amaretto
2 years ago1,000+ Views
星野リゾートが大手町に進出!しかも旅館形式!
「星のや東京」2016年7月20日、開業だそうです。
外観は一見、オフィスビル。
しかし、内側は全て、旅館形式になっているそうです。
ターゲットは、東京で日本情緒を味わいたい訪日外国人だとか。
確かにいわれてみれば、東京ってシティホテルとビジネスホテルばかりで、旅館ってあまり聞いたことありませんよね。
建物は地下3階、地上18階建て。84の客室のほか、レストランやスパ、会議室など。
最上階には温泉とスパがあるそうです。
平均客室単価は8万~10万円(食事代は含まず)...!
さすが星野リゾートです...。食事代含まないでこのお値段...。
星野リゾートの星野佳路代表のインタビュー記事が興味深いです。
旅館とホテルの運営の違いは何か。それはホストとゲストの関係性だという。旅館の主人は旅客を迎える「マスター」という立場。「サーバント(召使い)」ではないのだ。
マスターは対等の立場で旅客をもてなす。一方、旅客は旅館の不文律に従う。例えば、玄関で靴を脱ぐ。温泉には素っ裸で入る。「旅館文化は守ってもらう。外国人におもねた宿泊施設では、西洋のホテルと同じになってしまう」(星野代表)
なるほど〜。ホテルと旅館の違い、考えたことありませんでした。
オリンピックもありますし、大手町という場所から考えても「星のや東京」、成功しそうですね。
3 comments
そうか、あくまで「旅館」なんですね!宿泊は到底無理なんで温泉だけでもゲスト利用したいです。笑
2 years ago·Reply
平均客室単価は8万~10万円(食事代は含まず)か。。強気ですね。軽い軽食くらいはつけてもいいんじゃ?エコノミー羽田発ANAロンドン行きホテル付き10万ってのがあったけど、それ位の体験が出来るんでしょうね!
2 years ago·Reply
@hamako さん 温泉だけでも利用できたらいいですよね!ついでに館内見学してみたい。 @fukuko さん いくら大手町とはいえ、強気すぎですよね。。
2 years ago·Reply
5
3
3