SawakoKishi
1,000+ Views

SMAPとゲスの極み乙女のコラボは必見かも!!

いま芸能界を多いに騒がせている 2大グループ!!!(っていっても、違う意味ででですが .....)
10月のSMAP×SMAPでコラボしていた、というのをうっかり見逃していたんですが
残念ながら youtube にはなく。
でもこちらにはありました!
かっこいいです!!
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
元バンドマンが始めたカレー店「CURRY BAR シューベル」
バンドマンは多い。しかし元バンドマンのほうが世の中には多いのではないだろうか。 そのような元バンドマンが他の分野で頑張っているのを見ると応援したくなるのは私だけであろうか。 そんな元バンドマンがはじめたカレー店「CURRY BARシューベル」がいい感じだ。 http://curry-shubell.com/ 3/10に2周年を迎えるこのお店は西荻窪の人気カレー店のようだ。 お店のツイッターやインスタグラムに載っている写真を見ているととても美味しそうである...! https://www.instagram.com/shubell/ https://twitter.com/currybarshubell 海鮮とスパイスが良い感じに絡みつく!美味しそう! そしてサイトに載っているシューベルのMINDとHISTORYがとても素敵なので是非読んでみて欲しい シューベルのMIND http://curry-shubell.com/MIND/MIND/mind.html シューベルのHISTORY http://curry-shubell.com/MIND/HISTORY/history.html 元バンドマンならではの思いやコンセプトがあり、めちゃくちゃ興味をひかれる内容となっている。 そしてなんと3/27にはEmeraldのナカノヨウスケ(Vo)が10名限定のライブを行うらしい。 カレーを食べながら彼の歌声を聞く夜は最高であろう。完全予約制なので早めに予約をオススメする! シューベル2周年記念ライブ 2016年3月27日(日)東京都 CURRY BARシューベル OPEN 18:00 / START 19:30 <出演者> ナカノヨウスケ(Emerald) 料金:2500円(カレー付き) 東京都杉並区西荻南1-23-11 日興パレス西荻窪PARTⅡ JR西荻窪駅南口から徒歩約4分
レ・コード館
今日、11月3日は「レコードの日」だそうです。 北海道の新冠町(にいかっぷちょう)にある「レコードの博物館」が「レ・コード館」です。歴史的に価値のある蓄音機やレコード盤などが展示されてますが、所蔵している過去のレコードの視聴も行える施設です。小さな自治体の施設なので、潤沢な資金でレコードを購入しているわけではなく、いらなくなったレコードだけど、捨てるのは忍びないという方々からの寄付でレコードを1997年から収集しています。現在では90万枚ほどのレコードが収蔵されているというのは収蔵されているというのはびっくりですよね。 レコードに保存されているのは音だけじゃなく、ジャケットやジャケットに入っているリーフレットといったものがあります。私も学生の頃集めていたレコードはジャケ買いもありましたし、中の歌詞カードなどがとても楽しいレコードもありました。そんな楽しみが溢れているレコードをここに行くとたくさん見ることができます。 レコードや蓄音機が展示してあるミュージアムやリスニングブースがあるので、楽しもうと思えば1日中いられる場所です。私も蓄音機の音を聴きましたが、スクラッチノイズなどはありますけど、録音方法も今とは違うので演奏者の息遣いがわかりますし、ふくよかな音を感じることが感じることができました。 この新冠町はサラブレットの町としても有名です。サラブレットの育つ牧場も数多くあります。レ・コード館の隣には道の駅「サラブレッドロード新冠」があります。 レ・コード館 http://www.jalan.net/kankou/spt_01604ae3292017971/
80歳のおばあちゃんDJが最高にクール
見た目、存在感、アティチュード、全てが最高なDJが今東京にいる。 彼女の名はSUMIROCK。 80歳のおばあちゃんDJだ。 以下が簡単なプロフィールとなっている。 ”DJ SUMIROCK(80)餃子荘ムロ勤務 座右の銘:過去のことは、建設的なことでなければ持ち出さない 好きな食べ物:ジビエ 嫌いな食べ物:あんこ 得意技:炒め物” http://tokyograffiti.grfft.jp/contents/?id=180 より引用 DJなのに得意技の欄に炒め物を入れているあたりがなかなかニクい。 彼女は一般的なおばあちゃん的なイメージからはるかに逸脱しているかのようにも思えるが、インタビューにて彼女が語る言葉に目を通すと彼女がいかに常識人で、かつ人生を全力で全うしようとしているかが伝わって来る。 ”DJを始めたきっかけは?  うちに住んでいたフランス人の友人に「DJやってみない?」って言われたのが始まり。それまでも彼のイベントに遊びに行ったりしていたから、おもしろそうだなって思いましたね。 今は週1回DJの学校に通って勉強中です。 人生で一番幸せだったこと、辛かったことは?  幸せなこと? 私は能天気だから一人でごはんを食べても楽しい。両親や夫が亡くなった時は悲しかったけど、人が死ぬのは当たり前だから、看取れて良かったなって。人生で一番つらかったことは、戦争中ですね。母の故郷への道中、上野駅の構内に戦災孤児がたくさん寝泊まりをしているのを見た時、本当につらかったです。 NYでDJをしてナイトライフを楽しんでみたいな。 将来の夢は何ですか?  DJをして幸せなことは、みんなから私のかける曲に「やばーい!」っておっしゃって頂けること。夢は、NYの小さいクラブでDJしてみたい。NYは60歳で一人で行ってから大好き。かっこがいいじゃない。でも女一人で行ったので、ナイトライフは知らないの。だからやってみたいです。” http://tokyograffiti.grfft.jp/contents/?id=180 より引用 見た目や年齢からどうしてもイロモノとして捉えられてしまいそうなSUMIROCK。 しかし彼女の言葉や背景にはアーティストが備えているべき重みを感じると同時に、穏やかさや寛容さも感じる。また、こうした戦争を経験した世代の人物が若者のカルチャーに親しみを持ってくれているのは実に喜ばしいことである。(以前記事にした加山雄三がラップに興味を持っている件についても同様の嬉しさを覚える)。 中高年世代が幅広いカルチャーに意欲的である姿を見ると、むしろ閉鎖的で固い偏見に振り回されているのは若い世代なのではないか、というような気さえしてくる。様々な カルチャーが特定の層だけに向けられるのではなく、もっと全体的な対象に向けられれば今後のシーンはより流動性、多角性を増すとともに活性化していけるのではないかと彼女のs存在を見ていて思った。 SUMIROCK、本当にクールである。
[Fall 2012] MONSTERS
