zajiz
2 years ago500+ Views
透明電車あらわる?!新型車両が西武線特急2018年に登場発表!
新しい電車の発表に喜んだのは乗り鉄?撮り鉄?
なんとレッドアロー号から25年ぶりの西武鉄道の新車両作成の発表された。
「風景に溶け込む特急」登場 「建築界のノーベル賞」受賞者がデザイン 西武http://trafficnews.jp/post/49423/160314_seibu_01/
この新車両、デザインコンセプトからしておもしろい。
1.都市や自然の中でやわらかく風景に溶け込む特急
2.みんながくつろげるリビングのような特急
3.新しい価値を創造し、ただの移動手段ではなく、目的地となる特急
リビングのような、は想像できるけど、風景に溶け込むって?目的地となるって?
という素人には謎が多いキーワードが出てきてる。
イメージイラストをみると、なんとなくわかる気も。
まだ検討中とはいえ、確かに風景に溶け込んでもはや透明車両に!!
西武鉄道からのリリースにはいろいろヒントが書かれてる。
『いままでに見たことのない新しい特急車両を』手がけるのが、建築家の妹島和世。
妹島和世氏と西沢立衛氏の建築ユニット「SANAA(サナー)」の代表作は金沢21世紀 美術館(2004年・石川県金沢市)や、 小笠原資料館(1999年・長野県飯田市)など。
建築界のノーベル賞「プリツカー賞」を受賞しているとだけ聞くと期待したくなる。
(小笠原資料館)
新車両の登場は2018年度ということでまだちょっと先のようだけど、この自己主張しない自己主張。実現したら面白いかもね~。
はやくはやく!
0 comments
2
Comment
2