uraraka
2 years ago1,000+ Views
世界ではシリアからの移民者が、いろいろと言われています。
スティーブ・ジョブズは実の父親がシリア移民です。
バンクシーは「アップル社は年額70億ドルを税金として納めていたが、同社が存在するのは、アメリカがホムス出身の若い男性を移住させたからだ」と言ってます。
そして、この絵は英仏海峡の街「カレー」に描かれています。 この絵の全体はバンクシーのサイトで見ることができます(絵をクリックすると次に進みます) http://banksy.co.uk
各国のメディアの反応などを nofrills さんという方がまとめてくれています。
バンクシーが「シリア移民の子、スティーヴ・ジョブズ」を描いた英仏海峡の街で、何が起きているのか。
0 comments
3
Comment
2