usagi0112
3 years ago1,000+ Views

月9の主題歌は恋心をそそる?!

フジテレビ系月曜9時ドラマ「5→9 ~私に恋したお坊さん~」の主題歌♡

back number

「クリスマスソング」2015.11.18 on sale

この歌詞も素敵で、このドラマにぴったりな気もする♪
この曲聞くと、恋したい♡ もうクリスマスか♡って思ってしまうんだよね☆ww
フジテレビ系月曜9時ドラマ「5→9 ~私に恋したお坊さん~」見ている方も多いのでは?
やはり石原さとみちゃん可愛いし~♡
でもお坊さん(山p)の一途な所も素敵で、毎週、キュンキュンしながらみているこのドラマ。
今後の展開も気になる~(*'∀'人)♥*+
0 comments
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
【カズオ・イシグロ】『わたしを離さないで』連ドラ化決定!
 『わたしを離さないで』をご存知だろうか。これもまた一般に名作として知られる書籍であるが、今作はなんと連続ドラマ化することになった。 以下詳細である。 http://www.oricon.co.jp/news/2062541/full/ より引用  ”女優の綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみの出演 で、日系英国人作家カズオ・イシグロ氏の『わたしを離さないで』が連続ドラマ化されることが18日、わかった。 1月よりTBS系金曜ドラマ枠(毎週金曜 後10:00)で放送 される。  同作は、2005年の発表直後から話題になり、英国でミリオンセラーとなった作品。” これまでにも様々な形で映像化されてきた本作だが、それゆえに中々に評価は厳しいものになるだろう。  さらに加えて今回のドラマ版では 舞台を原作のイギリスから日本に置き換えて物語を展開する とのことでありこれまた物議を醸すこと間違いなしである(出演者が日本人であるため仕方のないことではあるが)。    どうにも最近オリジナルの脚本で作品が描かれるケースが減りすぎているような気がしてならない上にこの独自の設定である。多少なりとも私はこの日本の大衆文化の行く末を憂いてしまうし、こういった形で作品が描かれると知って作家本人はどういった気持ちなのだろうと気にしてしまうが、カズオ・イシグロはここで鬼の寛大さを見せてきた。 曰く ”「この物語が私の生まれた国で、新しくより広い範囲の視聴者に楽しんでいただけるということで深い満足感を覚えます。ドラマという形式がどのような新しい要素を原作から引き出してくれるのか、大変興味があります」とコメント。連ドラ化について「最初の5話の脚本を読みましたが、物語の中でこれまで光の当たっていなかった部分、奇妙で興味をそそるような角やくぼみ、気づいていたけれども開けたことのなかったドアを開けて新しい部屋をまるまる見つけるような、原作の新しい部分を発見して、光を当ててくれると自信を持って言えます」” http://www.oricon.co.jp/news/2062541/full/ より引用 とのことだ。何と心優しいコメント。私もこれくらいの寛大さでこのドラマと向き合ってみようと思う。
日本シナリオ作家協会 シナリオ講座
気になる些細なことを調べてメモしてみる。 シナリオ作家というと映画やドラマの印象が強いが、あれはどのような職業を経てなるものなのかかねがね疑問だった。のでちょいと調べてみた。 僕の予想では、テレビ局に勤めているなにがしかのスキルの人間か、小説を書いていた人間が転向するか、そういうものではないかと思っていたが、実はシナリオライターのための講座というものが存在することを知った。その中のひとつが日本シナリオ作家協会のシナリオ講座だ。 修了生の活躍というページを見ると、僕でも知っている野島伸司の名前がある。「僕だけがいない街」も修了生が書いたようだ。そう、この中には非常にアニメが多い。 そうか、アニメもシナリオライターが書いているのか。 他にラジオシナリオもあり、いわゆる構成作家・脚本家と同じ職業なのだということが今さら判った。もしやこれは世間の一般常識だったのだろうか? ちなみに同じシナリオでもゲームシナリオはやや違う分野という感覚があるが、やはり修了生の仕事には並んでいない。