nekoneko
500+ Views

沖縄の1970年代に建てられたモーテルをリノベしたホテル「SPICE MOTEL OKINAWA」

アメリカが統治していた1970年代に建てられたモーテルを、建築デザインオフィスがリノベーションしたデザインホテルだそうです。
リノベーションを手がけたのは、大阪R不動産を運営するアートアンドクラフト。古い建物の良さを生かしつつおしゃれに再生していてさすが!!アメリカが統治していた建物だけあって、やはりアメリカンな雰囲気もありつつ、沖縄のゆるい感じもあって、すごく居心地がよさそう。
さすがに、リゾートホテルではないから、窓から海を望む・・・とまでにはいかないけど、
車で数分の場所ではあるし、大型ショッピングセンターも近くだし、利便性は抜群。
あと価格もリーズナブル(なんと、一律5,000円/室)だから長期滞在にもいいなあと。
リゾートホテルもいいけど、こういうホテルで住むように泊まる沖縄ステイ、いつかやってみたいです。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
現存する日本最古のビヤホール 「ビアホールライオン銀座七丁目店」
ビールの美味しい季節ですが、季節問わず美味しいビールを楽しく飲める場所といって一番に思いつくのがここです。1934年創建、現存する日本最古のビヤホールで、戦時中幸いにも空襲を免れた貴重な建物でもあります。 駒澤大学耕雲館(現在は禅文化歴史博物館)なども手がけた菅原栄蔵氏による設計の内装は、当時の建築技術を結集して作られたもの。歴史が詰まった荘厳な空間です。 知らなかったのですが、内装は「豊穣と収穫」をテーマとしてつくられており、『麦の穂』をイメージした柱や、『豊穣』や、『ビールの泡』をイメージした電球などもあるのだとか。細部まではちゃんとチェックできてなかったので今度いったときはしっかりみてみます。 この日本初の250色ガラスモザイク壁画もすばらしく、見応えありますよ〜 これを眺めながら飲むビールがまたおいしいのです。 その他、『生ビールの達人』ともいわれるビールマイスターがいたり、こだわり抜いた「サッポロ生ビールの味」だったりと、オススメポイントは他にも。 ビールはあんまり...な人も建物としての魅力が満載なので行ってみる価値ありです。 お料理も美味しいですよ。 ビアホールライオン銀座七丁目店 http://r.gnavi.co.jp/g131800/
沖縄旅行の定番スポット 沖縄美ら海水族館
先日、沖縄旅行で行ってきました。ド定番スポットなので「とりあえずいくか」という程度のテンションでいったのだけど、予想以上に楽しくてびっくり! この画像の巨大水槽のジンベイザメの迫力には度肝を抜かれました。 カラフルでかわいい熱帯魚や珍しい深海魚、サンゴもきれいでしたよ! 実際に触ることができたり、水槽を舌から眺められるところがあったり ... 飽きない工夫が随所にありました。人気があるにはそれなりの理由があるんですね〜 水族館は、海洋博公園の中にあるんですが、この公園がまたすごくって。ビーチもあります!この海がまたキレイ! イルカのショーもやっていたみたいなんですが、予習不足で見れませんでした。残念。 水族館は出入り自由なので、外で遊んだりまたまた水族館に戻ったり、というのも可能。一日朝から夕方までいても足りないくらいだと思います。 お昼は、園内にある海の見えるレストランで食べたのですが、食事の味はバイキングで普通でしたが眺めは最高でよかったです。ロケーションがよいともうそれだけでも満足度が高くなりますね。園内いくつかカフェやレストランがあるので休憩しつつ楽しめるのもいいですよ。 我が家ででかけたのは平日だったのですが、さすがは沖縄の人気スポット、それなりに混んでいました。事前に近くのコンビニ等で入場券を買って行くのがおすすめです。値段も 200 円近く割り引きなのでだいぶお得。 16時〜のチケットだと更に安くなるみたいです。 また是非行きたいです! http://oki-churaumi.jp/
USIOプロジェクト「ISHIGAKI NOW」
ISHIGAKI NOW は石垣島のマガジン?と呼んでいいかわからないけど、石垣島の体験・観光スポットをみつけるための情報があって、石垣島行きたい気持ちが癒されるし、もっと行きたくなるし、時々見て幸せになれます。 「今、石垣島でできる50の体験」というコーナーが好き。写真がきれいだし、今度行ったら行こうと思えるところがいっぱい。あと全体的に静かで落ち着いた感じがして、本当に気持ちが落ち着くところがいいなーと思います。 これ写真がきれいだしおしゃれだし、USIO DESIGN PROJECT っていうデザイン事務所かなにかがやってるんだと思ってたけど、あらためてよく見たら説明が結構すごかった。 「Usio Design Projectは、沖縄県石垣島の魅力をデザインの力で再発見していくプロジェクトです。島の市役所(石垣市観光文化課)が主催し、世界中から400人以上のクリエイターが参加してきました。」 島の市役所って小さそうだし、そこに世界中の人が協力してるっていうこと?ちょっと驚きじゃないですか?石垣島愛されてますよねー。理由はわかる気がするけど。 ISHIGAKI NOW はその3番目のプロジェクトで、2番目は旅行プランの公募(?)、1番目はお土産品のデザイン(?)だったみたいです。この二つはまたゆっくり見てみよ〜。
