unagi
2 years ago100+ Views
平日朝八時半から一時まで、4時間半生放送のワイド番組、TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」の終了が今日伝えられました。
「大沢悠里のゆうゆうワイド」番組終了について
朝の出勤時間などは、時計変わりに聞いていたラジオ番組がゆうゆうワイド。
いわゆるちょっと上の世代向けが対象だなあと感じながら、ちょっと懐かしいコーナーや地方CMにツッコミながら聞いていました。
振り返れば、永六輔や秋山ちえ子、小沢昭一らのコーナーや、ラジオ身の上相談、今でもやっている毒蝮三太夫のミュージックプレゼントなど、この番組は昭和色で染まっていました。
近年、多くのコーナーが終わっていき、パートナーもちょっとだけ世代交代(ちょっと昔は、内海桂子や浅香光代なんかが出ていました)して、それでもまあオジサンとオバサンによる安心感に包まれていました。
手前の時間の森本毅郎(76歳)との掛け合いも楽しいもの。70代のおじさんのやり取りっていまどきの世の中じゃ、テレビでは見られません。
とにかく生ワイド番組が30年間続いていたと思うと(しかもメインは今74歳の人)、とんでもないことだなあと思うわけで、驚きと同時に、時代が終わった、なんて呟きたくも。
大沢さんがこの番組に集中するために、いっときからナレーションや講演会の仕事を控えるようにしたという話や、自分なりの品質を提供できないことに悩み、1年前からTBSに相談していたなどと聞くと、本当にプロフェッショナルな方だったのだと思います。
とにかく4月まで続く、ゆうゆうワイド。新しいミニコーナーはどうなるのか。お色気大賞はどうなるのか。さこみちよはどうするのか。いろいろ気になりますが、久々にしっかりのんびり聞いてみたいと思います。
unagi
2 Likes
1 Share
0 comments
Suggested
Recent
2
Comment
1