Gochi
1,000+ Views

BEAMSのマウンテンパーカー、越冬にいいやんけ。

今年は暖冬で寒くないけど、このマウンテンパーカーは普通にいい感じ。
色は、ベージュ、ブラック、ネイビーもある。
インは、トレーナーでも良さそうだが、ニット×シャツでもOKだな。
ベージュはこんな感じだ。ちょっと、落ち着いたイメージになるかな。
内ポケットもある。このマウンテンパーカー、僕の彼女もおすすめだと言っていたので、彼女欲しい男子は、女子ウケGOODなこのパーカーにトライしてみてはどうだろう。w
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
patagonia
環境問題に取り組む企業としても有名なアメリカ・カリフォルニア州ベンチュラに本拠地を置くアウトドア・ブランド。 「パタゴニア」という名称は南米の地名で、「地図には載っていないような遠隔地」「どの国でも発音しやすい」という理由から。元々はロッククライミング用具の製造販売からスタートした。 それまで、カラーバリエーションが少なく地味だったアウトドア製品に、鮮やかな色展開でファッション性を持たせ、”日常着としてのアウトドアウェア”の代表的ブランドとなる。また、同時にペットボトルのリサイクル素材を用いて「エコロジー」という概念の普及に貢献したという点も素晴らしい。 国内では1989年に目白へ1号店をオープンして以降、現在では全国各地に直営店を構えている。 http://www.patagonia.com/jp/ パタゴニアの代表作といえばまずはコレ。フリースジャケット”Synchilla”。 軽量、耐風、保温、透湿、撥水、日除、速乾という多くの機能性を合わせ持ち、コンパクトに収納可能。しかも着心地良しということで、絶大な人気を誇る"Houdini"ジャケットもお薦め。 コンパクトに収納できて、格別な通気性、速乾性、保温性を誇り、本格派の人たちから抜群に評価が高いのがフリース・ジャケット"R2"。 ファッションのシーンで根強い人気を誇るフリースベストが"CLASSIC RETRO-X VEST"。
自転車と言えば…BIANCHI(ビアンキ)
ビアンキは、現存最古の自転車メーカー。イタリアのブランドで、創業は1885年だという。 この画像のように「チェレステ(天空)」をブランドイメージにしていて、おそらく見たことのある人も多いのではないかと思う。 ここ何年か、おしゃれ自転車に乗って通勤するのもブームなのか増えてきているし、 満員電車に疲れたので、購入検討中!!!!!! そこで、ビアンキの中でも、BIANCHI ROMA2 2015がいいかな〜と。 街乗りにはぴったりの自転車らしいぜ。 価格は、90,000円(税別)ってことで、毎日通勤で使うなら、、ちょっと頑張って購入してみたい。デザインもスタイリッシュで、若者にも人気らしい。 重量がそこまで軽くなく、ライドポジションなども考えると長すぎるライドには向かないかなぁと思いますが、街乗りメインで週末にはちょっと遠出のサイクリングを楽しみたいという方でしたら十分に対応できるスペックが魅力となっています。(中略)細かなギアチョイスができることからスピードを出しで走行性能を楽しみたいという方のニーズにもお応えできます。 ギアチェンジが9速までできるようになっているので、負荷をかけたい時によって、細かい調整もできるようだね。 上記、http://pedaltimes.com/bianchi-roma2-2015/ からの引用。 カラー展開は、チェレステカラー、マットシルバーとマットブラックの3カラー。 ぼくは、マットシルバーとマットブラックで迷うな〜。 自分が女だったら、チェレステカラーにしてしまうな、おそらく。
ユニクロさんが、HelmesやLACOSTEにいらした方とコラボされますね!
