nekoneko
2 years ago1,000+ Views
水道橋のおしゃれな食堂「アンチヘブリンガン」
水道橋から徒歩5分ぐらいにあるお店。不思議な響きの店名は、小津安二郎の映画に出てくる薬からとったものなのだとか。
店内の雰囲気はちょっとアンティーク&ナチュラルだけどいろんなオブジェがあったり、家具もバラバラだったりいい意味でごちゃごちゃしている。でいながら、不思議な統一感もある。あとで知ったのですが「アンティーク タミゼ」が内装を手がけたのだそうです!
映画や写真集などのカルチャー系を中心とした本もたくさんあってそういうのが嫌いじゃない人には落ち着く空間だと思います。あの辺は出版社とかも多いのでちょっとそれ系の楽しげな大人たちが集っているというイメージです。
お酒を飲みながらのイタリア料理ぽいおつまみが各種。砂肝のレモン風味やナスのマリネ、オイルサーディンなど・・どれも美味しかったです。パスタはどうだろうと思ったら、想像以上に美味しかった!!イタリア料理やさんともまた違う味。お酒が進みますよ〜
ただ、飲み屋さん、というわけではないのでランチタイムもあるし、普通にカフェ利用もできるようです。(コーヒーは飲んだことがないのですがチャイはすごく美味しかったです。)
さらに全席禁煙なので、空気までもが美味しいです。残念なのは土日やっていないこと。なのでランチには行けたことがないのですが・・・いつか行ってみたいです。
2 comments
ここ!!以前何度か行ったのですが、満員だったり閉店時間だったりでまだ一度も入ってないんですよね〜。行きたい! 恵比寿のアンティーク タミゼさんが内装を担当したんですね!タミゼさんも素敵なお店ですよね〜!
2 years ago·Reply
おーそうだったんですね!是非またチャレンジを!!がんばっておしゃれしてます、って感じじゃなくてさりげなくセンスのいいお店でぐっときますよ。そう、タミゼいいですよね。。
2 years ago·Reply
7
2
2