shironeko2015
500+ Views

銀座メゾンエルメスで、日本の妖怪写真展!

「なまはげ」って怖いイメージがあったけど、こう見ると愛嬌があってかわいくみえませんか??ちょっと間抜けな感じがまたいいですよね。思わず釘付けになってしまったのですが、この写真、銀座メゾンエルメスで開催中の、フランスの写真家シャルル・フレジェの展覧会「YÔKAÏNOSHIMA」での作品だそうです。
シャルル・フレジェは、世界各地で民族衣装や祭礼のコスチュームなど撮影している写真家さんで、今回の展示は日本国内の58ヵ所で取材した新作。シャルル・フレジェのフィルタを通して見た日本の妖怪たちの姿は、どこかユーモラスでもあり、神秘的でもありでいろんな発見がありそうです。
こちらは、長崎県の福江島に伝わる豊作祈願のお祭り「オネオンデ」の衣装らしいです。鮮やかな衣装が目をひきます。表情が見えないのがちょっと怖い・・・
これらの「YÔKAÏNOSHIMA」シリーズ以外に、ヨーロッパ各地の伝統的な祝祭の儀式に登場する「獣人」の姿を収めた「WILDER MANN」を含む100点あまりの写真作品が展示されるそうです。
難しいこと考えずに自然に楽しめそうな写真展。年齢問わず楽しめそう。友達の息子さん(5歳)が大の妖怪好きなので教えたところ、大喜びで行くと言っていましたw 
メゾンエルメスのシネマ、今は「青いパパイヤの香り」みたいですね。これもいいな・・・
【基本情報】
■ 開館日: 2016 年2 月19 日(金)~2016 年5 月15 日(日)
■ 開館時間:
月~土 11:00~20:00(最終入場は19:30まで)
日   11:00~19:00(最終入場は18:30まで)
■ 休館日:4月8日(金)休館。その他エルメス銀座店の営業日に準ずる
■ 入場料:無料
■ 会場:銀座メゾンエルメス フォーラム (中央区銀座 5-4-1 8 階 TEL: 03-3569-3300)
■ 主催:エルメス財団
■ 協力:MEM
■ 後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
【函館カフェ2】明治初期の建築と洋風ちらしのある『JOE&RACCOON』
ここは、明治初期に建てられた建物をリノベーションして使われている。ぼくの大好きなカフェで、夜になるといい雰囲気のこじんまりとしたバーになる。 ーーー 1864(元時元)年、現在の同志社大学の創始者である新島襄が、お店の建つすぐそばの岸壁からアメリカ船に乗り込み密航しました。その時、船中でみんなから「Joe」と呼ばれていた新島にちなみ店名に「Joe」と名付けました。そのため、同志社大学の卒業生の方たちがお店に訪れることも多々あるそうです。 ーーー 引用:http://co-trip.jp/article/8359/ 新島襄にちなんでいるとは・・なんだか、建物も名前もゆかりがあっていいですな。 「洋風ちらし」(990円)は、ホタテやまぐろ、いくらがのっていて特製ソースもたっぷり。本当にもう最高な味で、見た目も珍しいので、外国人の友人がいたら、連れて来たいところ。 味があるカウンター。他にもコーヒーやガレットなどがある。 また、行きたいなー。ここは、赤レンガ倉庫からも近いし、おすすめですよー! JOE&RACCOON(ジョーアンドラクーン) 〒040-0052 北海道函館市大町9-14 TEL:0138-23-5655 OPEN:11:30~21:00 水曜日定休 市電大町駅から徒歩5分 駐車場あり
京都の穴場、まさに「はんなり」の城南宮(早春は枝垂れ梅と椿の響宴)
