renkon
100+ Views

常時50種類の世界のビールが揃う「カフェ&バル ランスアン」

東急多摩川線・鵜の木というちょっとマイナーなところにある、カフェ&バル ランスアン。
お料理は、タイ料理やアジアンテイストなもの、欧州料理など、多国籍な手作り創作料理があるそうです。
このお店で嬉しいのが、世界中のビールが常時約50種類揃っていること。
また、月に一度ビールイベントを開催しているそうです。
12月は「日本各地のクラフトビールフェア」で、三陸の牡蠣を使用した「オイスタースタウト」(いわて蔵ビール)や、川越のさつまいもを使用した「コエド 紅赤」(コエドブルワリー)など、個性的なビールが提供されたとのこと。
牡蠣を使用したビールってすごいですね...!初めて聞きました。
ビール好きとしては、かなり気になるお店です!
ランチ営業もしているそうですよ〜。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
料理好きなら当然知っている「家ごはん」をレベルアップさせる簡単なコツ
1. ニンニクと玉ねぎを事前に用意しない ニンニクと玉ねぎは、強い香りとパンチがあり、時間が経つとそれが増すので、料理で使う前のギリギリのタイミングで切りましょう。切った玉ねぎを水1カップに重曹小さじ1を入れた重曹水に浸しておくと、辛みが弱まります。ただし、使う前に必ずゆすぎましょう。 2. トマトの種を取り除かない トマトの種のまわりにあるゼリー部分は、トマトのうまみの多くを含んでいるので、レシピに書いてある時以外は、種をとらないようにしましょう。ちなみに、レシピに取り除くと書いてあるときは、そのままだと水分が多くなりすぎて、料理に問題が生じる場合です。 3. 油分のおいしさをキープする バターや料理用の油、ナッツなどに含まれる油分は、方法によっては悪臭を放って料理の出来栄えに影響することがあります。酸素への接触を最小限にとどめ、なおかつ、ゆっくり、少しずつ酸素に触れさせましょう。バターやナッツ類は冷蔵庫で、ナッツオイルは冷凍庫で、植物油は暗い場所で保存しましょう。 4. フライパンが熱くなってから調理を始める 料理時のフライパンの温度は、食品を加えたらすぐに下がるので、フライパンの温度が上がるまでしっかり待ってから、いため始めましょう。野菜を調理する時は、油がゆるくなるまで待ちましょう。肉や卵といった高タンパク食品を調理する時は、油から煙が細くたなびき始めるまで待ちましょう。 5. フライパンにこびりついた部分も料理に活用する 調理後にフライパンの表面につく茶色の物体には、おいしい風味が凝縮されています。調理後はワインやだし汁などを入れて、木製スプーンで表面についたものを取って、ソースやスープ、シチューに入れましょう。 6. 砂糖でも味つけをする 焦げ目のついた食べ物は、よりおいしく感じられます。焦げ目をうまく付けるには、鶏肉や魚介類など脂肪分の少ないタンパク質や野菜の上に砂糖をひとつまみ振り掛けることがポイントになります。 7.スパイスや乾燥ハーブは油の中に入れて香りを引き出す 挽いたスパイスや乾燥ハーブの香りを引き立たせるには、バターまたは油少々の中に1、2分入れて調理し、その後に液体を入れましょう。玉ねぎなどのにおいのあるものを入れるようにレシピに書かれている場合は、野菜に火が通った時点でスパイスを入れましょう。 8. パン、パイ、ケーキは黄金の焼き目がつくまで待つ 焼き目=風味です。だから、パン、パイ、ケーキなどは黄金の焼き目がつくまではオーブンから出さないように。パイを透明なガラス容器に入れて焼くのは、色の変化を見るためです。パイ生地など壊れやすい生地を作る時は、それぞれの層を下から見て、きちんと焼き目がついているか、確認しましょう。 9. うまみ成分を少し加える しょうゆとアンチョビは高いグルタミン酸を含んでおり、料理にうまみや肉のような味わいを加えます。スープやシチューを作る時は、チリパウダーにスプーン1杯か2杯のしょうゆを加えたり、野菜と一緒にアンチョビ少々を加えたりしてみましょう。 10. 新鮮なハーブを一番良いタイミングで入れる タイム、ローズマリー、オレガノ、セージ、マジョラムなどの固いハーブを加える時は、調理の初期段階で入れましょう。こうすると、香りが最大限引き出されるとともに、素材の固い食感が気にならなくなります。これに対し、パセリ、コリアンダー、タラゴン、アサツキ、バジルなどの傷つきやすいハーブは、料理の最終段階で入れましょう。そうしないと、風味と色が損なわれてしまいます。
