chottoniche
1,000+ Views

アメリカで話題のAnderson .Paakの軌跡PT.1【ホームレスからスターへ】

Anderson .Paakについてはこのアカウントで数回書いているので名前は聞いたことあるだろう。
しかし2015年に突如注目を浴びた彼がどのような人物で、何故こんなにアメリカのブラックミュージックファンに期待されているのかを知らない方も多い。

あのDr. Dreが「こいつが音楽の未来だ!」と言うほどである。

その中で彼が完全に超有名大スターになる前に彼についておさらいしたいと思う。

〜妻子持ちホームレス生活からの復活〜

Breezy Lovejoyとして活動

上記はBreezy Lovejoy時代の曲
Anderson .Paakは1986年に黒人と韓国人の親の間に生まれた。10代の頃にベッドルームで音楽制作をはじめ、ドラマーとしても活動しはじめた。
音楽活動を本格化する前はカリフォリニア州サンタ・バーバラにあるマリファナ農園で働いていたが突然の解雇により妻と幼い息子と共に一時ホームレスになった。
その時にSa-RaというLAのヒップホップグループのメンバー、Shafiq Husaynのアシスタントとして雇われ、経済的にShafiqにより助けられた。
彼のおかげで生活を取り戻したことがきっかけでLAの音楽シーンと密接に関わるようになったのである。
ちなみにSa-Raは90年代に結成されたプロデューサー、ミュージシャングループでそのメンバーはHeavy D, Bilal, Dr. Dre, Jill Scott, Erykah Badu, Frank Ocean, Fonzworth Bentley, Jay-Z, John Legend等のアーティストの楽曲もプロデュースもしている。
2011年にAnderson .PaakはBreezy Lovejoy名義でO.B.E Vol.1を完成させ、ドラマーとしての活動もLAのシーンで目立つようになった。

「ドラマー & ラッパー & シンガー」としてアンダーグランドで名前を売る

あのアメリカの人気テレビ番組American Idol出場者のHaley ReinhartやLAのバトルラップシーンにて大きな功績残した韓国人ラッパーDumbfoundeadのドラマーとして活動していた。
上記はLAの人気ラッパーDumbfoundeadのドラマーとして活動している動画
さらにドラマーとしてだけではなく、ラッパー、シンガーとしてもDumbfoundeadの曲にフィーチャーされLAの音楽シーンにて知名度を上げていった。
下記の動画ではサビを歌いながらも2ndヴァースでラップをしている。
そして2014年、彼の人生にとって第一のターニングポイントとなる出来事があった。
それは本名への改名だ。元々Breezy Lovejoyという名前で活動していたが、その時は様々な活動をしており、常に音楽をやっているわけではなかった。
改名の背景は「その頃から音楽中心の生活に変わり、朝起きてスタジオに行き、帰宅して子育てや家事をやる」という「音楽中心の生活と今後の音楽活動のターニングポイント」になるように改名したとの事

2014年にAnderson .Paakとしての1st アルバムVeniceを発表

このアルバムがAnderson .Paakとしてアイデンティティを少し定義付けた作品であろう。
声から漏れ出す野生感、ファンキーだけどどこかチルいカリフォリニアのビーチを感じさせるビート。
実際にアルバム名VeniceはLAのストリートカルチャーの中で大切な役割を持つビーチと町の名前である。

