yokmok
1,000+ Views

挿絵画家ジョン・テニエル「不思議の国のぬり絵ブック」

19世紀に一世を風靡した英国の挿絵画家ジョン・テニエル。中でも、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』の挿絵は世界各国で今でも愛されています。本書はテニエルの繊細な銅版画をたっぷり収録。色鉛筆や水彩など、お好きな画材であなただけのアリスを彩ってください。(公式サイトから)
流行りの「ぬり絵ブック」、気になりつつも今一歩買うまでは至らなかったけど、さすがにこれは欲しいかも・・・
アリスの挿絵ははすごくたくさんの方に描かれているけどやっぱり一番はこれですよね!お値段も1,300円と比較的リーズナブル。色を塗らずに絵を純粋にたのしむ、というのもアリかも。
細部まで線が描かれているから、うすーく水彩絵の具で色を乗せるだけでもいい感じの雰囲気でそうですね。色が入るとまた違う世界が広がりそうだから、やっぱりぬり絵でもやっていみよう。笑
4 Comments
Suggested
Recent
おー買われたんですね!スキャンしてから着色が確かに正しいかも・・・
amazonで買いました。たしかにお得だと思います。しかし無着色で成立しているので色を塗る気にはあまりなりませんね。スキャンしてから着色してみようかと思います。
お店で一度見ようと思っているのですが見かけたことがない!でも売ってはいるようです。96ページもあるのに1300円はかなりお得でもありますよね〜
図案の参考資料としてもいいですね。買います。
Cards you may also be interested in
本を見ながらビールが飲めちゃう!「本屋B&B」
B&Bは、Book & Beerの意味。 この本屋さんは、ビールをはじめ、色々なドリンクを約500円で提供しています。 本&ビール...私の好きな物が2つ組み合わさっているなんて素敵〜! ということで、早速行ってみました。 お店は下北沢の南口商店街のちょっと裏のビルの2階にありました。 入ってみると、普通の町の書店並みの広さ。 予想外にお客さんがいる!15人くらいでしょうか。こういう個性的な本屋さんってどこもガラガラなイメージだったので、意外でした。 しかし...夕方に入ったのですが、誰もビールを注文していない〜〜〜〜! 店内をくまなく見渡すと、かろうじて一人だけビールを飲みながら本を見ていた人がいましたが...これは、注文しづらい...。 ビールをあきらめて、店内を探検。 さすが、本のセレクトがツボをついている!「子供はわかってあげない、読んでみたかったんだよな〜」とか「ジョン・アーヴィングの新作がある!」とかブツブツ心で思いながら楽しく棚を眺めました。文学好き、カルチャー&サブカルチャー好きにはワクワクのセレクトかと思います。 一冊買ってみたら、こんな可愛いオリジナルブックカバーをいただけました! 安西水丸さんのイラストだそうです。 というわけで、とても素敵な本屋さんでした。 毎日、イベントもやっているそうです。 次、行ったときは、勇気をだしてビールを注文するぞー! 本屋 B&B
北海道の小さな書店がはじめたユニークなサービス おまかせ「1万円選書」
北海道砂川市にある小さな書店が行っているサービス。 名前の通り、1万円分のオススメの本をおまかせで頼むサービス。これが大人気で予約がパンク状態。現在受け付け停止中なのだそうです。 いきなり本を選んで送って完了、ではなくまず候補となるリストを送り、その後も丁寧にメールや手紙でコミュニケーションを取りながら、内容を調整していくのだそう。かなり手間もかかりそうですが満足度も高そうですよね。 本との新たな出会い、という意味での福袋的なものを想像していたのですが、もっとお客さんに寄り添ったサービスのようです! (有)いわた書店 https://www.facebook.com/iwatasyoten?fref=nf ちなみに、市川市立図書館、飯能市立図書館、豊島区立目白図書館などでは、まさに「福袋」のサービスも行っているようです。最近、どんどん増えてきているようなので近くの図書館についても調べてみてはいかがでしょうか。 関連ニュース おまかせ「1万円選書」に注文殺到 砂川市の書店「雑誌や新刊でなく、本を売りたい」 http://www.sankei.com/premium/news/150131/prm1501310003-n1.html 【地方書店の生きる道】北海道砂川・いわた書店の「一万円選書」にかける思い http://ddnavi.com/news/227414/a/ 市川市立図書館の新春企画「図書館員が選んだ本の福袋」 http://www.city.ichikawa.lg.jp/library/info/1150.html 図書館が貸し出してくれる「本の福袋」 意外な本との出会いが好評 http://news.livedoor.com/article/detail/9594106/
18歳未満は見れません「SHUNGA 春画展」
やたらにニュースになっているからか、入場規制になっているという東京に生まれた秘宝館こと春画展。これはみるべきだな。 東京都 江戸川橋 永青文庫 http://www.eiseibunko.com/shunga/ 料金 当日1500円 住所 東京都文京区目白台1-1-1 時間:10:00~18:00 18禁の『春画展』が9月開催、大英博物館のコレクション含む120点が集結 http://www.cinra.net/news/20150522-shungaten 2013年にはイギリス・ロンドンの大英博物館で大規模な展覧会『Shunga: Sex and Pleasure in Japanese Art』が開催され、話題を呼んだ。 18禁春画展エロくて女子も喜ぶ理由 ポルノとは全然違うのよhttp://weekly.ascii.jp/elem/000/000/345/345237/ とはいえ大英博物館も最初は不安があり、開館以来初めて16歳未満の入場を禁止した。が、いざ開けてみると大好評。ガーディアンのような一流紙はこぞって事実上の最高点となる四ツ星の評価を出し、入場者は3ヵ月で8万8000人を超えたという。「面白いのは『日本人がこんなにも性に対しておおらかな人たちだったとは思わなかった』という声がアンケートに上がってきたこと。彼らの“まじめすぎる”日本人像がすごくプラスのイメージに変わったんです」 フタをあけてみれば、拍子抜けするほどの大成功。調査では大英博物館側にとって意外な結果もわかった。女性ウケがよかったのだ。「入場者の55%が女性だった。そのうえ95%が“満足”、96%が“期待以上だった”と答えているんですね」 頬染めて秋を過ごそうぜ。 いまさらwikiがおもしろい https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E7%94%BB
立川にある古楽の小屋「ロバハウス」で活動している「ロバの音楽座」って知ってる??
