pilot27
1,000+ Views

村上春樹の世界観にインスピレーションを受けたゲーム “MEMORANDA”

僕は「ゲームは好きだけどハードは買わない」主義ですが、これはPCでプレイできるので確実にダウンロードするでしょう。
MEMORANDAは今年4月に村上春樹の世界観を元に制作されるゲームとして話題になったようですが、ついに先月Kickstarterでの資金集めに成功し、確実にプレイできる日がもうすぐやってきます。村上春樹のFacebookでも紹介されたという興奮の書き込みもあり、ソーシャルファンディングはこういうコミュニケーションも含めて楽しそうでいいですね。
ゲームのテーマの一つは「喪失」です。登場キャラクターも皆何かを失っており、中でも主人公は自分の名前を失う危機にあります。自分が自分の名前を思い出せなくなっていくことに気づき、それを取り戻そうというのがゲームの筋です。
僕は村上春樹は短編を幾つか読んだだけですが、「ぽいなあ」と思いました。この4点の画像は主人公以外のキャラクターですが、特に動物が擬人化されている絵は独特のニュアンスがあって好きですね。
ゲームのタイプは、クリックしてストーリーを追いながらヒントを集め、途中でパズルに回答するというとてもシンプルで古典的なもののようです。おそらく本を読むような楽しみ方をするものなのでしょう。またこれは話で聞いただけの未確認情報ですが、エンディングは100通りほどあり、村上春樹の小説同様にハッピーエンドのようなわかりやすいものではないということでした。
12月にはデリバリーが開始されるそうなので年末はこれで遊びたいですね。デモが公開されいるので今からやってみます。
おまけです。英語ですが発案者のインタビュー記事がありました。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
【観光立国】本当の意味の地域多様性
俺はポケモンやドラクエ、FF等のゲームを子どものときからプレイしていた。 それらのゲームでは、ダンジョン等をクリアすると新しい町に行けて、キャラクターのための新しいアイテムを入手することができた。 一つ一つの町全てが異なっていて、それぞれの特色があり、プレイヤーを飽きさせることのないようになっていたと思う。 火山の町があり、雪の町があり、木こりの町があり・・・それぞれ面白かったし、子供心に「旅ってこういうものなんだな。色んなところで色んなことをするんだな。」とワクワクしながら、旅というものに想いを馳せていたことを思い出す。 こういう感性を与えてくれたことを、ゲームの作成者たちに感謝したい。 一方、現実ではどうか。 どこへ旅行に行っても、ある程度同じものが「良い」とされていて、食べるものも伊勢海老だとか和牛だとか。正直、「なんで?」という名物もある。 また、体験するものも、小さな違いこそあるものの、ほとんど同じようなものだ。 なんというか、地域の特色?を感じることが難しい。 年々外国人観光客が増えているというものの、このまま同じようなコンテンツしか提供できないなら、やがては飽きられると思う。 外国人観光客は、ゲームのプレイヤーと似ていると感じる。 外国人観光客は、日常の日本で暮らしているわけではない。 また、ゲームをプレイする人々も、当然ながらゲームの世界で日常を過ごしているわけではない。 両者に共通する点は「期待」と「客観的な目線」だ。ワクワクと外からの視線。 現在、これに答えられる日本になっているか? 俺が子供の頃に感じたワクワクを外国人観光客達に与えられるかどうか。 我々日本人の「観光立国」が成立するかどうかはこの点にかかっていると考える。 以下のニュース記事を参照 キャリコネニュース 「高級料亭つき宿泊施設」では芸がない 人気旅館の経営者が明かす「本当の観光」 日本政府が「観光立国」を掲げて11年。海外からの観光客は年々増加しているが、英国と比べると観光客数は3分の1程度。 いまひとつブレイクしない日本の観光業には、根本的な考え方の転換が必要ではないか。 本当の観光とは、 「単に余暇を過ごすことではなく、地域にしかない魅力を全身で味わうことです」 https://news.careerconnection.jp/?p=7163
Google出身者が立ち上げた2.5億ドル規模のフラワーデリバリーサービス「A Better Florist」