そしてこのアルバムをリリースした後に彼の人生最大の転機とチャンスがやってくる

〜あのDr. Dreとの出会い〜

Dr. Dreとの出会い、スターへの道はPT.2で!
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
【ex.Red Hot Chili Peppers】ジョン・フルシアンテが18曲無料配信!これはヤバイ!
元レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリスト”ジョン・フルシアンテ(John Frusciante)がSoundCloudとBandcampページを開設。これまで未発表であった 音源18曲を無料DL配信しています。 SoundCloud、Bandcampともに同じ音源が入手できます。フルシアンテはこれら音源を “リリースのためではなく、純粋に音楽を作ることを目的に作られたもの”” と説明しているとのことだ。 http://amass.jp/65652/ より引用  ネットに音源が違法アップロードされることを恐れるアーティストが多いなかでこういった形でポンと大量に無料で曲をネットに流せるアーティストはなかなかいない。しかも今回アップされた音源の中にはアメリカのプログレッシヴロックバンド、マーズ・ヴォルタのギタリスト、オマー・ロドリゲスが参加したりしている楽曲もあるなど「これ本当に無料でいいの?」と言いたくなるような音源もある。  無料だしジョンの楽曲に興味のある人はマストで手に入れておこう。 リンクは以下である。 Soundcloud https://soundcloud.com/jfdirectlyfromjf Bandcamp http://jfdirectlyfromjf.bandcamp.com/ John Fruscianteとは? Wikipediaより引用 ジョン・アンソニー・フルシアンテ(John Anthony Frusciante、1970年3月5日 - )は、アメリカのミュージシャン。レッド・ホット・チリ・ペッパーズの元ギタリスト、ボーカリスト。2012年現在はソロとして活動している。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第18位、2011年の改訂版では第72位。
2/18はDr. Dreの誕生日!Dr. Dreプロデュースの好きな曲をつらつらと
もうこのアカウントでドクター・ドレーについて何回も書いているので説明する必要もないだろう。 Dr. Dreは音楽業界やストリートに一番インパクトを残したプロデューサーと言っても過言ではないであろう(音楽業界だったらクインシー・ジョーンズだろ!ってツッコミもありそうだが) そんなDr. Dreがプロデュースしている曲(本人名義も含む)の個人的なお気に入りをカテゴリごとに3つあげてみた。 まずは90年代のDr. Dreの代名詞とも言える、ぶっといベース、アグレッシヴなスネア、シンセの組み合わせシリーズ。 FunkadelicのKnee Deepのベースラインをサンプルした曲たち 1. Snoop Doggy Dogg - Who am I ( What's my Name?) Snoop Doggの1stアルバムの代表曲と言っても過言ではないこのトラック。個人的にはこれが一番好き。他にもジョージ・クリントンのAtomic DogのサンプルとParliamentのGive Up the Funkのサンプルを使用しており、P-Funkづくしとなっている。 2. Dr. Dre - Fuck wit Dre Day (And Everybody's Celebratin') 1992年リリースのDr. Dreの1stソロアルバム、「Chronic」に入っているFuck wit Dre Day. この曲は元グループメンバーのEazy-EをDisった曲。個人的にはEazy-Eの返しのほうが強かった。 このMVの最初にDr. DreがFunkadelicのシャツを見せびらかしているのだが、リスペクトが伝わってくる。 3. 2pac - Can't C Me (featuring George Clinton, Nanci Fletcher & Dr. Dre) ヒップホップファンからしたら「また同じようなビートじゃねぇか!!」って思われるかも知れないがこのビートの素晴らしさはFunkadelicのジョージ・クリントンが入ることにより完成される。そして2Pacラップ上手すぎる。 他にも同じサンプルを使用した曲がたくさんあるのだが、他のDreプロデュース曲を書けなくなってしまうのでここは割愛する。 次はEminem関係のDre作ビートで好きな3つ 1. D12 - Fight Music これはEminemと仲間たちが集まったグループ、D12の曲である。2000年代のDreのビートは90年代と違いこのようなゾクゾクくるような歯切れの良いトラックが多い 2. Eminem - The Real Slim Shady 超有名なEminemのこの曲。