pilot27
1,000+ Views

村上春樹の世界観にインスピレーションを受けたゲーム “MEMORANDA”

僕は「ゲームは好きだけどハードは買わない」主義ですが、これはPCでプレイできるので確実にダウンロードするでしょう。
MEMORANDAは今年4月に村上春樹の世界観を元に制作されるゲームとして話題になったようですが、ついに先月Kickstarterでの資金集めに成功し、確実にプレイできる日がもうすぐやってきます。村上春樹のFacebookでも紹介されたという興奮の書き込みもあり、ソーシャルファンディングはこういうコミュニケーションも含めて楽しそうでいいですね。
ゲームのテーマの一つは「喪失」です。登場キャラクターも皆何かを失っており、中でも主人公は自分の名前を失う危機にあります。自分が自分の名前を思い出せなくなっていくことに気づき、それを取り戻そうというのがゲームの筋です。
僕は村上春樹は短編を幾つか読んだだけですが、「ぽいなあ」と思いました。この4点の画像は主人公以外のキャラクターですが、特に動物が擬人化されている絵は独特のニュアンスがあって好きですね。
ゲームのタイプは、クリックしてストーリーを追いながらヒントを集め、途中でパズルに回答するというとてもシンプルで古典的なもののようです。おそらく本を読むような楽しみ方をするものなのでしょう。またこれは話で聞いただけの未確認情報ですが、エンディングは100通りほどあり、村上春樹の小説同様にハッピーエンドのようなわかりやすいものではないということでした。
12月にはデリバリーが開始されるそうなので年末はこれで遊びたいですね。デモが公開されいるので今からやってみます。
おまけです。英語ですが発案者のインタビュー記事がありました。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
素敵な本と人とが出逢うゲーム「ビブリオバトル」
ビブリオバトルって知っていますか?簡単に言うと、本を紹介するコミュニケーションゲームです。 【公式ルール】 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる. 順番に一人5分間で本を紹介する. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする. 詳しい公式ルールはこちら http://www.bibliobattle.jp/koushiki-ruru とてもシンプルなルールで、子供から大人まで年齢を問わず誰でも参加できるのが人気の理由らしい!バトルというからには、ちゃんと大会もあって、大学対抗や地区対抗などかなり頻繁に開催されているようだ。 学生時代、読書感想文というのが苦手だっただが、これはまず自分が「面白い」という思う本を人に対して説得する形でプレゼンする、というところが前のめり感があっていい。考えをコンパクトにまとめて人に話したり、「人の心を動かすコニュニケーション能力」を上げる訓練にもなるし、他人の発表を見て本を知るきっかけにもなるし、いろんな意味で為になるゲームといえそう。わざわざどこかに出向かなくても身近な友人や同僚とすぐに始められる点もいい。 (学生時代はなかったよなあ、と歴史を調べたら2007年〜京都大学の学生たちによって始められたもののよう) ビブリオバトル、今後も注目です! 詳しくはこちらの公式サイトをどうぞ http://www.bibliobattle.jp
本を見ながらビールが飲めちゃう!「本屋B&B」
B&Bは、Book & Beerの意味。 この本屋さんは、ビールをはじめ、色々なドリンクを約500円で提供しています。 本&ビール...私の好きな物が2つ組み合わさっているなんて素敵〜! ということで、早速行ってみました。 お店は下北沢の南口商店街のちょっと裏のビルの2階にありました。 入ってみると、普通の町の書店並みの広さ。 予想外にお客さんがいる!15人くらいでしょうか。こういう個性的な本屋さんってどこもガラガラなイメージだったので、意外でした。 しかし...夕方に入ったのですが、誰もビールを注文していない〜〜〜〜! 店内をくまなく見渡すと、かろうじて一人だけビールを飲みながら本を見ていた人がいましたが...これは、注文しづらい...。 ビールをあきらめて、店内を探検。 さすが、本のセレクトがツボをついている!「子供はわかってあげない、読んでみたかったんだよな〜」とか「ジョン・アーヴィングの新作がある!」とかブツブツ心で思いながら楽しく棚を眺めました。文学好き、カルチャー&サブカルチャー好きにはワクワクのセレクトかと思います。 一冊買ってみたら、こんな可愛いオリジナルブックカバーをいただけました! 安西水丸さんのイラストだそうです。 というわけで、とても素敵な本屋さんでした。 毎日、イベントもやっているそうです。 次、行ったときは、勇気をだしてビールを注文するぞー! 本屋 B&B