このサービス、元Google社員のSteven Feinerが考案したもので、東南アジアでフラワーを90分で届けるというシンプルなサービス。 これがこんなに稼げるのか?フラワーデリバリーのニーズがそこまであるのか?という疑問も浮かぶが、今までのところ、商売はうまくいっているようだ。 東南アジアだけでも、2.5億ドル規模がのぞめるこのマーケット。実は、世界規模でみれば、60億ドルの価値があるという!(ちょっと、驚き。) このサービス、今のところ、WEBだけでモバイルアプリを作ることは考えていないという。 このA Better Floristの他のデリバリーサービスと異なるところは、農園から直接を花を運んでいるところ。そうすることで、花の保ちが通常より2倍が長く続くという。そして、なんと送料無料! 他にも、最近投資を受けたフラワーデリバリースタートアップがある。(以下、 VentureBeatより引用) The Bouqs (U.S.) — $6 million Series A in June 2014. Urban Stems (U.S.) — $1.5 million seed in February 2015. Bloom & Wild (U.K.) — $3.9 million Series A in July 2015. Bloomon (Netherlands) — $4 million Series A in Sept 2015 RoseOnly (China) — $10 million Series A at a $100 million valuation in November 2014. こんなにこの界隈が賑わっているのか!!! 日本でもあるけど、こんなに洗練されたサービスはないよな。青山フラワーマーケットは、個人的に良さそうには見える笑。趣味の問題かもだけど。 イーフローラ http://kuchiran.jp/life/flower.html 花キューピッド http://www.i879.com/ 青山フラワーマーケット http://eshop.aoyamaflowermarket.com/pc/ 詳細は、VentureBeatに掲載されているので、興味がある方はチェックしてみては!
未来のクリエイタを褒めて褒めて褒めまくろう!日本ゲーム大賞2015「アマチュア部門」
いいねーいいねーいいんじゃなあいのお!と言おう! 偉そうなこと書けないけれど、やっぱり新しい感覚のゲームをやりたいのが、ゲーム好きの気持ち。スプラトゥーンも、新しいクリエイターによって作られたっていうし~。 任天堂では近年、任天堂ゲームセミナーに参加した受講生のよる作品を、実際にダウンロード作品として配信する(無料)取り組みをやってます。凄いなんか偉い。流石任天堂。 http://www.nintendo.co.jp/etc/seminar/sakuhin/index.html ※2014年は、WiiUにて「ドキドキ手紙リレー」「ミチコジャンプ!」「ジカンサタンサ」「アルクラッシュ」の4本が配信 で、2015年8月6日に、日本ゲーム大賞2015「アマチュア部門」受賞作品が発表されました。http://awards.cesa.or.jp/prize/prize_03_01.html 個人的には以下の二本がお気に入り。プレゼン映像だけだけど。 (見た目はなんとなくプレイステーションみたいな感じだけどhohohoho) 『10動説』 東京工芸大学 『ヒカゲモノ』 バンタンゲームアカデミー こういうのは褒めて伸ばすが一番。いいねー。早く超おもしろゲーム作ってええ。 ああ。あっしも褒められたいっす。
子どもも孫もひ孫もひひ孫も戦い続ける。ふ~。ムズイのに楽しい「ローグ・レガシー」
わたしが苦手なゲーム。モンハンと風来のシレン。どっちも延々とアクションを繰り返すのが魅力。シレンは何度か買ってみたけど、全然合わなかった。 いいじゃん!向き不向きあるんだもの。いーいじゃん。 なのに似たゲームを買っちゃった。あー。 いいじゃん!苦手でもなんでも楽しきゃええやん、ゲームやし。 なんかドット絵に騙されちゃったんだ。 そんなに激ムズってほどでないんだけど、ぼーっとはできない感じでうっかり死んじゃう。「あーあ」って言っている間もなく、子孫が何人かでてきて選ぶわけ。子どもはなんらかパワーアップしてて、でもそのパワーアップがヘン。画面が白黒になっちゃうとか、近眼で遠くのものがぼやけるとか、文字が読めないとか、オナラが出せるとか(イヤン)。 