chottoniche
100+ Views

【年末暇人要注目!】 2015年、観るべきだった映画ベスト10公開!

”2015年に米国で公開された映画のなかから、『WIRED』US版編集部がベスト映画10を選出。”

日本では公開されていない作品もあるが既にレンタルや販売が開始している作品もある。
そして現在日本で公開されている作品もある。年末暇だな、なんて思っている人はこのランキングを軽く参照しつつとりあえず映画館に駆け込むか映画をレンタルしてみてはいかがか。
1/10
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年6月20日日本公開)
2/10
『エクス・ マキナ』(2015年4月米国公開)
3/10
『クリード チャンプを継ぐ男』(2015年12月23日日本公開)
4/10
『レヴェナント:蘇えりし者』(2016年4月日本公開予定)
5/10
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年12月18日日本公開)
6/10
『ボーダーライン』(2016年4月日本公開予定)
7/10
『オデッセイ』(2016年2月5日日本公開)
8/10
『スポットライト 世紀のスクープ』(2016年4月日本公開予定)
9/10
『イット・フォローズ』(2016年1月8日公開)
10/10
『スティーブ・ジョブズ』(2016年2月12日日本公開)
 この10作の中で日本で話題になった作品といえば『マッドマックス 怒りのデス・ロード』と『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』であろう。それ以外はあまりよく知らない映画も散見される。上記二作以外で現在日本でみれるのは『クリード チャンプを継ぐ男』のみとなっているようだ。

