FumiHENDRIX
1,000+ Views

patagonia

環境問題に取り組む企業としても有名なアメリカ・カリフォルニア州ベンチュラに本拠地を置くアウトドア・ブランド。
「パタゴニア」という名称は南米の地名で、「地図には載っていないような遠隔地」「どの国でも発音しやすい」という理由から。元々はロッククライミング用具の製造販売からスタートした。
それまで、カラーバリエーションが少なく地味だったアウトドア製品に、鮮やかな色展開でファッション性を持たせ、”日常着としてのアウトドアウェア”の代表的ブランドとなる。また、同時にペットボトルのリサイクル素材を用いて「エコロジー」という概念の普及に貢献したという点も素晴らしい。
国内では1989年に目白へ1号店をオープンして以降、現在では全国各地に直営店を構えている。
パタゴニアの代表作といえばまずはコレ。フリースジャケット”Synchilla”。
軽量、耐風、保温、透湿、撥水、日除、速乾という多くの機能性を合わせ持ち、コンパクトに収納可能。しかも着心地良しということで、絶大な人気を誇る"Houdini"ジャケットもお薦め。
コンパクトに収納できて、格別な通気性、速乾性、保温性を誇り、本格派の人たちから抜群に評価が高いのがフリース・ジャケット"R2"。
ファッションのシーンで根強い人気を誇るフリースベストが"CLASSIC RETRO-X VEST"。
3 Comments
Suggested
Recent
@FumiHENDRIX さん。周りでもパタを着てる人多いので、少しかぶってしまう恥ずかしさはあるのですが、ものもしっかりしてるし、なんといってもほとんどのものが洗濯機でガシガシ洗えるのがいい感じです。
@nobuoo パタゴニアだけが他より断トツ優れているわけでは全然ないけど、やっぱりパタゴニアならではの良さってありますよね〜
30年ほどパタゴニアを使ってます。いまでもスキーウェア用のミッドレイヤーのフリースやダウンのコートなどは愛用してますよ。札幌にはアウトレットもあるので、割と買いやすいのです。
Cards you may also be interested in
ワイドパンツを探すならZARAがいいかも
ガウチョパンツの流行をはじめ、太めのパンツが最近の気分。秋に向けていろいろとチェックしていたところ、ZARAでいろいろなタイプのパンツを見つけることができました〜。 かわいくて使いやすそう!シンプルな黒(バーガンディもありました)のガウチョパンツ。軽めの質感なので暑い今の季節でも気軽に取り入れられますね。シンプルなデザインなので合わせるアイテム次第でイメージも自由自在に変えられそう。 白のガウチョもかわいい。ハードル高いですが、こんな感じでホワイトコーデしてみたいです。 はかまみたいなワイドパンツ。ウエストのリボンがアクセントになってます。コンパクトなトップスにスニーカーを合わせて着たいなあ。 憧れ続けているニットパンツ。これまではお手入れのことや体型を考えてしまって敬遠してしまっていましたが、やっぱり質感がきれい。約6000円とお手頃価格なので試してみようか悩み中……。 ワイドパンツの話題なのにこれも載せちゃいますが(汗)、最近ベルボトムもかなり気になっています。新鮮だし、やっぱり足が長くみえるなあと思って。このパンツは丈感も裾の広がり方も理想的。まずはデニムから始めたいです。
adidasのスタンスミスがカスタムオーダーできますよ〜 ^^
以前にスタンスミスとスーパースターのどちらを買うべきかご相談したことがあるのですが、結局一冬悩んでしまいました。そしてやはり皆様のおっしゃる通りスタンスミスに決定でございます。 そして悩ましいバリエーションなのですが、型番を見比べて迷いに迷っておりましたら…adidas製品ってカスタムオーダーできるのですね!シューズだけでなくウェアもあるようです。 mi adidas というサービスで、カスタマイズしても料金はスタンスミス定価みたいですね。今は15%OFFキャンペーンもなさっているよう…釣られてしまいそうです。^^; 1枚目の画像は私が組み合わせてみたものですが、なんとレザーにオーストリッチエンボスが選べるのです!とても大人っぽく仕上がるのではないでしょうか? (*^^*) 私はスムースとのミックス使いにいたしましたが、全てオーストリッチ調も可能です。スムースレザー以外ではクロコダイルというチョイスもありまして、レザーのお色は白黒オフホワイトが選べます。