chottoniche
2 years ago1,000+ Views
逮捕されないニセ作画家を追った衝撃のドキュメンタリー『美術館を手玉にとった男』上映開始!
”稀代の贋作(がんさく=ニセ作)画家を追ったドキュメンタリー映画『美術館を手玉にとった男』が、2015年11月21日(土)よりユーロスペース他にて、全国順次ロードショーされる。
2011年、ニューヨークタイムズやフィナンシャルタイムズ、テレビをはじめとした全米のメディアが、こぞって報道した事件。それは、全米の多くの美術館で展示されていた著名な作品の数々が、実は一人の男によるニセモノだった、という衝撃的な事実だった。しかし結局、その男は罪に問われることなく解放される。なぜなら彼は、一切の金銭を要求せず、すべてのニセ作品を寄贈していたからだった。
【作品情報】
『美術館を手玉にとった男』
公開:2015年11月21日(土)ユーロスペース他にて全国順次ロードショー
監督:サム・カルマン、ジェニファー・グラウスマン
共同監督:マーク・ベッカー
出演:マーク・ランディス、マシュー・レイニンガー、アーロン・コーワン、ジョン・ギャッパー
音楽:ステファン・ウルリッヒ
2014 年/アメリカ/英語/カラー/89分
原題:Art and Craft
配給:トレノバ”
 上のページで引用した少々の映画紹介を見ただけでも実に本編が見たくなる内容だ。果たして一体何が目的で彼は贋作を作り続けているのか、実に疑問である。
 予告編を見ると内容はそこまで深刻ではなく、むしろユーモアの溢れた内容であるようだ。昨日より全国で上映開始されているのでこれは一目散に見に行かなくては!となっている筆者である。
0 comments
4
Comment
2