tarobon3
2 years ago1,000+ Views
ニッポンの中小企業「植松電機」の植松努さんの感動スピーチが泣ける。
現代ビジネスのこの記事「これぞリアル『下町ロケット』だ! 大企業のイジメに負けなかった『町工場の物語』世界のグーグル相手に戦った男もいる」を読んで、日本にはたしかに技術力がものすごく高い中小企業が多いよなーと思いました。
技術力が高くないと、生き残れないのですが。
この記事で取り上げられている中小企業の1つ、「植松電機」。
この会社は、北海道の赤平市にあります。
この方は、「宇宙」に子供の頃から強い憧れを持っていましたが、周囲から「どうせ、無理」と言われていたそうです。また、その言葉は子供に夢を与えるべき先生からも言われたと言います。
しかし、彼は現在、夢だったその宇宙開発に携わっています。
この「植松電機」の専務取締役、植松努さんの感動的なスピーチは、一見の価値ありです。
このスピーチ、本当に感動します。
以下は、「植松電機」のHPにある言葉です。
「どうせ無理」という言葉は、人の可能性を奪います。興味を持たなくなり、やる前に諦め、考えなくなってしまいます。 「だったらこうしてみたら?」という言葉は、人の可能性を広げます。やったことが無いことに挑戦し、あきらめず、より良くを求めるようになります。 植松電機は自らが思い描き挑戦していくことと、宇宙開発を通して子供達に夢を持つ勇気と自信を持ってもらうことで、人の可能性が奪われない、より良くを求める社会を目指します。
日本には、植松努さんのように熱い想いを持っている技術者がたくさんいます。
この記事は、面白いのでぜひ見てみてください。
0 comments
6
Comment
4