percyjones
500+ Views

ベトナムB級グルメの旅

冬休みにベトナムに行ってきました。
この旅行で一番楽しみにしていたベトナムフード!
期待通りおいしいものにいっぱい出会いましたよ。
こちらは今回の旅で一番印象深い、ハノイなど北部でよく食べられる「ブンチャ」という料理。ライスヌードルにバジルや香菜などの葉っぱを山盛り乗せ、炭火で焼いた豚肉を入れたタレとにんにく、唐辛子をかけて、ネムと呼ばれる揚げ春巻きと一緒にいただきます。思い出しただけでヨダレが出てくるほど、おいしかった!
なによりも楽しみだったストリートフードめぐりもしてきました。
ハノイのナイトマーケットで出会ったB級グルメの数々。
焼き鳥、肉まん、ベトナム風ケバブ、バインミー、揚げ春巻きに生春巻き。
これら全部試しました。一晩で!
もちろん、どれもめちゃうま〜
ベトナムといえば春巻き!いろんな春巻き食べてきましたよ。一番のお気に入りはやはり揚げ春巻き。
こちらは、南部クーチートンネルに行ったとき、その近くで食べたベトナム風バーベキュー。
ベトナム人の知り合いが連れていってくれたこの食堂は、絶対単なる旅行者ではいけないであろうとてもローカルな雰囲気。
牛肉のでっかいカタマリをベトナム料理にかかせないナンプラーソースにつけて、ジューット炭火で焼きます。それから小さめに切り分けてもう一度ソースにつけてからジューッともうひと焼き。熱々の分厚い牛肉にピリッと辛いナンプラーソースが絶妙にマッチ!
ダイナミックで豪華なベトナムバーベキュー。これもまた絶品でした。
そしてもちろん、ベトナムの代表料理フォーなどのヌードル系。
左がフォー、右はフー。
もちろん、地元の人で溢れる道端の食堂で食べましたよ。
それにしても、たくさんのおいしいベトナム料理に出会え、サイコーの旅になりました!
注)フォーの写真がなかったのでこちらからお借りしました。
Comment
Suggested
Recent
どれもこれも美味しそう!!!写真を見ているだけでいい匂いがしてきそうです。特にフォーとバインミー・・・今食べたいです。
Cards you may also be interested in
ベトナム旅行 クーチートンネル
冬休みにベトナムに行ってきました。 ホーチミンから車で1時間ほどの場所にあるクーチートンネルに行きました。 ベトナム戦争時、ベトコン勢力の一大拠点となったトンネルで、今では博物館として保存されています。 このトンネル、ベトコン兵士たちの身を隠す場所として作られたのが、徐々に延長されて最終的には周辺の6つの村をつなぐ全長250kmの巨大なネットワークの場となったのだそう。 身を隠すだけでなく、移動手段、病院、武器の保管場所、寝食の場所、そして司令部の拠点などあらゆる用途を果たし、北ベトナム軍の勝利に寄与する重要な役割を果たしたというクーチートンネル。 すべて手作業で作られたこのトンネルがどうやって作られどのように機能したかを想像すると気が遠くなりそうになったのでした。 トンネル入り口のひとつ。ジャングル中に突然現れる入り口はカモフラージュされてもちろんまるで目立たない。 ガイドのおじさんが実演。 人が入って蓋をしめると入り口が地面に溶け込んでしまう仕組み。 このあと私たちも入らせてくれましたが、ひとり(このおじさんぐらい痩せ身でないと無理)がやっと身をかがめて通れるくらいの大きさのトンネルが数メートル続き、別の出口から外へ。 これ通気口。岩か蟻塚にしか見えない。アメリカ軍がトンネルに手を焼いて壊滅作戦にでたときは、犬に匂いを嗅がせてトンネルの通気口を探したそうな。でもベトコンはそれに対抗してアメリカ兵の軍服を通気口近くに置くようにしたら、犬が探知できなくなったという話をガイドのおじさんがしてくれました。 