函館カフェ3「cafeハルジョオン・ヒメジョオン」
久しぶりのこのコレクションの更新。(あ、ぜひフォローしてくださいね笑) このカフェは函館駅に近いのですが、道の奥へと進んでいかないとたどり着かないような分かりくい場所にあるので、観光客はあまりいなく地元の人であふれているカフェ。 お店のHPによると、「平成15年8月に、函館市大手町の明治45年に建てられた古い2階建ての土蔵を改築」してこのお店を開店したそう。 函館には、こういう古い建物を改築してカフェに使っているお店が多く、しかもセンスが多いお店が多いのです。(Uターンしてカフェををオープンする人も多いんですよ!) 中はこんな感じ。1階がカフェで、2階が雑貨などを売っている「リーブス・クローゼット」というお店。店内には、谷川俊太郎の本や木馬も置いてあって、子供も楽しく過ごせそうな雰囲気の場所である。カップル率も高い。笑 写真は、「ベトナム風ナスと豚肉の炒めご飯」 他にも、ボリュームのある料理「ステーキごはん」やデザート系の「りんごとさつまいものタルト」など、メニューいっぱい。しかも全部美味しいから、迷う。 写真はRettyより。 住所:函館市大手町3-8 営業時間:11:30〜14:30(ランチタイム)、14:30〜17:30、ディナー:17:30〜24:30 LO23:00 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日) アクセス:市電 「魚市場通」電停 下車  徒歩2分 駐車場:有(約8台)
窓からはイサムノグチが手がけた石庭も!丹下健三建築の草月会館のカフェ
港区赤坂にある建築家・丹下健三氏の設計「草月会館」にカフェがオープンしていました!手がけたのはデザインオフィスnendo。天井や壁面には触れずにそのまま残したそうなんですが、やはり床が違うとここまで印象がかわるとは。(下の「レストラン薔薇」と見比べてみてください) 以前から使っていたエーロ・サーリネンの「チューリップ・チェア」「チューリップ・テーブル」も補修してマットブラック塗装を施して再利用したそうです。木目に黒い家具、というのがシックでモダンな印象を引き立てています。 窓からは、イサムノグチの石庭、さらに高橋是清翁記念公園、赤坂御所の緑も楽しめます。そんな贅沢な場所でいただけるコーヒーが目黒の人気店「Switch Coffee Tokyo」のものだというからもう言うことなしですね・・・そして大きいテーブルには電源もあるらしい。 すばらしい。。 ちなみに、こちら公式ページでは、「草月指導者連盟会員のくつろぎの場として ご利用いただけます」との記載がありますが一般の方でも大丈夫のよう。ただ、土日は空いてないようなのでその時点でハードルがかなりあがってしまいますが。 いつか機会見つけていってみたいです。 ちなみに、こちらが改装前の「レストラン薔薇」。やはりちょっとレトロな印象が強いですよね。これはこれで好きですけど・・ connel coffee http://www.nendo.jp/jp/works/connel-coffee/space/?genre http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13185974/
民泊のAirbnb企画「東京タワー大展望台に宿泊するプラン」
いま話題の民泊Airbnbがなんと「東京タワーの展望台に宿泊できる」というプレゼントキャンペーン実施中。展望台に宿泊させるのは東京タワーとしても初の試みとのこと。 このキャンペーン、応募資格は20歳以上で、参加者は応募者の両親または祖父母。つまり、昭和の時代を牽引したシニア世代に、Airbnbのコンセプト「暮らすように旅する」体験をしてもらいたい、というのが狙いのよう。 大展望台の布団もベッドもない場所でシニア世代を一泊させるのはきついな、と思いきや「大展望台を、一夜限りだけ、昭和の風情感じるあつらえに大変身させたお部屋をご用意・・・」とあるので少なくともその心配はなさそう。 それどころか、東京タワーに単に一泊するだけでなく、東京を巡りながらの「おもてなしツアー」で古き良き日本を体験できたりと楽しい企画も用意されているようだ。もちろん朝夕の食事付き。さらにAirbnb 宿泊クーポン5万円分ががもらえたり、他にもサプライズな体験もあるとか。 となかなか盛り沢山な企画だが、なにより「夜景も日の出も独り占めできる」ことは間違い無し(日の出は天候にもよるが)と思うので好奇心旺盛で元気な両親、もしくは祖父母をお持ちの方はぜひチェックしてみることをオススメする! https://www.airbnb.jp/night-at/tokyotower/