FumiHENDRIX
1,000+ Views

patagonia

環境問題に取り組む企業としても有名なアメリカ・カリフォルニア州ベンチュラに本拠地を置くアウトドア・ブランド。
「パタゴニア」という名称は南米の地名で、「地図には載っていないような遠隔地」「どの国でも発音しやすい」という理由から。元々はロッククライミング用具の製造販売からスタートした。
それまで、カラーバリエーションが少なく地味だったアウトドア製品に、鮮やかな色展開でファッション性を持たせ、”日常着としてのアウトドアウェア”の代表的ブランドとなる。また、同時にペットボトルのリサイクル素材を用いて「エコロジー」という概念の普及に貢献したという点も素晴らしい。
国内では1989年に目白へ1号店をオープンして以降、現在では全国各地に直営店を構えている。
パタゴニアの代表作といえばまずはコレ。フリースジャケット”Synchilla”。
軽量、耐風、保温、透湿、撥水、日除、速乾という多くの機能性を合わせ持ち、コンパクトに収納可能。しかも着心地良しということで、絶大な人気を誇る"Houdini"ジャケットもお薦め。
コンパクトに収納できて、格別な通気性、速乾性、保温性を誇り、本格派の人たちから抜群に評価が高いのがフリース・ジャケット"R2"。
ファッションのシーンで根強い人気を誇るフリースベストが"CLASSIC RETRO-X VEST"。
3 Comments
Suggested
Recent
@FumiHENDRIX さん。周りでもパタを着てる人多いので、少しかぶってしまう恥ずかしさはあるのですが、ものもしっかりしてるし、なんといってもほとんどのものが洗濯機でガシガシ洗えるのがいい感じです。
@nobuoo パタゴニアだけが他より断トツ優れているわけでは全然ないけど、やっぱりパタゴニアならではの良さってありますよね〜
30年ほどパタゴニアを使ってます。いまでもスキーウェア用のミッドレイヤーのフリースやダウンのコートなどは愛用してますよ。札幌にはアウトレットもあるので、割と買いやすいのです。
Cards you may also be interested in
ワイドパンツを探すならZARAがいいかも
ガウチョパンツの流行をはじめ、太めのパンツが最近の気分。秋に向けていろいろとチェックしていたところ、ZARAでいろいろなタイプのパンツを見つけることができました〜。 かわいくて使いやすそう!シンプルな黒(バーガンディもありました)のガウチョパンツ。軽めの質感なので暑い今の季節でも気軽に取り入れられますね。シンプルなデザインなので合わせるアイテム次第でイメージも自由自在に変えられそう。 白のガウチョもかわいい。ハードル高いですが、こんな感じでホワイトコーデしてみたいです。 はかまみたいなワイドパンツ。ウエストのリボンがアクセントになってます。コンパクトなトップスにスニーカーを合わせて着たいなあ。 憧れ続けているニットパンツ。これまではお手入れのことや体型を考えてしまって敬遠してしまっていましたが、やっぱり質感がきれい。約6000円とお手頃価格なので試してみようか悩み中……。 ワイドパンツの話題なのにこれも載せちゃいますが(汗)、最近ベルボトムもかなり気になっています。新鮮だし、やっぱり足が長くみえるなあと思って。このパンツは丈感も裾の広がり方も理想的。まずはデニムから始めたいです。
「近大の養殖マグロ1000匹が!」と聞けば、驚きますよね。
世の中では誤報、嘘、情報操作、焚き付けといったものが横行していると聞きます。 なぜそんなことをするのか。 多くの人が目を通すこと=広告価値が上げたいもしくは媒体を売りたい、ということもあれば、皆の認識を特定の方向に誘いたいなんてこともあるでしょう。はたまた、わざと状況を混乱させて、全体をけむに巻くなんてこともあるのでしょうか。 その瞬間の評価と後から振り返るとまた認識が変わるなんてことも、少なくありません。 祭りの最中は気が付きにくいのです。だから、ことの真偽に加えて、盛り上がりそのものにも注意しなければいけないという、ややこしいですね。 さて、魚の養殖研究で有名な近畿大学の衝撃的なニュース「近大の養殖クロマグロ全滅」というものが最近ありましたが、どうやら誤った情報だったようです。 ●ねとらぼ 近大、富山実験場での養殖マグロ研究をいったん終了 「近大マグロ全滅」報道は一部誤り 世界で初めて完全養殖を実現させた「近大マグロ」で知られる近畿大学水産研究所ですが、十分なデータがとれたとの理由から、富山実験場での研究を1月末でいったん終了していたことが分かりました。これに伴い、一部で「近大の養殖クロマグロ全滅」といったニュースが話題になっていましたが、これは誤った情報となります。 ⇒誤情報と言われているものはこちらのようです。 ●北日本放送「KNBニュース」 「近大の養殖クロマグロ全滅」という記事(現在はタイトル修正済み)※元記事の魚拓 ネトラボのニュースによると以下のような感じですが、いまいちピンとこない面も。 ・データは十分取れて、研究は1月末で終了した。 ・研究打ち切りに伴い海水温が低下し、結果的に富山実験場のマグロが全滅した。 ・大島実験場(和歌山県)と奄美実験場(鹿児島県)での実験は続いている。 さらにほかの記事を見るとよくわからない。 ●朝日新聞 富山)近大の養殖マグロ、稚魚全滅 今年度の研究終える 「水槽内の稚魚がすべて死んだことから今年度の研究を終了した」 ●産経新聞 「近大マグロ」富山での完全養殖研究打ち切り「十分なデータ取れた」 「昨秋以降、水温が低下し始めると水槽の壁にぶつかって死ぬマグロが増え、昨年末までに10分の1程度に減少。その後、ボイラーで海水を温める対策を取ると、死ぬ個体が減ると確認できたという。」 おなじニュースひとつにもいろいろなニュアンスがありますね。 恐らくどの記事も間違えではないのでしょう。 問題は見出しをつけたり、伝聞したり、増幅装置の評価な気がします。 思わず興奮して、「やっぱり養殖は厳しいんだなー」などとムードに流されないように、と思います。 そして、なんとかはやく近大の銀座のお店に行きたいと思います。 http://kindaifish.com/shop.html (個人的には謎だらけです。稚魚が死んだから研究を終えた?研究作業を終えたから死んだの?死ぬ個体が減ったのにやっぱり皆死んだの???)
LLビーンのトートバッグのUS公式限定カスタマイズ・モデル
そもそもは氷を運ぶために作られたという丈夫なキャンバストートの代名詞、LLビーンの通称”ビーン・トート”。 これがアメリカの公式サイト限定で、カスタマイズができて日本へ発送可能なことを知らない人がけっこういるので、こっそりその方法を教えちゃいます。 まず、URLはココ。 トップからだと、"Luggage">"Tote Bags">"Custom Boat and Tote Bag" (そう、ビーントートの正式名は"Boat and Tote Bag"!) 遷移後も表示されるまで、少し時間が掛かるのは仕様みたいです。あと、今日時点でスマートフォンからだと「unavailable」らしいので、PCからの操作が必須みない。あしからず。 カスタマイズできるのは、上から順に... ◆ボディサイズ(S,M,L,XL) SかMが無難かと。LとXLは大きくていっぱい入るけど、とにかく丈夫だから重くなって持てなくなりますぜ(笑)。車移動じゃないとあまり現実的じゃないかと。 ◆ハンドル長さ(レギュラー,ロング)個人的には絶対にレギュラー。ロングにした途端に”っぽく”なくなる(笑) ◆ボディカラー(現時点で15色)◆ハンドルカラー(現時点で14色) ◆ボトムカラー(現時点で14色)色々試してみるんだけど、結局は無難な方向へ落ち着いちゃうんですよね。オススメは上の画像で紹介したボディとハンドルとボトムの色を揃える”ソリッド系”。 ◆ZIPトップの有無(追加は10ドルで14色)あると便利なんだろうけど、ロングのハンドルと同じで、”っぽく”なくなると思う ◆外側のポケットの有無(追加は5ドルで14色) 上の画像ではないけど、これは絶対あった方が良いです。色もボディカラーと揃えるのが間違いない。 ここまで、終わると右下に合計金額が表示される。基本価格はサイズ次第で、ZIPトップと外ポケットだけが有料なので、分かりやすいはず。基本的には左のイメージ図で選んだ通りに確認できるけど、ボディサイズだけはスモールのサンプルしかないみたいなのでそこは注意をば。 最後に"ADD TO BAG"をクリックした上で、"CHECK OUT"を選択して、カード決済かPaypal決済をする。もしイニシャル等を入れるなら"Add a Monogram"にチェックを入れると、次の画面でイニシャル等の文字も入れられる(有料)。 で、最大のポイントがShipping(配送)。詳細はココに書いてある通り。まず金額に応じて5段階(600ドルまでの場合)、通常便(2-4週間)か特急便(1-2週間)で2段階。50ドル以下の通常便だと20ドル、450.01-600ドルの特急便だと125ドル。当然だけど、けっこうな送料がかかるので、お友達やご家族を”お誘い合わせの上”な方がお得なのは間違いない。 でも例えば、スモールのポケット有が44.95ドルでこれを3つ買うと、送料込で約170ドルだから、1つあたり57ドル弱なので日本で売られているノーマルのとほぼ同じという...(笑)
JR東日本の「駅からハイキング」で地元をめぐっちゃおう!
