unagi
1,000+ Views

「このガンダム、動くぞ」ってリアルに言いたい大人たち ガンダム GLOBAL CHALLENGE

伝説のロボットアニメガンダムを生み出した富野由悠季監督までもが絡みだしたらもう止まらないでしょう、リアルガンダムを作るプロジェクト。
JXホールディングスの広告で、現場で働くガンダムの姿をポスターにしたものがありました。また外国のニュースで、日本の自衛隊の紹介の時にお台場のガンダムの映像が映ったなんて話もあり、もはやガンダムが現実になるのは気持ちの上ではあとすこしといったところなのかもしれません。
(お台場にガンダムたててるだけでもすごい話です。元々アニメですよ)
というわけでガンダム GLOBAL CHALLENGEプロジェクトでは、既にアイデアを募集し終えたところ。
予定では2019年の夏に、その成果が発表されるそうです。
いよいよオリンピック前に動くガンダムが立ち上がる。
楽しみですね。
18mのガンダムを動かす「ガンダム GLOBAL CHALLENGE」、新たな研究者が決定!
富野監督、橋本教授が、現代技術を結集し実現する巨大ロボへのロマンを語る
動くガンダムを作ろう! 富野氏達が語り合う「明日のロボット」
来年の秋には基本プランを選定し、設計、施工を行ない2019年の実現を目指していくという。
ガンダム GLOBAL CHALLENGE 公式サイト
これにはちょっと驚いた。
animehttp://www.pressnet.or.jp/adarc/ex/ex.html?a1060
JXホールディングス
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
18歳未満は見れません「SHUNGA 春画展」
やたらにニュースになっているからか、入場規制になっているという東京に生まれた秘宝館こと春画展。これはみるべきだな。 東京都 江戸川橋 永青文庫 http://www.eiseibunko.com/shunga/ 料金 当日1500円 住所 東京都文京区目白台1-1-1 時間:10:00~18:00 18禁の『春画展』が9月開催、大英博物館のコレクション含む120点が集結 http://www.cinra.net/news/20150522-shungaten 2013年にはイギリス・ロンドンの大英博物館で大規模な展覧会『Shunga: Sex and Pleasure in Japanese Art』が開催され、話題を呼んだ。 18禁春画展エロくて女子も喜ぶ理由 ポルノとは全然違うのよhttp://weekly.ascii.jp/elem/000/000/345/345237/ とはいえ大英博物館も最初は不安があり、開館以来初めて16歳未満の入場を禁止した。が、いざ開けてみると大好評。ガーディアンのような一流紙はこぞって事実上の最高点となる四ツ星の評価を出し、入場者は3ヵ月で8万8000人を超えたという。「面白いのは『日本人がこんなにも性に対しておおらかな人たちだったとは思わなかった』という声がアンケートに上がってきたこと。彼らの“まじめすぎる”日本人像がすごくプラスのイメージに変わったんです」 フタをあけてみれば、拍子抜けするほどの大成功。調査では大英博物館側にとって意外な結果もわかった。女性ウケがよかったのだ。「入場者の55%が女性だった。そのうえ95%が“満足”、96%が“期待以上だった”と答えているんですね」 頬染めて秋を過ごそうぜ。 いまさらwikiがおもしろい https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E7%94%BB
【名言紹介】『ぼのぼの』20年ぶりTVアニメ化 【2016年4月】
20年前に放送されていたテレビアニメ、「ぼのぼの」をご存知であろうか? 単行本は40巻が刊行されており、累計発行部数900万部を超える人気作である。 ラッコのぼのぼの、シマリス、アライグマなどの森の生物の「ほのぼの」した生活を描いているが、実は哲学的なこの作品。 20年ぶりの「ぼのぼの」は4月2日スタート、毎週土曜午前4時52分~5時に放送される..... 毎週土曜午前4時52分~5時!?!? 時間早すぎ...? ってことでモチベーションが上がるように「ぼのぼの」に出てくる名言でも少しだけ貼っておきます。 スナドリネコさん "ぼのぼの、生き物は、絶対、こまるんだよ。こまらない生き方なんか、絶対、ないんだよ。そしてこまるのは、絶対、おわるんだよ。どうだ、少しは安心してこまれるようになったか?" シマリスくん "いつだったかおとうさんがたいせつにしているものをこわしてしまったことがあるのでぃす。正直に言おうか言うまいか三日三晩悩みました。 その間が地獄なのでぃす。しかし正直に言うと決めれば地獄は終わるのでぃす。あとは最悪でも、どなられるかなぐられるだけではねいでぃすか。" ダイねえちゃん "誰かの悪口をそのまま信じることは、その悪口を言ったものと同じくらいいけないことですよ"  "アライグマさん、好きかどうかというのは二人だけの問題です。決して誰かに証明しなければいけないものではないのです" ぼのぼの "誰かといっしょに歩くのはたいへんだね ぶつからないように はなれないように 話しながら笑ったり 曲がらないようにして あわてないようにして うるさくないようにして" "何かを探すんだったら道をまちがえちゃいけないよ。ひとつでもまちがえるともう見つからないよ。でもまちがっても大丈夫。別なものが見つかるから" 
美人女優似のロボットを香港デザイナーが製作!!