そこらじゅうにある罠。手製の竹のやりが落とし穴の中や、ジャングル中に仕掛けられていた。回転式の落とし穴もあった。こういう罠がトンネルの中にも仕掛けてありましたよ。恐ろしい。。 アメリカ軍がこの地域一帯に落とした爆弾の量は記録的だったそうですが、ベトコンは不発弾や爆発後の部品を集めて自らの武器を作ったそう。 竹やり、罠、手作り爆弾、トンネル。これで膨大な戦力を誇るアメリカ軍を倒したベトコンってどういう人達だったんだろう??と考えずにいられないクーチートンネルでした。
ベトナム旅行 ハノイ・オールドクオーターが 面白かった件
冬休みにベトナムに行ってきました。 ハノイの滞在先オールドクオーター(旧市街)が面白かった! ベトナムのモーターバイク事情については聞いていましたが、 実際に見てみたら、本当にすごかった! ホテルのあったオールドクオーター周辺は、文字通り、モーターバイクの海でした。 モーターバイクに混じって大型バスや自動車もいるんですけど、細い路地にもかかわらずバス、車、バイク、自転車タクシーなどなどが道いっぱいに広がって押し寄せてくる感じ。 もちろん信号なんてほとんどありません。交差点での光景はまさに芸術的。みながお互いの様子をみながら、じわじわと同時に無傷で交差していく様はもう芸術の域。 道を渡るときの通行人もまたすごい。 バイクや車の波はひっきりなしに押し寄せるし、誰も止まっちゃくれないので、こちらも待たずに渡り始めます。じわじわと向こうからくるバイク、車と駆け引きをしながら、止まってはすすみという感じで渡ります。 初めて渡ったときはまさに命がけでしたが、少しすると慣れるもんで意外とすんなり渡れました。コツはこちらにむかってくるバイク等を目力でがっと睨みながら渡ること 笑 向こうが避けて行ってくれます。 ハノイの空は季節柄なのか連日灰色でしたが、街にあふれるフルーツはさすが南国。とても色鮮やかで種類も豊富。初めて見るフルーツもたくさんありましたよ。 なぜか表通りよりも裏通りに目が行きがちで、裏通りのほうが写真にたくさん残ってますが、オールドクオータの細い路地を入っていくと、そこに住む人たちの生活がかいまみえました。文字通り道端で肉を売っている、という感じの肉屋さんがそこここに。 オールドクオータに隣接するホアンキエム湖。この湖のほとりは、地元の人たちの憩いの場になっているらしいけど、街のひどい喧騒の中を歩いたあと、この湖畔の少し広めの歩道を歩くとそれだけでホッとしたから、憩いの場っていうのすごくよくわかる。 それからハノイ名物の人形劇もハノイに来たら必見です。ホアンキエム湖のほとりに専門の劇場がありますが、ベトナム民謡の心地よい音楽と幻想的な舞台が、つかの間街の喧騒を忘れさせてくれます。
厚揚げの中華風サラダ☆お酒のおつまみ
この前、このレシピを発見し、お酒のお供に作ってみました♪ 簡単でお腹もちもよくて、コスパも最高です♡ 材料 厚揚げ 1枚 もやし 1袋 A 酢 大さじ2 醤油  大さじ2 砂糖 大さじ1 みそ 大さじ1 ごま油 小さじ1 にんにく すりおろし 1片分 小ねぎ、白ごま 各適量 作り方 ①もやしは、熱湯でさっと茹でる。 ②ざるにあげてそのまま冷ます。(水っぽくなるので、水にはさらしません。) ③厚揚げは、熱湯をかけて水けをきり、オーブントースターで約8分焼いて、食べやすい厚 さに切る。  ※お魚を焼くグリルでもOk。 ④Aの調味料を混ぜ合わせてタレを作る。  皿にもやし、厚揚げの順で盛り、Aのタレをかける。  白ごま、小口切りした小ねぎを散らす。 そしてここにちょっとアレンジして・・・・ 冷蔵庫に、「ちりめんじぁこ」が あったので、カリカリにして上からかけて食べてましたよ=333 なんといっても、この味噌を入れるのがポイントな気がします!! たれは作り置き可能との事で、多めに作って、保管しておきました♪ 最近では、サラダ・豆腐・唐揚げにかけたりして使ってますよ~(*´∇`*) 低カロリーで美味しく、味もさっぱりしているので、焼酎・日本酒のおつまみにはバッチリです!! 参考レシピ https://oceans-nadia.com/user/36/recipe/101061