当初はこの曲が含まれていないバージョンがアルバムとして発売されるはずであったが、レコード会社上層部から「1曲ぐらい一般受けするような曲入れようよ」となり急遽Dreが制作したらしい。 3. Eminem - Guilty Conscience (feat. Dr.Dre) 過ちを犯しそうな人の心の中でDr. Dreが天使、Eminemが悪魔の役としてDreとEminemが心のなかで戦うというなんともエンターテイメント性が高い。オチはDreが昔のギャングラップをやっていた頃を思い出し、結局Dreも悪魔サイドになる。 次はN.W.A.時代にプロデュースした曲で好きな3つ 1. N.W.A. - Express Yourself N.W.A.ではあまりラップしないでプロデュースばっかりしていたドレーが珍しくガッツリラップしている曲。 2. The D.O.C. - Doc & The Doctor The D.O.C.はDreのN.W.A.前からの盟友的な存在である。大事故で喉に重症を負ってからは裏方としてリリックを書いたり、プロデュースをしたりしている。彼の1stアルバムは全曲Dreプロデュースなのもあり、ちょーかっこいい。 3. J.J. Fad - Supersonic まじで!?これDreがプロデュースしたの!?しかもがっつりギャングスタラップやってた時に?ってのが私の最初の印象。そうあのRuthlessレコーズにもこんなアーティストがいたのである。実際はDreとN.W.A.の語られない初期メンバーArabian Princeの共作らしい 次は2000年代のビッグ・ヒット編3つ 1. 50 cent - In da Club これはまじで誰もが知っているのでないだろうか。そうあの50 centを最初にプロデュースしたのもドレーなのである。 2. Xzibit - X そうあのXzibitもドレープロデュースなのである。どうやらドレーは独特な声を持っているラッパーをプロデュースする傾向にある。 3. Eve - Let Me Blow Ya Mind ft. Gwen Stefani これも実はDreプロデュースである。最近某バンドがネタ曲?としてこれを元ネタとして使用していたが、案外この曲のことを知っている人が少なかった印象はある。 そしてついにDr. Dre名義の曲で好きなトップ3である 1. Dr. Dre - Nuthin' But A G Thang Feat. Snoop Dogg もう最高である。この曲はレイドバックな南カリフォリニアの雰囲気が今までにないぐらいに出ている。そしてSnoop Doggが出すファンキーなフローが曲の良さを2倍ぐらいにする。この曲が出る前と出た後だとヒップホップの雰囲気が違う気がする。 Dr. Dre - What's the Difference? この曲はトラックも良いがXzibitとEminemのヴァースが最高である。特にXzibitがラフな声でスムーズなフローでラップした後にEminemがわけわからないぐらいのテンションで入ってくるところが最高。 3. Dr. Dre ft. Ice Cube - Natural Born Killaz これは1994年にリリースされた曲なのだがまじでヤバイ。1994年にこんなモダンなサウンドでトラックを作ったプロデューサーがDre以外にいただろうか。 そして最後にこれだけは投稿しておきたい! カリフォルニアのアンセムとも言えるこの曲。 LAの海岸沿いを運転しながらこの曲きいた時の感覚と言ったらもう半端ない。 Zapp & RogerのRoger Troutmanがトークボックスでサビを歌い、ドレーと2Pacがラップをする...リリース当時の衝撃を味わってみたいものだ。 2pac名義であるが、元々はDreのアルバムに入るはずであったこの曲はマスターピースである。 最後にヒップホップ最大のプロデューサーとしてこの音楽業界の成長に貢献したDr. Dre誕生日おめでとうございます! もっと曲紹介をしたかったがさすがに長いので断念。
レ・コード館
今日、11月3日は「レコードの日」だそうです。 北海道の新冠町(にいかっぷちょう)にある「レコードの博物館」が「レ・コード館」です。歴史的に価値のある蓄音機やレコード盤などが展示されてますが、所蔵している過去のレコードの視聴も行える施設です。小さな自治体の施設なので、潤沢な資金でレコードを購入しているわけではなく、いらなくなったレコードだけど、捨てるのは忍びないという方々からの寄付でレコードを1997年から収集しています。現在では90万枚ほどのレコードが収蔵されているというのは収蔵されているというのはびっくりですよね。 レコードに保存されているのは音だけじゃなく、ジャケットやジャケットに入っているリーフレットといったものがあります。私も学生の頃集めていたレコードはジャケ買いもありましたし、中の歌詞カードなどがとても楽しいレコードもありました。