香港のデザイナー(リッキー・マ)が自宅で女優(スカーレット・ヨハンソン)にそっくりのロボットを作ったというニュース。 見てください。このマさんの嬉しそうな顔。 そりゃそうですね。本物にかなり似てますからね。 ロボットの名前は「Mark 1」。一応だけど、スカーレットではないようだ!ちょっと安心w 下の写真が、本物のスカーレット・ヨハンソン。 おそらく遠目から見たら、本物か偽物かなんて分からないんじゃないかな。 ちなみにだけど、スカーレット・ヨハンソンは「ロスト・イン・トランスレーション」の主演女優。この映画でアカデミー賞も受賞している。 マさんは、自宅の3Dプリンターでこのロボットを製作しました。 最近すごく感じるけど、AIもロボット製作技術もまじで速いスピードで進化してる気がする。しかも、もう個人でここまで作れる時代になってるんだから、もうじき街で「Mark 1」みたいなロボットが歩いていても不思議ではない・・・ 実際、マさんは5万ドル(約540万円)をかけて、たったの数ヶ月でこれを完成させている。僕も作ってみたいけど、周りに変な顔されそうだな〜w いや、これ作れたら、 日本男児半分くらい、人間と結婚しなくなるかな?w  それは大げさ?でも、いい商売になりそう。 ロボットと恋愛する映画もたくさんあるし… みなさんは、ロボットとありですか?なしですか?
限定300枚の「攻殻機動隊」の浮世絵(第1弾)が売られてる〜!
「攻殻機動隊」ってご存知ですか?私は今まで知らなかったのですが、会社の飲み会に行った時に先輩から聞いたり、日本の文化を世界へ発信する活動をされている女性から聞いたりと、なぜかよく耳にする映画なので、気になって検索したら、なんと・・・。愛用サイトcinraで発見。 攻殻機動隊の浮世絵が発売されていると!!! 第1弾作品では、押井守監督『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』のポスターイラストを浮世絵として再構築する。落款は、イラストの原画を描いた沖浦啓之が今回のために毛筆で描いた署名を再現したもの。さらに、人間国宝・岩野市兵衛による手漉き和紙が使用される。 9月2日から発売されていて、通販サイト「OtakuWorks」で買えます! 価格は税込43,200円!結構高い・・・いや、本格的な浮世絵ですからね。安いほうかも。 人間国宝の技術と、江戸から受け継がれる浮世絵、日本を代表するこの「攻殻機動隊」のコラボとは、なんだかもう鳥肌ものでございます。笑 ちなみに今、攻殻機動隊のイベントもあるみたい!! 「攻殻機動隊 Virtual Reality Diver」 「特設ドームシアターの中に入り、専用メガネをかけることで、360度立体に見える全天球映像が楽しめます」ということで、なんだか超おもしろそうです。笑 まったく、こういう系のアニメは見たことなかったのですが、いろんな方が勧めるので、見たいと思ってます。(いまだ、みてませんが・・・笑)
意外と気になる!STAR WARSのオススメ鑑賞順
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)の公開日が近づくにつれて熱心なスター・ウォーズファンはもちろん、ライトなファン層も徐々に公開が楽しみになってきているであろう昨今。 しかし実はシリーズをちゃんと全作見ていない もしくは 一度もみたことがない にも関わらずなんとなく周りが熱くなっているから自分も公開を楽しみにしている素振りをしていたりする方もいるのではないだろうか!!?? そんな方に朗報だ。 本作の公開を記念して、シリーズ6作品の地上波放送が決定したのである。 ”連続オンエアのスタートを切るのは、シリーズの記念すべき1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』。日本テレビ系列『金曜ロードSHOW!』にて、最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開日である12月18日(金)にオンエアされる。また翌週12月25日(金)には、新3部作の1作目として物語の始まりを描いた『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』が放送される。 