kakikukeko
1,000+ Views

人事部から楽天のエンジニアに転身!プログラミング未経験からキャリアチェンジした方法を聞いてみた

これはなかなか興味深いパターン。
実際のところ、エンジニアに向くかどうかって、文系/理系云々じゃない部分も多いんだろうしね。
医学部を優秀な成績で卒業したのに手先が器用じゃない医者なんかには、絶対に手術とかされたくないしね〜
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
ミニマリスト(やまぐちせいこさん)の無印良品ベスト10
東洋経済に少ないものですっきり暮らすのやまぐちよりこさんの寄稿がありました。私はミニマリストじゃないし趣味も合わないけど、無印のアイテムは結構うちにあるので厳選ベスト10と聞いてチェックしてみました。 ちなみにミニマリストって男性に流行ってませんか?ジョブズの影響受けてる人が多いとか聞いたけど、ジョブズくらい何かに打ち込んでたらそりゃ服なんかのこと考える時間惜しいって感じはわかるけど、うちのおとこの人は単に出来る男風なこと言ってるだけのような気がね…服が減ったからいいですけど。 気になるベスト10は記事を読んでいただきたいけど、うちにあったのは4位の洗濯用ハンガーだけでした。えー私厳選アイテムを買ってないのかーと複雑な心境で結構心外だった。ミニマリストじゃないから当然なのかな。 ミニマリストが厳選する無印良品ベスト10 私が丸ごと無印生活にハマったワケ 9位の蜂巣織フェイスタオルはよさそうなので今度買ってみようと思います。 記事の最初にミニマリストになった理由が書いてあるけど、なんかこれ読んでるとあまり楽しそうじゃない感じはするー。お子さんとかいるとひとつ家に色んな人のセンスが混じってくるから、そういう時には誰の趣味にも染まらない方が統一感出るのかなとは思いました。 こんな本まで出てます。 うちもこまめに捨てなきゃね。この人みたいに着る服を無印で制服化なんて絶対しないけど、ワンシーズン着て翌年着る服って本当に少ないから、シーズン終わりに思いきって処分するのはやってみたい。
遂にオープンしたamazon books!その実態に迫る。
 数々の本屋に大打撃を与え続けてきたamazonであるが、 11/3に実店舗である「amazon books」をアメリカ、シアトルにオープンした。 何故今になって実店舗?という疑問が浮かぶが、amazon側としては ”ハードウェアやコンテンツ配信で急速に拡大している同社エコシステムの拠点 として打ち出したいようだ。” http://wired.jp/2015/11/06/amazons-first-store/ より引用 「Fire TV」や、「Fire」タブレット などを実際に手にとって利用することが出来る上に、ここに売られている商品は実際のamazonと同じ値段であるというメリットがある。また 「Amazon Prime Music」 からの音楽がスピーカーから流れていたり、 「Amazon Echo」 といういわばiPhoneにおける「siri」のような会話の出来る人工知能を体験出来るなど非常にコンテンツが盛り沢山となっている。  しかしながら一般的に本屋で求められる静かな空間で本を手にとって試しに読んでみたり、のんびりと本を適当に探したり、といった要素はこの「amazon books」にはなさそうである(そもそもここが本屋であるのかすらあやしい)のでその点は個人的にではあるがあまり足を運ぶ気になれない本屋かなとも思う。 とはいえ安くバリエーション豊かな商品が並ぶ空間というものは少なからず楽しく過ごせるものであるし、シアトルに仮に足を運んだ場合はチョロっと10分ほど訪れてみたいような場所かな、という気もした。
すべてのリモコンをひとつに+かっこいい『HUIS/ハウス』発売決定
IT化が進んだ今でも現代でも、 自宅についたらまず手に取る事が多いであろう「リモコン」。 いよいよここに手がかかろうとしている。 クラウドファンディング『ファーストフライト』で1000万円を超える出資を集めたスマートリモコン『HUIS/ハウス』がいよいよ発売されるとのこと。 リモコンの再発明とも言われるこのハウスは、テレビ、ライト、エアコン、Blu-rayプレーヤー、あらゆるリモコンをひとつにまとめてしまうという意味ではいわゆる学習リモコンだ(登録はソニー以外も大丈夫だ)。画面のカスタマイズができつつ、電子ペーパーで省電力というもの良い。 なにより良いのは、かっこいい所。 真っ白で、必要なボタンだけを表示させられ、使わないときは立てておけるという。 よく使う道具なのに(手垢で真っ黒になるくらい)、蔑ろにしてきた今までが申し訳なかった。 値段は張るが、家庭のIT化はここから始めてもいい、と感じさせてくれる一品と思う。 HUIS REMOTE CONTROLLER HUIS-100RC 発売日 2月15日 お届け 3月以降 価格 27,950円(税込) インターフェース:電子ペーパー、赤外線接続 ※Bluetooth接続機能も追加予定 http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201602/16-012/ ソニー、多すぎるリモコンをカッコよくまとめる『HUIS』 複数家電の操作もこれ1台、 ソニーが電子ペーパーリモコンを一般発売「HUIS REMOTE CONTROLLER」 Sony、電子ペーパを用いた学習リモコン 「HUIS REMOTE CONTROLLER」の一般販売を開始
ベルリン企業SoundCloudのオフィス環境が羨ましい!!
