unagi
2 years ago500+ Views

黙っていることに意味がある映画ナンバーワン

ひとり健さん映画祭。個人的には満喫しております。
今回は『居酒屋兆治』(いざかやちょうじ)。
山口瞳の小説が原作になっている1983年の作品です。
話は、訳アリの男兆治が夫婦で営む居酒屋にたむろする良い感じのお客たちとの心の交流、てな感じです。とにかく、やり取りを楽しむにつきます。
田中邦衛、ちあきなみお、小松政夫、平田満、細野晴臣いろいろ出てきますが、メイン格になっている暴力的な伊丹十三の自分自身を止められないがいい味になっています。
(監督のイメージが強いので、さらに関心)
ドラマチックなんてことのない感じで、なにもおこらないというか、起こらないように我慢している空気を感じるような映画です。
みかたによっては否、マジで怖い女、大原麗子(もはやあの時代の大原さんじゃなければ成り立たない!)と、骨があり過ぎて逆に違和感が無いガンジー健さんのかもしだすムードを満喫するしかありません。
仕込みの風景、買い付けの風景、素人とさらっと絡む健さんのシーンがポイントです。
左とんぺいが悲しくて泣けてきます。
こういう日本映画、また見たいですが、健さんなしにはできないよなあ。
降旗 康男(ふるはた やすお)監督は、多くの健さん映画を撮っていますが、(最後の作品「あなたへ」もそう)以下は居酒屋兆治周辺に存在する映画です。
『冬の華』
『駅 STATION』
『夜叉』
0 comments
4
Comment
1