OMOTEANDO
2 years ago500+ Views
David Bowie - Space Oddity
1969年7月に発売されたデヴィッド・ボウイの大ヒット・シングル。シングル発売から4ヶ月後に発売された同名2ndアルバム(実質的には長らく1stとして扱われて、タイトルも当初は『David Bowie』だった)のオープニング曲でもある。
映画『2001年宇宙の旅』にインスパイアされたとも言われ、また当時一世を風靡した”アポロ11号月面着陸”のBBCの特番などでテーマ曲代わり使用され大ヒットとなり、これらをきっかけにボウイのそれ以降のキャリアが変わったとも言えるぐらいの超重要曲。
歌詞で架空の宇宙飛行士「トム少佐」が登場したり、カウントダウンの箇所があったり、スペイシーなイメージが強いけど、コード進行など、楽曲的には意外やフォーキーだったりもする。
個人的には、このスペイシー効果って前半をティンパニー的に演奏しているドラムとそこに絡むベース、それから音響効果担当に徹したEギターやスタイロフォンあたりの効果が大きいんじゃないかと思ってる。それから、やっぱり『2001年宇宙の旅』でも大活躍したコレの影響が絶大かと。
ちなみに、アルバムでプロデュースを担当したトニー・ビスコンティは、この曲ではベースすら弾いておらず脇役のフルートや木管のみ。プロデュースはこの曲だけエルトン・ジョン作品で有名なガス・ダッジョン。あと、メロトロンのストリングスを弾いているYes加入前のリック・ウェイクマンらしい。
なお、この後、有名な「ジギー・スターダスト」への流れへと続くわけです。
最初のUKリリースがモノラル版だったり、その他のいろんなVerが存在するけど、2009年にDigital EPとしてマルチの各トラックがリリースされたりもしたので、個別に各トラックの音を楽しむことができちゃう。しかもYouTubeにもあがってるという!
TR1はベース&ドラム
TR2はストリングス
TR3はアコギ
TR4はメロトロン
TR5はバッキングVo&フルート&チェロ
TR6はスタイロフォン&Eギター
TR7はリードVo
8TRはメインのバッキングVo&カウントダウン部分のオケ
4 comments
全ては、この曲から BOWIEの歴史が始まったと言っても 過言ではない名曲😌
2 years ago·Reply
@MATHmathematics ですよねですよね!!
2 years ago·Reply
@OMOTEANDO さん 坂上忍やDAIGOも David Bowieフリークですよネ😊
2 years ago·Reply
@MATHmathematics そうなんですか。知りませんでした!
2 years ago·Reply
3
4
3