Katori and Yamapi!??!! Must watch!!!! Trailer: http://v.youku.com/v_show/id_XNDUxMjMyMDMy.html?firsttime=0 – Start: October 21st – – Air Time: 21:00 – – Director: Fukuzawa Katsuo – – Script: Makita Mitsuharu – – Cast: Katori Shingo, Yamashita Tomohisa, Otake Makoto, and Endo Kenichi – – Theme Song: “MONSTERS” by TheMONSTERS – # A thrilling mystery drama starring Katori and Yamashita together for the first time! Hiratsuka Heihachi (Katori) is an eccentric detective at the First Investigation Division of the Metropolitan Police Department who is working as a one-man team. He is hated by everyone around him and they are not exactly hiding their aversion, but he does a great job solving one case after another. Inside the First Division rumor has it that Heihachi is connections to the underworld. Coincidentally this division also happens to have a new rookie named Saionji Kosuke (Yamashita) and so he’s being given the task to act as Heihachi’s new partner in order to observe him around the clock. The characters of this new duo couldn’t be any different. Heihachi is a petty and meticulous man, but as soon as he opens his mouth he’s suddenly all gentlemanly. Kosuke, on the other hand, is still a pure greenhorn with strong morals who is coming from a wealthy family. During the announcement, the Katori and Yamashita were described of portraying a unique convexo-concave partnership in the drama. Both are very ambitious about this drama and even formed a temporary unit to provide the drama’s theme song. ‘MONSTERS’ is produced, directed, and written by the same people who created the hit-drama ‘MR. BRAIN’ in 2009 and what else could they aim for than a similar success?
Super Junior’s Eunhyuk, 2PM’s Taecyeon and EXO’s Kris to host Asia Song Festival
The Asia Song Festival has confirmed that Super Junior’s Eunhyuk, 2PM’s Taecyeon, and EXO’s Kris will be the MCs for the show. According to the Korea Music Content Industry Association, the hot MC trio will lead the ’2013 Asia Song Festival, which will be held at the Jamsil Olympic Stadium on October 9. Representative artists from across Asia, including Korea’s 2PM, EXO, Girl’s Day, ZE:A, Block B, Crayon Pop, Dynamic Duo, No Brain as well as the Indonesian group 7ICONS, the Filipino band M.Y.M.P, and more will perform at the festival. For this show, they took into consideration the top artists according to Gaon Chart data, which is Korea’s authoritative music chart, and SNS popularity (YouTube, Facebook, Twitter, etc.), and the sales of songs within Korea and overseas were analyzed. The Korea Music Content Industry Association states, “The primary purpose of this event is culture exchange in the field of popular music, so the festival has prepared a showcase of diverse talent. We expect a synergy effect from sharing the qualities of the Gaon Chart K-Pop Awards, which takes place every February, and from the fact that the festival is held on the eve of the Ministry of Culture, Sports, and Tourism’s MU:CON.” This event is hosted by the Korea Music Content Industry Association, and MCST and KOCCA is supporting the show and S27 and Dream EMC will supervise it. The show will be broadcast by KBS. Source: Starnews
ゲスの極みの川谷は置いといて休日課長はいいやつそう
休日課長。 なかなかファニーな名前である。個人的にはゲスの極み乙女というどこか腹立たしいバンド名を彼休日課長という名前の愛嬌で緩和している気すらする。 2016年早々ゲスの極み乙女のフロントマンの方がベッキーと云々事件が巻き起こりなかなか問題となっているがそんなことはどうだっていい。元からそんなことをしでかしそうなバンド名だ。そんなことは放っておこう。 今回私が個人的に取り上げたいのはフロントマンの下賎な行いについてでもなく、ドラムが若干(というかなかなか)かわいいことでもなく、 ベースの休日課長はマジでいい奴そうだし普通にベース上手いということなのだ。 なかなかに小気味のいいナイスな演奏である。緩急を生かした奏法、スラップ奏法、コード感を上手くついた奏法などベースが抑えているべきポイントを見事にクリアしつつ若手バンドマン(若手と言っていいのかは微妙なきもする)屈指の技術で楽曲に昇華している。 ええやないか! 個人の趣味としてはこの声がかなり苦手なので好んで彼らの楽曲を聴くことはないが演奏だけは聞いていられそうだ。 当初はサラリーマンと並行してバンド活動をしていた休日課長。 自身のツイッターでは連日食べ物についてのツイートをするなど見事にファットなおっさんっぷりを演出している。アカウント名 @eninaranaiotoko もなかなかにクールだ。 今回の騒動で彼らは若干窮地に追い込まれるような気もするが休日課長だけはどうにか社会が守ってあげてほしいものだ。