cavasheer
1,000+ Views

中村銅器製作所の銅製たまご焼き器

毎日、お弁当作りを頑張っているご褒美として友だちがプレゼントしてくれた銅製のとっておきの卵焼き器。
長く使い慣れたテフロンの安物くんと比べて、熱伝導率が圧倒的に高くてコツを掴むまでは大変だったんですが、最近どうやら”壁”を越えたみたいで、すご〜くいい感じで焼けるようになったのです!
肝はやはり火加減。それからステンレスのへらは重宝しますね。
自分用のメモついでに参考にした動画を貼っときます!
1回目、芯になる部分は丁寧に巻かなくてもフワフワの状態を寄せるだけでOK
こちらは、中村銅器製作所さんでたまご焼き器を作っている様子が紹介されています。たしかにこれは一生モノかも〜!!プレゼントにもうってつけかもしれません。
これは中村銅器製作所さんのじゃないですが、前半の油馴らしのやり方が参考になります。
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
鳥茂
新宿では圧倒的に”なにもない”方のエリア、南口を出て少し代々木方面へ行ったところにあるやきとんの名店。昭和24年創業の老舗なり。 一般的に”やきとん”と言えば、大衆的なお店がほとんどだけどコチラは違うんです。値段もちょっとお高いけど、その価値は多いにアリです。 何を食べてもハズレなしだけど、せっかく鳥茂へ行ったならやっぱり刺し系!それからレバー。ピーマンの肉詰めとつくねもマスト。何種類かコースあるので、最初はコースでも良いかも。 以前は、南口のルミネやファーストキッチンのまさに交差点のところにあって、小さいお店だったから、いつも満席だったんだけど、移転後、大きくなり予約も取りやすくなりました。 しかも、キレイになったしデートなどにもよろしいかと。ワインもそこそこあるし、日本酒も、焼酎もあって、酒飲みには特に堪らないお店だと思います。利用したことないけど個室もある。 外観はこんな感じ。事前の予約は当日でも必須。LOが24時なので、しいて言えば遅い時間帯が狙い目。クレジットカードが使えなかった気がするのでそこは要注意。 ちなみに、焼鳥屋だと思ってる人もいるけど鶏はないです。 ■店舗情報 渋谷区代々木2-6-5 03-3379-5188 17:00-25:00 日休 ■関連情報 *食べログ *All About *個人ブログ ”SEXY JIRO” *個人ブログ ”あんこのごはん日記”
高カロリーだけどやみつきになる味!お弁当屋「花ぜん」@原宿キャットストリート近く
先日会社の先輩に連れて行ってもらったところが激ウマ高カロリーだったのでご紹介^^ ここは、私のオフィスからだとちょっと歩きますが、それでも初めてトライした「ソースとんかつ」の味が忘れられなかったので、今週もまた行きました(笑)下の写真が2回目来店時にゲットした「天ぷら丼」。 ソースとんかつは、昔なつかしいこってりマヨネーズに温玉、ソースが染み込んだとんかつが入ったどんぶりです。かなり美味しかったです。かなりこってりなのでお茶は必須です!650円です〜! これが2回目に行ったときにゲットした天ぷら丼。大きなエビフライがどーんと入って、にんじん、イカフライなど5種類くらいの天ぷらが入ってます。これも650円でした。 美味しいんですが、いつも食べたら激太りしそう・・・。 これはたま〜に食べることにします(笑) 店内の様子。かなり長くやられていそうなおばあちゃん店員や若い方が一緒に働かれています。地元のご飯屋さんを思い出すようなお店で、すごくあたたかい感じがします。 あ、昔は味噌汁もついてきたみたいですけど、今はなかったです・・・TT 残念。 他にも丼ものだけではなく、ミックスフライ弁当、カツサンド、鶏肉と野菜の黒酢炒め  などなど、メニューはたくさんありました。お昼少し過ぎた13:30頃でも残ってはいるので、ぜひ行ってみてください〜!^^ 花ぜん 東京都渋谷区神宮前5-30-3 03-3499-4906
グラタンの季節がやってきた!
コンテチーズをたっぷり使い、じゃがいもとグラタンにドフィーネ地方の郷土料理です 【材料】4人分じゃがいも              4個コンテ                80g牛乳                140g生クリーム              50g塩                   ひとつまみナツメグ、胡椒、ガーリックパウダー 各少々 【作り方】1)コンテは細かくすりおろす2)じゃがいもは皮をむき薄く切る3)ボウルに牛乳、生クリーム、塩、ナツメグ、胡椒、ガーリックパウダーを入れて混ぜ合わせる4)グラタン皿にじゃがいもを平らにひと並べする5)3を回しかかけコンテをのせる(半量は残しておき仕上げに使う)6)4、5の作業を繰り返す7)ふんわりとラップをかけて700Wのレンジで10分加熱する8)仕上げ用のチーズを表面にのせて180℃のオーブンで約20分加熱し焼き色を付ける 毎年、秋になると作りたくなる定番のお料理です ホワイトソースなしでできる簡単グラタンぜひ作ってみてくださいね このグラタンに使ったチーズは「コンテ」 コンテはフランス東部、スイスとの国境にある山脈地帯フランシュ・コンテ地方が原産地のセミハードタイプのチーズです フランスで最も生産量が多く、人気の高いチーズなんですよ 硬く大きなチーズなので、カットしてそのまま食べます クセのない味は料理にも使いやすく便利! 加熱するとよく溶けるので、チーズフォンデュやグラタン、オニオンスープなどに入れてもよく合います フランスのカフェで出される軽食として知られるクロックムッシュにもコンテが使われています 塩気が強すぎず、ミルク風味もしっかりと感じられるチーズで、熟成が進むと栗やクルミのようなナッツの風味が加わります 食感もホクッとした感じになり、大変美味しいチーズです
今年二度目のサングリアでホームパーティ
梨が出回り始めたので、今年二度目のサングリアを仕込みました。 室戸産の梨、スイカ、ブルーベリー、バレンシアオレンジが入っています。 他に、いただき物の岡山産のブドウと徳之島産のマンゴー、唯一スーパーで購入したキウイで、赤・白1本ずつ。 サングリア持参で、ホームパーティにお呼ばれして来ました。 室戸は外食する場所も限られているので、誰かのお家に集まることもしばしばです。 せっかくなので、室戸産食材を使用したお料理をいくつかご紹介します。 こちらはサツマイモの茎の炒め煮。 今の時期はよく食卓に登場します。 台風接近中で漁が無いので、貴重なお魚の鯖。 焼き鯖にして南蛮漬け風の味付けで。 室戸産のドライトマトでカプレーゼ。 トマトの味が一層濃くなって、フレッシュトマトとはまた違った美味しさがあります! こちらはフレッシュトマトで冷製パスタ。 全国的にも高知産が有名な、ナスと茗荷。 室戸も例外なく、たくさん栽培されています。 夏らしくさっぱりとした美味しさです。 室戸にはお遍路さんやサーファーが多く訪れることもあり、民宿がたくさんあります。 おしゃれで快適なホテルも捨て難いですが、地元ならではの郷土料理を家庭料理で味わうなら、断然民宿がおススメです。