yukiko
1,000+ Views

男の子が喜びそう!京王線をモチーフにしたミニトートバッグ発売

京王線で、電車をモチーフにしたミニトートバッグが2月18日(木)から発売になります。
駅売店ALoT、ミニコンビニ「K-Shop」、「ギフトショップたまどう」(一部店舗除く)で買えるようです。
「今回は人気の京王線8000系や、井の頭線1000形、新しい事業用車両デヤ901・902形が発売されます。」とのことですが、どれがどれなのかわからない私...(^^;;
サイズは、幅22cm 奥行11cm 高さ19cm。
電車が大好きな子供にピッタリですよね。
これなら喜んで荷物をもってくれそう。
でも、鉄な方々があっという間に買ってしまったりするのかしら...(^^;;
「昨春、『京王線の電車柄ランチバック』として『デワ600形』をデザインしたグッズを発売したところ、発売初日の夕方に完売するなど好評だった。」(八王子経済新聞より)
入手するには覚悟が要りそうですね!
3 Comments
Suggested
Recent
@tsutom さん @yokmok さん わ。早速人気ですね〜。今日、発売日ですね!
わたしもほしい!京王電鉄、がんばってますね。次々商品だしてる!
欲しいです。
Cards you may also be interested in
LLビーンのトートバッグのUS公式限定カスタマイズ・モデル
そもそもは氷を運ぶために作られたという丈夫なキャンバストートの代名詞、LLビーンの通称”ビーン・トート”。 これがアメリカの公式サイト限定で、カスタマイズができて日本へ発送可能なことを知らない人がけっこういるので、こっそりその方法を教えちゃいます。 まず、URLはココ。 トップからだと、"Luggage">"Tote Bags">"Custom Boat and Tote Bag" (そう、ビーントートの正式名は"Boat and Tote Bag"!) 遷移後も表示されるまで、少し時間が掛かるのは仕様みたいです。あと、今日時点でスマートフォンからだと「unavailable」らしいので、PCからの操作が必須みない。あしからず。 カスタマイズできるのは、上から順に... ◆ボディサイズ(S,M,L,XL) SかMが無難かと。LとXLは大きくていっぱい入るけど、とにかく丈夫だから重くなって持てなくなりますぜ(笑)。車移動じゃないとあまり現実的じゃないかと。 ◆ハンドル長さ(レギュラー,ロング)個人的には絶対にレギュラー。ロングにした途端に”っぽく”なくなる(笑) ◆ボディカラー(現時点で15色)◆ハンドルカラー(現時点で14色) ◆ボトムカラー(現時点で14色)色々試してみるんだけど、結局は無難な方向へ落ち着いちゃうんですよね。オススメは上の画像で紹介したボディとハンドルとボトムの色を揃える”ソリッド系”。 ◆ZIPトップの有無(追加は10ドルで14色)あると便利なんだろうけど、ロングのハンドルと同じで、”っぽく”なくなると思う ◆外側のポケットの有無(追加は5ドルで14色) 上の画像ではないけど、これは絶対あった方が良いです。色もボディカラーと揃えるのが間違いない。 ここまで、終わると右下に合計金額が表示される。基本価格はサイズ次第で、ZIPトップと外ポケットだけが有料なので、分かりやすいはず。基本的には左のイメージ図で選んだ通りに確認できるけど、ボディサイズだけはスモールのサンプルしかないみたいなのでそこは注意をば。 最後に"ADD TO BAG"をクリックした上で、"CHECK OUT"を選択して、カード決済かPaypal決済をする。もしイニシャル等を入れるなら"Add a Monogram"にチェックを入れると、次の画面でイニシャル等の文字も入れられる(有料)。 で、最大のポイントがShipping(配送)。詳細はココに書いてある通り。まず金額に応じて5段階(600ドルまでの場合)、通常便(2-4週間)か特急便(1-2週間)で2段階。50ドル以下の通常便だと20ドル、450.01-600ドルの特急便だと125ドル。当然だけど、けっこうな送料がかかるので、お友達やご家族を”お誘い合わせの上”な方がお得なのは間違いない。 でも例えば、スモールのポケット有が44.95ドルでこれを3つ買うと、送料込で約170ドルだから、1つあたり57ドル弱なので日本で売られているノーマルのとほぼ同じという...(笑)
イギリス・1897年創業グローブ・トロッターのトラベルケース
どこかで聞いたことがあるかもしれないこの名前。イギリスで古くからある名店の「グローブ・トロッター」。「アナザースカイ」の二階堂ふみさんの回で行ったロンドンで、オーダーメイドのトラベルケースをここで作ってもらっていましたよ。友人がこれに似たトラベルケースを持っていてかわいいな〜と思っていたのですが、本物(?)のグローブ・トロッターはとても高いのですね。。でも、いつか欲しいと思いつつ、調べてみます。笑 注目すべきは、ヴィクトリア朝時代から使われている古い機械で1点1点作っているという点。これは創業当時から受け継がれています。 二階堂ふみさんが番組内でやっていた「完全注文」ができるのは、イギリス本店のみ。 ボディやストラッブ、裏地、部品など、組み合わせによって、100万通り以上のトラベルケースが作れちゃいます。