Gochi
1,000+ Views

自分だけのこだわり眼鏡・フレンチヴィンテージ

自分だけのお気に入りの眼鏡を末永く使うことができる。そんなことを可能する眼鏡屋が札幌にある。「フリークエンス」だ。以下は、サイトから。
ヴィンテージのデットストックのみを扱う小さな眼鏡店「Fréquence」(フリークエンス)。眼鏡はオーナーが自ら海外で買い付けており、販売だけでなく、視力検査装置による検眼、レンズの制作までも行う、世界的にも珍しいオールインワンの眼鏡店だ。
そこに売っているフレンチヴィンテージ眼鏡。
少し高くても、長く使えるなら、いいんじゃないか。
1年間、頑張ってきた自分を労って購入。ちょっといい大人へ変身できる。
まずは、ブログにてお店以外の出没情報や営業状況などを確認してみるといいかと。
こういうお店は、面白いな。
住所:札幌市中央区南3条西8丁目
第一ビル 地下1階 (ARCH店内)
営業時間:12:00~21:00 (不定休)
※出張など不在も多いので要事前確認を
TEL:080-6068-7950
ブログはこちら:
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
LLビーンのトートバッグのUS公式限定カスタマイズ・モデル
そもそもは氷を運ぶために作られたという丈夫なキャンバストートの代名詞、LLビーンの通称”ビーン・トート”。 これがアメリカの公式サイト限定で、カスタマイズができて日本へ発送可能なことを知らない人がけっこういるので、こっそりその方法を教えちゃいます。 まず、URLはココ。 トップからだと、"Luggage">"Tote Bags">"Custom Boat and Tote Bag" (そう、ビーントートの正式名は"Boat and Tote Bag"!) 遷移後も表示されるまで、少し時間が掛かるのは仕様みたいです。あと、今日時点でスマートフォンからだと「unavailable」らしいので、PCからの操作が必須みない。あしからず。 カスタマイズできるのは、上から順に... ◆ボディサイズ(S,M,L,XL) SかMが無難かと。LとXLは大きくていっぱい入るけど、とにかく丈夫だから重くなって持てなくなりますぜ(笑)。車移動じゃないとあまり現実的じゃないかと。 ◆ハンドル長さ(レギュラー,ロング)個人的には絶対にレギュラー。ロングにした途端に”っぽく”なくなる(笑) ◆ボディカラー(現時点で15色)◆ハンドルカラー(現時点で14色) ◆ボトムカラー(現時点で14色)色々試してみるんだけど、結局は無難な方向へ落ち着いちゃうんですよね。オススメは上の画像で紹介したボディとハンドルとボトムの色を揃える”ソリッド系”。 ◆ZIPトップの有無(追加は10ドルで14色)あると便利なんだろうけど、ロングのハンドルと同じで、”っぽく”なくなると思う ◆外側のポケットの有無(追加は5ドルで14色) 上の画像ではないけど、これは絶対あった方が良いです。色もボディカラーと揃えるのが間違いない。 ここまで、終わると右下に合計金額が表示される。基本価格はサイズ次第で、ZIPトップと外ポケットだけが有料なので、分かりやすいはず。基本的には左のイメージ図で選んだ通りに確認できるけど、ボディサイズだけはスモールのサンプルしかないみたいなのでそこは注意をば。 最後に"ADD TO BAG"をクリックした上で、"CHECK OUT"を選択して、カード決済かPaypal決済をする。もしイニシャル等を入れるなら"Add a Monogram"にチェックを入れると、次の画面でイニシャル等の文字も入れられる(有料)。 で、最大のポイントがShipping(配送)。詳細はココに書いてある通り。まず金額に応じて5段階(600ドルまでの場合)、通常便(2-4週間)か特急便(1-2週間)で2段階。50ドル以下の通常便だと20ドル、450.01-600ドルの特急便だと125ドル。当然だけど、けっこうな送料がかかるので、お友達やご家族を”お誘い合わせの上”な方がお得なのは間違いない。 でも例えば、スモールのポケット有が44.95ドルでこれを3つ買うと、送料込で約170ドルだから、1つあたり57ドル弱なので日本で売られているノーマルのとほぼ同じという...(笑)
The Loft labo の国産ダウン
ダウンと言えばヨーロッパブランド、スポーツブランド、ユニクロ、ときて最近はどのアパレルブランドでも出したりしてますが、MADE IN JAPAN表記は滅多に見ないと思います。 この The Loft は今年の秋冬からスタートしたばかりのブランドで、大阪のBISHOPが企画して、NANGAという滋賀県のダウンメーカーで製造しているとか。知りませんでしたが日本にもダウン製品のメーカーってあるんですね。NANGAは目黒にショップがあって登山家向けのシュラフなどを販売しているようです。 ということで本格的なウェアがタウンユース向けにデザインされた、ということみたいです。まずシルエットが綺麗で、シンプルだけどティティールが凝っている印象です。ヨーロッパブランドのよくあるタイプと比較して、スッキリしているけどこだわりだらけでとても「日本ぽい」感じがします。なんだろうなこの感じ。 さて、今年はウール素材のダウンベストが欲しいと思って探している中で、このNOOKというモデルのシャンブレー素材ものを見つけました。残念ながらベストではないので購入は見送る予定ですが、来年再来年にどんなモデルが出てくるかチェックしなければと思わせられました。ちなみにメンズレディースの区別はなさそうで、サイズ0〜1くらいが女性向けだと思われます。 このNOOKは5色展開で、この色だけがシャンブレーですがあとはマットなナイロンでそれも悪くありません。こだわりポイントの説明やカラー・価格はこのプロダクトページで確認してください。 The Loft labo TL15FJK3 NOOK ちなみにキルティングが内側になっているこのWIISというモデルも気になってるんですよねー。シルエットが気になる。これは公式の紺色の写真だとマッキントッシュのゴム引きコートみたいな質感に見えていい感じです。 The Loft labo TL15FJK4 WIIS The Loft labo http://loftlabo.com/ ほかにも数モデル出てますよ。どれも今までのダウンとは少しだけ違う雰囲気があります。
ユニクロさんが、HelmesやLACOSTEにいらした方とコラボされますね!
