tarobon3
1,000+ Views

日本人は、オランダから「最恵国待遇」特権を与えられている?その内容は…?

「日蘭通商航海条約」というもの、覚えていますか?学校の授業で習ったこの条約、100年前に交わされたものですが、実はまだ生きているそうです!!
この条約は、「日本人がオランダで労働許可なく就労したり、自由に事業をしたりする特権が認められる根拠」となるもの。忘れかけらていたこの条約、「2015年の3月、オランダ社会雇用省が日本人は労働許可が不要であることを正式に発表」し、見事、正式に復活を果たしました。
つまり、オランダで日本人が労働する場合、許可が必要なくなったということらしい。(実際には、最低所得の要件はあるようですが)
最低所得の条件も緩和されたことで、特にデザイナーやプログラミング系の方などは就労しやすくなったようです。
気になる言語ですが、約9割の人が英語を話せるとのことで英語ができれば不自由なく暮らせるようです。
しかし、オランダ語ができれば、英語が話せない地元の高齢者の方と話せる、より気兼ねなく会話できるなど、できることが圧倒的に広がるので、覚えていて損なし!
あと、自転車に乗れない人は、乗る練習もぜひ。
ほとんどのアムステルダム市民は、自転車に乗っている!(笑)
参考資料:
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
絶対覚えておきたい「写真の基本構図」を説明した動画
私は写真を撮るのが下手だ。せいぜいポケモンスナップで良い点数をとるのが限界である。 しかしこの写真家Steve McCurry氏が説明する「写真の基本構図」を頭に入れればもしかしていい写真が撮れるのではないだろうかと思えてきた。 この動画ではベーシックを教えてくれると共にその構図の参考となる素晴らしい写真を例に出してくれている。 めちゃくちゃ数が多く全てはここで紹介できないので少し紹介していこうと思う。 ① 9分割した時の交差点 どういうことかと言うと、写真をまず9分割する。 そしてその線が交差するところに目を引くポイントを置くのだ。 そのようにするとこんな写真が撮れる 確かにこのような構図の写真はよく見る。 ② 9分割した時の線に沿った写真を撮る どういうことかと言うと写真の中にある立体感を出すラインをこの線に合わせるのである。 この構図を取り入れた写真がこちら これは横だが、縦と合わせて色々な組み合わせが出来そうだ。 ③ 自然のラインで目線を集めろ! これはどういうことかと言うと世の中にはよく見ると色々な「線」がある。 その線の矛先を一箇所に集めよう! このようなことである。 この他にもたくさん紹介されているので是非写真を上手く撮りたい人は一番上の動画を見て欲しい。 見た感想としては「線」を意識することが大切なんだな、と感じた
とっても綺麗な花で溢れる公園、オランダ・キューケンホフ!
この写真は、オランダの街中ですけど、とっても綺麗なのでトップに持ってきました笑 自転車使用率がとても高いオランダなので、街中は自転車に乗る人がたくさん。駐輪されている自転車もたくさん。 これは、どこでだったか思い出せませんが、自転車泥棒って、自転車まるごとじゃなくて、例えばハンドルだけ、とかも盗んでしまうんですよ。笑 ちょっと駐輪するの躊躇しますよね。ま、駐車しますけど!笑 さて、オランダには、キューケンホフという毎年恒例のお花の祭典があります!(3月下旬〜5月中旬) 正確には、祭典というより、公園を8週間にわたり、開放して、花々を訪れた人々にみせるショーケースのようなものなのです。が、公園の中で人間チェスができたり、面白いイベントがあるのでお祭りみたいなものだと思ってます!笑 これが、本当にすごくて、こんなに花の種類があったのか!!!と衝撃を受けるほど、オランダを代表する花チューリップの他、たくさんの種類の花たちが咲いています。 球根としては700万、チューリップの種類としては800もあり、32ヘクタールの大規模の公園の中に咲いています。 実は、このキューケンホフにある球根は、100の企業が提供しているものなんです。チューリップを生きるカタログとして、ここでビジネスチャンスを掴むようですよ!^^ 観光のいい名所にもなるし、ビジネスのプラットホームにも使っているなんて、さすが効率重視の国オランダ!!! もーーっと咲いてるんですが、持っている写真でいいのがなかった(泣) でも、木漏れ日の落ちる並木道もとても綺麗ですよね。 行くまで知らなかったのですが、オランダは木靴が有名のようで。 私の好きなハイジを思い出しました♡笑 でも、実際履くとなると、痛そうで歩きにくそうだけど、日本でいう下駄みたいな感覚なのだろうか。 オランダまた行きたくなったーーーーーー!!!!!
