chottoniche
1,000+ Views

【名言紹介】『ぼのぼの』20年ぶりTVアニメ化 【2016年4月】

20年前に放送されていたテレビアニメ、「ぼのぼの」をご存知であろうか?

単行本は40巻が刊行されており、累計発行部数900万部を超える人気作である。
ラッコのぼのぼの、シマリス、アライグマなどの森の生物の「ほのぼの」した生活を描いているが、実は哲学的なこの作品。
20年ぶりの「ぼのぼの」は4月2日スタート、毎週土曜午前4時52分~5時に放送される.....

毎週土曜午前4時52分~5時!?!?

時間早すぎ...?
ってことでモチベーションが上がるように「ぼのぼの」に出てくる名言でも少しだけ貼っておきます。
スナドリネコさん
"ぼのぼの、生き物は、絶対、こまるんだよ。こまらない生き方なんか、絶対、ないんだよ。そしてこまるのは、絶対、おわるんだよ。どうだ、少しは安心してこまれるようになったか?"
シマリスくん
"いつだったかおとうさんがたいせつにしているものをこわしてしまったことがあるのでぃす。正直に言おうか言うまいか三日三晩悩みました。 その間が地獄なのでぃす。しかし正直に言うと決めれば地獄は終わるのでぃす。あとは最悪でも、どなられるかなぐられるだけではねいでぃすか。"
ダイねえちゃん
"誰かの悪口をそのまま信じることは、その悪口を言ったものと同じくらいいけないことですよ" 
"アライグマさん、好きかどうかというのは二人だけの問題です。決して誰かに証明しなければいけないものではないのです"
ぼのぼの
"誰かといっしょに歩くのはたいへんだね ぶつからないように はなれないように 話しながら笑ったり 曲がらないようにして あわてないようにして うるさくないようにして"
"何かを探すんだったら道をまちがえちゃいけないよ。ひとつでもまちがえるともう見つからないよ。でもまちがっても大丈夫。別なものが見つかるから" 
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
DB:マンガペディアはじまる(まんがデータベースあれこれ)
「日本のマンガは凄い」、そうだクールJapanだ売りだそう。なんてスローガンはもはや懐かしい。市場が世界に拡大(実際で来ていない面もあるらしいが)している中で、供給と消費のバランスを持続可能なものにすることは大切なのかもしれない。 そんなマンガ世界の全体像を眺めることができるのが、マンガデータベースサイトだ。 世界初をうたうマンガ・アニメ百科事典「マンガペディア」が正式にリリース http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20160407_752126.html 各項目は適切な執筆者に依頼しているとのことで、可能な限りマンガやアニメの実物(コミック・ムック・雑誌・ビデオ・DVDなど)に目を通した上で執筆されているという。執筆者には漫画評論の著作がある永山薫氏などの名前も見られる。(株式会社VOYAGE GROUP、一般社団法人百科綜合リサーチ・センター、株式会社リンクトデータ) マンガペディア https://mangapedia.com/ 見ていただくとわかるが、一般の人がまとめているのではなく、「適切な執筆者」が「目を通して」書いているという。 画像もある程度(wikiにくらべ)使われている ⇒サザエさんマンガペディア版 ⇒サザエさんwikipedia版 似たような用語事典は実はたくさんあるが、あえて事典サイトを眺めてみると、wikiだけでは収まらない世界があることが面白い。 ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/ みんなでつくるマンガデータベース「まんがseek」 https://mangaseek.net/ メディア芸術データベース https://mediaarts-db.jp/mg/ 今すぐ読みたい。と言う人は絶版になってしまった漫画を読めるサービスとして マンガ図書館Z http://www.mangaz.com/ ※広告収益なので作者への還元もあるので、DBをみていて読みたくなったら、こちらを楽しんでもいいのではとまれあまり有名な作品は無いが、掘り出すなら良いかと。 (懐かしいものだとハイスクール奇面組や、ラブひな、マンダム親子) すべてのを一本化するのは難しいし、あえて一緒にしなくてもいいと思う。 さまざまな編纂者の登場は楽しみでもある。 懐かしい名作と出会うきっかけとして、データベースの充実を期待したい。 ちなみにwikipediaには、パロディサイト「アンサイクロペディア」というものがある。 ウェブ版悪魔の事典といったところ。だれかが書いたはみ出る主観はよみものとして、粗削りながらもおもしろい。 ⇒サザエさんアンサイクロペディア版 日本語版 http://ja.uncyclopedia.info/wiki/ 英語版 http://en.uncyclopedia.co/wiki/
