minorially
2 years ago1,000+ Views
庶民的な雰囲気なのに味は上品。麻布十番・魚可津
先日、森美術館の村上隆展を見に行ったあと、麻布十番に繰り出してみました。
久しぶりの麻生十番でしたが、やっぱりとても良い雰囲気の街ですね♪
入ってみたのは、和食のお店、魚可津(うおかつ)。
食べたもの...(値段は全てうろ覚えです)
お通し(あんきも!)、生牡蠣(1個380円)、きんめのお頭の煮付け(1380円)、アジフライ(1枚380円)、野菜の炊き合わせ(一人前680円)
たったこれだけですが、アジフライが巨大で、お腹いっぱいになりました。
特筆すべきは、きんめの煮付けと野菜の炊き合わせ。
きんめの煮付けは生姜が効いており、魚の旨味が溶け出した煮汁の美味しいこと。
野菜の炊き合わせは、ゆず風味で、素晴らしい味わい。
お店は飾り気のない、庶民的な雰囲気なのに、お料理の味はどれも上品で、本当に美味しかったです。また行きたいです!
2 comments
一度行ったことあります。とても美味しかったし雰囲気も良かった記憶〜!!
2 years ago·Reply
美味しいですよね!2階のお座敷に座ったのですが、ちょっと地方の旅館っぽい雰囲気でしたw
2 years ago·Reply
4
2
3