記事で見かけたこのSoundCloudのベルリン本社オフィス。 僕は、Shazam愛用者なんだけど、この記事を読んだらSoundCloudに興味が湧いてきたよ。笑 まず、SoundCloudとは、2007年にベルリンで創業された音楽共有プラットフォーム。以下は、こちらの記事から引用してます。 既に合計1億2000万ドル(約147億円)を超える投資を受け、昨年末、更なる1億5000万ドル(約180億円)の投資を協議中であり、実現すればその企業価値は12億ドル(約1463億円)になると言われている。ユニークリスナー数は1億7500万人以上、毎分12時間分のオーディオファイルがクリエイターたちによってアップロードされている。 こんなに盛り上がっているとは、知らなんだ。 このSoundCloudのオフィスの部屋には、オフィスがあるそれぞれの街の名前がつけられているらしい。 また、オフィスのデザインコンセプトがあり、「家にいるような環境」を心がけているそう。 サウンドクラウドは現在、ベルリン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドンと4つのオフィスがあり、30カ国以上の国籍の計300名が働いています。彼らの60%はその街の出身ではありません。そのため、自分の家族も友人もいない街へ移住し、新しい生活を始めていくにあたって、毎日出社するオフィスは、コミュニティやつながりを感じられる場所にする必要があると感じました。 しっかりとした理由があるんですね!世界から集まった才能ある社員がお互いに刺激を受けられるようにと、それぞれのワークスペースの周りに「スペジャルルーム」と呼ばれる用途を問わない部屋を設けているようです。 「必ずリラックスして集まれる場所(外)と集中して作業が出来る場所(内)を作る必要があると考えました。」(上記記事より引用) 社員の新しいアイデアや意見をより活発化させるために、部屋に多様性をもたせ、部屋を変えることで頭の切り替えをスムースにさせる。IT企業では、ユニークなオフィスをよく見かけますが、ただ見た目に面白いだけではなく、内面への影響も考えられているんですね。 ランチが提供されるカフェは、オフィスの真ん中に位置し、外部の人とのイベントやパーティー、異なる部門の社員同士の情報交換の場にもなったりするそうです。 カフェって、本来のカフェもそうですけど、多様な人が集まる場ですからね。コーヒーがその会話を弾ませてくれるんでしょうか。 このオフィスは、グーグルがサポートしていて、スタートアップ集積地Factory Berlinの中にあるようです。 しかも、このオフィスに使われている建物は、もともとビール工場だったようで、かなり広いらしい。 あの広告会社オグルウィのNYオフィスも、もともとはチョコレート工場だったものをオフィスとして改築して利用している。工場リノベ、いいな。笑
おうちでできる英会話に挑戦!レアジョブにトライしてみた。
結婚を機に会社を退社して、早1年。今は専業主婦です。最近夫が第三外国語を勉強し始めました。夕飯の間もテキストを読んで勉強するほどの熱中度。勉強している夫を横目に晩酌するのもいいですが、まあちょっと気が引けるので、私もせっかくだから始めることにしました!私の場合は、英語ですけどね^^; 私は、わりと中高とも英語が好きなほうだったのですが、会話系は皆無。 話す機会がこれまでなく、会話ができません。 かろうじて、How are you?くらいかな(笑) ということで、どうせなら使える英語を学びたい、と思いまして、英会話の練習をすることにしました。 予算の関係上、比較的安くて、できれば週に何回も空いた時間にできると助かる、と思って、探していたところ、英会話教室よりオンライン英会話が合っているかもという結論に至りました^^ (面と向かっての会話も凄く興味はあるのですが、なんせ外出するのに時間もかかる…加えて、週に何度もいけない点がネックになってやめました。) 前置きが長くなりましたが… 私が今回、チャレンジしたのは、「レアジョブ」です。 選んだ理由は、 ・安い(月8回プラン 4,200円/月) ・日本語を話せる講師がいる ・体験レッスンがある ・チャット機能があって聞き取れないときは書いてもらえる ・入門教材などが充実している ・PCがなくてもスマホでもOK ・好きな時間帯を選べる 言ったら、パーフェクトだったわけです(笑) 実際にやってみての感想は、講師がフィリピンの方でイントネーションに少し癖があるような感じはしましたが、こちらが「まったく分からない!」