ビールがすすむ魔法の調味料(笑) 生アンコールペッパーペースト
生でアンコールでペーストな胡椒って何?? ってことで順を追ってご説明します。 岡山にFOREST JAPANという会社がありまして、そこがカンボジアで育てられた胡椒をフェアトレードしてます。カンボジアって元々は胡椒の生産が盛んだったようですが、内戦で衰退したところを若い人達が復興しようと奮闘してるとか。ってことでまず「アンコールペッパー」と名付けられてるみたいです。 で、そのカンボジアの無農薬・有機栽培のカンボット胡椒というのを元に、まずいわゆる黒胡椒粒が販売されてます。 次にそのラインナップに珍しいものがありまして、胡椒が若い実のうちに収穫して塩漬けした塩蔵ペッパーが「生アンコールペッパー」として販売されてます。青い山椒の実みたいな感じです。 その塩漬にオリーブオイルを加えてペースト状にしたものが「生アンコールペッパーペースと」というわけです。ちなみにオリーブオイルは岡山県牛窓産のエキストラバージンオリーブオイルだそうですよ。日本でいうと柚子胡椒みたいな雰囲気のものですかね(柚子胡椒は胡椒じゃなくて青唐辛子ですけど)。 これが美味しいのですよー。胡椒の味がなんだかわからないけど濃い!塩漬けの塩がなにか特長ある塩なのかわかりませんが、刺激や香り以外に「味」がしっかりあります。 ペーストだからマヨネーズに混ぜたり卵かけ御飯にちょいと乗せたりパスタソースに使ったりと万能です。あと、市販のチーズやバゲットにちょっとつけただけでビールがいくらでも飲めてしまう。基本的に何にでも合いますが、意外とお肉類よりカルパッチョみたいな魚介に合う気がします。あと面白いところでレモンと合う! 最近購入したのでまだ温かい料理にはあまり使ってないのですが、秋になったらサツマイモにバターの代わりに乗せてもおいしそうだなーとか、冬になったら鍋の薬味にしようとか、早くも食い意地全開です。 黒胡椒・クルトンペッパー(これがまた!)・塩漬け・ペーストがセットになった2000円のお試しセットがあるので、楽天セールであともう1ショップ買いたいわという時なんかに一度試してみてください〜。 FOREST JAPAN 楽天のお試しセット
大人シュークリーム♡日本初上陸
シュークリーム専門店「シュー・ダンフェール パリ(choux d'enfer PARIS)」が、日本初上陸です!! 新宿の新商業施設「ニュウマン」に、2016年4月15日(金)にオープンしたとの事でかなり話題になっているお店の一つですよね♡ 私も気になっているものの、まだ行けてませんが;;;;; 早く食べてみたいものです=333 フランス料理界を代表するカリスマシェフ、アラン・デュカス(写真2の方)のもと、2014年にパリで誕生した「シュー・ダンフェール パリ」。 生地には、ローストナッツやあられ糖などでアクセントを。 シューのフレーバーは・・・・・ パリ店と同じショコラとキャラメル、柑橘系のアグリュムに加え、日本限定のカスタード、抹茶、さくらの3種類が追加されているとの事。 ◇特にさくらは、5月末までのシーズンフレーバーで桜の葉の塩味を際立たせたコクのあるクリームになっているとの事です♪ 大きすぎす、小さすぎない大きさも魅力の一つで、これだと飽きずに色々な種類を食べる事 が出来そうで、手土産リストにまた一つ候補が増えました♡ 6個セット680円、3個セットはトラディション240円、セゾン340円。上段《トラディション》/キャラメル、ショコラ、アグリュム(柑橘)。下段《セゾン》/カスタード、抹茶プレミアム(日本限定)、さくら(日本限定・シーズン限定) シュー・ダンフェール パリ『NEWoMan新宿店』 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoManエキナカ(新宿駅新南口駅構内) TEL 03 3354 2181。 営業時間 8時〜22時。定休日は施設に準ずる。 参考サイト http://trendybaru.com/5998.html http://casabrutus.com/food/19196
現存する日本最古のビヤホール 「ビアホールライオン銀座七丁目店」