「ロバハウス」は玉川上水に面した遊歩道近くにある不思議な建物。不思議な形をした建物で、壁面には世界中から集められた中世・ルネサンスの復元楽器を中心とする 世界の民俗楽器がたくさん飾られているのだそうです。 そこで活動しているのは子どもたちのための創作音楽集団「ロバの音楽座」。 古楽器と空想楽器を融合させた音楽を奏でることで知られているみたいですね! 以前クレヨンハウスでCDを見かけ初めて知ったのですが、近所の幼稚園でも公演に来ていたことを知りますます興味が深まりました。「いないいないばあっ!」のショートコーナー「うーたん人形劇」の音楽もこの「ロバの音楽座」が担当しているみたいですよ! この「ロバの音楽座」、「ロバハウス」で月一のコンサートが定期的に行っている他、 谷川俊太郎さん、山下洋輔さんなど様々なジャンルのアーティストとのジョイントコンサートもよく催されているようで、このGWにも面白そうなコンサートが!! しかし、チケットはほぼ完売でした。気付くのが遅かった、残念。 4月29日には新宿でもコンサートがあるみたいですよ!しかも入場無料(先着300 名ですが・・・)3歳以上が対象のようなので我が家は残念ながら参戦できないのですが、対象の方ぜひぜひ! http://www.roba-house.com/16-429morino.pdf 興味ある方ぜひこちらの公式サイトをみてみてください。 http://www.roba-house.com
3月に伊藤若冲のぬり絵本が発売されます。「じゃくちゅうぬりえどうぶつえん」
まだ確かな情報はありませんが、おそらく僕がゴッホのぬり絵本に興奮していたからでしょう、仕事仲間が教えてくれました。今現在は100%若冲というFacebookページにしか情報がありません。 小学館から出版される「じゃくちゅうぬりえどうぶつえん」「100%若冲」「和樂4月号、若冲、美の解体新書」に関する情報を集めました。 We are also currently working on a "Jakuchu Zoo Coloring book", which will be published by Shogakukan in March this year. 3月まであとひと月ですからこれからどんどん情報が出てくるでしょう。 これは先ほどのFacebookページで紹介されていた、「なりきりじゃくちゅう」という2013年に東北で開催されたブライスコレクション展のイベントです。1枚目の画像「鳥獣花木図屏風」をダウンロードして塗るもので、これもFacebookページが残っています。うまく塗ってる人、いますね。今はダウンロードファイルが見つかりません。 「じゃくちゅうぬりえどうぶつえん」はこのような若冲の動物作品を集めたものになると思われますが、もしそうならこれはなかなか手ごたえがあるでしょう。動植綵絵がぬり絵になったら1000ピースのジグソーパズルよりもじっくり取り組むことになるでしょうね。僕は有給休暇をとります。 二つ目はわからなかったので飛ばします。「和樂4月号、若冲、美の解体新書」は、和楽という雑誌の次号のことでした。この雑誌は何度か見たことがあります。こんなに高い紙使っている雑誌がまだあるんだという印象で内容は憶えていませんが…よく見るとなりきりじゃくちゅうのポスターも和楽だ。 面白かったのが「小学館は今年も、“子供はピカチュウ、大人はジャクチュウ(若冲)”で突っ走ります!」という編集長のコメントですね。ここまで若冲推しの雑誌があったとは面白いです。 僕自身は和に特別のこだわりはありませんが、大人向けの子供がいやになるほど狂気を感じるようなぬり絵ブックが発売されることを期待します。