だから、死ぬのは嫌だけど、次はどんな奴が出てくるか楽しみながらヤラレルの。 だから、悔しさがばねっていうか、難しいのがありがとう。みたいな味付けなんダヨ。 時間があったらずっとやってたい。幸せの無間地獄だは~。 ローグ・レガシー ハード PS4、PS3、PSvita 制作 http://www.cellardoorgames.com/ メーカー ハチノヨン 配信日 2015年4月8日 販売価格 2,000円 (税込) http://roguelegacy.jp/ http://official-blog.line.me/ja/archives/53189799.html ※注 ステージが自動生成されて、死んだら一からやり直しというゲームの種類を「ローグライク」というそうなのだ。ローグレガシーもこのローグライクらしい。
素敵な本と人とが出逢うゲーム「ビブリオバトル」
ビブリオバトルって知っていますか?簡単に言うと、本を紹介するコミュニケーションゲームです。 【公式ルール】 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる. 順番に一人5分間で本を紹介する. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする. 詳しい公式ルールはこちら http://www.bibliobattle.jp/koushiki-ruru とてもシンプルなルールで、子供から大人まで年齢を問わず誰でも参加できるのが人気の理由らしい!バトルというからには、ちゃんと大会もあって、大学対抗や地区対抗などかなり頻繁に開催されているようだ。 学生時代、読書感想文というのが苦手だっただが、これはまず自分が「面白い」という思う本を人に対して説得する形でプレゼンする、というところが前のめり感があっていい。考えをコンパクトにまとめて人に話したり、「人の心を動かすコニュニケーション能力」を上げる訓練にもなるし、他人の発表を見て本を知るきっかけにもなるし、いろんな意味で為になるゲームといえそう。わざわざどこかに出向かなくても身近な友人や同僚とすぐに始められる点もいい。 (学生時代はなかったよなあ、と歴史を調べたら2007年〜京都大学の学生たちによって始められたもののよう) ビブリオバトル、今後も注目です! 詳しくはこちらの公式サイトをどうぞ http://www.bibliobattle.jp
村上春樹「ノルウェーの森」
「ノルウェーの森」は 私にとって初めての村上作品。 物語の出だしは 飛行機の着陸。 飛行機の天井の小さなスピーカーから ビートルズの「ノルウェーの森」が静かに流れ出す。 それがトリガーとなり、意識下に潜んでいた18年前の記憶がフラッシュバックする。 ビートルズの「ノルウェーの森」のあの独特な曲調と世界感が、見事に小説になってると感じた。 ビートルズの "Norwegian wood"(原題)は、 ‘ヤらせてくれそうな娘'="Knowing she would"の語呂合わせとして "Norwegian wood"とした という説が根強い。 安物の木材部屋に住む、ヤらせてくれそうなステキな女の子、朝になったら消えていた 緑ちゃんっぽい。。 -------------------- ナメクジを飲んだという「永沢さん」 誰もが一目見ただけで「この男は特別な存在なんだ」と思いおそれいってしまう男。 「人生に必要なのは理想でなく行動規範だ」 と話す 彼の人生の行動規範とは 「紳士」であること。 「自分のやりたいことをやるのではなく、 やるべきことをやるのが紳士」 らしい。 そんな永沢さんの彼女「ハツミさん」 穏やかで理知的で、ユーモアがあって思いやりがあって、いつも素晴らしく上品な服を着ている彼女。 「永沢さん」とは対照的で とてもマトモな女性。 そんなマトモなハツミさんは、自分にしか関心のない男「永沢さん」に自分のことを理解して欲しいと望み そして それが叶わないことに絶望し ふと思いついたように自らの生命を絶ってしまう。 --------------------- ピアニストの「レイコさん」と「邪悪な少女」 ポンっ!と頭のネジが飛んでしまうメンタルの脆さを持つアーティスト。 幸せの結婚も束の間 「邪悪な十三歳の美少女」との出会いにより 決定的に精神が崩壊してしまう。 などなど とても魅力的な人々に彩られている 「ノルウェーの森」 とても村上春樹な作品。