chottoniche
1,000+ Views

【カズオ・イシグロ】『わたしを離さないで』連ドラ化決定!

 『わたしを離さないで』をご存知だろうか。これもまた一般に名作として知られる書籍であるが、今作はなんと連続ドラマ化することになった。
以下詳細である。

 ”女優の綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみの出演

で、日系英国人作家カズオ・イシグロ氏の『わたしを離さないで』が連続ドラマ化されることが18日、わかった。

1月よりTBS系金曜ドラマ枠(毎週金曜 後10:00)で放送

される。
 同作は、2005年の発表直後から話題になり、英国でミリオンセラーとなった作品。”
これまでにも様々な形で映像化されてきた本作だが、それゆえに中々に評価は厳しいものになるだろう。
 さらに加えて今回のドラマ版では

舞台を原作のイギリスから日本に置き換えて物語を展開する

とのことでありこれまた物議を醸すこと間違いなしである(出演者が日本人であるため仕方のないことではあるが)。
 
 どうにも最近オリジナルの脚本で作品が描かれるケースが減りすぎているような気がしてならない上にこの独自の設定である。多少なりとも私はこの日本の大衆文化の行く末を憂いてしまうし、こういった形で作品が描かれると知って作家本人はどういった気持ちなのだろうと気にしてしまうが、カズオ・イシグロはここで鬼の寛大さを見せてきた。
曰く
”「この物語が私の生まれた国で、新しくより広い範囲の視聴者に楽しんでいただけるということで深い満足感を覚えます。ドラマという形式がどのような新しい要素を原作から引き出してくれるのか、大変興味があります」とコメント。連ドラ化について「最初の5話の脚本を読みましたが、物語の中でこれまで光の当たっていなかった部分、奇妙で興味をそそるような角やくぼみ、気づいていたけれども開けたことのなかったドアを開けて新しい部屋をまるまる見つけるような、原作の新しい部分を発見して、光を当ててくれると自信を持って言えます」”
とのことだ。何と心優しいコメント。私もこれくらいの寛大さでこのドラマと向き合ってみようと思う。
Comment
Suggested
Recent
カズオ・イシグロさん、寛大ですね。自分もこの小説は大好きです。ドラマでも、原作のあの静謐で悲しげな雰囲気を是非出してほしいですね。
Cards you may also be interested in
絶対覚えておきたい「写真の基本構図」を説明した動画
私は写真を撮るのが下手だ。せいぜいポケモンスナップで良い点数をとるのが限界である。 しかしこの写真家Steve McCurry氏が説明する「写真の基本構図」を頭に入れればもしかしていい写真が撮れるのではないだろうかと思えてきた。 この動画ではベーシックを教えてくれると共にその構図の参考となる素晴らしい写真を例に出してくれている。 めちゃくちゃ数が多く全てはここで紹介できないので少し紹介していこうと思う。 ① 9分割した時の交差点 どういうことかと言うと、写真をまず9分割する。 そしてその線が交差するところに目を引くポイントを置くのだ。 そのようにするとこんな写真が撮れる 確かにこのような構図の写真はよく見る。 ② 9分割した時の線に沿った写真を撮る どういうことかと言うと写真の中にある立体感を出すラインをこの線に合わせるのである。 この構図を取り入れた写真がこちら これは横だが、縦と合わせて色々な組み合わせが出来そうだ。 ③ 自然のラインで目線を集めろ! これはどういうことかと言うと世の中にはよく見ると色々な「線」がある。 その線の矛先を一箇所に集めよう! このようなことである。 この他にもたくさん紹介されているので是非写真を上手く撮りたい人は一番上の動画を見て欲しい。 見た感想としては「線」を意識することが大切なんだな、と感じた
新春ドラマ、富士ファミリー登場の「喫茶マウンテン」ロケ地が気になる・・・!
年始のNHKドラマ、富士ファミリーは見ましたか? キョンキョンと薬師丸ひろ子のあまちゃんコンビが話題でしたが、の割りに、キョンキョンの出番少なかったかな・・・(ま、一応死んだ人という設定でしたからね・・・) 片桐はいりさんはすごかったですね。全体としては、すごく面白かった〜 公式サイトに「喫茶マウンテン」での画像がほとんどないのですが、 記事はここにちょっとだけあります。 http://www9.nhk.or.jp/drama-blog/5040/ メニュー表とかは美術さんの手作りみたいですね。かわいい! で、ここで登場していたみんなの憩いの場所「喫茶マウンテン」が想像通りとてもいい感じでした。ロケ地はどこなんだろうと気になって調べてみたところ・・・ どうやら大泉学園に実際にある喫茶店のようです!! それがこちら、大泉学園駅から歩いて20分ちょっとのバッティングセンター内にある「喫茶BANFF」 洋館のような造りのレトロな喫茶店で、欧風カレーが美味しいみたいです。近くに東映の撮影所があることもあって、ロケでよく使われる有名スポットなのだとか。「喫茶マウンテン」の雰囲気そのままのようなので、いつか行ってみたいです。 公式サイトもレトロ・・・!! http://homepage2.nifty.com/pulazaooizumi/banff.html 食べログ http://tabelog.com/tokyo/A1321/A132103/13054077/
