chottoniche
1,000+ Views

今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ【第4弾】

暇だから久しぶりにゲームやってみたいけどゲーム機器買うお金をかけたくない!

という思いから始まったこの今でも熱中できる懐かしのゲームシリーズ、
今回で第4弾となってしまった。
今回紹介する懐かしのゲームは

ロックマンダッシュ

ロックマンシリーズ生誕10周年を記念して製作された、シリーズ初の完全3Dゲーム作品である。3Dシューティングアクション(TPS)に、「町や地下の探索」「人々との会話による情報収集」「武器の購入・強化」といったロールプレイングゲームの要素を加味したそのゲーム性のみならず、世界観やキャラクターなどもそれまでのロックマンシリーズとほとんど関連のないオリジナルとなっている。 人と自然の調和した雰囲気、明るさを損なわないキャラクター達、その裏に広がる設定など、他のロックマンシリーズとは一線を画した世界観で構成されている。
はるか未来。世界のほとんどは大海原に覆われ、その中に点在する島々で、人々は平和に暮らしていた。その中で古代遺跡を探索して、エネルギー物資「ディフレクター」や遺物を発掘 (ディグアウト) するディグアウターと呼ばれる人々が数多く存在した。主人公ロック・ヴォルナットもその一人である。ディグアウターは伝説の“大いなる遺産”を夢見て日々古代遺跡の発掘に励んでいた。ロックはディグアウターとして旅する中で数多くの人々と出会い、冒険し、“大いなる遺産”そして自分の過去を追うのであった。
なんとこのロックマンダッシュ今までのロックマンシリーズと繋がっていないかと思わせておき、実は初代ロックマンシリーズから100年の年月を経たロックマンXシリーズの、更に数千年後の未来を舞台とした派生シリーズであることが公式の書籍等より明らかになっている。
ロックマンファンからするとこの設定はかなり好奇心をくすぐられる設定となっていて、ロックマンダッシュを進めるごとに色々伏線っぽいところが出てくる。
ロックマンダッシュシリーズは以下となっている
ロックマンDASH 鋼の冒険心 (1997年12月18日発売)
トロンにコブン (1999年7月22日発売)
ロックマンDASH2 エピソード1「ロールちゃん危機一髪!」の巻 (トロンにコブンに付属、後にPSP版DASH2に収録)
ロックマンDASH2 エピソード2 大いなる遺産 (2000年4月20日発売)
ロックマンDASH 5つの島の大冒険! (2008年2月1日配信)
第一作目の「ロックマンDASH 鋼の冒険心」をまずやってみて、それで続きが気になったら「DASH2 大いなる遺産」をやるのが正解だろう(他のやつはやる必要性は低い)
DASHシリーズは基本的にPlay Station、PSP、N64で出ている。
どちらでも安く買うことができる。

