chottoniche
500+ Views

今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ【第1弾】

いきなり自分語りをはじめるが、私はゲームが好きだ。

しかし新しいゲームを買うのはお金がかかる。
そういうわけで私は小さい頃にやっていたゲームを再発掘してやるようにしている。
昔のゲームかも知れないが中には本当に面白くて熱中してしまうものがある。
そういう「今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ」を数回にわけて書いていこうと思う。また当アカウントは「ちょっとニッチ」ってこともあり、ドラクエやFFシリーズ等の誰でも知っているような作品については書かない。

暇だから久しぶりにゲームやってみたいけどゲーム機器買うお金をかけたくない!

という人にオススメです。
まず第1弾は

「クラッシュバンディクー」シリーズ

『クラッシュ・バンディクー』(Crash Bandicoot)は、ソニー・コンピュータエンタテインメントが発売したプレイステーション用のアクションゲーム。
1996年12月に第1作『クラッシュ・バンディクー』(機種はPlayStation)の発売から始まった、コミカルなアクションゲームのシリーズである。第1作では「宇宙初の奥スクロールアクション」という煽り文句が書かれていた。
シリーズ内にはアクションゲーム以外には「レーシング」や「カーニバル」というシリーズがあるがここではそれについては割愛させて頂く。
このゲームがまた面白い。当時のアクションゲームは横スクロールのゲームばっかりであったがこれは初の「奥スクロール」のゲームである。
奥スクロールになったことにより臨場感が増し、一気に大ヒット作品となった。

そして何よりも結構難しい

子供の頃は本当に苦戦したゲームでも今やるとほど良い難易度になっており、楽しくプレイできる。

オススメはクラッシュ・バンディクー2である

1ではセーブするポイントがかなり限られていて、ゲームの難易度というより気軽にやる難易度が高かった。
しかし2からゲームのシステムが見直され、ステージ間のロビーとなるワープルームでいつでもセーブできるようになった。そのような意味でさらに楽しめる形になっている。
スピード感あふれ、ハラハラドキドキできる難易度が大人にちょうどいいゲームとなっている。

なによりも主人公「クラッシュ」のアホヅラが面白い

もちろん3もめちゃくちゃ面白いので是非やってほしい。
ちなみにほぼAmazonで中古で1円で売っているので気軽に買える。
新品だとかなり高い。
ちなみにプレイができるPS1はAmazonで1500円ぐらいで売っているので一個持っておくと捗ります。メモリーカードは50円ぐらいで買えます。

暇だしゲームしたいけどお金使いたくない!って方、昔のゲームをやってみては?

Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
眺めながらしっとりするスマゲー、伝説の旅団
ボードゲーム界の任天堂?!オインクゲームスが作った!、って話を長々して、褒めちぎろうと思ってたらなんか、あんたすごいよ。 Bitsummit2015 -A KYOTO INDIE GAME FESTIVAL- ビジュアル・デザイン最優秀賞ノミネート! だそうでした。 どこもかしこも、褒めまくっているので、もう書くことない。やってみて! 必要にして十分なゲームシステムが深い戦略性を生み出す 最大3体のキャラが参加するオートバトルが特徴のファンタジーRPG http://gamedeets.com/archives/11136 ある夜、突然100体の「眼」が襲ってきて、すべての街から火を奪っていった――という冒頭から始まる『伝説の旅団』。限られた仲間たちを上手にやりくりして戦い抜くオートバトルのシステムが特徴的だが、細かな操作を必要としない、ある意味で近年のアプリゲームらしい造りといえる。極限まで単純化されたシステムはボードゲームを手掛けるメーカーだけあって、必要にして十分。寓話めいた世界観を楽しみながら、世界を救う旅に出てみよう。 このゲーム、全然アクションとかないです。 「GO!」ボタンを押すだけなので、もうモノタリないくらい。で、も。 とにかく、セピア色のゲーム画面がしっとり楽しめて、手軽なのに手軽でない感じなんなのだろう。眺めているだけでいろいろ気になってきて。夏を忘れさせる。あ、夏が終わるうううう。 伝説の旅団 iOS版
途中で休めるドラママリオになる「スーパーマリオメーカー」アップデートだ。やべー。
キターー!予想通りマリオメーカーがアップデートされるってよ! 2015年11月5日、更新データ(Ver. 1.20)を配信します。 http://www.nintendo.co.jp/wiiu/amaj/update/ いろいろあるけど、とにかく「中間ポイント」が作れるのがやほー―。 ひとつのコースをドラマチックに作るには、この中間ポイントにああたどりついた。って感動装置がいるのですう。あと、マリオの状態によってキノコかフラワーかが切り替えられるとか、より本格的になってきた。。。 あと、コースの選別も重要よね。 やっぱりセンスに差が出るっていう任天堂視点が「公式職人」が作ったコースを選べるようにしたのであろうフムフム。 なのでこんなこともある。 有野課長とバカリズムさんのつくったコースを「イベントコース」で配信! http://www.nintendo.co.jp/wiiu/amaj/information/index.html#151028_01 ここで希望を追加。 4つのコースをセットできる機能。「ワールド」を作れるってことですう。 これでさらなるドラマが作れるし、パワーアップにも意味がでてくるじゃん。 うーん、どうよ、どうなのよ。お願い、任天堂‼ 1.中間ポイントのオブジェクトを追加 2.「合体アイテム」を追加 3.「ハエたたき(ハードモード)」追加 4.イベントコース配信 5.公式職人の投稿コースがいつでも見られるリストを追加
素敵な本と人とが出逢うゲーム「ビブリオバトル」
ビブリオバトルって知っていますか?簡単に言うと、本を紹介するコミュニケーションゲームです。 【公式ルール】 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる. 順番に一人5分間で本を紹介する. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする. 詳しい公式ルールはこちら http://www.bibliobattle.jp/koushiki-ruru とてもシンプルなルールで、子供から大人まで年齢を問わず誰でも参加できるのが人気の理由らしい!バトルというからには、ちゃんと大会もあって、大学対抗や地区対抗などかなり頻繁に開催されているようだ。 学生時代、読書感想文というのが苦手だっただが、これはまず自分が「面白い」という思う本を人に対して説得する形でプレゼンする、というところが前のめり感があっていい。考えをコンパクトにまとめて人に話したり、「人の心を動かすコニュニケーション能力」を上げる訓練にもなるし、他人の発表を見て本を知るきっかけにもなるし、いろんな意味で為になるゲームといえそう。わざわざどこかに出向かなくても身近な友人や同僚とすぐに始められる点もいい。 (学生時代はなかったよなあ、と歴史を調べたら2007年〜京都大学の学生たちによって始められたもののよう) ビブリオバトル、今後も注目です! 詳しくはこちらの公式サイトをどうぞ http://www.bibliobattle.jp
ゲスの極みの川谷は置いといて休日課長はいいやつそう