あたらしい生き方の創造
「私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明」 高城剛さんの本からの抜粋 「アイデアと移動距離は比例します。 日常から離れれば離れるだけ、俗と欲がなくなり、自身が活性化しアイデアが湧きます。 (移動するにはお金がかかりますが、という質問に対して)  移動の一番の問題は、決断力を伴う精神力と体力でしょう。予算ではありません。」 →移動距離が多くなればなるほど、移動距離の少ないヒトと付き合い辛くなる(話が合わなくなる)気がする。 移動距離は確かに、その人の人格を構成する重要な要素であると思う。 「情報とお金はとても似た側面を持ちます。 情報を持つ人が偉いという風潮はとても危険です。 お金と同じように、情報があると安心する人が多く、しかし事実は、情報に縛られて考えると、動けなくなるのです。」 → 至言。情報であれお金であれ、「持っていること」に価値があるストックの時代は終わった。 「まじめに」と「楽しく」が反対語であることが日本人の問題のひとつではないか、とずっと思っています。 あとは、無意味な完璧主義。 ちょっとでもダメなら、その人もモノもすべてダメ。 完璧な人間はいないので、結局全員ダメ。 完璧でないと、すぐにイライラするので、雰囲気が悪くなる。 自分も完璧でないから「足りてない」と感じ、被害妄想になる。 → 完璧主義の人、ほんとーに多い。そういう人って、他人に文句を言うことが多くなり、加えて、自分にも文句を言うことが多くなる。 「政治でもそうだが、日本で本当に必要なのは、 政権交代ではなく、世代交代で、 それが起きる気配はまだない。 それまでは、昭和の共同幻想と供に日本は生きることになる。」 「皆、時代が大変になるといかに新規市場、新規開拓をするか、を真剣に考えます。 企業ならそうでしょう。 しかし、個人なら「いかに働かないか?」を考える時代でしょう。 競争に勝つことより、競争しないことに頭を使うのと同じ。 それが、この時代の知恵者のすることだと思います。」 →なるほどなるほど 電子書籍でサラッと読むのに良い本
たけしが丁寧にお笑いを語る貴重な機会パート3
ビートたけしは、浅草をルーツとする芸人で、お笑いの歴史を俯瞰できる人でもある。新しいお笑いもいいけれど、たまにはルーツを紐解きたい。なんて人にはおすすめの番組が、漫才、コントと続いていよいよ落語がやってきます。 たけし&鶴瓶が落語を語る「ニッポン芸能史」 立川談春とのスペシャル対談も http://natalie.mu/owarai/news/161385 NHK BSプレミアム 2015年10月10日(土)19:30~21:00 3大コントって伝統のネタがあった!、漫才のルーツがアメリカにあった!とか、過去の2回も興味深い内容でした。流石ビートたけしは、深見千三郎先生の弟子だ。 『たけしの“これがホントのニッポン芸能史” コント』 http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3303/2040332/ http://mediagong.jp/?p=10690 なんと日本3大コントというものがあるらしい (「仁丹」「天丼」「レストラン殺人事件」の3つ) http://d.hatena.ne.jp/karatedou/20121228%23p1 『たけしの“これがホントのニッポン芸能史” 漫才』 http://d.hatena.ne.jp/katokitiz/20150322/1427001992 例えばエンタツ・アチャコの代表的なネタだと言われている「早慶戦」は元々アボット&コステロというアメリカのコンビのネタに「メジャーリーグ」というものがあって、それを絶対見てたはずだと解説。実は今の日本の漫才のスタイルはアメリカから来たものだったという新説をとなえる。 今回はどんな新説が飛び出るのか。楽しみです。
又吉さんが坊ちゃんじゃありません。ニノの坊ちゃん