あとはシューレースをベルクロ使いにするかどうかとお色、それからヒール部分とソールも変えられますよ〜。 そしてオーダー品ならではの特別感と申しましょうか、ソールのマークがお好きな文字に変えられるのです!通常はadidasロゴですけれども、プレゼントなさる時などよいですよね〜。私はこの画像のために愛の言葉を入力いたしましたが、もちろん自分用ですからこんなメッセージでは注文いたしません。^^; 春のお洋服が気になるタイミングですし、白っぽいスニーカーが欲しくなる季節ですので、みなさまも是非是非お試しになってみてください〜。^^ MI ADIDAS
神宮外苑の絵画館前でも見れる「ダイヤモンド富士」
富士山の山頂に太陽がちょうど重なるときにダイヤモンドのように輝くことから付けられた「ダイヤモンド富士」。 富士山が見えればどこでも見れるというわけではなくて、場所、時間、天候などいろんな条件がうまく重なった場合のみ見ることができる、という貴重なものらしいです。 これ、富士山に結構近い場所でしかみれないものと勝手に思っていたのですが、以外にその範囲が広くて関東でも結構見れるみたい。特に東京、神奈川近辺は多いようです。 こちらのページを参照 http://www.ktr.mlit.go.jp/honkyoku/kikaku/fuji100/highlight/diamond.htm 場所によってみれる日付が全然違うので注意です。基本的には冬の寒い時期が多いみたいですね。 ところで、最近「ダイヤモンド富士」みれる穴場スポットとして急浮上してきたのが、神宮外苑の絵画館前。以前は「国立競技場」が邪魔をしていて富士山自体を見ることができなかったのですが・・・!!今では素晴らしい富士山が毎日拝めるということで、特に写真愛好者の間では話題になっているそうです。 こちらの記事によると2月3日〜6日には「ダイヤモンド富士」を見ることができるとか? もちろん天気など他の条件も必須になってきますが、かなり期待できると話題みたいですよ。 新しい国立競技場ができてしまうとまた富士山は隠れてしまうと思うので 期間限定の貴重な機会、ぜひお見逃しなく〜 ダイヤモンド富士は無理でも、普通の富士山だけでも見に行く価値ありそうです!!
The Loft labo の国産ダウン
ダウンと言えばヨーロッパブランド、スポーツブランド、ユニクロ、ときて最近はどのアパレルブランドでも出したりしてますが、MADE IN JAPAN表記は滅多に見ないと思います。 この The Loft は今年の秋冬からスタートしたばかりのブランドで、大阪のBISHOPが企画して、NANGAという滋賀県のダウンメーカーで製造しているとか。知りませんでしたが日本にもダウン製品のメーカーってあるんですね。NANGAは目黒にショップがあって登山家向けのシュラフなどを販売しているようです。 ということで本格的なウェアがタウンユース向けにデザインされた、ということみたいです。まずシルエットが綺麗で、シンプルだけどティティールが凝っている印象です。ヨーロッパブランドのよくあるタイプと比較して、スッキリしているけどこだわりだらけでとても「日本ぽい」感じがします。なんだろうなこの感じ。 さて、今年はウール素材のダウンベストが欲しいと思って探している中で、このNOOKというモデルのシャンブレー素材ものを見つけました。残念ながらベストではないので購入は見送る予定ですが、来年再来年にどんなモデルが出てくるかチェックしなければと思わせられました。ちなみにメンズレディースの区別はなさそうで、サイズ0〜1くらいが女性向けだと思われます。 このNOOKは5色展開で、この色だけがシャンブレーですがあとはマットなナイロンでそれも悪くありません。こだわりポイントの説明やカラー・価格はこのプロダクトページで確認してください。 The Loft labo TL15FJK3 NOOK ちなみにキルティングが内側になっているこのWIISというモデルも気になってるんですよねー。シルエットが気になる。これは公式の紺色の写真だとマッキントッシュのゴム引きコートみたいな質感に見えていい感じです。 The Loft labo TL15FJK4 WIIS The Loft labo http://loftlabo.com/ ほかにも数モデル出てますよ。どれも今までのダウンとは少しだけ違う雰囲気があります。
ブルゾンのサイズ選びは?