そんな楽しみが溢れているレコードをここに行くとたくさん見ることができます。 レコードや蓄音機が展示してあるミュージアムやリスニングブースがあるので、楽しもうと思えば1日中いられる場所です。私も蓄音機の音を聴きましたが、スクラッチノイズなどはありますけど、録音方法も今とは違うので演奏者の息遣いがわかりますし、ふくよかな音を感じることが感じることができました。 この新冠町はサラブレットの町としても有名です。サラブレットの育つ牧場も数多くあります。レ・コード館の隣には道の駅「サラブレッドロード新冠」があります。 レ・コード館 http://www.jalan.net/kankou/spt_01604ae3292017971/
Kurt Cobainのドキュメンタリー映画、 日本での上映決定【Nirvana】
http://skream.jp/news/2015/09/kurt_cobain_soaked-in-bleach.phpより引用 "1994年に他界したNIRVANAのフロントマン、Kurt Cobain(Vo/Gt)の死の真相に迫ったドキュメンタリー映画" Soaked In Bleach"が、日本で公開されることが決定した。 同映画は、"ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン 死の真相~"という邦題で12月12日から東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで上映予定。Kurtの元妻Courtney Loveの私立探偵だったTom Grantの仮説に基づき、死の核心に迫るドキュメンタリー映画となっている。" ▼映画情報 "ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン 死の真相~" 原題:Soaked In Bleach 公開日:2015年12月12日(土)~上映予定 東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか  先日記事に上げたJimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)の伝記映画だけでなく、Sly Stone(スライ・ストーン)の記録映画やJames Brown(ジェームス・ブラウン)の伝記映画である『ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男~』など著名なスターの生い立ちや生き様にフォーカスした音楽映画が数多く公開された2015年であったが、ついにカート・コバーンの往年の謎である死因に迫ったドキュメンタリー映画が日本国内で公開されることとなった。  Nirvanaファンのみならずとも、ロックファンとしては是非とも一度見ておきたい作品だ。 Soaked in Bleach Official Trailer (英語版) 『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』予告編 こちらも今年公開されたカート・コバーンのドキュメンタリー映画。こちらはよりカート・コバーンの人物像に迫った作品となっている。 同じ年に二つもの映像作品が公開されていることからも、カート・コバーンという存在が未だに多くの人々に強いインスピレーションを与えていることが窺える。
映画「Lords of Dogtown」から見る西海岸カルチャー
映画 Lords of Dogtown (ロード・オブ・ドッグタウン)から見る西海岸カルチャー 1970年代のアメリカ西海岸ドッグタウンにて、スケートボードの斬新なスタイルを生んだZ-BOYSの実話を基に映画化。Z-BOYSの中心メンバー、トニー・アルバとジェイ・アダムスが役作りの指導に当たり、ステイシー・ペラルタが脚本を担当した。 1975年、カリフォルニア州ヴェニスビーチ。ドッグタウンと呼ばれる寂れた街で、サーフィンとスケートボードに没頭するステイシー、ジェイ、トニーの3人が、溜り場のサーフ・ショップ「ゼファー」のスケート・チーム「Z-BOYS」から独立し、それぞれの道を歩むまでを描いている。 wikipediaから引用 この映画では西海岸のスケートボードカルチャーの発祥を見ることができる。 元々サーファーだったStacey Peralta(ステイシー・ペラルタ)、Tony Alva(トニー・アルバ)、Jay Adams(ジェイ・アダムス)が陸でサーフィンと同じようなことをするために始めたスケートボード... 彼らの住むVenice BeachはDogtown(ドッグタウン)とも呼ばれ、サーフやスケートなどのカリフォルニアのストリートカルチャーの発祥の地になった。 南カリフォルニアでのライフスタイルやスケートボード文化が出来上がるまでの雰囲気を読み取ることができる。 プールスケートボーディングとは DogtownのZ-BOYSが広めたプールでスケートボードをする文化は元々不法侵入から生まれた文化であった。 サーフィンと同じ感覚で滑ることを追求した彼らは勝手に人の庭にあるプールの水を抜き、住人が留守の間に滑った。これが後々文化として発展をし、スケート仕様に設計されたプールが建築されるようになった。今ではプールやボウルがないスケートパークはないほどメジャーなスケートスタイルとなった。「広い土地がある、常に良い天候、庭にプールがある、サーフィン文化が発展している」という4つを兼ね備えた南カリフォルニアだからこそ発展した文化であった。
