fukuko
2 years ago500+ Views
「way to go」の使い方
「way to go」は、ネイティブの日常会話でもよく使われる便利なフレーズ。
用法によって大きく意味が変わるので使い方に注意が必要です。
1) Way to go! →「よくやった!」
「Way to go!」は「Good job!」と同じ意味合いで使われます。
アメリカでは「(よくも)やってくれたね・・・」のように、皮肉った意味としても使う場合があります。
・Way to go! I’m proud of you!(よくやった!私も嬉しいです!)
・Way to go, Andrew. All that hard work paid off!(よくやったね。今までの努力が報われた!)
・You emailed everyone the wrong address? No wonder no one’s here. Way to go, buddy.(間違った住所をメールした?誰もいないわけだ・・やっちゃったね。)
2) _____ is the way to go!
→「〜がするのがベストだ!」
方法や手段など、何かをすることがベストであると表す口語的な表現。
この使い方をする場合は“way to go”前に必ず“the”を入れる。
“only”を加えて「The only way to go」とすることで、「それしかない」や「それに尽きる」といった強調した表現になる。
・Traveling while you’re young is the way to go.(若いときに旅行をするのがベストだ。)
・Buying Christmas gifts online is the way to go.(クリスマスプレゼントはネットで買うのがベストです。)
3) A long way to go
→「まだまだ」
まだまだ道のりが長いことを意味するフレーズです。
・We still have a long way to go until we get back home.(まだまだ家には着きません。)
2 Like
4 Share
2 comments
違います。パクリました。
2 years ago·Reply
2
2
4