いらいらしている感じが良い感じかも。嵐二宮坊ちゃん。 2016年は漱石没後100年だそうで、そう思うと100年以上も前の作品がドラマになるってびっくりしますね。 読書をあまりしない私も何度か読んだことがある「坊ちゃん」。 夏目漱石の作品の中でも読みやすいし、短いし、坊ちゃんのキャラターもいいですよね。 そして今回はお正月ドラマとして映像化されます。 「坊っちゃん」 2016年1月3日(日)21:00~23:30 フジテレビ系にて放送 http://www.fujitv.co.jp/bocchan/index.html http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2015/i/150804-i143.html 色々記事が出ていますが、やはりキャスティングですよね。 わたしの頭の中では、結構ぴったりと来ています。 http://www.cinemacafe.net/article/2015/12/24/36641.html 主人公の坊っちゃんを演じる「嵐」二宮和也さんをはじめ、坊っちゃんと意気投合する同僚の数学教師・山嵐を古田新さん、マドンナを松下奈緒さん、マドンナとひそかに思い合う英語教師・うらなりを山本耕史、マドンナを横恋慕する教頭・赤シャツを及川さん、赤シャツの腰巾の画学教師・野だいこを八嶋智人、そして教師たちをまとめる校長・狸を岸部一徳が演じる。 人気の原作だけあって過去15回も映像化されています。 モッくんや郷ひろみは、お坊ちゃま感がありますけど、坊ちゃんぽくない気も。 驚きは加藤茶さん。どんな坊ちゃんだったのだろう。。。 坊ちゃん映像化の時の主役 http://www.oricon.co.jp/news/2057071/full/ ちなみに又吉さんは夏目漱石役!だそうです。これは気になります。 私としては、100年も前の作品なのですけど、ドキドキワクワクします。 映像を見る前でも読めちゃうかも。 久々に読んでみようかな~。 ◆青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/752_14964.html ◆Amazon キンドル版 http://www.amazon.co.jp/dp/B009IXJVVO ◆Amazon 新潮文庫 http://www.amazon.co.jp/dp/410101003X
ひとり健さん映画祭~居酒屋兆治(高倉健一周忌記念)
黙っていることに意味がある映画ナンバーワン ひとり健さん映画祭。個人的には満喫しております。 今回は『居酒屋兆治』(いざかやちょうじ)。 山口瞳の小説が原作になっている1983年の作品です。 話は、訳アリの男兆治が夫婦で営む居酒屋にたむろする良い感じのお客たちとの心の交流、てな感じです。とにかく、やり取りを楽しむにつきます。 田中邦衛、ちあきなみお、小松政夫、平田満、細野晴臣いろいろ出てきますが、メイン格になっている暴力的な伊丹十三の自分自身を止められないがいい味になっています。 (監督のイメージが強いので、さらに関心) ドラマチックなんてことのない感じで、なにもおこらないというか、起こらないように我慢している空気を感じるような映画です。 みかたによっては否、マジで怖い女、大原麗子(もはやあの時代の大原さんじゃなければ成り立たない!)と、骨があり過ぎて逆に違和感が無いガンジー健さんのかもしだすムードを満喫するしかありません。 仕込みの風景、買い付けの風景、素人とさらっと絡む健さんのシーンがポイントです。 左とんぺいが悲しくて泣けてきます。 こういう日本映画、また見たいですが、健さんなしにはできないよなあ。 降旗 康男(ふるはた やすお)監督は、多くの健さん映画を撮っていますが、(最後の作品「あなたへ」もそう)以下は居酒屋兆治周辺に存在する映画です。 『冬の華』 『駅 STATION』 『夜叉』
渋谷uplinkにて行われる【見逃した映画特集2015】が熱い
現在も渋谷uplinkにて行われている 「見逃した映画特集2015」 の内容が実に熱い。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や『はじまりのうた』、『セッション』などの今年の話題作も上映されるが、個人的に注目したいのはDVDなどでもあまりレンタル販売されなさそうな作品群だ。今回はその内の三作をピックアップしたい。 まずは『Cu-Bop(キューバップ)』だ。公開日は12/30(水)、1/5(火)、1/15(金)、1/17(日)、1/29(金)である。 ”映画『Cu-Bop』は、困難に直面しながらも、それをものともせずに、自分の音楽を演奏し続けるキューバのミュージシャンたちを記録したドキュメンタリー作品だ。キューバに残り音楽活動を続ける者、ジャズの本場であるアメリカ合衆国に移住する者…。