テレビ局がネットの中で誕生する!?「AbemaTV(アベマTV)」2016年4月11日スタート
テレビの広告モデルをそのままネットに移したら…… 2016年の春、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同出資で始める「アベマTV」なるインターネットテレビが始まる。名前はなんというかキワモノ感が漂う気もするが(ちょっと懐かしいが、間寛平のギャグ「アメマ~」をほうふつとさせる)、とにかくネットでテレビをやるという話なのだ。 ネットでテレビと聞くと、いま時であればネットフリックスやフールー、dビデオなどVODを想像するが下記記事によれば、 ・一度に20チャンネルを開設 ・一切無料、登録もログインも不要 ・リアルタイム配信のみ(止める早送るなどはできない) ということで、本当にネットの中にテレビが移ったみたいなサービスなのだ。 インターネットテレビ局AbemaTVが普通じゃない3大理由 伝搬するルートを手に入れられるかが肝か 予定されている20チャンネルのジャンルを一部挙げると、 ニュース、音楽、スポーツ、ドキュメンタリー、スポーツ、アニメ、ミュージックビデオ、ペット、麻雀、釣りなどなど。結果としてまるでCS放送のようでもある。 端末はPC、Android、iOS対応で、テレビが無い人には今の地上波の代わりになるかもしれず、流しておくだけなら、一つの選択肢のもなりそう。 プレスリリース https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/press/detail/id=11689 しかし、実にわかりやすいというか、地上波のテレビ局ではほとんどその存在が紹介されない。VODよりもモデルが似ているだけに致し方ないとも言えるが、注目されなければ、質的にも日本のCSチャンネルのような雰囲気となり、これはテレビ東京もMXテレビとも戦えないだろう。 「テレビ端末が無い人」というのがひとつの狙いなのかもしれないが、ソーシャルな注目が集まらないと盛り上がりは厳しいだろう。そのうちアベマTVオリジナルの番組で事件が起こるような番組が放送されるのだろうか。(みのもんたさんが番組をやるというニュースが出ていたが、果たして) 考えればニコニコだって生放送はしているし、フジテレビもホウドウキョクというマルチデバイス対応のニュース専門局を持っているが、とにかく話題にならない。 ここへきて地上波の強さを感じるわけだが、その壁を壊す手立てにどんなものがくるのか。興味深い。 ※将来的には、個人や中小事業者らが動画を配信できるプラットフォーム「Ameba FRESH!(アメーバフレッシュ)も合体するかもしれない。 (LINEの「live」のようなもの) アベマTV https://abema.tv/ 本格スタートは2016年4月11日だが、すでにテスト放送はされているので、気になった人は今すぐ見てみよう。 ほとんどクリックの必要無い緩く動画をダラダラ見る世界がネットに生まれるかも。 ちなみに。。。。。。 コンテンツ供給が爆発的になっている現状は、 地上波中心主義だった我々にはちょっと荷が重い、という意見もあるよう。 なるほど、説得力がある。 ドラマがあふれ返って、かえって前よりドラマを観なくなっている現実について (そんでNetflix大丈夫なの?) http://sakaiosamu.com/2016/0212110014/
話題のハイレゾ音源を体感できるミュージックバー「スピンコースター ミュージックバー」
代々木駅 徒歩4分の好立地にあるハイレゾ音源とアナログレコードの両方の魅力が気軽に味わえるバー。音楽WEBメディアSpincoasterがプロデュースということで音楽キュレーターが選曲した良質の音楽をハイレゾ・アナログのスピーカーで聴けるというお店です。 音の密度が高いハイレゾで聴くと知ってる曲もまた全然ちがった印象のものになるのだそうで・・・かなり興味津々です。 その他ざっくりと主な特徴 ・高音質ハイレゾ音源を革新的な新型スピーカー「KOON」で堪能できる ・音楽配信サービス「mora」の協力により最新のハイレゾ音源も随時追加 ・電源・Wi-Fiを完備で日中は作業スペースとしても利用可能 ・貸切やライブイベントも可能 ・食べ物持ち込み1名あたり500円で可 ・ボトルキープならぬ、レコードキープができる(有料)持ち込みもok ・乾き物が食べ放題(!) ・オーガニックの果物や野菜をつかうなどフードにもこだわりあり といいことづくめ。コーヒーが美味しそうなのでまずはカフェ利用から、というのもありかもしれません。 さらにスピーカーとレコードへの配慮のためバーなのに禁煙だそうです(喫煙スペースは外にあるみたいです。) http://bar.spincoaster.com