建築家フランク・ゲーリー展で、印象に残った彼の言葉
こちらのカードを見て、フランク・ゲーリー展をやっていることを知ったので、早速見に行ってきました! 数多くの建築模型(1つのプロジェクトにつき、ものすごい数を作る!)や、ゲーリーのミーティング・ルームに置かれている、彼にインスピレーションを与えるオブジェなど、実に興味深い展示がたくさんありましたが、ここでは、会場のあちこちに書かれていた、彼の言葉を紹介したいと思います。 末端ながら、物作りを生業としている自分にとって、ハッとする言葉ばかりでした! 間違った道を行っている時は、簡単すぎるか、何かのクリシェにはまり込んでいる時です。 どっきーーん! これは、心当たりがあります。。 マンネリ化や、ついつい楽な道を選んでいたり。。 そこにある現実を材料にして、どうポジティブにするか。これは柔術に似ている。 柔術のことはわかりませんが、現実をポジティブにすることは本当に大事ですよね。 例え納期が短くても、素材が貧弱でも...! 問題は最初のアイデアが持つエネルギーを、建築というプロセスを通して持続させ、最終的に完成したものにも感情と情熱をみなぎらせることです。 この言葉、「建築」の部分を他のジャンルに置き換えても成り立ちますよね! 一番、勇気をもらえた言葉です。 この言葉に出会えて良かったと思いました。 他にも、「これは...!」と思わされる言葉が多数でした。 ご覧のように、銀色のステッカーでデザインされているので、非常に読みづらいのですが...。 と、いうことで、フランク・ゲーリー展、とても行って良かったです! オススメです! 建築家 フランク・ゲーリー展 東京ミッドタウン 21_21 DESIGN SIGHT 2015年10月16日(金)〜2016年2月7日(日) 開催概要
11月13日、パリのテロ事件から現地や世界各地では何が起こっている?
フランスの首都パリで起こったこの恐ろしい事件。タイムラインでリアルタイムで何が起きているのかわかる記事がBBCで公開されています。BBCのLive Reportingに行くと、事件が起こった当時から現在までの出来事を時系列で見ることができます。 <BBC-Live Reporting> http://www.bbc.com/news/live/world-europe-34815972 'Je suis Paris' (わたしはパリだ) この言葉は、 'Je suis Charlie' から来ています。(2015年1月7日、風刺週刊誌「シャルリー・エブド」本社で12名が亡くなったテロ事件後、亡くなった方への追悼の意・連帯、表現の自由や武力行為への反対を表するものとして 'Je suis Charlie' を掲げる人々が多く出現した。) 他にも、#PrayForParisというタグもTwitterなどSNSで広まっているようです。 現在は、世界中のあらゆる都市、例えば、シドニーのオペラハウス、上海のオリエンタルパールTVタワー、ニューヨークのワールドトレードセンターやサンフランシスコのシティホール、ニュージーランドのスカイタワー、ロンドンのトラファルガー広場など、追悼の意と団結を表してフランス国旗の色(トロコロールカラー)で明かりを灯しています。 少し遅れて、日本では11月15日日没から23:00までトリコロールカラーで東京タワーを点灯する。 参考サイト: http://time.com/4112876/paris-terrorist-attacks-solidarity/ http://www.pbs.org/newshour/updates/je-suis-paris-in-solidarity-with-france-tributes-spring-up-across-the-globe/# http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151115/k10010306941000.html BBCの最新情報(日本時間2015年11月15日17:15現在)では、129名が死亡、352名が負傷したと報道されています。 このテロ事件当時の夜からTwitterでは、以下のような#porteouverte (ドアは開いているの意)というハッシュタグが出現し、家に帰宅できない人や観光客などにパリ市民が自宅を開放するという動きがある。 「to all my followers in France, there is a safety shelter at #PorteOuverte !!! STAY INDOORS」(@schoolboy5SOS) 出典:https://www.google.com/maps/d/u/0/viewer?mid=zlQSSkj-GEhI.kzkfU4GEpBls こちらのマップでは、自宅を提供している場所がわかるように情報提供している。 日本国内では、パリの詳細な状況を知ることができる情報が圧倒的に少ないような気がします。