和菓子のお雑煮、花びら餅
お正月休みも終わりますねー。個人的に毎年だいたい大掃除して実家に行って帰ってきたら終わってるという慌ただしい休暇なので特に嬉しくもないんですが、この時期に楽しみなのが花びら餅です。 大大大大好物で、和菓子の中で一番美味しいんじゃないかと思うくらい。お正月前後しか販売されないので飽きるまで食べすぎないのもいいのかもしれません。 もとは宮中雑煮という食べ物からお菓子になった経緯のため、味噌餡と牛蒡がベーシックな中身のようです。私がいつも買う仙太郎さんのは人参も入っていてますますお雑煮。古式ゆかしく牛蒡も二本です。詳しくはこちらを。 お正月限定菓子なのであちこち食べ比べる機会もないのですが、今まで食べた中では仙太郎さんの味が一番好みでかれこれ10年くらいいただいてます。 牛蒡も人参も餡もそれぞれとてもいい味な上に、口の中で一緒になるとこれまた絶妙のバランス。味だけでなく食感や香りや水分もパーフェクトなんじゃないでしょうか。販売されてるうちにあと3回は食べちゃおう。 と、こんなに褒めておきながら実はほかにも美味しい花びら餅があったら食べてみたい。たまには違うお店で買ってみようかなあ。 「ここの花びら餅はすんごいよ」というのがあったら是非教えてください! 仙太郎
豚肉ハム作ってみました
いつか@farineさんのこちらのページをみて、絶対に作ってみようと思っていた豚肉ハム、ついに作ってみました〜! 思った以上の美味しさ、しかもすごく簡単にできちゃうんですよね。 無添加で安心の自家製ハム、もう作り続けるしかないでしょう! 今回わたしが参考にしたのは、こちらのレシピ 超簡単なのに本格豚ハム♪byフィオママ です。 以下転載 材料 豚モモブロック300~600g 塩(アラ塩)美味しい塩がお薦め大さじ1 砂糖大さじ1 お好みで(粗引きブラックペッパー、ローリエ、ローズマリーなど) 作り方 1。豚肉塊を2重のビニールに入れ塩→砂糖→胡椒・ハーブ類を順番にまぶしながら入れ空気を抜くように口を閉じたら冷蔵庫に入れる 2。数日寝かせたら(肉300g~400gは2~3日、450~600gは1週間位) ビニール袋を開けてそのまま肉を水で周りを軽く洗い流して、ラップに置く。 3。胡椒やお好みのハーブをもう1度たっぷりまぶし、キャンディー状に包みラップの両端はたたむ。しっかり包むだけで良い形です。 4。アルミホイルでしっかり包み、鍋に入れたら水をたっぷりかぶるくらい入れる。 5。沸騰するまで強火で、沸騰したらタイマーセット300g~400gなら30分450g~600gなら40分弱火で。 6。5の時は落し蓋して上に蓋をしてください。時間の半分くらいで裏返して下さい。火を止めたらしっかり冷めるまでそのままで放置。 7。我家は夜、火を通して翌日カットします。しっとりです~。 注)by yummy 今回わたしはローリエの葉っぱを茹でる前に肉にこすりつけました。それでも十分香りがついて美味しかったです。その他の香辛料は胡椒だけ。 それから最初に寝かせるとき、レシピ通り砂糖大さじ1加えましたが、少し甘すぎたような気も。次回は少し砂糖を減らしてやってみようと思います。 みなさん、美味しくて簡単な自家製ハム、本当にオススメですよ〜
ドラゴンボール鍋を食べて願いを叶えよう!