DASH1

DASH 2

DASH1&2どっちもついてくるPSPバリューパック

アクションゲームとしてまじで面白いしやりこみ要素が半端ないので是非やってみて欲しい。
ストーリーに関係ないだろう的なミッションを全部やると最後にサプライズがあったり、
悪いことばかりやるとロックが変化したり、ゲーム内の人のロックに対する噂が変化したりするので是非色々試して欲しい。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
どう見たって新作ジブリ映画なRPG開発決定「ニノ国2」
宮崎駿の引退宣言から2年(2013年9月)。そろそろ新作の話題が出てもよさそうな頃なのに、あそうか引退してたんだ、と寂しい気持ちになった人が目を覚ますような動画がこちらです。(正確には「想いでのマーニー」がジブリ最後の作品) https://www.youtube.com/watch?v=MGN8Hx7WI3A えー、なんかファンタジーものやるの?? と思った人は残念。 こちらは妖怪ウォッチなどでお馴染みのレベルファイブが出がけるゲームの予告編。 ただし、キャラクターデザインはジブリでお馴染み百瀬義行、音楽もなんでもかんでも久石譲と、まさにジブリ映画です。 レベルファイブのRPG「二ノ国」シリーズ最新作 「二ノ国II レヴァナントキングダム」が発表 (正確にはこの「ニノ国」シリーズは、2010年に第一弾が作られているので、今回で第二弾となる) Sony Computer Entertainment Americaが開催するイベント「PlayStation Experience 2015」で発表された本作。発売日はまだ未定ですが、PS4で作られているとのこと。 ジブリが忘れられない人、とりあえず、PS4貯金をはじめてみては。 (今すぐやりたい人は、第一弾のPS3版「ニノ国 白き聖灰の女王」もしくは3DSの「ニノ国 漆黒の魔導士 」をどうぞ) 公式サイト http://www.ninokuni.jp/rk/ (宮崎さんの引退宣言&撤回についてはこちら)
アメトーク!!で再注目桃太郎電鉄マニアックス!
業界視聴率ナンバーワンのアメトーク。DVD売り上げも半端じゃないこの番組で取り扱うとお店で無くなってしまうという、マツコの知らない世界に並ぶ注目度の高さ! そんなアメトークで取り上げられた、「桃鉄」の愛称で知られる、パーティーテレビゲームの雄「桃太郎電鉄」が今大注目だ。 え。桃鉄を知らない? といったジェネレーションギャップにはちょっとした原因が。 そのあたり解きほぐしていくぜ! 桃鉄とは… サイコロを降って、モノポリーのようにコマを移動し物件を購入。お金を儲けていくテレビゲームでやるボードゲーム。対戦がとにかく熱いのだ! 1.今、桃鉄はみんなで遊びにくい! 桃太郎電鉄は、ファミコン時代に発売されたのが一番最初。そこから20数年に渡り、新作が出続けていたのだが、実は新しい家庭用ゲーム機版は2010年から発売されていない。 (アメトークで芸人がやっていたのは、おそらくWiiの2010版) だから、今リビングで桃鉄をやろうとすると、WiiUで古いWiiのゲームをやるか、PS2などの古いゲーム機でやるしかないという。。 確かに、桃鉄知らない人がいても仕方がない。 ※ちなみに今、桃鉄はアプリで楽しめる桃太郎電鉄 JAPAN+ http://www.konami.jp/products/momotetsu_japanplus/ 2.生みの親「さくまあきらさん」が新作作らないっていった 番組中でも取り上げられていた生みの親さくまあきらさん。 実はこの方は、あのドラクエの生みの親堀井雄二さんともつながりがあるゲームレジェンド。黄金期のジャンプ編集部にも関わりがあり(ジャンプ放送局を知ってるかな)、とにかく凄い人。 参考:「どんな子供でも遊べなければいけない」 黄金期のジャンプ編集部で叩き込まれた”教え”が生んだ大ヒットゲーム「桃太郎電鉄」 参考:「桃鉄の生みの親」さくまあきら氏スペシャルセミナーを神戸電子専門学校で開催! ところが、なにが理由かわからないが、新作を出さないとさくまさんが宣言してしまった。どうやら原因は、現在の桃鉄の権利を持っているコナミとの方針の違いと言われているが、真相は業界のことでよくわからない。 3.生みの親会社ハドソンも実はもう無い ゲーム好きの人なら知っているロードランナーやスターソルジャーなど伝説のゲームの数々を生み出したハドソン。16連射の高橋名人もハドソンの社員だった。 このハドソンが桃太郎電鉄を作った会社だったのだけど、実はこの会社はもうすでにない。コナミが吸収して、結局ブランドも無くなってしまったのだ。 さくまさんだけではなく、制作スタッフもバラバラになってしまったようなのだ。 そんなこんなで、桃鉄は実は結構厳しい状況で、いっときのブームが(CMもたくさんやっていた)比べるとピンとこないも致し方ないかも。 それでも最近はボードゲーム版なんかも出たりしてまた復活の兆し?! 桃太郎電鉄ボードゲーム 大どんでん返しの巻 http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/momotetsu/index.html 次の桃鉄が出る事を祈って! さくまさーん、まってまーす!