HONDAのアメリカ向けCM “PAPER”
僕は好きですね。ホンダの企業CMです。一つのエンジンにはじまり、来年発売のスポーツカーまで、ホンダの結晶が詰まった壮大な沿革だと思います。シルバーウィーク前にリリースされたようですが、思ったほど日本で話題になっていないようなので紹介してみました。 映像に登場する各プロダクトについてはGigazineのこの記事の説明がわかりやすいです。 ホンダの「のりもの」をストップモーションで振り返るPESの「Honda “Paper”」 僕はホンダの始まりが「自転車用補助エンジン」というものだと知りませんでした。日本語に訳したからこうなっただけで motor cycle のエンジンだと思えばいいのかもしれません。すこし不思議な言葉ですが、おそらくバイクの始まりがホンダだったということですよね。モーターメーカーと考えれば当たり前かもしれませんが、船や飛行機も作っていたのか。蛸はたしかに謎ですが、アメリカということなので悪魔を表現しているのでしょうか? メイキングです。3000枚のイラストを使って4ヶ月かけて作成されたということですが想像を超えるものがありますね。 上の記事のタイトルに「PES」とありますが、PESはストップモーションアーティストです。この中の作品に見覚えがあるかもしれません。僕は二つありました。 The Power of Dreams は聞き慣れていますがあらためていい言葉ですね。素晴らしいです。夢を描きましょう。
村上春樹「アンダーグラウンド」「約束された場所で」
「1Q84」の題材になっている というので、興味を持ち読んだ本。 地下鉄サリン事件の被害者のインタビューを村上氏本人が行い、それをほぼそのまま文字に起こした作品。 「地下鉄サリン事件の被害者」 という共通点以外は全く違う人生を送る人々の言葉はとても興味深く 「いるいるこういう人」 ってな感じで読み進んでしまう。 事件を経験したことで多かれ少なかれ自分を取り巻く世界が、まるで1Q84の様に変わってしまったんだろうなと感じた。 書名の「アンダーグラウンド」が、サリン事件の舞台になった地下鉄をイメージしていることはいうまでもない。 この事件は、地下の、閉じられた、暗い、じめじめとした、息苦しい空間の中で起きた。 人々はそうした息づまる空間の中で、突然わけのわからぬ暴力に見舞われ、理由もなく殺されたり、ひどい目に遭わされた。 アンダーグラウンドはまた「心の闇」である自分自身の内なる影の部分をもイメージしている、と村上氏はいう。 それは普段「我々が直視することを避け、意識的に、あるいは無意識的に現実というフェイズから排除し続けている」部分だ。 村上氏はこの闇に光をかざすことによって、日本人の内面に潜んでいる、日本らしさの核のようなものに突き当たりたいとも考えたようだ。 「約束された場所で」は 作家の村上春樹が、オウム真理教の元・現信者に行なったインタヴュー集。 副題が「underground2」となっているが、『アンダーグラウンド』の続編。 これもまた必見。 合わせて読みたい2冊
未来のクリエイタを褒めて褒めて褒めまくろう!日本ゲーム大賞2015「アマチュア部門」
いいねーいいねーいいんじゃなあいのお!と言おう! 偉そうなこと書けないけれど、やっぱり新しい感覚のゲームをやりたいのが、ゲーム好きの気持ち。スプラトゥーンも、新しいクリエイターによって作られたっていうし~。 任天堂では近年、任天堂ゲームセミナーに参加した受講生のよる作品を、実際にダウンロード作品として配信する(無料)取り組みをやってます。凄いなんか偉い。流石任天堂。 http://www.nintendo.co.jp/etc/seminar/sakuhin/index.html ※2014年は、WiiUにて「ドキドキ手紙リレー」「ミチコジャンプ!」「ジカンサタンサ」「アルクラッシュ」の4本が配信 で、2015年8月6日に、日本ゲーム大賞2015「アマチュア部門」受賞作品が発表されました。http://awards.cesa.or.jp/prize/prize_03_01.html 個人的には以下の二本がお気に入り。プレゼン映像だけだけど。 (見た目はなんとなくプレイステーションみたいな感じだけどhohohoho) 『10動説』 東京工芸大学 『ヒカゲモノ』 バンタンゲームアカデミー こういうのは褒めて伸ばすが一番。いいねー。早く超おもしろゲーム作ってええ。 ああ。あっしも褒められたいっす。