ビールの美味しい季節ですが、季節問わず美味しいビールを楽しく飲める場所といって一番に思いつくのがここです。1934年創建、現存する日本最古のビヤホールで、戦時中幸いにも空襲を免れた貴重な建物でもあります。 駒澤大学耕雲館(現在は禅文化歴史博物館)なども手がけた菅原栄蔵氏による設計の内装は、当時の建築技術を結集して作られたもの。歴史が詰まった荘厳な空間です。 知らなかったのですが、内装は「豊穣と収穫」をテーマとしてつくられており、『麦の穂』をイメージした柱や、『豊穣』や、『ビールの泡』をイメージした電球などもあるのだとか。細部まではちゃんとチェックできてなかったので今度いったときはしっかりみてみます。 この日本初の250色ガラスモザイク壁画もすばらしく、見応えありますよ〜 これを眺めながら飲むビールがまたおいしいのです。 その他、『生ビールの達人』ともいわれるビールマイスターがいたり、こだわり抜いた「サッポロ生ビールの味」だったりと、オススメポイントは他にも。 ビールはあんまり...な人も建物としての魅力が満載なので行ってみる価値ありです。 お料理も美味しいですよ。 ビアホールライオン銀座七丁目店 http://r.gnavi.co.jp/g131800/
何度やっても必ずうまくいく。最高のステーキを焼く2つの簡単なコツ
1. 必ず室温になじませてから焼く 2. 途中で寝かせてから2回焼く まず、肉屋さんでよく脂ののった骨付きリブアイ3.3ポンド(1.5キロ)を買って、真空パックにしてもらいます。骨が重要です。というのも、肉をみずみずしく保ってくれるからです。真空パックも酸化を防ぐため大切です。 肉を冷蔵庫から出し、真空パックのまま24時間室温(暑い部屋ではなく、普通の温度)に置きます。このプロセスは結果に大きく影響するので、絶対に省かないでください。 テフロン加工された大きなフライパンにオリーブオイルを少し引き、ステーキの両面を3分ずつ焼きます。 いったん肉を置いたら、動かしたり持ち上げたりしてはいけません。そのままにして、時間がきたらひっくり返します。 ステーキをフライパンから取り出し、金属製の網の上に置いて10分程寝かせます。 フライパンをもう一度強火で熱し、ステーキをもう一度焼きます。片面2分です。 ステーキをひっくり返して3.5オンス(100グラム)のバターをのせます。バターが溶けたら肉汁と混ぜて肉の上にかけ、2分置きます。 3ヶ所に穴を開けたアルミホイルで肉を包み、網の上で5分寝かします(こうすることで蒸れを防ぎます)。 切り分けたらfleur de sel(フルール・ド・セル)やMaldon(マルドン)のような上質なシーソルトをまぶします。 何度やっても絶対うまくいくと私が保証します。 最高の出来上がりですよ。
自分でハーゲンダッツ並みのアイスクリームを作る方法
アイスクリームって好きな人は多いけど、自分で作ってる人はあんまりいませんよね。でも、自宅にある道具だけでハーゲンダッツ並みのプレミアムアイスが作れたらいいと思いませんか? ということで、SeriousEatsが何回も試作に試作を重ね、たどり着いた濃厚で美味しいアイスの作り方をご紹介したいと思います。 <材料> 卵の黄身(Lサイズ)         8個分 砂糖                  250g バニラエッセンス           小さじ 2 コーシャーソルト(塩)        小さじ 1/4 エバミルク              340g 生クリーム(脂肪分高め48%ぐらい) 500cc <作り方> (1)大きなボールに黄身、砂糖、バニラエッセンス、塩を入れて約5分ほど泡立てます。 白っぽくなり、泡だて器から生地を落とした時に線が残るようになったらOK。 (2)エバミルクを子鍋に入れ、混ぜながら沸騰させます。 (3)(1)の卵液に沸騰したエバミルクを少しづつ加えます(常に混ぜててください)。 (4)混ざったら子鍋に戻し、カスタードみたいにトロトロになるまで焦げないように弱火で加熱します。 このとき火が強すぎたり、加熱しすぎると卵が固まり過ぎてスクランブルエッグみたいになってしまうので注意。 (5)冷まします。 (6)生クリームの半量(250cc)を2倍の量になるぐらい泡だてたら、(5)に生クリームを加え混ぜます。織り込むようにして混ぜるのがポイント。 (7)ダマが無くなったら、製氷皿に入れて約4時間冷凍します。 (8)凍ったアイスクリームと残りの生クリーム(250cc)をフードプロセッサーに入れ、滑らかになるまで(約30秒ほど)撹拌します。 (9)容器に移して、更に4時間凍らせれば出来上がりです。