女子力を上げてくれる5000円前後の魔法のアイテム♡
女性の憧れブランドCHANEL(シャネル)♡ 女性なら何かしら一つは持っておきたいアイテムでもあり、シャネルのアイテムを身に付けると、自然と背筋が伸び自信が湧いてくるような、そんな魔法のブランド。 それだけの事もあり、値段もお高め;;;; バッグやアクセサリーもいいけど、見えない部分でもさりげなくシャネルを取り入れる事こそ素敵な女性になれる第一歩かもしれない(*'∀'人)♥*+ そこで今回は5000円前後で買える素敵なアイテム&プレゼントにも最適なモノを探してみたよ=333 ます。今回は、気負わずにいつでも身に付けることが出来る、5000円以内のシャネルのアイテムを紹介したいと思います♡ <オイルコントロール紙/150枚入り> 薄くて使いやすいオイルコントロール紙。 カバーの内側にミラーが付いており、150枚のシートが入っています。(5.3cm×8.5cm) ミラーがついているからちょっとした化粧直し、口紅直しにも最適♡ しかも一枚一枚、シャネルのマークが入っているのが◎ ROUGE COCO BAUME ルージュ ココ ボーム 使うたびにふっくらとしなやかな唇に整えるリップケア アイテム。 何色を送れば良いのか解らない時でもコレなら、どんな方にでも送れるね~♡ MIROIR DOUBLE FACETTES ミロワール ドゥーブル ファセット クリアな普通の鏡と拡大鏡がついた、コンパクトサイズのミラー。 鏡って意外と探すと素敵なのが無かったり、するけど、これならシンプルだからもらっても、送っても喜ばれるアイテムだよね~♪ ヘアミスト チャンス オー ヴィーヴ ヘアミスト ヘアミストなら香水と違ってお手頃価格☆ しかも香水と劣らない使用感だよ=333 ※香水よりはフワッとした香り(私的に) ちょっとしたモノでも持っていれば、女子力を高めてくれそうモノばかり♡ 鞄やアクセサリーが持てるのは理想だけど、こういう細かい所にも気を使える女性って素敵だよね♪ シャネル http://www.chanel.com/ja_JP/fragrance-beauty/fragrance.html#page-1
京都の穴場、まさに「はんなり」の城南宮(早春は枝垂れ梅と椿の響宴)
友人曰く「まるであの世の光景」だそうですが、私まだ生きてます(笑)。 遡る話なので同じ光景が見られるのはまた来年になりますが、これは普通に京都観光で撮った一枚。このシャッタースポットは多少穴場ではあるんですが、でもこの光景を狙ってここにずっと通ってる写真家さんもいます。 こう見ると観光地っぽいですよね。 場所は京都城南宮の神苑内、「春の山」と呼ばれているエリアの入口付近です。上の写真はこの春の山の逆側に回り込んだあたりから撮ったもの。ここから長い間、向こう側が見通せないくらいの枝垂れ梅が続きます。 苑内を一周してみると全敷地がとても華やかに造園されていて、それぞれの旬に訪れてみたいと思う場所でした。現地のあちこちに「源氏物語」と書かれていたので帰って来て調べたら、そもそも白河上皇が源氏物語の六条院から着想して作った離宮ということで納得。京の言葉で言えばまさしく「はんなり」ですね。 今年2月18日から3月21日は「しだれ梅と椿まつり」。椿は苑内あちこちで見かけるんですが、この春の山は写真の枝垂れ梅がメインのエリアです。今知りましたが期間内は美容健康と招福の「梅の花守り」が梅を冠した巫女さんから特別授与されるとのこと。私もいただいてくればよかった…。同じ羽目にならぬよう、事前に上のリンクで見頃や椿餅など一通りチェックされるのをお勧めします。 私が行った3月一週目は旬を過ぎたころだったのか、風がふくたびに桜吹雪のような梅吹雪が舞い散りました。 だから築山の地表はこのとおり。この写真だと梅の枝は既に花が散って寂しい状態なんですが、この地表だからこその一枚目の写真(地面が白ピンク)になるんですよね。だから枝垂れ梅の散る前でも散り過ぎたころでもない、ちょっとだけ遅いタイミングを狙うと「あの世」感が味わえます。 というわけで、城南宮お勧めです。私も京都に行ったらなるべく訪れることにします。 実は城南宮は京都の南側で周囲になにもないので(※)わざわざ行くのは時間が惜しいと思ってました。 実際行ってみると京都駅から地下鉄で7分&タクシーで1メーターで行けます。タクシーに乗らず20分歩いてもいいのですが、歩いて楽しい道ではないし、旅行中なら貴重な時間と体力をセーブする方がいいかなと思います。ただしタクシーが非常に少ないですが…。 ほかに京都駅から京都らくなんエクスプレスバスで20分程、または市営バスで30分程という手もあります。 ちなみにこれから4月になると桜・藤・つつじの時期、「春の御苑花めぐり」というイベントに切り替わるそうです。 方除けの大社 神南宮 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地 075-623-0846 ※周辺地図を見ると周りに色々あるみたいですね。鳥羽離宮跡はチェックすべきだったかも…というわけで歩くのも悪くないかもしれません。次回はちゃんと予習しなくては!(でも道によっては環七みたいな感じなんですよ)