬渓流!
友達が何年か前のGWに青森県にある奥入瀬渓流に行ってました。写真をFBにアップしていたのを見たんですが、こんなに綺麗なところがあるのか〜!!と感動したのをすごく覚えてます。 その友達のおかげで初めてこの存在を知って、いつか行ってみたいな〜と思ってたんですが、今年はついに行ってみたいと思っています! そこで、個人的に気になるところをまとめてみました。 渓流の近さと透明度 渓流の高さと横にある散策路の高さがあまり変わらないのでかなり間近で見られます!この中で写真撮りたいな。近くの十和田湖からの水が流れる奥入瀬渓流。本当に澄んでますよね。あと、岩があるところに水がぶつかって白くなっているんですが、なめらかに流れてますよね。これ、かなり見てみたいところ。 小鳥のさえずり 散策路を歩いているとき、小鳥のさえずり声が聞こえるからちゃんと聞いて来てね!と友達に言われました。いいですよね。きっと癒されるだろうな。 あ!「GWはまだ肌寒いから、ばっちり着込んで、靴は滑りにくい靴で!」って言ってました。あと、私が行くGWには生えてないと思いますが、4月には高級食材のふきのとうが生えてます。採ってもいいなら採りたいけどだめよねw 岩につくこけ こけって綺麗なところにしか生えないんですよね。奥入瀬渓流の岩にはびっしりついてます。足元の散策道もこけがついているところがあって、滑りやすいので靴はちゃんと準備したほうがいいですね。 渓流を見ながらの露天風呂 そーして!渓流沿いには、星野リゾートの奥入瀬渓流ホテルもあります! http://www.hoshinoresort.com/resortsandhotels/uniquehotels/oirase.html 渓流を見ながら露天風呂なんて贅沢!! 秋は紅葉も綺麗。秋もいつかは行ってみたいな。 もし、どなたか行ったことがある方いらっしゃったら、おすすめポイント他にも教えてください!^^