今やっても熱中できる懐かしのゲームシリーズ【第5弾】
暇だから久しぶりにゲームやってみたいけどゲーム機器買うお金をかけたくない! という思いから始まったこの「今でも熱中できる懐かしのゲームシリーズ」、 紹介したいゲームが多すぎて止まらなくなってしまった。 第4弾はこちら 今回紹介するゲームは 武蔵伝 プレイステーション1で発売された3DアクションRPG。メインキャラクターデザインは野村哲也、サブキャラクターデザインは緒方剛志が担当した。 なお、本作には『ファイナルファンタジーVIII』『エアガイツ』『アナザー・マインド』の体験版などが収録されたディスク「SQUARE'S PREVIEW 3」が付属していた。 「でっかいシリーズ始めます」と銘打った『ブレイヴフェンサーシリーズ』第一弾作品であり、2005年に第二弾の『武蔵伝II ブレイドマスター』が発売された。 主人公のムサシは雷光丸とレイガンドという2本の剣を持っていて(レイガンドは冒頭にらせんの塔に取りに行くので初期装備は雷光丸のみ)特徴が異なる。雷光丸はリーチは短いがすばやく振ることができ、連続攻撃に適している。レイガンドは大振りだが、リーチが長く一撃の威力も大きい。 このゲームは当時FFVIII等の人気ゲームの体験版目当てで買った人が多かったため、噂ではクソゲーと言われているこのゲームだが、とんでもない。 武蔵伝1は紛れも無く良ゲーである。 ストーリー ヤクイニック王国は王と女王がバカンスで不在の隙をつかれて、ル・コアール帝国に攻撃されてしまう。そこでヤクイニック王国は、その国の女王に代々受け継がれる「英雄召喚」を行う。「英雄召喚」とは、異世界から勇者を呼び寄せる術のこと。過去にもこの国に危機が訪れたとき、伝説の剣豪・武蔵を呼び寄せ、危機を救ってもらったという。しかし女王不在の今、「英雄召喚」を行えるのは未熟な王女・フィーレ姫だけだった。一抹の不安の中、フィーレ姫により「英雄召喚」の儀が行われた。成功した……かに見えたが、召喚されたのはなんとムサシという小さい子供だった。どうしようもないので、王国の人々はこの子供が英雄であると信じ、この国のことを頼むことにした。一方、この国を危機から救わないと、元の世界に戻れないと聞いたムサシは、協力を承諾する。こうして、ムサシの旅が始まる……。 このゲームの何が楽しいかというとやはりコレクションに一種に近いやりこみ要素であろう。 ストーリー中にゲットできるフィギュアをコレクションしたり、囚われた街の住人を見つけ開放したり、 ストーリーは実はそこまで面白いものではないがこのようなやりこみ要素やアクションの面白さでこのゲームはなりたっている。 正直「武蔵伝2」は個人的にあまり面白くなかったので1をやるのがいいだろう。 例のごとく武蔵伝1はアマゾンで1円で売っているのでオススメである。 http://www.amazon.co.jp/dp/B00006LJR1/ref=cm_sw_r_tw_dp_4xgwwb1BJHN05
素敵な本と人とが出逢うゲーム「ビブリオバトル」
ビブリオバトルって知っていますか?簡単に言うと、本を紹介するコミュニケーションゲームです。 【公式ルール】 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる. 順番に一人5分間で本を紹介する. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする. 詳しい公式ルールはこちら http://www.bibliobattle.jp/koushiki-ruru とてもシンプルなルールで、子供から大人まで年齢を問わず誰でも参加できるのが人気の理由らしい!バトルというからには、ちゃんと大会もあって、大学対抗や地区対抗などかなり頻繁に開催されているようだ。 学生時代、読書感想文というのが苦手だっただが、これはまず自分が「面白い」という思う本を人に対して説得する形でプレゼンする、というところが前のめり感があっていい。考えをコンパクトにまとめて人に話したり、「人の心を動かすコニュニケーション能力」を上げる訓練にもなるし、他人の発表を見て本を知るきっかけにもなるし、いろんな意味で為になるゲームといえそう。わざわざどこかに出向かなくても身近な友人や同僚とすぐに始められる点もいい。 (学生時代はなかったよなあ、と歴史を調べたら2007年〜京都大学の学生たちによって始められたもののよう) ビブリオバトル、今後も注目です! 詳しくはこちらの公式サイトをどうぞ http://www.bibliobattle.jp
途中で休めるドラママリオになる「スーパーマリオメーカー」アップデートだ。やべー。