冬と言えば、鍋!! その鍋で今話題になっている鍋があるみたい♪ それは愛知県名古屋市にある「居酒屋 暖家ダイニング」で提供されている『ドラゴンボール鍋』☆☆☆☆☆ でもメニューに「ドラゴンボール鍋」と言うメニューはなく、何種類かの「鍋メニュー」から選び、具として「コラーゲンボール」をオーダーする仕組みになっているよ♪ コラーゲンボールは3個か7個と選択が可能との事ですが、みなさんやはり頼むのは7個を選択する方が多いとか~(✿´ ꒳ ` ) しかも、コラーゲンドラゴンボールの星はにんじんで出来ていて、、7つ頼んだらちゃんと1~7つまでのボールのドラゴンボールが登場するという、クオリティーの高さには驚き!!! 溶ける前に、早く願い事をして食べないとだよね~.ヽ(○´∀`)ノ wwww なにか見るだけでも元気が湧いてきそうな鍋で、旅行で訪れた際には絶対行ってみたい~♪ 早く東京にも出来て欲しいなぁ♡ 鍋の種類も豊富で、「もつ鍋・豚キムチ・鳥団子・豆乳」などいろいろあるみたい~ ※鍋の種類は変わるかもしれないので注意。 暖家ダイニング 場所 愛知県名古屋市緑区万場山1-806 電話 052-891-8189 予約可能 営業時間 17:30~23:30 定休日 月曜・第3火曜(祝日の場合翌日休日 食べログ http://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23010093/ ヒトサラ http://hitosara.com/tlog_23010093/
『東京JAZZ地図』を読んで都内でジャズを楽しもう
これまでに幾度となく使い古されてきたであろうことは承知の上で言わせていただくが、ジャズはとにかく入り口が広く、また敷居が高いという偏見を抱かれがちであるので、ジャズに興味を抱いていてもどう聞き始めればいいのかがいまいち分からないという方が多いそうだ。 ジャズバー、ジャズクラブ、ジャズ喫茶レコードショップetc... ジャズを取り扱う店舗は数多あれど、いかんせんどういった格好でそこに訪れればいいのか、どういった客層の方々がいるのか、と余計な心配事をしてしまう方にオススメの一冊が今月登場した。 それが『東京JAZZ地図』だ。 内容としては今現在トレンドとなっているような店から、ジャズを古くから扱っているような店まで幅広く掲載されているようであり、ジャズ喫茶もコーヒータイム編とバータイム編とで章が分かれているという丁寧っぷり。 更に現役DJ(大塚広子)や評論家、瀬川昌久へのインタビュー、ジャズライブスポット、ジャズレコードショップの特集もあるので非常に盛りだくさんな内容となっている。ジャズイベントリストも掲載されているので、東京JAZZ地図片手に早速イベントに突撃してみることをオススメしたい。 これまでちょっとニッチでも紹介してきたように無料のイベントなども開催されているのでサクッと気軽にジャズを体験してみよう。
ベトナム旅行 ハロン湾クルーズが優雅だった件
冬休みにベトナムに行ってきました。 世界遺産にも登録されているハロン湾はベトナム有数の景勝地。今回の旅の一番の見所でした。 ハノイから日帰りツアーで来ることもできるハロン湾ですが、ちょっとゆったりと1泊二日でクルージングしてきました〜。 乗ったのはBhaya Classicという船。 中国の伝統的な木造の帆船でジャンク船とよばれるタイプ。木が軋む音と中国風の装飾がとてもオリエンタルでノスタルジー感漂い素敵でした。 船には客室、食堂、スパルーム、展望デッキとミニマムな設備ではあるけど、極めて快適。 プログラムもちょっと忙しすぎぐらいアクティビテイーが盛りだくさんでした。 ちなみにプログラムの内容は 1日目 乗船 コースランチ カヤックでラグーン探索 海水浴(船から飛び込み) クッキングクラス (ベトナム春巻きをつくりましたよ) ビュッフェディナー 2日目 太極拳 軽食 鍾乳洞見学 ブランチ 下船 とこんな感じでした。 1日目は晴れ、二日目は雨であいにくのお天気でしたが、ハロン湾はどんな天候でもそれなりの美しいと定評のある場所。雨は雨で水墨画のような雰囲気が漂い、なかなかでしたよ。 船上から撮ったハロン湾の風景は別のカードでたっぷりご紹介します。そちらも御覧ください〜
大人シュークリーム♡日本初上陸