たしかに必要なスキルが違うのは素人ながらに想像できる。 このシナリオ講座の場合、初心者向けの基礎科と上級者向けの研修科があり、基礎科の場合は半年間全44回で約14万円の受講料だ。一回あたりで割ると3000円程度なので意外と安いかもしれない。興味があれば、現在4月開講クラスは受講生募集とのことだ。 学校を卒業してもプロの脚本家になれるのはほんの一握りです。また、学校に通わなくても、資質なり才能があれば独学でも脚本家になれる人はいます。 やはり。これは講座の紹介の一文だが、まあそういうもんだろうなと納得だ。 しかしシナリオライターのスキルは仮説設計や構成能力が必要とされるシーンや職業で役立ちそうな気がする。意外とビジネスマンが趣味の学校として通うと仕事にも活きる予感がした。 日本シナリオ作家協会 シナリオ講座 ちなみに青山の裏道で「シナリオセンター」という看板を目にしたことを思い出して検索してみた。こちらも類似の講座を運営しているようだ。修了生はジェームス三木、内館牧子など、こちらの方が大手なのかもしれない。キャリアサポートなどの項目もあるので、プロとして仕事が欲しい人はこちらの方が手厚いかもしれない。 シナリオセンター
新春ドラマ、富士ファミリー登場の「喫茶マウンテン」ロケ地が気になる・・・!
年始のNHKドラマ、富士ファミリーは見ましたか? キョンキョンと薬師丸ひろ子のあまちゃんコンビが話題でしたが、の割りに、キョンキョンの出番少なかったかな・・・(ま、一応死んだ人という設定でしたからね・・・) 片桐はいりさんはすごかったですね。全体としては、すごく面白かった〜 公式サイトに「喫茶マウンテン」での画像がほとんどないのですが、 記事はここにちょっとだけあります。 http://www9.nhk.or.jp/drama-blog/5040/ メニュー表とかは美術さんの手作りみたいですね。かわいい! で、ここで登場していたみんなの憩いの場所「喫茶マウンテン」が想像通りとてもいい感じでした。ロケ地はどこなんだろうと気になって調べてみたところ・・・ どうやら大泉学園に実際にある喫茶店のようです!! それがこちら、大泉学園駅から歩いて20分ちょっとのバッティングセンター内にある「喫茶BANFF」 洋館のような造りのレトロな喫茶店で、欧風カレーが美味しいみたいです。近くに東映の撮影所があることもあって、ロケでよく使われる有名スポットなのだとか。「喫茶マウンテン」の雰囲気そのままのようなので、いつか行ってみたいです。 公式サイトもレトロ・・・!! http://homepage2.nifty.com/pulazaooizumi/banff.html 食べログ http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132103/13054077/
『東京JAZZ地図』を読んで都内でジャズを楽しもう
これまでに幾度となく使い古されてきたであろうことは承知の上で言わせていただくが、ジャズはとにかく入り口が広く、また敷居が高いという偏見を抱かれがちであるので、ジャズに興味を抱いていてもどう聞き始めればいいのかがいまいち分からないという方が多いそうだ。 ジャズバー、ジャズクラブ、ジャズ喫茶レコードショップetc... ジャズを取り扱う店舗は数多あれど、いかんせんどういった格好でそこに訪れればいいのか、どういった客層の方々がいるのか、と余計な心配事をしてしまう方にオススメの一冊が今月登場した。 それが『東京JAZZ地図』だ。 内容としては今現在トレンドとなっているような店から、ジャズを古くから扱っているような店まで幅広く掲載されているようであり、ジャズ喫茶もコーヒータイム編とバータイム編とで章が分かれているという丁寧っぷり。 更に現役DJ(大塚広子)や評論家、瀬川昌久へのインタビュー、ジャズライブスポット、ジャズレコードショップの特集もあるので非常に盛りだくさんな内容となっている。ジャズイベントリストも掲載されているので、東京JAZZ地図片手に早速イベントに突撃してみることをオススメしたい。 これまでちょっとニッチでも紹介してきたように無料のイベントなども開催されているのでサクッと気軽にジャズを体験してみよう。
七変化する、青文字系モデル・青柳文子ちゃんがホント可愛い!
