ayumiita
2 years ago1,000+ Views
日本・トルコ合作『海難1890』公開!
映画館で観てきました!12月5日公開『海難1890ー日本とトルコ・友好の原点』。
それまでトルコと言えば、ケバブ、トルコアイス、トルコランプ、モスク、東洋と西洋の交わるところ・・・など食べ物から始まり、文化が入り混じっているところなんだろうな〜というイメージで、なんとなく親日家らしいという認識でした。
<ネタバレあり>
トルコ人の友人とこの映画を観る機会があり、一緒に観に行ったのですが、みんな泣く泣く。
1889年、トルコ初の親善大使としてトルコのエルトゥールル号が日本へはるばる訪れました。この航海は半年の予定でしたが、結局約1年にもなる長い航海になった末に、遂に乗組員たちは明治天皇に謁見するという目的を果たします。
しかし、トルコへの帰路、海難事故に遭い、この事故でたくさんの乗組員が命を落とすことになります。ここで生き残った彼らを懸命に救出したのが、和歌山県大島村(現:串本町)の人々。
この事故の歴史、日本人で知っている方もいるかもしれません。
しかし、この映画にはもう1つのエピソードが入ってました。
それは、イランイラク戦争時にサダム・フセインが「1985年3月17日、48時間の猶予期限以降にイラン上空を飛ぶ航空機は、無差別に攻撃するとサッダーム・フセイン大統領が突如宣言した」とき、テヘランに残された日本人215名をトルコ航空機が救出したという話。
日本政府は戻って来られる保証がないということで日本から航空機を出さないという決断をした中、トルコ政府が自国の航空機を出してテヘランが脱出する助けをしてくれたということでした。
この2つのエピソード、実話を基にしているので、ショックの反面、助け合ってきたのだなと感動していました。今年2015年は、日本とトルコ友好125周年。
この映画で、思いやりという言葉を思い出しました。泣
トルコと日本の関連年表も公開されているので、ぜひご覧あれ!
0 comments
3
Comment
1