その両者の元へ、監督自らカメラを持って自宅に泊まり込み、寝食を共にしながら『音楽が生まれる瞬間』を記録する取材方式によってこの映画は撮影された。ハバナの片隅の古びた住宅地、ニューヨーク・ハーレムのディープなラテン人居住区、カメラは驚く程近距離でミュージシャンたちを記録し、生活と共にある本物のキューバ音楽を活き活きと描き出してゆく。” http://www.uplink.co.jp/movie/2015/41952 より引用 あらすじだけでそそられる。公開間近なので予定を空けておこう! お次は『ブラジル・バン・バン・バン~ジャイルス・ピーターソンとパーフェクトビートを探しもとめて~』、公開日は12/30(水)、1/12(火)、1/16(土)、1/20(水)、1/27(水)である。 ”世界で最も影響力があるラジオ/クラブ DJ とリスペクトされるジャイルス・ピーターソンが、10 代の頃から愛して止まない「音楽の楽園」リオデジャネイロで作品制作に挑むなか、街へ繰り出し、歴史と文化への理解を深めていく、旅するようにリオの魅力を知ることができる、新感覚ドキュメンタリー!” http://www.uplink.co.jp/movie/2015/41613 より引用 ブラジル音楽事情だけでなくリオデジャネイロの街の気風なども体感できそうな期待できるドキュメンタリーだ。 最後は『THE COCKPIT』、公開日は1/16(土)~1/22(金)である。今回紹介する中では唯一の邦画である。 ”仲間たちと集まって一緒にものをつくる楽しさ。小さな部屋で遊びから始めた行為がいつの間にか作品になって、やがて大きな場所へ広がってゆく、かもしれない……。そんな自分たちの日常と地続きの創作。楽器の技術さえ必要ないヒップホップという音楽は、その実感をつねにわたしたちに届けてくれる。注目のヒップホップ・アーティストOMSBとBim、そして仲間たちも加えた、真剣だけどコメディ映画みたいににぎやかな音楽づくり。『THE COCKPIT』はそれを記録することで、同じようにわたしたちの日常と創作とを繋いでみせる。刺激的な創造行為の貴重な記録であると同時に、若者たちのユーモラスで愛おしい日常の記録でもある、これはそんなドキュメンタリー。 ” 創作への熱意や青春の清らかさなどを感じられそうな作品だ。また場面や環境などが身近であることからも実に共感しやすい作品となっていそうである。 今回は音楽映画でかつちょっとニッチな作品を紹介したがそれ以外にも様々な作品が上映される予定だ。 「見逃した映画特集2015」を見逃すな!
日本シナリオ作家協会 シナリオ講座
気になる些細なことを調べてメモしてみる。 シナリオ作家というと映画やドラマの印象が強いが、あれはどのような職業を経てなるものなのかかねがね疑問だった。のでちょいと調べてみた。 僕の予想では、テレビ局に勤めているなにがしかのスキルの人間か、小説を書いていた人間が転向するか、そういうものではないかと思っていたが、実はシナリオライターのための講座というものが存在することを知った。その中のひとつが日本シナリオ作家協会のシナリオ講座だ。 修了生の活躍というページを見ると、僕でも知っている野島伸司の名前がある。「僕だけがいない街」も修了生が書いたようだ。そう、この中には非常にアニメが多い。 そうか、アニメもシナリオライターが書いているのか。 他にラジオシナリオもあり、いわゆる構成作家・脚本家と同じ職業なのだということが今さら判った。もしやこれは世間の一般常識だったのだろうか? ちなみに同じシナリオでもゲームシナリオはやや違う分野という感覚があるが、やはり修了生の仕事には並んでいない。たしかに必要なスキルが違うのは素人ながらに想像できる。 このシナリオ講座の場合、初心者向けの基礎科と上級者向けの研修科があり、基礎科の場合は半年間全44回で約14万円の受講料だ。一回あたりで割ると3000円程度なので意外と安いかもしれない。興味があれば、現在4月開講クラスは受講生募集とのことだ。 学校を卒業してもプロの脚本家になれるのはほんの一握りです。また、学校に通わなくても、資質なり才能があれば独学でも脚本家になれる人はいます。 やはり。これは講座の紹介の一文だが、まあそういうもんだろうなと納得だ。 しかしシナリオライターのスキルは仮説設計や構成能力が必要とされるシーンや職業で役立ちそうな気がする。意外とビジネスマンが趣味の学校として通うと仕事にも活きる予感がした。 日本シナリオ作家協会 シナリオ講座 ちなみに青山の裏道で「シナリオセンター」という看板を目にしたことを思い出して検索してみた。こちらも類似の講座を運営しているようだ。修了生はジェームス三木、内館牧子など、こちらの方が大手なのかもしれない。キャリアサポートなどの項目もあるので、プロとして仕事が欲しい人はこちらの方が手厚いかもしれない。 シナリオセンター