かわうぃ〜〜〜っこれは、ズバリ「青文字系」という顔をしてらっしゃる!でも、最後にあげてる写真の青柳文子ちゃんは別人みたいだよ〜!見てみてね。 おしゃれさん。WEARで自分のファッションコーデを公開されてます〜! http://wear.jp/aoyagifumiko/ (関係ないけど、鼻筋もきれいだし、小鼻ちっちゃい…さすがモデルですね) 青柳文子ちゃん、マガジンも出してるよ!その名も「あお」。 http://www.amazon.co.jp/dp/480023803X/ 21世紀のカルチャー女子に贈るマガジンなんだって。amazonで見たら、「よく一緒に購入されている商品」に菊池亜希子さんの「マッシュ 」があったよ(笑)うん、たしかにどちらも今世紀の青文字代表ですね。 女優として、映画にも出演してる!靴職人見習いの男の子に恋心を寄せてる女の子役。 その男の子も、韓国の人気グループ「NU'EST」のレン。普通に面白そうだな。ドラマでは、「ゴーストレート」っていうのに主演で出演してます〜! この青柳ちゃん、可愛くて好き!CINRAで特集も組まれました。沖縄を旅行してます。 これ、ウミヘビ食べてるんですけど、感想は「ツナみたい」だそうです(笑) 冒頭でも話したけど、びっくりするのは、髪型やメイクでかなり印象が変わること。まるで別人みたいに変わるんですよ。この写真と下の写真、全然違くないですか? どっちもかわいいですけどね!髪型やメイクでこんなに変われるモデルさんって珍しいんじゃないかな?最近、髪型を変えたらしく、Twitterでも「髪を切ってから、久々に会う人や初対面の人に会うとまず「はじめまして」と言われて「青柳文子です」と名乗ったら「あ!知ってます!昔から」と言われがち」と言ってました! 青柳ちゃんのこと知らなかった人は、ぜひチェックしてみて!一緒に応援しましょ〜っ!^^
鬼平が最後に食べるのは何か、いざ。
鰻、天ぷら、一本饂飩に軍鶏鍋。火付盗賊改方の食事も最後か 歴史を紡ぎ続ける最後の時代劇とも言える、フジテレビ系時代劇『鬼平犯科帳』が、あと2作品の放送をもって終了するとのこと。 2015年12月18日放送の『鬼平犯科帳スペシャル 浅草・御厩河岸』。そして、 2017年初頭に放送予定の『鬼平犯科帳スペシャル』(前後編2本)で、ちょうどシリーズ150本目になるそう。 さて、通の中でしばしば語られるのが、食通な鬼平。 池波正太郎の小説で出てくる鰻が食べたいと再現されるほど。 「鬼平江戸処」(東北自動車道の羽生パーキングエリア上り線) https://www.driveplaza.com/special/onihei/annai/03-chu-hachi/ 「鬼平犯科帳」に登場する辻売りのうなぎ屋。そのうなぎは、本所深川の町人に親しまれ、評判の味だったと描かれています。1897年の創業以来、川魚一筋に商ってきた卸問屋『鯉平』が、素材を厳選し、伝統の技で腕をふるいます。 道端へ大きな木の縁台を出し、その上で鰻を焼き、道行く人々に売るーという、辻売りの鰻屋「忠八」(雲竜剣)などなど、鬼平にはたくさんの鰻屋がでてくるようです。 あのジプシーキングス が流れると、しっかり見ていなかったのに世界が目に浮かびます。 「インスピレーション」を聞きながら、鰻を食べてみたいですなあ。
話題のハイレゾ音源を体感できるミュージックバー「スピンコースター ミュージックバー」