というわけでランキングに載った作品のほとんどが日本では公開されていない虚しい状況となっているわけであるが個人的には

『エクス・ マキナ』
(”小説家であり脚本家のアレックス・ガーランドの監督デビュー作と聞くと、いいニュースのように思えるが、それがロボット映画となると話は違う。しかし、欺瞞と実存主義に満ちたこの物語は、結果として2015年最高のサプライズとなった。ドーナル・グリーソン、アリシア・ヴィキャンデル、オスカー・アイザックの爆発的なパフォーマンスで、キャストは少ないながらパワフルな作品に仕上がっている。ガーランドによるチューリングテストを絡めた脚本は、とげとげしくも想像力豊か。さらに、ハードウェアから魂を、孤立からエロティシズムを引き出した映画美術は、わたしたちの脳裏に長く焼きつき、AIなくして人間らしさは語れないということを証明した。”)
『イット・フォローズ』
(”この作品以上に「いまのはなんだ!?」と思わせるホラー映画があるだろうか。「セックスは危険」といった類のモチーフは、このジャンルでは何百回と登場し使い古されてきたが、脚本家兼監督のデヴィッド・ロバート・ミッチェルは、それを性感染症というかたちで新しいものに変えた。そして100分もの間、主人公のジェイ(マイカ・モンロー)とその友達につきまとう不気味な追跡者は、夢から決して去ることができないほど恐ろしくリアルである。もしホラー映画を1本だけ観るとしたら、これがその映画だ。”)
の二作はレビューを見ただけで興味が唆られる感じがされるので来年の劇場公開を楽しみにしたい。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
日本のハロウィンメイクのクオリティが高すぎると話題に
 去年異常なまでに盛り上がり、今年も大盛り上がりすることが予想されるハロウィン(去年の様子は http://matome.naver.jp/odai/2141472687782647901 で確認できる)。今年も早くも様々なコスチュームやメイクをして街を歩く人や、店先に構える人などを目にするようになった。  そんな国民的イベントの一つになったハロウィンだがその熱狂っぷりが異常すぎるおかげか、今日本のハロウィンメイクのクオリティがやたらと(若干ヤバい方向に)向上しつつある。 その象徴となる上の写真を見て欲しい↑↑↑ 正直本気で気持ち悪いと言いたくなるほどのクオリティだ。 なんというえげつないまでのクオリティか。  こんなメイクをした人と出会ってしまったら、子供が根の深いトラウマなどを抱えてしまわないかと不安になるほどの出来栄えであるが、”このメイクの作者は日本のメイクアーティスト趙燁(チョウ・ヒカル)さん”によるものらしい。 http://www.yukawanet.com/archives/4943760.html より引用 彼女のtwitterには上にあげた写真以外のメイク写真や、彼女の独特な作品の写真も載せられている。そちらも実に摩訶不思議なので一見の価値ありだ。  これほどのクオリティだと若干行き過ぎな気もしなくもないが、ちょっぴり独特で目立てるメイクをしてみたい方は参考にしてみるといいかもしれない。何はともあれ各々の好むメイクで是非周りの人をびっくりさせたり楽しませて欲しい限りである。
ラスト9分19秒はホントにすごかった! 「セッション」
「セッション」は、2014年にアメリカ合衆国で製作された映画です。監督・脚本はデミアン・チャゼル、プロドラマーを目指す主役を演じたのはマイルズ・テラー。第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、教師役のJ・K・シモンズの助演男優賞を含む3部門で受賞した作品でもあります。 この映画の宣伝文句が『衝撃のラスト9分19秒』というものでした。まだ観ていない方、これ、嘘じゃないです。本当に衝撃なんです。魂を揺さぶられます。 とにかく全編に渡って、ドラムサウンド溢れる超クールな作品です。観終わった後は最高の気分になれること請け負いです。 プロドラマーを目指す青年とスパルタ教師の間で起こる喧嘩の果てに生まれる、互いを認め合う瞬間を描いているので、これはある種、ヤンキー映画みたいなものです。そこに音楽というアートが見事に融合し、莫大なカタルシスを生んでいます。 J・K・シモンズ、最高の演技ですね。オスカーも納得です。悪魔のようなスパルタ教師ぶりは、この人にしか出せなかったでしょう。ジャズバーで演奏するシーンもしっかりと素晴らしかったので。 「セッション」のDVD・Blu-rayは10月21日に発売開始予定です。とりあえず、ラスト9分19秒だけでも、観る価値はある作品です。いや、必見です。
意外と気になる!STAR WARSのオススメ鑑賞順
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)の公開日が近づくにつれて熱心なスター・ウォーズファンはもちろん、ライトなファン層も徐々に公開が楽しみになってきているであろう昨今。 しかし実はシリーズをちゃんと全作見ていない もしくは 一度もみたことがない にも関わらずなんとなく周りが熱くなっているから自分も公開を楽しみにしている素振りをしていたりする方もいるのではないだろうか!!?? そんな方に朗報だ。 本作の公開を記念して、シリーズ6作品の地上波放送が決定したのである。 ”連続オンエアのスタートを切るのは、シリーズの記念すべき1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』。日本テレビ系列『金曜ロードSHOW!』にて、最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公開日である12月18日(金)にオンエアされる。また翌週12月25日(金)には、新3部作の1作目として物語の始まりを描いた『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』が放送される。 残りの4作品については、日本テレビ系列『映画天国 特別版』(※関東ローカル)で“深夜のスター・ウォーズ祭り”と称し、12月29日(火)午前1時55分~6時に『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』、12月31日(木)午前3時10分~6時に『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、1月2日(土)午前3時10分~5時50分に『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』をオンエア予定だ。” http://getnews.jp/archives/1275281 より引用  地上波放送が若干遅いので公開から少々出遅れる感は否めないが地上波で公開してくれるその心優しさに是非ともあやかっておこう。 