helmutcotov
2 years ago1,000+ Views
ダバ インディア
都内で”南インド料理”といえば京橋のココで決まりでしょう。
日本でポピュラーな「カレーとナン」は小麦が主食の北インドのもので、南インドは米が主食らしく、カレーも長時間煮込まないそう。どっちかいうとサラサラ、アッサリ系が基本で、胃もたれしにくく、毎日でも食べられちゃう。
ダバインディアという店名は「食堂」を意味するそうで、カウンター席があるから一人客が多い。それから、若い女性客率がめちゃめちゃ高いのも特徴かな。
はじめて行くなら、まずはお昼のランチミールスを。ちなみに平日のミールスは日本米だけど、土日はインド米になるので、できたら週末がお勧め。
夜行くなら(予約必至だけど)4人程度で、アラカルトもぜひ。何を食べてもハズレなし。ビリヤニや、チーズクルチャも絶品だし、店看板メニューである南インド版クレープ「ドーサ」もお忘れなく!ベジメニューもあるし、接客も素晴らしいです(ホール担当は全員日本人)。
近所の北インド料理店「グルガオン」や、タンドール系の「カイバル」も系列店で、経営するのは「チョティワラ」という会社。で、ここの出身者が独立してオープンさせたお店は”ダバ系”と呼ばれたりもして、いずれも評判がすこぶる高い。
木場「カマルプール
千駄ヶ谷「ディルセ
三軒茶屋「シバカリーワラ
御茶ノ水「ディラン
ちなみに面白いのは、チョティワラでは日本人は厨房には立てないそうで、オペレーションに専念です。でも、これだけ優秀な日本人シェフがお店を独立しているというのが摩訶不思議で面白い。
東京駅の八重洲口からも徒歩圏内なので、新幹線を利用する地方の方もぜひ。
■店舗情報
03-3272-7160
11:15-15:00(LO14時半)※土日祝は12時〜
17:00-23:00(LO22時)※土日祝は〜22時(LO21時)
■関連情報
0 comments
5
Comment
3