makimaki
2 years ago1,000+ Views
松江は美味しい和菓子屋さんが多いことでも知られていますが、その代表的なお店の一つでもある風流堂。わたしは見逃したんですがブラタモリの松江特集でも紹介されていたみたいですね!
そんな由緒正しい和菓子屋さんに、謎の商品があるんです。。それがこちら。
このレトロすぎるパッケージが目を引きますがこちらなんと「日露戦争の勝利を記念して」つくられた和菓子の復刻版。その名も「日本海」。
こちら、中におしるこの元、が入っていて、お湯を注げば日本とロシアの国旗がぷかりと浮かびあがるというもの。。
こちらがその様子のようです・・・・なんだかすごい・・・と思ってしまいますが
復刻版のこちらは日本の旗とロシアの旗、仲良く浮いている、という平和バージョンらしいのです。どちらも「せんべい」でつくられているから、同じように浮いている、ということのようです。
こちらの記事にによると、その当時つくられた昔のバージョンでは
日本の旗は「せんべい」なんですがロシアの旗は、「もち」でつくられておりどんどん水分を吸ってそのうち腕の底に沈んでしまう…というものだったらしい。
ブラック過ぎますね!!
ちなみに、風流堂さんの和菓子はかなり美味しいので、こちらのおしるこも味は間違いなし、と思います。パッケージもインパクトあるし、お土産にもいいかも??
0 comments
3
Comment
2