キターー!予想通りマリオメーカーがアップデートされるってよ! 2015年11月5日、更新データ(Ver. 1.20)を配信します。 http://www.nintendo.co.jp/wiiu/amaj/update/ いろいろあるけど、とにかく「中間ポイント」が作れるのがやほー―。 ひとつのコースをドラマチックに作るには、この中間ポイントにああたどりついた。って感動装置がいるのですう。あと、マリオの状態によってキノコかフラワーかが切り替えられるとか、より本格的になってきた。。。 あと、コースの選別も重要よね。 やっぱりセンスに差が出るっていう任天堂視点が「公式職人」が作ったコースを選べるようにしたのであろうフムフム。 なのでこんなこともある。 有野課長とバカリズムさんのつくったコースを「イベントコース」で配信! http://www.nintendo.co.jp/wiiu/amaj/information/index.html#151028_01 ここで希望を追加。 4つのコースをセットできる機能。「ワールド」を作れるってことですう。 これでさらなるドラマが作れるし、パワーアップにも意味がでてくるじゃん。 うーん、どうよ、どうなのよ。お願い、任天堂‼ 1.中間ポイントのオブジェクトを追加 2.「合体アイテム」を追加 3.「ハエたたき(ハードモード)」追加 4.イベントコース配信 5.公式職人の投稿コースがいつでも見られるリストを追加
眺めながらしっとりするスマゲー、伝説の旅団
ボードゲーム界の任天堂?!オインクゲームスが作った!、って話を長々して、褒めちぎろうと思ってたらなんか、あんたすごいよ。 Bitsummit2015 -A KYOTO INDIE GAME FESTIVAL- ビジュアル・デザイン最優秀賞ノミネート! だそうでした。 どこもかしこも、褒めまくっているので、もう書くことない。やってみて! 必要にして十分なゲームシステムが深い戦略性を生み出す 最大3体のキャラが参加するオートバトルが特徴のファンタジーRPG http://gamedeets.com/archives/11136 ある夜、突然100体の「眼」が襲ってきて、すべての街から火を奪っていった――という冒頭から始まる『伝説の旅団』。限られた仲間たちを上手にやりくりして戦い抜くオートバトルのシステムが特徴的だが、細かな操作を必要としない、ある意味で近年のアプリゲームらしい造りといえる。極限まで単純化されたシステムはボードゲームを手掛けるメーカーだけあって、必要にして十分。寓話めいた世界観を楽しみながら、世界を救う旅に出てみよう。 このゲーム、全然アクションとかないです。 「GO!」ボタンを押すだけなので、もうモノタリないくらい。で、も。 とにかく、セピア色のゲーム画面がしっとり楽しめて、手軽なのに手軽でない感じなんなのだろう。眺めているだけでいろいろ気になってきて。夏を忘れさせる。あ、夏が終わるうううう。 伝説の旅団 iOS版
公立小学校HPの「洗練されてなさ」具合に注目せよ!
 PC、スマートフォンが一般層に圧倒的に普及し、現在では顧客の注目を集めるために様々なハイクオリティのインターネットコンテンツが我々の日常に届いてくるようになっている2015年現在。 そんな無数のインターネットコンテンツの中で一切の進化、洗練を拒むかのように変化することなくインターネット普及当時のままの姿を保ち続けているHPが数多く見られるフィールドがある。 そう、それが公立小学校のHPだ。  ”新たな顧客を獲得する必要がなく、誰からも批評の対象に見られていないインターネット唯一のオアシス”の実態にぜひ迫ってみよう。 http://omocoro.jp/kiji/68521/ より引用  まずはこちら。 見事なまでに文字がカレンダーと重複している。 分かりやすさが大前提である現在のインターネットコンテンツと比べればこの少々の見辛さなど気にしない心意気がどれほど異質であるかが伝わって来る。  次はこちら。 ディスプレイがスクエア型から長方形のワイド型になったにも関わらず 一切対応する素振りを見せないこの威風堂々とした右のスペース。 圧巻である。 何故この画像を選択したのか全くわからないような画像を選択する という「洗練されてなさ」も多数のHPにて見られる共通した要素。学校のHPにここまで霧がかった画像を載せていると最早何かしらの悪意すら通り越した無関心さを感じる。  他にも何とも 微妙に早すぎないか?と言いたくなる速度で回転する画像 を何故か選択することも一つのパターンとして見られる現象だ。しかしまあ実に絶妙に早すぎる感じに哀愁を感じる。 如何であっただろうか。今やいかなるウェブサイトも実に洗練され、よく出来ているな、と感心するものばかりである。しかしこうした小学校のHPの「洗練されてなさ」を見ると何とも言えない温もりのようなものを感じることもまた事実。 いつまでもこの無骨な様相を保ち続けてインターネット上の生きる化石として残り続けていってほしい限りである。