友人曰く「まるであの世の光景」だそうですが、私まだ生きてます(笑)。 遡る話なので同じ光景が見られるのはまた来年になりますが、これは普通に京都観光で撮った一枚。このシャッタースポットは多少穴場ではあるんですが、でもこの光景を狙ってここにずっと通ってる写真家さんもいます。 こう見ると観光地っぽいですよね。 場所は京都城南宮の神苑内、「春の山」と呼ばれているエリアの入口付近です。上の写真はこの春の山の逆側に回り込んだあたりから撮ったもの。ここから長い間、向こう側が見通せないくらいの枝垂れ梅が続きます。 苑内を一周してみると全敷地がとても華やかに造園されていて、それぞれの旬に訪れてみたいと思う場所でした。現地のあちこちに「源氏物語」と書かれていたので帰って来て調べたら、そもそも白河上皇が源氏物語の六条院から着想して作った離宮ということで納得。京の言葉で言えばまさしく「はんなり」ですね。 今年2月18日から3月21日は「しだれ梅と椿まつり」。椿は苑内あちこちで見かけるんですが、この春の山は写真の枝垂れ梅がメインのエリアです。今知りましたが期間内は美容健康と招福の「梅の花守り」が梅を冠した巫女さんから特別授与されるとのこと。私もいただいてくればよかった…。同じ羽目にならぬよう、事前に上のリンクで見頃や椿餅など一通りチェックされるのをお勧めします。 私が行った3月一週目は旬を過ぎたころだったのか、風がふくたびに桜吹雪のような梅吹雪が舞い散りました。 だから築山の地表はこのとおり。この写真だと梅の枝は既に花が散って寂しい状態なんですが、この地表だからこその一枚目の写真(地面が白ピンク)になるんですよね。だから枝垂れ梅の散る前でも散り過ぎたころでもない、ちょっとだけ遅いタイミングを狙うと「あの世」感が味わえます。 というわけで、城南宮お勧めです。私も京都に行ったらなるべく訪れることにします。 実は城南宮は京都の南側で周囲になにもないので(※)わざわざ行くのは時間が惜しいと思ってました。 実際行ってみると京都駅から地下鉄で7分&タクシーで1メーターで行けます。タクシーに乗らず20分歩いてもいいのですが、歩いて楽しい道ではないし、旅行中なら貴重な時間と体力をセーブする方がいいかなと思います。ただしタクシーが非常に少ないですが…。 ほかに京都駅から京都らくなんエクスプレスバスで20分程、または市営バスで30分程という手もあります。 ちなみにこれから4月になると桜・藤・つつじの時期、「春の御苑花めぐり」というイベントに切り替わるそうです。 方除けの大社 神南宮 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地 075-623-0846 ※周辺地図を見ると周りに色々あるみたいですね。鳥羽離宮跡はチェックすべきだったかも…というわけで歩くのも悪くないかもしれません。次回はちゃんと予習しなくては!(でも道によっては環七みたいな感じなんですよ)
青おにぎり(京都法然院・銀閣寺近く)
青松さんというご主人が握りたてを出してくれるおにぎり屋さん。略して?青鬼がイメージキャラクターみたいです。ずっと気になってたのですがテイクアウトだけと思いこんでて、今回前を通ったらイートインやってますと書いてあったので初入店を果たしました。 握りたてのおにぎりと、お味噌汁や出汁巻などお昼ごはんとして充分な食事がいただけます。 カウンターで10席くらいあると思いますが、なにぶん全部一人でやられてるので、注文はメモに自分で書いてカウンターに乗せるし、会計は自分で払って用意されてる籠からお釣りを取ります。なぜか迷惑かけないように協力しなきゃという使命感に駆られるお店です(笑)。 超観光ルートからはちょっと外れてますが、その分地元の人もひっきりなしに注文しに来てたのでハイシーズンはかなり混むかもしれません。 入り口のリヤカー(これ移動販売で出動するみたいです)にもメニューが出てていちいち具が気になります。奥のしめ縄がかかった石がおにぎり型! 店内とおにぎりの写真は撮ってないんですが、店一面に子供が描いた青鬼の絵が貼ってあって、ご主人の怖そうな印象を緩和してます。というかはじめ怖そうな人かと思ったけど、全然そんなことなくて特に子どもちゃんにはものすごく気を遣って優しい感じでした。 おにぎりは羽釜で炊いたごはんで、お米が潰れない絶妙な握り方。ちょっと分厚目のおにぎりで大きく見えたので二個にしておいたけど、この握り方なら三ついけたかも。青鬼という辛口のちりめんピーマンと、クリームチーズ山わさびをいただきましたが具も美味しかった。握りたてで食べるので若干塩がきつめに感じますが、テイクアウトするとちょうどいい塩梅なのかなと思います。ちなみに3個以上持ち帰りにすると昔ながらの竹皮で包んでもらえるそうです。 お味噌汁も美味しかったけど注意があって、汁椀の縁が少し割けはじめてる箇所があるので、気づかず飲んでると予想外の場所からお味噌汁が漏れてきます。洋服にこぼさないように… この付近で食事しようと思うと甘味処や観光客向けのコスパ悪い店がほとんどなので、とっても貴重ないいお店だと思います。開店時間が11時半からなのが惜しいけど、このエリアの散策コースに毎回組み込もうと思いました。 青おにぎり 京都市左京区浄土寺下南田町39-3 営業時間:11時半から夕方売切れ次第終了