いやーーーー優しい地上波。ナイス金曜ロードSHOW!と言いたいところだが一つだけ問題がある。 それは放映の順番だ。 なぜ415623なのか。不思議の極みだ。 スター・ウォーズファンにとっては永遠に気になるポイントの一つがいかなる順番でこの作品を鑑賞するか、という問題である。 作品の時系列に沿って1から順に見ていくか 公開の順番に沿って456123と見ていくか。 個人的には後者の順番がやはり一番フィット感があるように感じる。  しかし中には超絶猛者的な鑑賞順番を提案する人もいる。 『スター・ウォーズ』狂人のアート・ディレクター高橋ヨシキさんは、 ”最新作を観賞する前には「4、5、6、4、5、6、1、2、3、4、5、6」の順番でシリーズを予習(復習)すべし” と語っているとのこと。 http://getnews.jp/archives/1275281 より引用 なるほど。456は三回ずつ見なくてはならないのか。これはなかなかしんどい。  ちなみにこの鑑賞法のメリットなどはよくわかっていない! ルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディは前提知識なしでも楽しめるように作品を作ったそうだができれば各々の作品の鑑賞順で簡単に作品のあらすじくらいは頭に入れてから7を楽しみたいものである。
今回の究極なミッションは成功に終わるのか?!
2015年8月7日(金) 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』がついに公開です!!! 毎回、ハードなアクションで、見ている側をドキドキ♡ハラハラ★させてくれますが、今回はどのように内容になっているのでしょうか?! 楽しみですね(∩∀`○)*,+'., そして50代とは思えない、トムクルーズの肉体美も注目ですよね♡笑 内容・・・・ IMFのエージェント、イーサン・ハントは謎の多国籍スパイ組織<シンジケート>を秘密裏に追跡していたが、催涙ガスによって敵の手に落ちてしまう。 目覚めると後ろ手に拘束されており、目の前には謎の女と、3年前に死亡したはずのエージェントがいた。 まさに拷問が始まろうとしたその時、女は驚くべき格闘術でイーサンを脱出させる。ブラントからIMF解体を知らされたイーサンは<シンジケート>の殲滅を誓うのだが、彼は国際手配の身となっていた…。 組織の後ろ盾を失ったイーサンと仲間たちは<シンジケート>とどう闘うのか? 敵か味方か、謎の女の正体とは?そして究極の諜報バトル、その結末は―??                                 「公式サイトより」
【閲覧注意】Yahoo!で「ががばば」と検索する
  ここ数日でツイッターで話題になっている都市伝説がある。 Yahoo!で「ががばば」と検索したことはあるだろうか? (「がばがば」ではないので注意されたし) 当然ながらないであろう。 なので興味本位で検索してしまった。 これが間違いだった。 ちなみにもし検索するとしたら深夜に検索をすることをオススメする。 !!! こんな表示が表れることは人生で初めて確認した。しかしここで止まるわけにはいかない。 何とも穏やかじゃない空気を感じつつも勇み足で「続ける」を押す  たすけてという言葉が中々の速度で打ち込まれた後「ががばば」に関するニュースが表れる(この時点でホラー系がとてつもなく苦手な筆者は目をほぼ逸らしている状態である)。 そして... 謎の人影が画面の奥から現れた 私も消息不明になるのであろうか これを信じるか信じないかはあなた次第です。 実際に試した人からはこのような報告が相次いでいます。 (閲覧は自己責任で) ネタバレは下まで 本当に自分で体験する前にネタバレをして大丈夫ですか? やっぱり〜〜〜〜〜〜 といった具合に世にも奇妙な物語の宣伝であったようだ。  実に巧妙な宣伝で注目を集めた「世にも奇妙な物語」の11/21、28に放送される25周年記念スペシャルは視聴率がとんでもないことになりそうだ。 しかしまあ宣伝にしては手が込みすぎている上に怖すぎる!!しかしこういった新しい形の宣伝方式であるからこそ我々も本気で怖がらせられたに違いない。見事にしてやられた気分である。
映画『ゴースト・バスターズ』がまさかの女性キャストのみでリブート
映画『ゴースト・バスターズ』。なかなかに馬鹿っぽいアイディアでひたすら突っ走る映画であるがそれがまさかの 女性キャストのみでリブート するようだ。最近強い女性を描く作品が増えてきているような気がしないでもないがそういった傾向はこれまでの映画に限らない様々な作品領域の可能性を拡張することに成功している。その好例にこの作品があるだろう。実際にどういった作品となり、どういった評価を受けるかはまだ分からないが興味が枠作品になっているように思われる。 ”今回のゴーストバスターズ・チームはクリステン・ウィグ、メリッサ・マッカーシー、レスリー・ジョーンズ、ケイト・マッキノンの女優4人。このほか、クリス・ヘムズワース、アンディ・ガルシアに加え、ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、アーニー・ハドソン、シガーニー・ウィーヴァーらオリジナルキャストもカメオ出演します。 また一部ではオジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)がカメオ出演しているのでは? とも言われています。 新『ゴーストバスターズ』は、オリジナル版の監督アイバン・ライトマンがプロデュース、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』のポール・フェイグ監督がメガホンをとっています。日本公開は8月19日。全米公開は7月15日予定” http://amass.jp/69787/ より引用 こちらが初公開されたトレーラー映像である。『ゴースト・バスターズ』の世界観を損なっているようにも思えないし戦闘や会話など随所で男性を主役として描いた『ゴースト・バスターズ』との違いが見られそうであり、その比較も楽しめるだろう。 また、オジー・オズボーンのカメオ出演の真相もかなり気になる。 公開がめちゃくちゃ楽しみというわけでもないが見れば外れということもないだろうし公開の際には足を運んでみようかと思う。