という困った顔をしていれば、すぐチャットで補助してくれるし、ゆっくりと話してくれるので、なんとか乗り切れました。 約25分でしたが、とても長く感じた…初めてだからでしょうが、こんなにもどかしい思いは久しぶりです^^;  もう少し、頑張ってみようと思います! 夫の出張についていっても安心できるくらいには…。仕事に復帰するにも有利そうだしね^^ 英語の絵本を子供に読み聞かせるボランティア?もあるみたいだし、それをできるくらいまでになりたいな。 みなさんのおすすめの勉強法、教えて下さい^^
Googleの新CEOのSundar Pichaiを知る17の真実
Googleの新たなリーダーSundar Pichai(サンダー・ピチャイ)とは、一体どんな人物なのか? 実は、彼は12歳になるまで家に電話さえないくらい貧しい生活もしていたようだ。 1.本名は、Pichai Sundararajan 2.2015年現在43歳(1972年7月12日生まれ) 3.人口400万人、インドで6番目に大きい都市チェンナイ出身(MicrosoftのCEOであるSatya Nadellaもここの出身) 4.クリケットが大好き(クリケットチームのキャプテンだった) 5.彼の家族は12歳になるまで電話を持ってなかった。(テレビも車も持っていなかった) 6.インドの工科大学 (the Indian Institute of Technology in Kharagpur)に通っていた。 7.インド工科大学のクラスではトップの成績であった。 8.奨学金でLarry Page(ラリー・ペイジ)と Sergey Brin(セルゲイ・ブリン)も通ったStanford Universityへ留学。マテリアルサイエンスとエンジニアリングを学んだ。 9.アメリカへの渡航費は、彼の父の年間収入よりも高かった。 10.ペンシルベニア大学ウォートンスクールのMBA保持者 11. 2004年にGoogleへ入社 12.彼の父もテクノロジー会社で働いていた 13.Googleの前は、エンジニアと経営のコンサルタント(マッキンゼー)として働いてい 14.Chrome OSの開発にも貢献し、GmailやGoogle Drive、Google Mapsなどのコア事業を監督した 15.デベロッパーのコミュニティからの信頼は厚い 16. 2015年8月10日に Google CEOに任命された 17.彼の携わったコア事業は現在最もGoogleでお金を集めている 人柄もよく、11年間Googleに務め信頼を集めてきた彼は、地道に自分の道を進み、チャンスをつかんできたように見える。かなり好感がもてる・・・ 参考: 17 facts worth knowing about new Google CEO Sundar Pichai
NYからヒマラヤまで...自分の人生を変える『LIFE!』
「生きてる間に、生まれ変わろう。」 この映画のコピーも好きですが、ストーリーも最高です。 私はこの映画でベン・スティラーを好きになりました(笑) ストーリーは疲れ切ったサラリーマンのウォルター・ミティ(ベン・スティラー)が人生をかけて冒険に出る話。この冒険をするにつれて、どんどん彼が生き生きしていく様子を描かれています。映画の中では、ジョンレノンやデヴィッド・ボウイの曲も使われているのでそこにも注目! 勤める写真雑誌会社のあるニューヨークから、ある写真家を探して、グリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと旅するウォルター。どんどんワイルドになり、カッコよくなっていくので、そこにも注目です。 この映画のもう一つ注目すべき点は、ウォルターの並外れた妄想癖。この空想と現実の混ざった世界を表すために映像技術を使用していて、そのシーンにも引き込まれます。 最終的にいつも妄想ばかりして行動を起こさなかったウォルターが、現実で行動を起こし変わっていく、自分の人生に積極的になっていくところがこの映画の醍醐味です。 仕事や人生にモヤモヤしている人にオススメですよ!