Toffice
2 years ago1,000+ Views
キリン47都道府県の一番搾りプロジェクト
一番搾りの横浜バージョンが呑みたくなって商品ページを調べたのであります。
昨年の第1弾には地域限定発売とあるのだが、この冬の第2弾には記載がない。近所の酒屋で見かけた覚えはないが、僕は北海道うまれで晩酌することができるのだろうか?今日確認しに行きます。ちなみにキリンビールのオンラインショップでは日本のビールは買えないんだね。流通ケアだな。
ところでは本題は第2弾ではない。47都道府県プロジェクトなのであります。
初めはキリン一番搾りの工場は47都道府県全てにあるのか!と驚いたのだが当然勘違いだった。工場は9箇所で、その9箇所で47都道府県らしさをイメージしたビールを醸造するらしい。
黒ビールと白ビールほどの違いならまだしも、同じ一番搾りで47種類も作って違いが出せるのだろうか?そして僕はその違いがわかる男になれるのだろうか?非常に興味があるのであります。
現在開発中で、この日本地図をクリックするとわかるのだが、47都道府県の特徴を見出そうと必死のようだ。例えば愛知県にはこのようなことが書いてある。
『ものの価値を見極める。目利きの鋭い愛知の人に選ばれるビールを。』
この調子で47都道府県持ち上げるのは相当大変そうだよね。(笑)
発売日程は4ヶ月半年に渡るらしいから週2本ペースなら制覇できそうだ。問題はどこで買えるかなんだがな。誰か一緒に制覇しましょう。
5月
千歳、仙台、取手、横浜、名古屋、滋賀、神戸、岡山、福岡(以上は第2弾と同じ)
6月
青森、岩手、秋田、千葉、東京、新潟、長野、岐阜、静岡、京都、大阪、鳥取、島根、広島、山口、熊本、鹿児島
8月
山形、福島、埼玉、山梨、三重、徳島、香川、愛媛、高知、長崎、大分、宮崎
10月
栃木、群馬、富山、石川、福井、奈良、和歌山、佐賀、沖縄
2 comments
47種類!同時に呑んでも3種類目くらいからわからなくなりそうです(笑)
2 years ago·Reply
まあそうでしょうな(笑)しかし酒屋もスーパーも第2弾を置いてないのでねえ、入手できるのか…
2 years ago·Reply
5
2
3