ここまで来たら、全てにおいてこだわりを持って選びたいですよね。このために、イギリスに行けちゃいそう。笑 エマ・ワトソンやケイト・モスも愛用しているというから、セレブリティからの信頼もさすが、厚い。 あの「007」最新作で、ジェームズ・ボンドが使用しているケースもここのもの。 というか、このグローブ・トロッターの売り上げの半分以上が日本での売り上げらしい。この英国職人魂と、伝統が好きで細部までこだわる日本人の性ががっちりマッチしたのかな。 確かに、いいものを長く使いたいという欲求は他の大国ではそこまでないのかも?高くても、どんどん買い換えちゃう文化があったり。(まあ人によりますけど笑) この記事がイギリス本店で実際に注文したときの様子を紹介してます! 潜入! グローブトロッターVIPルーム Bespokeで本店ご同行の巻 日本には、都内に以下の店舗があります! ヴァルカナイズ・ロンドン青山 〒107-0062 東京都港区南青山5-8-5 TEL 03-5464-5255 日本橋三越本店1F 〒103-8002 東京都中央区室町1-4-1 日本橋三越1F TEL 03-3516-6161 銀座三越6F 〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越6F TEL 03-3562-1111 ヴァルカナイズ・ロンドン丸の内 〒100-0006 東京都千代田区有楽町 新有楽町ビル1F TEL 03 -5220-8530 ヴァルカナイズ・ロンドン伊勢丹新宿 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 新宿伊勢丹メンズ館1F TEL 03-3225-2754
新漆器「百色 hyakushiki」に驚きました!
こちら昨日のテレビで紹介されていたようなのですけど、みなさんご覧になりました? 写真のすべてが漆器なのです! 漆器といえば木製品に漆を塗ったものというのが定番ですけど、こちらはガラス器に漆を塗られたもの。今までの漆器ですとフォークやナイフなんてとても当てられませんでしたけど、こちらは内側はガラスそのままなので普通に使えるのですね。^^ 漆が塗られていているのは外側で、このガラス表面に漆を定着させられるようになったのがとても画期的な技術なのですって!素人が想像しても普通でしたら剥げてしまいそうですものね。20年の年月をかけて実現されたそうですよ。 こちらのタンブラーが気になっておりますけど、やはり朱赤の色が使われているといかにも漆という感じがしますね〜。(*^^*) テレビで取材されてましたけど、このぼかしも含めて柄付けや色つけはすべて職人さんが手作業でなさってるんです。粘度が高いのでぼかすのは難しいとおっしゃっていましたけど、こんなに均一に仕上がってるなんて素晴らしいお仕事ですね。(青いところを見ると横にたくさん線が入ってますので粘度の高さを感じます!) ストライプのものは、ストライプの上からさらに漆を塗って、外側は単色で内側はストライプに見えるデザインが多いようなのですけど、私はこのまばらに地のガラスが透けているデザインが好きです。^^ こちらのストライプ、一本一本職人さんが手で描かれてるんですよ!ボウルを一つ仕上げるのに大変な時間がかかるとおっしゃってました。具体的な時間を忘れてしまいましたけど…^^; 漆って、今は外国でもNatural Lacquerっておっしゃる方の方が多いですけど、一部のヨーロッパの方だけかもしれませんがJapanって呼んでいただけるとなんだか嬉しいですよね。 タンブラーやボウルもデザインによりますけど5000円前後のものも多いようですから、年配の方や外国人のお友達に贈りものをするときちょうどよさそうです。 こちらがきっかけで海外の方がデイリーにお使いになったら、Neo Japanと呼ばれるのかしらなんて勝手に盛り上がってワクワクしてしまいますね〜!丸嘉小坂漆器店さん、応援しております〜^^ 百式 hyakushiki 丸嘉小坂漆器店
二子玉川のFARMERS MARKET ゆっくりとカフェ
二子玉川から歩いて10分ちょっとのところにあるカフェ。ファーマーズマーケットという名前の通り農協の直売所の二階にあります。ということで、新鮮でおいしい野菜がいただけるとってもヘルシーなお店で、駅から遠い割にはかなりの人気店でもあります。 おすすめは、ランチのデリ3品・スープ・玄米ご飯orパン・ドリンクのセット。めちゃくちゃ満腹、というのには程遠いけど(食べ盛りとかお腹すいてる場合は少ないかも・・)健康的でおいしいです。あと、あの幻のパン屋さん、ルセットのパンがつく、というセットもあります。 モーニングもやっていて、モーニングパンセット 600円、パンケーキセット 600円とか。近くの人はお散歩がてら使えますね〜夜もおつまみ系、お食事系どちらも充実しています。ティータイムのケーキもおいしそうだし、かなり使い勝手のいいお店。 店内、木目調のナチュラルな雰囲気のインテリアで大きなテーブルがどんとおかれています。子供連れも多くてあとワンちゃんとか大型犬もオッケーでしたよ。結構自由度の高いお店です。 あまり回転が速くないこともあって結構並ぶことも多いですけど、空いている時間を狙って是非行ってみてください〜! http://farmers-cafe.jp/index.html