シュークリーム専門店「シュー・ダンフェール パリ(choux d'enfer PARIS)」が、日本初上陸です!! 新宿の新商業施設「ニュウマン」に、2016年4月15日(金)にオープンしたとの事でかなり話題になっているお店の一つですよね♡ 私も気になっているものの、まだ行けてませんが;;;;; 早く食べてみたいものです=333 フランス料理界を代表するカリスマシェフ、アラン・デュカス(写真2の方)のもと、2014年にパリで誕生した「シュー・ダンフェール パリ」。 生地には、ローストナッツやあられ糖などでアクセントを。 シューのフレーバーは・・・・・ パリ店と同じショコラとキャラメル、柑橘系のアグリュムに加え、日本限定のカスタード、抹茶、さくらの3種類が追加されているとの事。 ◇特にさくらは、5月末までのシーズンフレーバーで桜の葉の塩味を際立たせたコクのあるクリームになっているとの事です♪ 大きすぎす、小さすぎない大きさも魅力の一つで、これだと飽きずに色々な種類を食べる事 が出来そうで、手土産リストにまた一つ候補が増えました♡ 6個セット680円、3個セットはトラディション240円、セゾン340円。上段《トラディション》/キャラメル、ショコラ、アグリュム(柑橘)。下段《セゾン》/カスタード、抹茶プレミアム(日本限定)、さくら(日本限定・シーズン限定) シュー・ダンフェール パリ『NEWoMan新宿店』 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoManエキナカ(新宿駅新南口駅構内) TEL 03 3354 2181。 営業時間 8時〜22時。定休日は施設に準ずる。 参考サイト http://trendybaru.com/5998.html http://casabrutus.com/food/19196
素材うまっ。d47食堂@渋谷・ヒカリエ
「素材うまっ」っておかしいか・・・笑 でも、とにかくここのレストランのメニューは、素材が生きてるんです。 先週行ったばかり。ヒカリエに行くたびにちらっと見てはいたんですが、なんとなく入ってなかったお店。が、こんなに美味しいとは思わなかったです。(絶賛) このお店には、以下のようなコンセプトがあります。(以下、公式サイトから引用) d design travel編集部は旅先で様々な食の生産者とも交流を持ちます。d47食堂は、そこで出会った方々から仕入れた四季折々の食材をつかう定食屋です。47都道府県の「食」をテーマに、生産者や器の作り手の想いを伝え「おいしく正しい日本のご飯」を提供していきます。 d design travel という本、書店でみかけたことがある人いますかね?その編集部が47の都道府県と季節を感じる定食屋を作ったんだそう。たしかに、メニューにもしっかり説明がついていて、ストーリーを感じながらいただくことができます。 どーん!これが、私が注文した大分県の「大分定食 とり天(1,650円)」! この前に、綺麗な花のようなお新香とお茶がでてきました。(写真は撮り忘れました…) とり天なるもの、おそらくはじめて食べたような気がします。ふわっふわでした! 中央のポン酢につけて食べます。ふわふわな天ぷらに、ポン酢がよく染み込んで美味。 いくらでも食べれそうでした、すぐ無くなりました…全部美味しかったんですけど、しらす豆腐がさっぱりひんやりして、天ぷらによく合いました。最高です。 ちなみに友人は、「長崎定食 松浦港のアジフライ 1,520円」を注文。無類のアジフライ好きという彼女ですが、こんなに美味しいアジフライはじめてだ、と絶賛していたので、こちらもおすすめ。 これが「d design travel 大分」。 ラムネ温泉館というものもあるらしい。あまり関心はなかったのだけど、この「とり天」を現地で食べたくなってしまったので、これを片手に巡ろうかな。(まんまと編集部に動かされています笑)→ http://www.d-department.com/jp/oita/travel これは、大分市内にある「キッチン丸山」のとり天。 市内で「とり天」で最も有名だとされるお店らしい。 つい、調べてしまったけど、d47よりころころしたとり天。 本場のとり天、別府温泉に行ったついでに食べよう。TODOLIST行き。 大分県大分市顕徳町1-6-15 11:00~14:30 (ランチ営業のみ) d47食堂 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 11:30~14:30 ランチタイム 14:30~18:00 ティータイム 18:00~22:30 ディナータイム(ラストオーダー/フード21:30 ドリンク22:00) 59席 全席禁煙(喫煙ルーム有り) http://www.hikarie8.com/d47shokudo/