BrendonJP
3 years ago500+ Views
毎年恒例のIDCのレポート「2016年版 世界と国内のIT市場に関する予測」で、今回は10項目の予測からなるキーワードをあげている。

<そのキーワードとは?>

1. デジタルトランスフォーメーション(DX)
2017年末、G2000企業のCEOの3分の2が、DXを企業戦略の中心に据えるようになる
2. 第3のプラットフォームIT
2017年には国内企業のIT支出額の33%以上が第3のプラットフォーム技術、ソリューション、サービスに費やされ、2020年には45%を超える
3. クラウドコア
2017年までに、国内IT支出の20%以上はクラウド関連となり、2020年にはITインフラストラクチャ支出の30%以上、ソフトウェアおよびサービス支出の40%以上となる
4. イノベーションキャパシティ
2018年には世界中のDX戦略を追求する企業で、ソフトウェア開発能力が今の2倍以上に伸び、プログラマーの3分の2が戦略的DXアプリケーションおよびサービスを手掛ける
5. 社内外の「データパイプライン」
2018年、戦略的なDXイニシアティブを実施する全世界の企業では、外部から社内へのデータソースの数が今の3~5倍以上に増加し、市場へのデータの配信量は100倍以上に増加する
6. インテリジェントエッジ
2018年にはIoTデバイスの設置台数が国内市場で9億台となり、20万以上の新しいIoTアプリケーションおよびサービスの開発につながる
7. あらゆるものの認知
2018年には世界の50%以上の開発チームが、何らかの認知サービスをアプリケーションに埋め込むようになる(現在1%未満)
8. 産業特化型クラウドプラットフォーム
2018年には世界の50%以上の大企業が、自社のイノベーションの流通、他社のイノベーションの調達に役立つ産業特化型クラウドプラットフォームを開発するか導入する
9. 大規模な“親”顧客戦略
2018年には世界のB2C企業の80%、B2B企業の60%が「デジタルフロントドア」を抜本的に再構築し、今より1千~1万倍も多い顧客および顧客接点をサポートするようになる
10. サプライヤーとパートナーの再選別
2020年には今日存在している全世界のITベンダーの30%以上が姿を消す。そのため、優先すべきベンダー関係を慎重に見直す必要がある

デジタルトランスフォーメーション(DX)

アクセンチュアのHPによると、これは、顧客中心のデジタル変革だと言う。
関連記事:
デジタル・トランスフォーメーション――顧客中心のデジタル変革
電通と日本オラクル、顧客企業のデジタル・トランスフォーメーション推進で協業
あなたのビジネスにとってのデジタル・トランスフォーメーションの意味
“葉っぱ”を武器に世界を攻める! いろどりが狙う「次の奇跡」
葉っぱビジネスは個人的に面白いなと思いました!!
0 comments
Suggested
Recent
2
Comment
1