takashi
2 years ago1,000+ Views
ツシマヤマネコ米を食べてツシマヤマネコを守ろう。
ツシマヤマネコは、長崎県の対馬だけに生息する野生のネコで、現在絶滅の危機に瀕しているそうです。
ツシマヤマネコが減少した原因のひとつは、農家の高齢化によって耕作放棄地が増えたこと。ツシマヤマネコは、田んぼにやってくるネズミやカエル、鳥などの様々な動物を食べて生きていきます。里山や田んぼはツシマヤマネコにとって大事な生息環境だったのです。
こちらを見ると、ツシマヤマネコが田んぼと共に生きていることがよくわかります。
そこで、対馬の佐護地区の人たちが作ったお米が「佐護ツシマヤマネコ米」。
お米を作り続ける=田んぼを維持し続けることで、ツシマヤマネコの生きる環境を守っていこうというわけです。
また、佐護ツシマヤマネコ米の売り上げの一部は、NPO法人ツシマヤマネコを守る会に、寄付されるそうです。
この3合入りのパック、非常にかわいらしいですね。
1月31日まで、ふるさと割でお米3割引き、送料300円引きだそうです。
買うなら今ですね!
ツシマヤマネコ。
かわいすぎる。。。
2 comments
かわいいですね。イリオモテヤマネコ的なかんじなのかな。
2 years ago·Reply
そのようですね。日本にいるネコはイエネコを除くと、ツシマヤマネコとイリオモテヤマネコの2種類だけで、そのどちらも絶滅の危機にあるそうです。
2 years ago·Reply
3
2
3