代々木駅 徒歩4分の好立地にあるハイレゾ音源とアナログレコードの両方の魅力が気軽に味わえるバー。音楽WEBメディアSpincoasterがプロデュースということで音楽キュレーターが選曲した良質の音楽をハイレゾ・アナログのスピーカーで聴けるというお店です。 音の密度が高いハイレゾで聴くと知ってる曲もまた全然ちがった印象のものになるのだそうで・・・かなり興味津々です。 その他ざっくりと主な特徴 ・高音質ハイレゾ音源を革新的な新型スピーカー「KOON」で堪能できる ・音楽配信サービス「mora」の協力により最新のハイレゾ音源も随時追加 ・電源・Wi-Fiを完備で日中は作業スペースとしても利用可能 ・貸切やライブイベントも可能 ・食べ物持ち込み1名あたり500円で可 ・ボトルキープならぬ、レコードキープができる(有料)持ち込みもok ・乾き物が食べ放題(!) ・オーガニックの果物や野菜をつかうなどフードにもこだわりあり といいことづくめ。コーヒーが美味しそうなのでまずはカフェ利用から、というのもありかもしれません。 さらにスピーカーとレコードへの配慮のためバーなのに禁煙だそうです(喫煙スペースは外にあるみたいです。) http://bar.spincoaster.com
元バンドマンが始めたカレー店「CURRY BAR シューベル」
バンドマンは多い。しかし元バンドマンのほうが世の中には多いのではないだろうか。 そのような元バンドマンが他の分野で頑張っているのを見ると応援したくなるのは私だけであろうか。 そんな元バンドマンがはじめたカレー店「CURRY BARシューベル」がいい感じだ。 http://curry-shubell.com/ 3/10に2周年を迎えるこのお店は西荻窪の人気カレー店のようだ。 お店のツイッターやインスタグラムに載っている写真を見ているととても美味しそうである...! https://www.instagram.com/shubell/ https://twitter.com/currybarshubell 海鮮とスパイスが良い感じに絡みつく!美味しそう! そしてサイトに載っているシューベルのMINDとHISTORYがとても素敵なので是非読んでみて欲しい シューベルのMIND http://curry-shubell.com/MIND/MIND/mind.html シューベルのHISTORY http://curry-shubell.com/MIND/HISTORY/history.html 元バンドマンならではの思いやコンセプトがあり、めちゃくちゃ興味をひかれる内容となっている。 そしてなんと3/27にはEmeraldのナカノヨウスケ(Vo)が10名限定のライブを行うらしい。 カレーを食べながら彼の歌声を聞く夜は最高であろう。完全予約制なので早めに予約をオススメする! シューベル2周年記念ライブ 2016年3月27日(日)東京都 CURRY BARシューベル OPEN 18:00 / START 19:30 <出演者> ナカノヨウスケ(Emerald) 料金:2500円(カレー付き) 東京都杉並区西荻南1-23-11 日興パレス西荻窪PARTⅡ JR西荻窪駅南口から徒歩約4分
80歳のおばあちゃんDJが最高にクール
見た目、存在感、アティチュード、全てが最高なDJが今東京にいる。 彼女の名はSUMIROCK。 80歳のおばあちゃんDJだ。 以下が簡単なプロフィールとなっている。 ”DJ SUMIROCK(80)餃子荘ムロ勤務 座右の銘:過去のことは、建設的なことでなければ持ち出さない 好きな食べ物:ジビエ 嫌いな食べ物:あんこ 得意技:炒め物” http://tokyograffiti.grfft.jp/contents/?id=180 より引用 DJなのに得意技の欄に炒め物を入れているあたりがなかなかニクい。 彼女は一般的なおばあちゃん的なイメージからはるかに逸脱しているかのようにも思えるが、インタビューにて彼女が語る言葉に目を通すと彼女がいかに常識人で、かつ人生を全力で全うしようとしているかが伝わって来る。 ”DJを始めたきっかけは?  うちに住んでいたフランス人の友人に「DJやってみない?」って言われたのが始まり。それまでも彼のイベントに遊びに行ったりしていたから、おもしろそうだなって思いましたね。 今は週1回DJの学校に通って勉強中です。 人生で一番幸せだったこと、辛かったことは?  幸せなこと? 私は能天気だから一人でごはんを食べても楽しい。両親や夫が亡くなった時は悲しかったけど、人が死ぬのは当たり前だから、看取れて良かったなって。人生で一番つらかったことは、戦争中ですね。母の故郷への道中、上野駅の構内に戦災孤児がたくさん寝泊まりをしているのを見た時、本当につらかったです。 NYでDJをしてナイトライフを楽しんでみたいな。 将来の夢は何ですか?  DJをして幸せなことは、みんなから私のかける曲に「やばーい!」っておっしゃって頂けること。夢は、NYの小さいクラブでDJしてみたい。NYは60歳で一人で行ってから大好き。かっこがいいじゃない。でも女一人で行ったので、ナイトライフは知らないの。だからやってみたいです。” http://tokyograffiti.grfft.jp/contents/?id=180 より引用 見た目や年齢からどうしてもイロモノとして捉えられてしまいそうなSUMIROCK。 しかし彼女の言葉や背景にはアーティストが備えているべき重みを感じると同時に、穏やかさや寛容さも感じる。また、こうした戦争を経験した世代の人物が若者のカルチャーに親しみを持ってくれているのは実に喜ばしいことである。(以前記事にした加山雄三がラップに興味を持っている件についても同様の嬉しさを覚える)。 中高年世代が幅広いカルチャーに意欲的である姿を見ると、むしろ閉鎖的で固い偏見に振り回されているのは若い世代なのではないか、というような気さえしてくる。様々な カルチャーが特定の層だけに向けられるのではなく、もっと全体的な対象に向けられれば今後のシーンはより流動性、多角性を増すとともに活性化していけるのではないかと彼女のs存在を見ていて思った。 SUMIROCK、本当にクールである。
レ・コード館
今日、11月3日は「レコードの日」だそうです。 北海道の新冠町(にいかっぷちょう)にある「レコードの博物館」が「レ・コード館」です。歴史的に価値のある蓄音機やレコード盤などが展示されてますが、所蔵している過去のレコードの視聴も行える施設です。小さな自治体の施設なので、潤沢な資金でレコードを購入しているわけではなく、いらなくなったレコードだけど、捨てるのは忍びないという方々からの寄付でレコードを1997年から収集しています。現在では90万枚ほどのレコードが収蔵されているというのは収蔵されているというのはびっくりですよね。 レコードに保存されているのは音だけじゃなく、ジャケットやジャケットに入っているリーフレットといったものがあります。私も学生の頃集めていたレコードはジャケ買いもありましたし、中の歌詞カードなどがとても楽しいレコードもありました。そんな楽しみが溢れているレコードをここに行くとたくさん見ることができます。 レコードや蓄音機が展示してあるミュージアムやリスニングブースがあるので、楽しもうと思えば1日中いられる場所です。私も蓄音機の音を聴きましたが、スクラッチノイズなどはありますけど、録音方法も今とは違うので演奏者の息遣いがわかりますし、ふくよかな音を感じることが感じることができました。 この新冠町はサラブレットの町としても有名です。サラブレットの育つ牧場も数多くあります。レ・コード館の隣には道の駅「サラブレッドロード新冠」があります。 レ・コード館 http://www.jalan.net/kankou/spt_01604ae3292017971/
1
Comment
1