昨日発表の UNIQLO AND LEMAIRE というコレクションの話題でもちきりです。ルメールさんといえば今はご自身のブランドですけど、やはりエルメスを担当されていたのが気になりますよね〜。どれくらいのお値段になるのか興味津々で一生懸命検索してしまいました。(*^^*) ファッションプレスさんの情報です。 ウィメンズ 30型メンズ 25型 ■価格帯 シャツ:2,990円〜3,990円 ニット:2,990円〜14,900円 アウター:12,900円〜17,900円 パンツ:2,990円〜6,990円 スカート:3,990円〜7,990円 ドレス:5,990円〜7,990円 ジャケット:6,990円〜14,900円 カットソー:2,490円〜3,490円 ※価格は現時点での計画であり、変更の可能性有り。※価格は全て税別。 お値段からの推測で、+Jよりもイネスコレクションに近い品質のように見えますね。せっかくなので多少お高くても贅沢素材にしていただければと思ってしまいますけれど…これ以上は想像してもわかりませんね。写真の白いニットは柔らかそうに見えます! こちらの画像のお洋服はすべて UNIQLO AND LAMAIRE のものだそうです。ベーシックなお色なので着まわしがききそうですね。黒、ネイビー、カーキ、クリームに赤が効いています。襟がないブラウスですとか、リブセーター、ビッグシルエットのコートなどが予定されているようなことが。ケープのこともありましたが、左奥のモデルさんが着てらっしゃるのがそうなのかしら。 8月にオフィシャルのコラボ情報が発表されて10月に発表とのことですので、当分はこのお写真で想像するしかありませんね〜 気になってルメールさんのコレクションも調べてしまいました。色合いがかなり近いんですね!真ん中の方のネイビーのコートのようなタイプがあれば衝動買いしてしまいそうです〜 もっとご覧になりたい方はルメールさんのショップがありますよ。 ルメールさんが担当されたエルメスのコレクションはこちらに。(*^^*)
眼を酷使している貴方へ
スマホやPC、タブレットを見ないわけにはいかないのが現代人。 暗い部屋でも光り輝くディスプレイは、 オンオフ問わずに必要です。 でもディスプレイをずっと眺めていると目が疲れる… そんな、現代人の悩みを解決するべく注目されているのが、PCメガネです。 度の有無にかかわらず、画面から出ているブルーライトをカットしてくれます。 すでに使っている人も少なくないと思いますが、Zoffからさらに強力なPCメガネがリリースされました。 11月22日(土)に一般発売されたZoff PC ULTRA。 既存のブルーライトカット率が高いPCメガネには、 レンズ自体に茶色がかった色がついていました。 でも、新しく発売されたZoff PC ULTRAは、 クリアなのにブルーライト50%カットを実現したのです。 数日使ったユーザーの感想 ハイロックさん: 正直、PCからでるブルーライトについて今まで軽く見ていたんですよ。 グラフィックの仕事を始めてから、仕事も遊びもPCに依存した生活。 今回Zoff PC ULTRAを使って、目の疲労はPCからくるものなんだとわかりました(肩こりが慢性的すぎて自覚症状がなかった人が、マッサージや整体にいって、自分の疲労の理由が肩にあったと再確認するような感じ)。実際、これを使ったら目が疲れなくなりました。 このプロダクトが、目を大事にしようと思うきっかけになりましたね。 田口さん: 今回選んだ眼鏡が私の初めての眼鏡でした。 軽くてフレームも細いデザインなので、ストレスなく長時間のPC作業でも使えます。 レンズが思ったより明るいので、モニターの色もわりとしっかり見えるのが良かったです。 目も痛くなりにくい気がします。 効果に期待!
