chottoniche
2 years ago1,000+ Views
今日はJames Brownの命日、James Brownについて【ファンクのゴッドファーザー】

皆さんJames Brownを知っていますか?

先日のFunkのドキュメンタリーを紹介した記事でもちょっと紹介したが、
ジェームス・ブラウンはファンクのゴッドファーザーと呼ばれる人物である。
今日はクリスマスであるが、同時にジェームス・ブラウンの命日でもある。
ジェイムズ・ジョセフ・ブラウン・ジュニア(James Joseph Brown, Jr., 1933年5月3日 - 2006年12月25日)は、アメリカ合衆国のソウルミュージックシンガー・音楽プロデューサー・エンターテイナー。通称JB。
ファンクの帝王と呼ばれ、 The Hardest Working Man in Show Business(ショウビジネス界一番の働き者)と称される。シャウトを用いたヴォーカルと、斬新なファンク・サウンドが特徴である。
「ナンバーワン・ソウル・ブラザー」「ミスター・ダイナマイト」「ファンキー・プレジデント」など、いくつものニック・ネイムを持っていた。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第10位[3]。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第7位。「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第37位。
以前のカードで書いたように
"ファンクは心境であり、反乱の音であり、そして黒人であることを祝う音楽だ"
このような60年代の公民権運動や黒人に対する差別などの社会的背景、抑圧があったからこそ出てきた「音楽による魂の叫び」がファンクである。
公民権運動後も続いた差別の中で人々の声を代弁するリーダーが必要だった時代に出てきたのがこのジェームス・ブラウンである。
今までビートの拍の2と4にアクセントを置く音楽が主流であったが、それを1と3に置いたことによりファンクを作った人物だ。
そして内容は黒人であることへの賛美歌のような「自由に声を出す」というものであった。
このSex Machineはあまりにも有名だ。
特に彼のステップはとても独特であのマイケル・ジャクソンやプリンスのダンスムーブの元ともなっていて、ジェームス・ブラウンからの影響がよくわかる。
今のポップスはジェームス・ブラウンがいなければできていなかったであろう。
ヒップホップにおいても最もサンプルされたアーティストでもある。

これで興味を持った方は是非James Brownを聞いてみて欲しい

0 comments
3
Comment
2