masane
2 years ago500+ Views
又吉さんが坊ちゃんじゃありません。ニノの坊ちゃん

いらいらしている感じが良い感じかも。嵐二宮坊ちゃん。

2016年は漱石没後100年だそうで、そう思うと100年以上も前の作品がドラマになるってびっくりしますね。
読書をあまりしない私も何度か読んだことがある「坊ちゃん」。
夏目漱石の作品の中でも読みやすいし、短いし、坊ちゃんのキャラターもいいですよね。
そして今回はお正月ドラマとして映像化されます。
「坊っちゃん」
2016年1月3日(日)21:00~23:30
フジテレビ系にて放送
色々記事が出ていますが、やはりキャスティングですよね。
わたしの頭の中では、結構ぴったりと来ています。
http://www.cinemacafe.net/article/2015/12/24/36641.html 主人公の坊っちゃんを演じる「嵐」二宮和也さんをはじめ、坊っちゃんと意気投合する同僚の数学教師・山嵐を古田新さん、マドンナを松下奈緒さん、マドンナとひそかに思い合う英語教師・うらなりを山本耕史、マドンナを横恋慕する教頭・赤シャツを及川さん、赤シャツの腰巾の画学教師・野だいこを八嶋智人、そして教師たちをまとめる校長・狸を岸部一徳が演じる。
人気の原作だけあって過去15回も映像化されています。
モッくんや郷ひろみは、お坊ちゃま感がありますけど、坊ちゃんぽくない気も。
驚きは加藤茶さん。どんな坊ちゃんだったのだろう。。。
坊ちゃん映像化の時の主役
ちなみに又吉さんは夏目漱石役!だそうです。これは気になります。
私としては、100年も前の作品なのですけど、ドキドキワクワクします。
映像を見る前でも読めちゃうかも。
久々に読んでみようかな~。
◆青空文庫
◆Amazon キンドル版
◆Amazon 新潮文庫
0 comments
2
Comment
2