悩んでいた春アウター問題ですが、ZARAをのぞいてみたら今の気分にぴったりなものが豊作〜♡調子に乗ってふたつ買ってしまいました。 ひとつ目は写真一枚目のパーカー。やっぱりこの春はスポーティーなスタイルが気になっていて、アウトドアすぎないマウンテンパーカーが欲しかったので即決でした。色も黒に近いネイビーが絶妙! そしてもうひとつが写真二枚目の「ジッパークレープジャケット」。ショート丈の軽いブルゾン、といった感じです。私、ショート丈が似合わず諦めることが多かったのですが、試着したらこれならいけそう!となり、友人の「似合ってる」の言葉に後押ししてもらって購入決定。スウェットパーカーのフードを出して着たかったので上のサイズを選んだのですが、今になって「もうワンサイズ下げてもよかったのかな」と悩んでいます。ちなみにワンサイズ下げてもスウェットパーカーは重ね着できました。その際は少し腕周りが張りますが、まあ許容範囲。暖かくなってきたときにインナーが薄くなることを考えると、小さいサイズにしておいたほうがキマるかなあ、と。交換を念頭に置いてタグもつけたままにしています(笑)。 ショート丈のブルゾン、コンパクトに着るスタイルとジャストサイズで着るスタイル、みなさんだったらどちらにしますか?
JR東日本の「駅からハイキング」で地元をめぐっちゃおう!
友達と週末にちょっと遠出したいな〜と思って話していたら、こんなものを教えてくれた。 JR東日本の「駅からハイキング」!最近、ローカル列車の旅とか女子の間でも流行っているしね。行きたい行きたい。 このサービス、実は16年前からやってるもの。ちょっとびっくり。知らなかった〜これは、もったいないですね。ほとんど当日参加OKだから、ほぼ全てが弾丸ツアーみたいなわたしたちにはぴったり〜!(笑) 桜も、紅葉も、その地方にある美味しいものもローカルで満喫する。 コースによっては、地元の人がボランティアで教えてくれる。超たのしそう! 駅からハイキング https://www.jreast.co.jp/ekihai/index.aspx 例えば、4月5日(火)~6月30日(木)まで行われる会津若松の「駅からまちなか歴史散策ガイド」のルートはこんな感じ。スポットとスポットの間は、もちろん徒歩移動。 延命地蔵→西軍墓地→会津町方伝承館→大町札の辻→旧會陽医院跡→野口英世青春広場→会津若松市役所→山川健次郎生誕地→西郷頼母邸跡→鶴ヶ城→会津若松駅 11:00にスタートすれば、地元のボランティアガイドさんがついてきてくれるよ〜! しかも無料だからね。 列車を降りてからのハイキングでは、きっと懐かしい風景がたくさん見られるんだろうな〜。今週末か4月に入ったら行ってみよう〜っと。 桜がみれる地域がいいな。桜の名所をまわれる千駄ヶ谷も気になる! ふふふ。これは、知る人ぞ知る、使えるサービスかも。
エルメスのAppleWatch!! ドゥブルトゥールが気になります〜
HERMES-Appleをご覧になってください〜、エルメスのロゴがこんなところに並ぶなんて!家でAppleWatchの話をされてもチンプンカンプンだった私もこれは気になってしまいます! このブルージーンのドゥブルトゥール、エルメスらしいお色でこんなに素敵。 HERMESの公式HPの方にもフランス語ですがこのようなページがありましたよ。 最初はベルトだけがエルメスだと思っていましたけど、文字盤もエルメスロゴが入っていて、このデザインもエルメスが参加しているようなことが書かれてます。 ドゥブルトゥール、シンプルトゥール、カフ、の3タイプがあるそうですけど、私はやはりケリードゥブルトゥールのように二重巻きができるこちらのドゥブルトゥールが一番気になります!カフもボリューム満点なのですが、ファッションが限定されそうですね。時計のことは置いておいて、ブレスレットとしか見ていない発言でゴメンナサイ。^^; カラーはブルージーンのほかには、フォーブバレニア、カプシーヌとエタンもあるようです。こちらのお写真は少し色合いがグリーンがかっているようですけど… お色のネーミングも全てエルメスレザーアイテムと同じなので、ケリーと同じレザーで発色や質感も同じなのでしょうね!期待してしまいます! そして気になるエルメスオレンジのお箱ですが、AppleWatchのロゴが並んでしまうのですね。同じパッケージなのにロゴが一つ増えるだけでどうして雰囲気が異なってしまうのでしょう…でもAppleWatchファンの方はこのようにならないと納得されないですよね。どこまでも門外漢な発言で申し訳ないです。^^; 気になるお値段なのですが、アメリカですとドゥブルトゥールで約15万円、シンプルトゥール約13万円、カフ約18万円程度という記事を見ました。ケープゴットのドゥブルトゥールが30万ほどですから、比べるとなぜか安く感じてしまうのが不思議ですね〜 実際に購入するしないはさておき、みなさんどのタイプがお好みですか?