残りの4作品については、日本テレビ系列『映画天国 特別版』(※関東ローカル)で“深夜のスター・ウォーズ祭り”と称し、12月29日(火)午前1時55分~6時に『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』、12月31日(木)午前3時10分~6時に『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、1月2日(土)午前3時10分~5時50分に『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』をオンエア予定だ。” http://getnews.jp/archives/1275281 より引用  地上波放送が若干遅いので公開から少々出遅れる感は否めないが地上波で公開してくれるその心優しさに是非ともあやかっておこう。 いやーーーー優しい地上波。ナイス金曜ロードSHOW!と言いたいところだが一つだけ問題がある。 それは放映の順番だ。 なぜ415623なのか。不思議の極みだ。 スター・ウォーズファンにとっては永遠に気になるポイントの一つがいかなる順番でこの作品を鑑賞するか、という問題である。 作品の時系列に沿って1から順に見ていくか 公開の順番に沿って456123と見ていくか。 個人的には後者の順番がやはり一番フィット感があるように感じる。  しかし中には超絶猛者的な鑑賞順番を提案する人もいる。 『スター・ウォーズ』狂人のアート・ディレクター高橋ヨシキさんは、 ”最新作を観賞する前には「4、5、6、4、5、6、1、2、3、4、5、6」の順番でシリーズを予習(復習)すべし” と語っているとのこと。 http://getnews.jp/archives/1275281 より引用 なるほど。456は三回ずつ見なくてはならないのか。これはなかなかしんどい。  ちなみにこの鑑賞法のメリットなどはよくわかっていない! ルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディは前提知識なしでも楽しめるように作品を作ったそうだができれば各々の作品の鑑賞順で簡単に作品のあらすじくらいは頭に入れてから7を楽しみたいものである。
菊地成孔、漢のガンダムを彩る
大人が味わえる漢のガンダム! アニメってけっこうハードル高いと思います。絵柄も目クリクリの女子かイケメンが、あーだこーだ。良い作品があると言われても、やっぱりジブリが限界。って人も多いかと。 ロボットものもその範疇かと思うんですが、そんなアニメ食わずきらいな方に勧めたい、大人が見やすい見るべきガンダム『機動戦士ガンダム サンダーボルト』をご紹介。 ハードボイルドな世界、絵 ざっくり言えばアムロが出ていたあのガンダムとつながっている話です。ロボットは出てきますが、ようは戦争映画と思ってください。しかも戦争の末期というのがポイント。 絵柄は劇画調で、アニメ絵が苦手な人にも無理が無いかと。ここに義足でスナイパーのキャラクターが出てくるわけですから、大人向けでしかありません。色恋も、いやらしいです。。 音楽は菊地成孔。登場人物までバチを回してます 演出として、音楽が重要な位置を占めています。(というか登場人物がジャズを聴きながら戦っている)。ちなみに音楽の担当は鬼才菊地成孔(TBSラジオ粋な夜電波でもお馴染みですねw)ということで、これだけでもたまらない人もいるかも。(「LUPIN the Third 峰不二子という女」やNHKのいくつかのドラマでも菊池さんは担当していますのでご安心) 個人的には、ラジオから流れる音楽、っていうのが好きです。 忙しい大人も安心のちょうど良いボリューム そして、なによりいいのが、トータルの時間がちょうど良いこと。 全20数話観なきゃいけないシリーズは大人にはこたえますよね。 4話まとめても、1時間11分。ちゃんと完結もしています。 第1話(約18分) 第2話(約18分) 第3話(約18分) 第4話(約17分) ※配信方法もたくさんあるので、見れない人は多分いないかと。 http://gundam-tb.net/products/index.html ちなみにお値段は、1450円(レンタル)、映画を観るような気持ちで楽しめます。 実はまだ1話しか見ていないのですが、もう1話だけでも見た方がいい!(250円税別) 菊池さんのMVって感じでも楽しめます。 最先端のオトナが楽しめるガンダム、「機動戦士ガンダム サンダーボルト」。余裕のある方はぜひ。 ちなみに。。。 ★大画面で観たいというひとは6月に映画館で上映イベントも 2016年6月25日(土)~ 7月8日(金)[2週間限定] http://gundam-tb.net/news/index.php#10457 ★さらに菊地成孔が「機動戦士ガンダム サンダーボルト」のサントラをひっさげて、なんとブルーノート東京で、ソロ・ライブが開催 http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/naruyoshi-kikuchi/ 公演日 2016年6月23日(木) チャージ 6,800円(税込) いやあお腹いっぱいです。 GWにゆったりみたい。 機動戦士ガンダム サンダーボルト http://gundam-tb.net/ 宇宙世紀0079、地球連邦とジオン公国が戦った一年戦争の末期、サイド4のスペースコロニー群、ムーアはジオン軍の攻撃により破壊され、多くの住人が命を落とした。破壊されたコロニーや、撃沈された戦艦の残骸が無数に漂う暗礁宙域では、ぶつかり合い帯電したデブリによって絶えず稲妻が閃くようになり、いつしかそこは、『サンダーボルト宙域』と呼ばれるようになった。ムーア市民の生き残りで構成された地球連邦軍所属部隊、ムーア同胞団は、故郷であったサンダーボルト宙域の奪還を悲願とし、宙域のジオン軍を殲滅せんとしていた。連邦の進軍を足止めせんとするジオン軍も、義肢兵の戦闘データ採取を目的に設立されたリビング・デッド師団を展開。ムーア同胞団に所属しながら、故郷や自身の出自に束縛される事を疎ましく思うイオ・フレミングと、過去の戦闘により両足を失い、今はリビング・デッド師団でエーススナイパーとして活躍するダリル・ローレンツは、戦場で対峙した時、互いに悟るのだった。ふたりは、殺し合う宿命なのだと……。
今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ【第3弾】
前回の第2弾に続き今回も第3弾を紹介しよう。 第2弾はこちら 今回紹介するゲームシリーズは カスタムロボ 『カスタムロボ』とは、3D空間でカスタムロボ同士のバトルを行うアクションゲーム。劇中に登場する「カスタムロボ」は、全長30cmほどの小型ロボットである。カスタムロボを入手した少年が友人やライバルとバトルを行いながら成長していき、最後には悪の組織を滅ぼす、という少年漫画の王道をいくストーリーである。 ロボット本体(ロボ)・ガン・ボム・ポッド・レッグを自分なりに組み合わせてカスタマイズできるのが大きな特徴。バトルは「ホロセウム」と呼ばれる3D空間の中で行われ、「空中ダッシュ」等を採用した空間的、立体的なバトルを行うことができる。また、比較的簡単に操作できることも売りのひとつである。バトルでのカメラ視点は一般的な3Dロボット対戦ゲームの「一人称視点(FPS)」ではなく、戦闘中のロボットを見下ろす「三人称視点 (TPS) 」であり、2人対戦であっても画面は分割されず1画面の中で行われる。また、このことで従来の2D格闘ゲームのようなものに空間的、立体的な戦略を加えることに成功した。 このゲーム、実に戦略的 試合をする際はまずロボ、ガン、ボム、ポッド、レッグのパーツから選ぶのであるが、この種類がかなり多く、各パーツの性能の組み合わせによりコンボを自分で考える必要がある。 なのでコンボや相手の装備に対して相性のいい組み合わせを考えるために全パーツがどのような性能なのかを知っている必要がある。 全部のパーツは数えきれないほどあるのでやり込み要素がてんこ盛り。 シリーズ内での個人的なオススメは カスタムロボV2 である 正直このゲーム、神ゲーといっても過言ではないというぐらい面白い。 一人プレイのストーリーも面白く、さらに対戦では4人まで最大で遊ぶことができる。 初代のカスタムロボに比べてパーツやロボも多く、ストーリーをクリアした後の激闘編というものもあるのでかなりやり込める。 ただこの後のシリーズはそこまで評判が高くないので初代とV2をやることをオススメする。 カスタムロボ初代もV2も中古だとかなり安く売っているのでオススメである。 カスタムロボ初代 http://www.amazon.co.jp/dp/B0000645MY/ref=cm_sw_r_tw_dp_HzXuwb1Y5PWV2 カスタムロボV2 http://www.amazon.co.jp/dp/B000069RZ1/ref=cm_sw_r_tw_dp_KAXuwb1VDEKA3