絶対覚えておきたい「写真の基本構図」を説明した動画
私は写真を撮るのが下手だ。せいぜいポケモンスナップで良い点数をとるのが限界である。 しかしこの写真家Steve McCurry氏が説明する「写真の基本構図」を頭に入れればもしかしていい写真が撮れるのではないだろうかと思えてきた。 この動画ではベーシックを教えてくれると共にその構図の参考となる素晴らしい写真を例に出してくれている。 めちゃくちゃ数が多く全てはここで紹介できないので少し紹介していこうと思う。 ① 9分割した時の交差点 どういうことかと言うと、写真をまず9分割する。 そしてその線が交差するところに目を引くポイントを置くのだ。 そのようにするとこんな写真が撮れる 確かにこのような構図の写真はよく見る。 ② 9分割した時の線に沿った写真を撮る どういうことかと言うと写真の中にある立体感を出すラインをこの線に合わせるのである。 この構図を取り入れた写真がこちら これは横だが、縦と合わせて色々な組み合わせが出来そうだ。 ③ 自然のラインで目線を集めろ! これはどういうことかと言うと世の中にはよく見ると色々な「線」がある。 その線の矛先を一箇所に集めよう! このようなことである。 この他にもたくさん紹介されているので是非写真を上手く撮りたい人は一番上の動画を見て欲しい。 見た感想としては「線」を意識することが大切なんだな、と感じた
意外と知らない人が多い? オススメしたいエルメスの香りの買い方
久しぶりに香りをアップデートしようと思ってエルメスを覗いてきたのですが…懐かしのカレーシュやアマゾンはもとより、パルファンやコロンなど年々新しい香りが発売されて結構なラインナップになってたんですね。全然知らなかった。 特に Helmessence Collection というブティックショップでのみ扱われているシリーズは今や13種類!毎年必ず増えるわけではないらしいですがかなりの数です。(このエルメッセンスについては語りたいことだらけなのでまた後日!) さてそんな沢山の香りから1つを選び取るって至難の業なわけです。そもそも私これまでに1本しっかりフレグランスを使い切ったのはほんの数えるほど…だいたい途中で飽きちゃって…なので、最近は欲しい香りがあってもなかなか手を出さずにいたんですよね。 そんな私が久々に買う気になったのがその名も“ノマドセット” 私が勝手に付けた名前じゃありません。本当にそういう商品名で、なんと15mlの持ち運び可能なサイズ4本セットでの販売があるんです。しかも4本違う香りを選んでもいい!以前はインテリアの一部としてボトルを並べるのも好きだったんですが最近はそうでもなく、収納しやすくて且つ出ていても主張しすぎないところも気にいりました。オフィスにも1本、ポーチに1本なんてサイズ感がまたよし。 ちなみに、エルメッセンス以外の香り(デパートの香水売場でも販売されている香り)は、エルメスオレンジの小袋に収められています。対してエルメッセンスは写真1枚目のナチュラルヘリンボーンの小袋。どちらも持ち歩くことを考えるとちょっと嬉しいですよね。 あと全ての香りで15mlサイズの用意があるわけではないので、ここで組合せられるものがラインナップと考えればよいようです。(エルメッセンスはまた別です) 1つだけ要注意で、4本セットを選ぶ時にエルメッセンスシリーズとそれ以外をMIXすることができません。1本あたりの価格も違います。私は両方のグループに好きな香りがあったので組合せられないのはやや残念でしたが、でもまあね、こんな買い方できるだけでありがたいです。ご存じなかった方はご参考までに!