休日課長。 なかなかファニーな名前である。個人的にはゲスの極み乙女というどこか腹立たしいバンド名を彼休日課長という名前の愛嬌で緩和している気すらする。 2016年早々ゲスの極み乙女のフロントマンの方がベッキーと云々事件が巻き起こりなかなか問題となっているがそんなことはどうだっていい。元からそんなことをしでかしそうなバンド名だ。そんなことは放っておこう。 今回私が個人的に取り上げたいのはフロントマンの下賎な行いについてでもなく、ドラムが若干(というかなかなか)かわいいことでもなく、 ベースの休日課長はマジでいい奴そうだし普通にベース上手いということなのだ。 なかなかに小気味のいいナイスな演奏である。緩急を生かした奏法、スラップ奏法、コード感を上手くついた奏法などベースが抑えているべきポイントを見事にクリアしつつ若手バンドマン(若手と言っていいのかは微妙なきもする)屈指の技術で楽曲に昇華している。 ええやないか! 個人の趣味としてはこの声がかなり苦手なので好んで彼らの楽曲を聴くことはないが演奏だけは聞いていられそうだ。 当初はサラリーマンと並行してバンド活動をしていた休日課長。 自身のツイッターでは連日食べ物についてのツイートをするなど見事にファットなおっさんっぷりを演出している。アカウント名 @eninaranaiotoko もなかなかにクールだ。 今回の騒動で彼らは若干窮地に追い込まれるような気もするが休日課長だけはどうにか社会が守ってあげてほしいものだ。
どう見たって新作ジブリ映画なRPG開発決定「ニノ国2」
宮崎駿の引退宣言から2年(2013年9月)。そろそろ新作の話題が出てもよさそうな頃なのに、あそうか引退してたんだ、と寂しい気持ちになった人が目を覚ますような動画がこちらです。(正確には「想いでのマーニー」がジブリ最後の作品) https://www.youtube.com/watch?v=MGN8Hx7WI3A えー、なんかファンタジーものやるの?? と思った人は残念。 こちらは妖怪ウォッチなどでお馴染みのレベルファイブが出がけるゲームの予告編。 ただし、キャラクターデザインはジブリでお馴染み百瀬義行、音楽もなんでもかんでも久石譲と、まさにジブリ映画です。 レベルファイブのRPG「二ノ国」シリーズ最新作 「二ノ国II レヴァナントキングダム」が発表 (正確にはこの「ニノ国」シリーズは、2010年に第一弾が作られているので、今回で第二弾となる) Sony Computer Entertainment Americaが開催するイベント「PlayStation Experience 2015」で発表された本作。発売日はまだ未定ですが、PS4で作られているとのこと。 ジブリが忘れられない人、とりあえず、PS4貯金をはじめてみては。 (今すぐやりたい人は、第一弾のPS3版「ニノ国 白き聖灰の女王」もしくは3DSの「ニノ国 漆黒の魔導士 」をどうぞ) 公式サイト http://www.ninokuni.jp/rk/ (宮崎さんの引退宣言&撤回についてはこちら)
ゲームオヤジたちがふるえてしまいます。ファミ通×電撃×niconico×4Gamer=「電ファミニコゲーマー」
時間をとる事ができないこともあって最近はじっくりテレビゲームをやれないのですが、思い出の中のゲーム話は今ではワクワクしてしまいます。 よく「くそゲー」なる分野については友人とファミレスで長々話したものです。 さてそろそろオジサンになってきた私世代に気になるメディアができました。 あらゆるゲームのあらゆる情報を閲覧できるゲーム特化型のキュレーションメディア。題して、『電ファミニコゲーマー』。 電ファミニコゲーマー https://www.denfaminicogamer.jp/ 少々、ゴロが悪い気もしますが、何より初回の企画が素晴らしいです。 「ゲームの歴史を紐解く連載シリーズ「ゲームの企画書」第一回」ということで、ゲーム創成期の人たちから話をかなり詳しく聞いています。 「ゼビウス」がなければ「ポケモン」は生まれなかった!? ———遠藤雅伸、田尻智、杉森建がその魅力を鼎談。 http://news.denfaminicogamer.jp/projectbook/xevious 遠藤さんはゼビウスやドルアーガの塔という名作ゲームを作った方。田尻さん杉森さんはポケモンの生みの親ともいえる方。特に田尻さんはあまりインタビューを受けない方だそうで、非常に貴重な機会と言えそうです。 以降の企画も、気になるものばかり。 「桃太郎電鉄」さくまあきら&桝田 省治 「不思議のダンジョン」中村 光一&長畑 成一郎 「コーエー立志伝」シブサワ・コウとその妻 ※真田丸でも注目のシブサワコウさんです。 「DQ・FF・クロノ・トリガー誕生秘話」鳥嶋和彦 ※アラレちゃんのマシリトです。 どうしても広告的な面が強くなりがちだったゲームメディアですが、歴史的、批評的な面を持ったものになるといいですね。 そのうちゲームを再開したくなるかもしれません。 楽しみです。
