powoq
2 years ago1,000+ Views
展覧会「字字字 大日本タイポ組合」(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)

ただの形に意味が見えてくる反ゲシュタルト崩壊感覚満載の世界

日本語の表記表現の豊かさと向き合ったデザイナーは数知れないが、ここまでポップで偏執的な形に表してきた「組合」はいないかもしれない。
作品を見て浮かび上がってくる「日本語の文字」を見つけた時の楽しさは、毎度かわらぬものがある。
今回の展示内には、執拗なまで「字」が登場するようだ。
デザインやアートなるものから離れ、遊びとしてもカラッとみるのもよいのでは。
字字字 大日本タイポ組合
日本語の五十音や漢字、英語のアルファベットなどを解体したり、組合せたり、再構築することによって、新しい文字の概念・可能性を探り続けている実験的タイポグラフィユニット・大日本タイポ組合の文字通り文字だらけの展覧会。
会場 ギンザ・グラフィック・ギャラリー
会期 11月4日~11月28日
時間 11:00~19:00(金曜20:00/土曜18:00まで)
休館 日曜・祝日
<イベント>
ギャラリーラ字オ「トークナイトダイニッポン」
毎週金曜(11月6日、13日、20日、27日)18:30–20:00/入場無料/出入り自由
展示ギャラリー内にブースを設けて大日本タイポ組合のふたりがトーク、まるでラジオ番組のようにギャラリー内に放送。ギャラリー内を歩きながら、実際の作品を目の前にしながら、聴くことができます。
子子子キャンペーン(会期中いつでも)
ご来場いただいたお子さまにはもれなく「子がかぶると『字』になる『ウかんむり』」をプレゼントします。(数量限定) 
「文字による文字のための文字のサイト」type.center
0 comments
4
Comment
4