国外のBBC、ABCニュース、ロイターなどではニュースがゲットできます。 http://www.bbc.com/news/world-europe-34825080 http://abcnews.go.com/International/devastation-france-paris-attacks/story?id=35201405 http://www.reuters.com/article/2015/11/15/us-france-shooting-idUSKCN0T22IU20151115 日本語版ロイター:http://jp.reuters.com/news/topNews 個人的には、BBCが一番見やすく、詳細なような気がしています。 Facebookでは、友人の安否情報を確認できるサービスを13日スタートしました。 https://www.facebook.com/safetycheck/paris_terror_attacks これは画期的でSNSがインフラになっていることを証明しているようです。わたしもこのサービスのおかげで現地にいた友人の安否確認がすぐにできました。 東日本大震災でも安否情報の確認にTwitterが活躍しました。日本でも何か起こったときに、パリのような迅速な対応をできるように企業も政府もあらかじめ準備しなくてはいけないのではないかと思います。
意外と気になる!STAR WARSのオススメ鑑賞順
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)の公開日が近づくにつれて熱心なスター・ウォーズファンはもちろん、ライトなファン層も徐々に公開が楽しみになってきているであろう昨今。 しかし実はシリーズをちゃんと全作見ていない もしくは 一度もみたことがない にも関わらずなんとなく周りが熱くなっているから自分も公開を楽しみにしている素振りをしていたりする方もいるのではないだろうか!!?? そんな方に朗報だ。 本作の公開を記念して、シリーズ6作品の地上波放送が決定したのである。 ”連続オンエアのスタートを切るのは、シリーズの記念すべき1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』。日本テレビ系列『金曜ロードSHOW!』にて、最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開日である12月18日(金)にオンエアされる。また翌週12月25日(金)には、新3部作の1作目として物語の始まりを描いた『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』が放送される。 残りの4作品については、日本テレビ系列『映画天国 特別版』(※関東ローカル)で“深夜のスター・ウォーズ祭り”と称し、12月29日(火)午前1時55分~6時に『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』、12月31日(木)午前3時10分~6時に『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、1月2日(土)午前3時10分~5時50分に『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』をオンエア予定だ。” http://getnews.jp/archives/1275281 より引用  地上波放送が若干遅いので公開から少々出遅れる感は否めないが地上波で公開してくれるその心優しさに是非ともあやかっておこう。 いやーーーー優しい地上波。ナイス金曜ロードSHOW!と言いたいところだが一つだけ問題がある。 それは放映の順番だ。 なぜ415623なのか。不思議の極みだ。 スター・ウォーズファンにとっては永遠に気になるポイントの一つがいかなる順番でこの作品を鑑賞するか、という問題である。 作品の時系列に沿って1から順に見ていくか 公開の順番に沿って456123と見ていくか。 個人的には後者の順番がやはり一番フィット感があるように感じる。  しかし中には超絶猛者的な鑑賞順番を提案する人もいる。 『スター・ウォーズ』狂人のアート・ディレクター高橋ヨシキさんは、 ”最新作を観賞する前には「4、5、6、4、5、6、1、2、3、4、5、6」の順番でシリーズを予習(復習)すべし” と語っているとのこと。 http://getnews.jp/archives/1275281 より引用 なるほど。456は三回ずつ見なくてはならないのか。これはなかなかしんどい。  ちなみにこの鑑賞法のメリットなどはよくわかっていない! ルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディは前提知識なしでも楽しめるように作品を作ったそうだができれば各々の作品の鑑賞順で簡単に作品のあらすじくらいは頭に入れてから7を楽しみたいものである。