mayuk
2 years ago1,000+ Views
春と秋、年に2回のみ公開!知る人ぞ知る桜の名所「日立中央研究所庭園」
早いものでもうすぐ春、桜の季節です!!!今からお花見が楽しみなわけですが、今年こそ是非行きたいと思っているのがこちらの日立中央研究所庭園。普段は一般公開はされていないのですが、春の桜の時期と秋の紅葉の時期の2回だけ限定で入ることができる知る人ぞ知る名所。大分前ですが「ブラタモリ」でも紹介されていたので今や知る人ぞ知る、ではないかもしれないですけど・・・!
場所は国分寺駅から約10分。恋ケ窪方面に歩いたところにある手つかずの自然が残された古き良き武蔵野の森。桜以外にも、古い樹木や珍しい植物、大きな池、沢山の野鳥と見所はたくさん。野川の源流になっている湧き水も見られるそうです。(たしかブラタモリでもやっていましたよね!)
4月の解放日、まだ発表になっていないようなのですが、おそらく例年通り第一日曜日の4月3日あたりかなあと〜予想しています。
にしても、日立の研究員の方たちはいつも「森」でお仕事しているということですよね。
なんてうらやましや・・・
2 comments
ここ、何度か前を通ったことあります!すごい森っぷりに圧倒されました。一般公開日があるとは知らなかったです。行ってみたいな〜!
2 years ago·Reply
おお、そうでしたか!あの辺はほんと自然がいっぱいでいいですよねー。普段解放されていないだけだけにますます気になりますよね〜
2 years ago·Reply
4
2
2