adidasのスタンスミスがカスタムオーダーできますよ〜 ^^
以前にスタンスミスとスーパースターのどちらを買うべきかご相談したことがあるのですが、結局一冬悩んでしまいました。そしてやはり皆様のおっしゃる通りスタンスミスに決定でございます。 そして悩ましいバリエーションなのですが、型番を見比べて迷いに迷っておりましたら…adidas製品ってカスタムオーダーできるのですね!シューズだけでなくウェアもあるようです。 mi adidas というサービスで、カスタマイズしても料金はスタンスミス定価みたいですね。今は15%OFFキャンペーンもなさっているよう…釣られてしまいそうです。^^; 1枚目の画像は私が組み合わせてみたものですが、なんとレザーにオーストリッチエンボスが選べるのです!とても大人っぽく仕上がるのではないでしょうか? (*^^*) 私はスムースとのミックス使いにいたしましたが、全てオーストリッチ調も可能です。スムースレザー以外ではクロコダイルというチョイスもありまして、レザーのお色は白黒オフホワイトが選べます。あとはシューレースをベルクロ使いにするかどうかとお色、それからヒール部分とソールも変えられますよ〜。 そしてオーダー品ならではの特別感と申しましょうか、ソールのマークがお好きな文字に変えられるのです!通常はadidasロゴですけれども、プレゼントなさる時などよいですよね〜。私はこの画像のために愛の言葉を入力いたしましたが、もちろん自分用ですからこんなメッセージでは注文いたしません。^^; 春のお洋服が気になるタイミングですし、白っぽいスニーカーが欲しくなる季節ですので、みなさまも是非是非お試しになってみてください〜。^^ MI ADIDAS
京都の小さな焼き菓子工房がつくる猫型お菓子がかわいすぎ。
京都にある菓子工房キャリコ。フランス菓子を基本とした小さな焼き菓子を作っているのですが、ここの人気商品のひとつが、こちらの「猫型お菓子」! 猫型のお菓子を作っているお店は珍しくないけど、ここまで種類が豊富なお店もめずらしい!お店のお菓子職人の方が、猫ちゃんを飼われているようですね。どおりで猫愛がかんじられます。 3匹の顔が並んだ「猫クッキー」はやさしいバニラ味。これ三姉妹なんだそうです。笑 その上にある猫がじゃれあっているようにみえるカタチのは「チーズとバジルのパイ」。このナッツみたいに見えるのは松の実なんだとか。おつまみにもいけますね。 真ん中にあるのがアイシングで仕上げてあるのが「ネコクッキー」。優しい色合いがたまりません。 そして右端にあるのが「三毛猫模様のパウンドケーキ」。形は普通にパウンドケーキだけど模様が確かに三毛猫です!どれも美味しそう。 こちらはネコセット、というお菓子セットでボリューム的には3,4人ぐらいの集まり向けらしいです。猫好きさんのティーパーティなんかにいいですね〜 http://calico-store.com/?pid=75272416 その他、もっとボリューム少なめのものや、猫菓子以外のものと組み合わせたセットもありますよ。http://calico-store.com/?mode=cate&cbid=1236936&csid=0 単品でも購入できるようです! http://calico-store.com/?mode=cate&cbid=1236898&csid=0
やっぱりメガネ女子はかわいいと思う画像6選
あまり目がよくない私。最近、メガネで歩くことも増えたんですが、やっぱりコンタクトがいいなーとか、メガネって陰気な感じになってヤダなーと未だに思います。 かわいいメガネ女子画像で、メガネをかけることへの偏見をなくそう作戦(自分への暗示)します。 集めた画像の中で一番かわいいなと思うのがこれ。おそらく某CMの1シーン。 森絵梨佳さんもかわいいけど、このメガネもかわいい。べっこう柄で丸みがあっておしゃれですよね。 梨花さんのメガネ姿は、言うなればセクシー&クール。 スクエア型のメガネはクールにしてくれますね。梨花さんは丸いメガネも似合うから、メガネの似合う顔ベスト10くらいには入っていると思います(笑) 山田優さん。上はサングラス、下はメガネですけど、どっちも似合います。同じファッションなのに違和感がまったくない。この下のメガネ欲しくなるけど、人を選びそうなメガネですよね。。 えびちゃん!自然すぎてメガネをつけていることを一瞬忘れそう。 細フレームで、鼻の部分が金色になってるからかな。メガネの主張を抑えていて、これは好きですね。 SHIHOさんの太めのフレームメガネ。眉毛のラインとぴったり合って、とても綺麗ですね。口紅の色もこのメガネと合っていて、メガネをファッションとして楽しんでる感じ! そしてこのメガネ気になります。どなたかどこのブランドか知りませんか?? みんなモデルさんだったけど、やっぱりメガネをかけてもかわいかったですね〜。 そしてメガネって全然おしゃれにつけられますね。 ちょっとどうにか私も似合うように研究を重ねたいと思います! まずはSHIHOさんのメガネをかけてみたいな!