ティム・バートンの「ナプキンアート」画集が発売!
http://eiga.com/news/20151030/8/2/2/ http://www.fashion-press.net/news/19892 「シザーハンズ」 「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」 「フランケンウィニー」 などを手がけたあの奇才のナプキンアートが発売になる。 常にペンを持ち歩き、インスピレーションやアイディアが浮かんだ時にすぐにナプキンに記録をするというティム・バートン、この画集を見れば彼の脳内を見ているような感覚を得ることであろう。 12/4からヴィレッジヴァンガードにて発売されるので要チェックだ。 【書籍情報】 画集『ナプキンアート・オブ・ティム・バートン』(The Napkin Art of Tim Burton) 発売日:2015年12月4日(金) ※10月30日(金)より、一部店舗およびオンラインストアにて予約受付がスタート 価格:3,000円(税込) 販売店舗:ヴィレッジ・ヴァンガード独占販売(オンライン&店舗) アートワーク:ティム・バートン デザイン:ホリー・ケンフ 編集:ホリー・ケンフ、リア・ガロ サイズ:15.24cm × 15.24cm ページ数:140ページ(2ページの折り込み) <予約受付店舗> ■宮城 仙台ロフト ■東京 立川ルミネ、ブルービート、上野マルイ、新宿マルイアネックス、高円寺、渋谷宇田川、三軒茶屋、高田馬場、町田路面、自由が丘、お茶の水 ■神奈川 横浜ルミネ ■大阪 阪急三番街、アメリカ村 ■京都 京都西院 ■兵庫 三宮 ■広島 広島サンモール、イオンモール広島府中、フジグラン神辺、広島段原SC、イオンモール広島祇園、フジグラン東広島、フジグラン緑井、リム・ふくやま、ゆめタウンみゆき、ゆめタウン大竹、ゆめタウン呉 ■愛知 名古屋中央、刈谷、岡崎、瀬戸、イースト、高蔵寺 ■三重 松阪 ■岡山 イオン津山、イオンモール倉敷 ■鳥取 イオン米子駅前、イオン日吉津、イオン鳥取北、ゆめタウン出雲、イオン松江 ■山口 239おのだサンパーク、ゆめタウン宇部、ゆめタウン南岩国、ゆめシティ下関、イオンタウン防府(ほうふ) ■香川 高松アッシュ、イオン高松、イオン綾川、ゆめタウン高松、ゆめタウン丸亀 ■愛媛 イオンモール新居浜、エミフルMASAKI、パルティフジ衣山、フジグラン重信、フジグラン今治、イオンモール高知、フジグラン高知 ■徳島 フジグラン石井、フジグラン北島、ゆめタウン徳島、徳島クレメントプラザ ■福岡 FREAKS福岡パルコ
【観光立国】本当の意味の地域多様性
俺はポケモンやドラクエ、FF等のゲームを子どものときからプレイしていた。 それらのゲームでは、ダンジョン等をクリアすると新しい町に行けて、キャラクターのための新しいアイテムを入手することができた。 一つ一つの町全てが異なっていて、それぞれの特色があり、プレイヤーを飽きさせることのないようになっていたと思う。 火山の町があり、雪の町があり、木こりの町があり・・・それぞれ面白かったし、子供心に「旅ってこういうものなんだな。色んなところで色んなことをするんだな。」とワクワクしながら、旅というものに想いを馳せていたことを思い出す。 こういう感性を与えてくれたことを、ゲームの作成者たちに感謝したい。 一方、現実ではどうか。 どこへ旅行に行っても、ある程度同じものが「良い」とされていて、食べるものも伊勢海老だとか和牛だとか。正直、「なんで?」という名物もある。 また、体験するものも、小さな違いこそあるものの、ほとんど同じようなものだ。 なんというか、地域の特色?を感じることが難しい。 年々外国人観光客が増えているというものの、このまま同じようなコンテンツしか提供できないなら、やがては飽きられると思う。 外国人観光客は、ゲームのプレイヤーと似ていると感じる。 外国人観光客は、日常の日本で暮らしているわけではない。 また、ゲームをプレイする人々も、当然ながらゲームの世界で日常を過ごしているわけではない。 両者に共通する点は「期待」と「客観的な目線」だ。ワクワクと外からの視線。 現在、これに答えられる日本になっているか? 俺が子供の頃に感じたワクワクを外国人観光客達に与えられるかどうか。 我々日本人の「観光立国」が成立するかどうかはこの点にかかっていると考える。 以下のニュース記事を参照 キャリコネニュース 「高級料亭つき宿泊施設」では芸がない 人気旅館の経営者が明かす「本当の観光」 日本政府が「観光立国」を掲げて11年。海外からの観光客は年々増加しているが、英国と比べると観光客数は3分の1程度。 いまひとつブレイクしない日本の観光業には、根本的な考え方の転換が必要ではないか。 本当の観光とは、 「単に余暇を過ごすことではなく、地域にしかない魅力を全身で味わうことです」 https://news.careerconnection.jp/?p=7163