【観光立国】本当の意味の地域多様性
俺はポケモンやドラクエ、FF等のゲームを子どものときからプレイしていた。 それらのゲームでは、ダンジョン等をクリアすると新しい町に行けて、キャラクターのための新しいアイテムを入手することができた。 一つ一つの町全てが異なっていて、それぞれの特色があり、プレイヤーを飽きさせることのないようになっていたと思う。 火山の町があり、雪の町があり、木こりの町があり・・・それぞれ面白かったし、子供心に「旅ってこういうものなんだな。色んなところで色んなことをするんだな。」とワクワクしながら、旅というものに想いを馳せていたことを思い出す。 こういう感性を与えてくれたことを、ゲームの作成者たちに感謝したい。 一方、現実ではどうか。 どこへ旅行に行っても、ある程度同じものが「良い」とされていて、食べるものも伊勢海老だとか和牛だとか。正直、「なんで?」という名物もある。 また、体験するものも、小さな違いこそあるものの、ほとんど同じようなものだ。 なんというか、地域の特色?を感じることが難しい。 年々外国人観光客が増えているというものの、このまま同じようなコンテンツしか提供できないなら、やがては飽きられると思う。 外国人観光客は、ゲームのプレイヤーと似ていると感じる。 外国人観光客は、日常の日本で暮らしているわけではない。 また、ゲームをプレイする人々も、当然ながらゲームの世界で日常を過ごしているわけではない。 両者に共通する点は「期待」と「客観的な目線」だ。ワクワクと外からの視線。 現在、これに答えられる日本になっているか? 俺が子供の頃に感じたワクワクを外国人観光客達に与えられるかどうか。 我々日本人の「観光立国」が成立するかどうかはこの点にかかっていると考える。 以下のニュース記事を参照 キャリコネニュース 「高級料亭つき宿泊施設」では芸がない 人気旅館の経営者が明かす「本当の観光」 日本政府が「観光立国」を掲げて11年。海外からの観光客は年々増加しているが、英国と比べると観光客数は3分の1程度。 いまひとつブレイクしない日本の観光業には、根本的な考え方の転換が必要ではないか。 本当の観光とは、 「単に余暇を過ごすことではなく、地域にしかない魅力を全身で味わうことです」 https://news.careerconnection.jp/?p=7163
北海道の小さな書店がはじめたユニークなサービス おまかせ「1万円選書」
北海道砂川市にある小さな書店が行っているサービス。 名前の通り、1万円分のオススメの本をおまかせで頼むサービス。これが大人気で予約がパンク状態。現在受け付け停止中なのだそうです。 いきなり本を選んで送って完了、ではなくまず候補となるリストを送り、その後も丁寧にメールや手紙でコミュニケーションを取りながら、内容を調整していくのだそう。かなり手間もかかりそうですが満足度も高そうですよね。 本との新たな出会い、という意味での福袋的なものを想像していたのですが、もっとお客さんに寄り添ったサービスのようです! (有)いわた書店 https://www.facebook.com/iwatasyoten?fref=nf ちなみに、市川市立図書館、飯能市立図書館、豊島区立目白図書館などでは、まさに「福袋」のサービスも行っているようです。最近、どんどん増えてきているようなので近くの図書館についても調べてみてはいかがでしょうか。 関連ニュース おまかせ「1万円選書」に注文殺到 砂川市の書店「雑誌や新刊でなく、本を売りたい」 http://www.sankei.com/premium/news/150131/prm1501310003-n1.html 【地方書店の生きる道】北海道砂川・いわた書店の「一万円選書」にかける思い http://ddnavi.com/news/227414/a/ 市川市立図書館の新春企画「図書館員が選んだ本の福袋」 http://www.city.ichikawa.lg.jp/library/info/1150.html 図書館が貸し出してくれる「本の福袋」 意外な本との出会いが好評 http://news.livedoor.com/article/detail/9594106/