ゲスの極みの川谷は置いといて休日課長はいいやつそう
休日課長。 なかなかファニーな名前である。個人的にはゲスの極み乙女というどこか腹立たしいバンド名を彼休日課長という名前の愛嬌で緩和している気すらする。 2016年早々ゲスの極み乙女のフロントマンの方がベッキーと云々事件が巻き起こりなかなか問題となっているがそんなことはどうだっていい。元からそんなことをしでかしそうなバンド名だ。そんなことは放っておこう。 今回私が個人的に取り上げたいのはフロントマンの下賎な行いについてでもなく、ドラムが若干(というかなかなか)かわいいことでもなく、 ベースの休日課長はマジでいい奴そうだし普通にベース上手いということなのだ。 なかなかに小気味のいいナイスな演奏である。緩急を生かした奏法、スラップ奏法、コード感を上手くついた奏法などベースが抑えているべきポイントを見事にクリアしつつ若手バンドマン(若手と言っていいのかは微妙なきもする)屈指の技術で楽曲に昇華している。 ええやないか! 個人の趣味としてはこの声がかなり苦手なので好んで彼らの楽曲を聴くことはないが演奏だけは聞いていられそうだ。 当初はサラリーマンと並行してバンド活動をしていた休日課長。 自身のツイッターでは連日食べ物についてのツイートをするなど見事にファットなおっさんっぷりを演出している。アカウント名 @eninaranaiotoko もなかなかにクールだ。 今回の騒動で彼らは若干窮地に追い込まれるような気もするが休日課長だけはどうにか社会が守ってあげてほしいものだ。
「ここだけはまわっとけ!」下北沢カレーフェスティバル2015の歩き方【第1回】
10月9日(金)〜10月18日(日)に開催される、今年で第4回となる下北沢カレーフェスティバル。 ■下北沢カレーフェスティバル2015 http://curryfes.pw 今年は約150店舗が参加するようです。年々増えてるなぁ。 今回は、第2回、第3回と参戦した記憶と普段のカレー生活をもとに、「ここだけは外せない」お店を紹介します! 開催まで残り5日間。今日から5日間、カウントダウン形式で紹介しますので、チェックしてみてくださいね! ★☆本日のカレーは?★☆ "第5位" Rojiura Curry SAMURAI. 下北沢店 http://curryfes.pw/archive/7/ 下北沢で野菜を食べたいカレー好きには是非行っていただきたいお店。ご存知の方も多いはず。 「野菜を食べる」がコンセプトのこのお店。札幌発ということもありスープカレーですよ。 今回ご紹介するカレーは「侍.スペシャル」。要は全盛りですね。 運ばれてきてビックリ。 トッピングの宝石箱や〜!具でスープが見えないよぅ…笑 野菜は20品目あるんだけど、適度な歯応えだったり、揚げてあったりで美味しいし、皮がパリパリのチキンに、ひき肉、ザンギ、豚の角煮とたっぷりお肉も楽しめて、バランスバッチリでございます。 お腹いっぱいだぜ! ★☆まわる時のポイント★☆ 【1】入店タイミングを見計らおう! 気をつけたいのは時間帯。混むこと必至の超人気店なので、開店と同時に行くのがオススメです。 もしくは、2杯くらい食べた後に、次のターゲットを選びながら行列に並ぶのもありかもしれません。 10名ほど並んでたら、30分ほどは待つので時間に余裕を持っていきましょう。 【2】特別メニューを食べよう! 下北沢カレーフェスティバルの醍醐味の一つといえば、「特別メニュー」。お店によっては普段食べることのできないカレーが提供されています。 Rojiura Curry SAMURAI. 下北沢店の特別メニューは「侍.ザンギと1日分の野菜カレー(1450円)」。BIGサイズの侍.ザンギ(鳥の唐揚)が入ってるらしいですよ?楽しみだぁぁぁ! 【3】大食いの友達を連れてこう! いろいろなメニューをそろえるRojiura Curry SAMURAI. 下北沢店。目移りしちゃって、ついついトッピングも山盛りに…。頼みの綱の「ミニカレー」がなく、「一皿のシェア」もNG。食べたいけど、全部は食べきれない! そんな時に頼りになるのが、「大食いの友達」。フード系のイベントに行く時に一人はいて欲しいこの存在。 でも、そんな友達はいない人も多いはず。そんな時は、このお店は「テイクアウト」がOKなので持ち帰っちゃいましょう! ※お店によっては、「ミニカレー」があったり、「一皿のシェア」がOKだったりします。一方で「テイクアウト」ができないお店もあります。 いかがでしたか?明日は第4位をご紹介します。お楽しみに! ■下北沢カレーフェスティバル2015 http://curryfes.pw