友達と週末にちょっと遠出したいな〜と思って話していたら、こんなものを教えてくれた。 JR東日本の「駅からハイキング」!最近、ローカル列車の旅とか女子の間でも流行っているしね。行きたい行きたい。 このサービス、実は16年前からやってるもの。ちょっとびっくり。知らなかった〜これは、もったいないですね。ほとんど当日参加OKだから、ほぼ全てが弾丸ツアーみたいなわたしたちにはぴったり〜!(笑) 桜も、紅葉も、その地方にある美味しいものもローカルで満喫する。 コースによっては、地元の人がボランティアで教えてくれる。超たのしそう! 駅からハイキング https://www.jreast.co.jp/ekihai/index.aspx 例えば、4月5日(火)~6月30日(木)まで行われる会津若松の「駅からまちなか歴史散策ガイド」のルートはこんな感じ。スポットとスポットの間は、もちろん徒歩移動。 延命地蔵→西軍墓地→会津町方伝承館→大町札の辻→旧會陽医院跡→野口英世青春広場→会津若松市役所→山川健次郎生誕地→西郷頼母邸跡→鶴ヶ城→会津若松駅 11:00にスタートすれば、地元のボランティアガイドさんがついてきてくれるよ〜! しかも無料だからね。 列車を降りてからのハイキングでは、きっと懐かしい風景がたくさん見られるんだろうな〜。今週末か4月に入ったら行ってみよう〜っと。 桜がみれる地域がいいな。桜の名所をまわれる千駄ヶ谷も気になる! ふふふ。これは、知る人ぞ知る、使えるサービスかも。
adidasのスタンスミスがカスタムオーダーできますよ〜 ^^
以前にスタンスミスとスーパースターのどちらを買うべきかご相談したことがあるのですが、結局一冬悩んでしまいました。そしてやはり皆様のおっしゃる通りスタンスミスに決定でございます。 そして悩ましいバリエーションなのですが、型番を見比べて迷いに迷っておりましたら…adidas製品ってカスタムオーダーできるのですね!シューズだけでなくウェアもあるようです。 mi adidas というサービスで、カスタマイズしても料金はスタンスミス定価みたいですね。今は15%OFFキャンペーンもなさっているよう…釣られてしまいそうです。^^; 1枚目の画像は私が組み合わせてみたものですが、なんとレザーにオーストリッチエンボスが選べるのです!とても大人っぽく仕上がるのではないでしょうか? (*^^*) 私はスムースとのミックス使いにいたしましたが、全てオーストリッチ調も可能です。スムースレザー以外ではクロコダイルというチョイスもありまして、レザーのお色は白黒オフホワイトが選べます。あとはシューレースをベルクロ使いにするかどうかとお色、それからヒール部分とソールも変えられますよ〜。 そしてオーダー品ならではの特別感と申しましょうか、ソールのマークがお好きな文字に変えられるのです!通常はadidasロゴですけれども、プレゼントなさる時などよいですよね〜。私はこの画像のために愛の言葉を入力いたしましたが、もちろん自分用ですからこんなメッセージでは注文いたしません。^^; 春のお洋服が気になるタイミングですし、白っぽいスニーカーが欲しくなる季節ですので、みなさまも是非是非お試しになってみてください〜。^^ MI ADIDAS