「ネジまき鳥クロニクル」泥棒かささぎ編
話は ロッシーニの「泥棒かささぎ」 (動画はロンドン交響楽団ではありませんが) を聞きながらキッチンでパスタを作る所から始まる。 仕事を辞め、飼い猫がいなくなり、・・・ 以下、本文よりグッときた所を抜粋してみた。 「やれやれ猫探しか、と僕は思った。 僕は猫が昔から好きだった。 そしてソノ猫のことだって好きだった。 でも猫には猫の生き方というものがある。 猫は決して馬鹿な生き物ではない。 猫がいなくなったら、それは猫がどこかに行きたくなったということだ。 腹が減ってくたくたに疲れたらいつか帰ってくる。 しかし結局僕はクミコのために猫を探しにいくことになるだろう。どうせ他にやることもないのだ」 「ひとりの人間が、他のひとりの人間について十分に理解するというのは果たして可能なことなのだろうか。 つまり、 誰かのことを知ろうと長い時間をかけて、 真剣に努力をかさねて、 その結果我々はその相手の本質にどの程度まで近づくことができるのだろうか。 我々は我々が良く知っていると思い込んでいる相手について、本当に何か大事なことを知っているのだろうか。」 「外に出て仕事を持つというのは生易しいことではない。 庭に咲いているいちばん綺麗な薔薇の花を一本摘んで、それを通り二つ隔てた先で風邪で寝込んでいるおばあさんの枕元に届けて、それで一日が終わるというような平和でこぎれいな代物ではない。 ときにはろくでもない奴らと一緒にろくでもないことをしなくてはならないこともある。 どうしても家に電話を入れる機会を捉えることができないという場合だってある。 「今夜は帰りが遅くなるから」という電話を家にかけるくらい30秒あれば足りる。 電話なんてどこにだってある。 でもそれができないこともあるのだ。」 (続く)
Google出身者が立ち上げた2.5億ドル規模のフラワーデリバリーサービス「A Better Florist」
このサービス、元Google社員のSteven Feinerが考案したもので、東南アジアでフラワーを90分で届けるというシンプルなサービス。 これがこんなに稼げるのか?フラワーデリバリーのニーズがそこまであるのか?という疑問も浮かぶが、今までのところ、商売はうまくいっているようだ。 東南アジアだけでも、2.5億ドル規模がのぞめるこのマーケット。実は、世界規模でみれば、60億ドルの価値があるという!(ちょっと、驚き。) このサービス、今のところ、WEBだけでモバイルアプリを作ることは考えていないという。 このA Better Floristの他のデリバリーサービスと異なるところは、農園から直接を花を運んでいるところ。そうすることで、花の保ちが通常より2倍が長く続くという。そして、なんと送料無料! 他にも、最近投資を受けたフラワーデリバリースタートアップがある。(以下、 VentureBeatより引用) The Bouqs (U.S.) — $6 million Series A in June 2014. Urban Stems (U.S.) — $1.5 million seed in February 2015. Bloom & Wild (U.K.) — $3.9 million Series A in July 2015. Bloomon (Netherlands) — $4 million Series A in Sept 2015 RoseOnly (China) — $10 million Series A at a $100 million valuation in November 2014. こんなにこの界隈が賑わっているのか!!! 日本でもあるけど、こんなに洗練されたサービスはないよな。青山フラワーマーケットは、個人的に良さそうには見える笑。趣味の問題かもだけど。 イーフローラ http://kuchiran.jp/life/flower.html 花キューピッド http://www.i879.com/ 青山フラワーマーケット http://eshop.aoyamaflowermarket.com/pc/ 詳細は、VentureBeatに掲載されているので、興味がある方はチェックしてみては!