昨日発表の UNIQLO AND LEMAIRE というコレクションの話題でもちきりです。ルメールさんといえば今はご自身のブランドですけど、やはりエルメスを担当されていたのが気になりますよね〜。どれくらいのお値段になるのか興味津々で一生懸命検索してしまいました。(*^^*) ファッションプレスさんの情報です。 ウィメンズ 30型メンズ 25型 ■価格帯 シャツ:2,990円〜3,990円 ニット:2,990円〜14,900円 アウター:12,900円〜17,900円 パンツ:2,990円〜6,990円 スカート:3,990円〜7,990円 ドレス:5,990円〜7,990円 ジャケット:6,990円〜14,900円 カットソー:2,490円〜3,490円 ※価格は現時点での計画であり、変更の可能性有り。※価格は全て税別。 お値段からの推測で、+Jよりもイネスコレクションに近い品質のように見えますね。せっかくなので多少お高くても贅沢素材にしていただければと思ってしまいますけれど…これ以上は想像してもわかりませんね。写真の白いニットは柔らかそうに見えます! こちらの画像のお洋服はすべて UNIQLO AND LAMAIRE のものだそうです。ベーシックなお色なので着まわしがききそうですね。黒、ネイビー、カーキ、クリームに赤が効いています。襟がないブラウスですとか、リブセーター、ビッグシルエットのコートなどが予定されているようなことが。ケープのこともありましたが、左奥のモデルさんが着てらっしゃるのがそうなのかしら。 8月にオフィシャルのコラボ情報が発表されて10月に発表とのことですので、当分はこのお写真で想像するしかありませんね〜 気になってルメールさんのコレクションも調べてしまいました。色合いがかなり近いんですね!真ん中の方のネイビーのコートのようなタイプがあれば衝動買いしてしまいそうです〜 もっとご覧になりたい方はルメールさんのショップがありますよ。 ルメールさんが担当されたエルメスのコレクションはこちらに。(*^^*)
新緑や紅葉の景勝地、奥入瀬渓流!
友達が何年か前のGWに青森県にある奥入瀬渓流に行ってました。写真をFBにアップしていたのを見たんですが、こんなに綺麗なところがあるのか〜!!と感動したのをすごく覚えてます。 その友達のおかげで初めてこの存在を知って、いつか行ってみたいな〜と思ってたんですが、今年はついに行ってみたいと思っています! そこで、個人的に気になるところをまとめてみました。 渓流の近さと透明度 渓流の高さと横にある散策路の高さがあまり変わらないのでかなり間近で見られます!この中で写真撮りたいな。近くの十和田湖からの水が流れる奥入瀬渓流。本当に澄んでますよね。あと、岩があるところに水がぶつかって白くなっているんですが、なめらかに流れてますよね。これ、かなり見てみたいところ。 小鳥のさえずり 散策路を歩いているとき、小鳥のさえずり声が聞こえるからちゃんと聞いて来てね!と友達に言われました。いいですよね。きっと癒されるだろうな。 あ!「GWはまだ肌寒いから、ばっちり着込んで、靴は滑りにくい靴で!」って言ってました。あと、私が行くGWには生えてないと思いますが、4月には高級食材のふきのとうが生えてます。採ってもいいなら採りたいけどだめよねw 岩につくこけ こけって綺麗なところにしか生えないんですよね。奥入瀬渓流の岩にはびっしりついてます。足元の散策道もこけがついているところがあって、滑りやすいので靴はちゃんと準備したほうがいいですね。 渓流を見ながらの露天風呂 そーして!渓流沿いには、星野リゾートの奥入瀬渓流ホテルもあります! http://www.hoshinoresort.com/resortsandhotels/uniquehotels/oirase.html 渓流を見ながら露天風呂なんて贅沢!! 秋は紅葉も綺麗。秋もいつかは行ってみたいな。 もし、どなたか行ったことがある方いらっしゃったら、おすすめポイント他にも教えてください!^^
グランピングだけど割安かも?ツインリンクもてぎにオープンした「森と星空のキャンプヴィレッジ」
去年あたりから、耳にするようになったグランピング、当然わたしも気になっていましたがなんせ料金が高すぎて。だいたい一人あたり一泊で2〜3万するのが平均のようでまあ、キャンプとは違うので仕方ないかなと思っていたのですが・・・ 3月19日にオープンしたばかりの、「ツインリンクもてぎ」にできたファミリーグランピング施設「森と星空のキャンプヴィレッジ」はちょっと良心的価格設定のような気がします。 ベッド・洗面所・ヒーターなどを完備で、豪華BBQも楽しめて 1泊2食つき 4名様利用42,320円(消費税込み)より※大人2名、小学生2名の場合 2名様利用30,560円(消費税込み)より※大人2名の場合 ホテルツインリンクグリーンベイでの朝食や入場料、のぞみの湯入浴料、駐車料(1台)含んでの値段なのでこれはかなりお安いと思うんですよね。 ちょっと気になるのが名前に「ファミリー」ってあるところ。まあ、ファミリーではなくて、カップルでも女子グループでも別に大丈夫とは思いますけど!ちょっとキッズ達が賑やかなのは覚悟の上、って感じかもしれません。 陶芸街、益子とセットでいくというのもありかもなあ〜 http://www.twinring.jp/f-glamping/