素材うまっ。d47食堂@渋谷・ヒカリエ
「素材うまっ」っておかしいか・・・笑 でも、とにかくここのレストランのメニューは、素材が生きてるんです。 先週行ったばかり。ヒカリエに行くたびにちらっと見てはいたんですが、なんとなく入ってなかったお店。が、こんなに美味しいとは思わなかったです。(絶賛) このお店には、以下のようなコンセプトがあります。(以下、公式サイトから引用) d design travel編集部は旅先で様々な食の生産者とも交流を持ちます。d47食堂は、そこで出会った方々から仕入れた四季折々の食材をつかう定食屋です。47都道府県の「食」をテーマに、生産者や器の作り手の想いを伝え「おいしく正しい日本のご飯」を提供していきます。 d design travel という本、書店でみかけたことがある人いますかね?その編集部が47の都道府県と季節を感じる定食屋を作ったんだそう。たしかに、メニューにもしっかり説明がついていて、ストーリーを感じながらいただくことができます。 どーん!これが、私が注文した大分県の「大分定食 とり天(1,650円)」! この前に、綺麗な花のようなお新香とお茶がでてきました。(写真は撮り忘れました…) とり天なるもの、おそらくはじめて食べたような気がします。ふわっふわでした! 中央のポン酢につけて食べます。ふわふわな天ぷらに、ポン酢がよく染み込んで美味。 いくらでも食べれそうでした、すぐ無くなりました…全部美味しかったんですけど、しらす豆腐がさっぱりひんやりして、天ぷらによく合いました。最高です。 ちなみに友人は、「長崎定食 松浦港のアジフライ 1,520円」を注文。無類のアジフライ好きという彼女ですが、こんなに美味しいアジフライはじめてだ、と絶賛していたので、こちらもおすすめ。 これが「d design travel 大分」。 ラムネ温泉館というものもあるらしい。あまり関心はなかったのだけど、この「とり天」を現地で食べたくなってしまったので、これを片手に巡ろうかな。(まんまと編集部に動かされています笑)→ http://www.d-department.com/jp/oita/travel これは、大分市内にある「キッチン丸山」のとり天。 市内で「とり天」で最も有名だとされるお店らしい。 つい、調べてしまったけど、d47よりころころしたとり天。 本場のとり天、別府温泉に行ったついでに食べよう。TODOLIST行き。 大分県大分市顕徳町1-6-15 11:00~14:30 (ランチ営業のみ) d47食堂 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 11:30~14:30 ランチタイム 14:30~18:00 ティータイム 18:00~22:30 ディナータイム(ラストオーダー/フード21:30 ドリンク22:00) 59席 全席禁煙(喫煙ルーム有り) http://www.hikarie8.com/d47shokudo/
厚揚げの中華風サラダ☆お酒のおつまみ
この前、このレシピを発見し、お酒のお供に作ってみました♪ 簡単でお腹もちもよくて、コスパも最高です♡ 材料 厚揚げ 1枚 もやし 1袋 A 酢 大さじ2 醤油  大さじ2 砂糖 大さじ1 みそ 大さじ1 ごま油 小さじ1 にんにく すりおろし 1片分 小ねぎ、白ごま 各適量 作り方 ①もやしは、熱湯でさっと茹でる。 ②ざるにあげてそのまま冷ます。(水っぽくなるので、水にはさらしません。) ③厚揚げは、熱湯をかけて水けをきり、オーブントースターで約8分焼いて、食べやすい厚 さに切る。  ※お魚を焼くグリルでもOk。 ④Aの調味料を混ぜ合わせてタレを作る。  皿にもやし、厚揚げの順で盛り、Aのタレをかける。  白ごま、小口切りした小ねぎを散らす。 そしてここにちょっとアレンジして・・・・ 冷蔵庫に、「ちりめんじぁこ」が あったので、カリカリにして上からかけて食べてましたよ=333 なんといっても、この味噌を入れるのがポイントな気がします!! たれは作り置き可能との事で、多めに作って、保管しておきました♪ 最近では、サラダ・豆腐・唐揚げにかけたりして使ってますよ~(*´∇`*) 低カロリーで美味しく、味もさっぱりしているので、焼酎・日本酒のおつまみにはバッチリです!! 参考レシピ https://oceans-nadia.com/user/36/recipe/101061