ayumiita
2 years ago1,000+ Views
すごく耳寄り情報!!!
海外の学部・院・ 博士・MBA留学などで必須(ほとんどの大学で入学審査の書類に必須)の

IELTS(アイエルツ)の模擬試験が無料で受けられる〜!!!

一般的に英語能力判定試験として、よく知られているのはTOEFLですが、このIELTSも近年多くの教育機関に採用されてきているのです。(IELTSは、ブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS オーストラリア、ケンブリッジ大学英語検定機構が共同運営で保有する試験
TOEFLにも言えることですが、IELTSの受験料は非常に高いです。泣
なので、TOEICほど気軽に何回も受けられません。
IELTSの受験料は、25,380円です(!)めちゃめちゃ高いですよね。。
この模擬試験は、たとえアゴスジャパンのセミナー生を募集しているからだとしても、試す価値は大ありなのかなと・・・ちなみに私は受けてきます!笑
このイベントの魅力はこちら!(アゴスジャパンから引用してます)
ーーーーーー
・今のIELTSの点数・実力がわかります。
・IELTSの難易度がわかります。
・IELTSの攻略法が一部わかります。
・日本人講師によるWriting授業とネイティブ講師によるSpeaking授業が体験できます。
当セミナーではWriting・Reading・Listening 3セクションの模擬試験と、IELTSのアゴス流攻略法をお教えする体験授業を実施します。
体験授業内では、WritingクラスとSpeakingクラスを行います。
3セクションの模擬試験は実際の本試験の短縮版となります。
模擬試験の結果はその日のうちに返却いたします。
ーーーーーー
すぐ予約は埋まってしまうと思うので、早めに予約が良いと思います!

TOEFLとIELTSの違いって?

試験内容は、TOEFLと同様、Speaking, Writing, Reading, Listeningの4技能です。
TOEFLと最も異なる点は、Speakingセクションだと言えると思います。
TOEFLは、パソコンでテストを受けるので、 speakingセクションもパソコンに向かって行います。教授が行う講義のビデオを見たあとに、話す時間が与えられ、その講義に関する質問に答えていくという形式です。
IELTSは、すべてのセクションでパソコンを使用しません。Speakingセクションでは、面接官と直接話をでき、自然な会話ができますし、受験者によって質問を変えてくれます!
そのことが吉と出るか、凶とでるか…自分に合うほうを受験すると良いのかなと思います^^
ちなみに、Writingも紙にレポートを手書きで書きます。(これがかなり苦労するかと・・・社会人・大学生だとパソコンで長文を打つ方が慣れていると思うので)
・・・と長々書きましたが、私はIELTSばかり受けているので、こちらの形式のほうが合っているのかなと思っています。(Writingセクションは、パソコンで良いのではないかと毎回思いますが・・・!笑)
0 comments
4
Comment
3