helmutcotov
1,000+ Views

バーン・キラオ

おそらく一番行く回数の多いタイ料理屋。
スタッフもタイ人で、雰囲気もメニューも屋台風。安くて、旨くて、活気もある良いお店。都内に3店舗あって、よく行くのは新宿と下北沢(ほかに国立にもある)。
新宿本店は、去年の年末に数十メートルほど移転して、”パラダイス”という意味不明な名称変更がなされ(定着するのか?笑)、個室ができたりもして小綺麗になったけど、変わらず朝5時までやってるし、引き続き安心感がある。深夜に食べるタイ料理がまた最高なんですな!
下北沢店はランチから通しでやってるのがかなりポイント高い。夜も、シモキタでは他に替えが効かない貴重な存在。
新宿や下北沢へ行く機会が多い人なら絶対お薦めの1軒。
■新宿本店(パラダイス)
03-3352-1070
17:00-29:00(日曜は24時まで)
年中無休
■下北沢店
03-3468-7400
12:00-23:00
年中無休
■国立店
042-571-6373
11:30-14:00/17:00-23:00(土日祝は12:00-23:00でランチが16時まで)
月休
■関連情報
*食べログ(新宿下北沢国立
3 Comments
Suggested
Recent
ですです!笑 親子大歓迎なエスニックって珍しい気が!!
あ、ここ、三丁目側の姉妹店!え、でも親子連れって...子供が小さい時からタイ料理のスパルタ教育しちゃおうぜーっつーことですか?
ここ、親子貸切できるところですね。http://www.baankirao.com/babythai/index.html いいかも。行ってみます!
Cards you may also be interested in
現存する日本最古のビヤホール 「ビアホールライオン銀座七丁目店」
ビールの美味しい季節ですが、季節問わず美味しいビールを楽しく飲める場所といって一番に思いつくのがここです。1934年創建、現存する日本最古のビヤホールで、戦時中幸いにも空襲を免れた貴重な建物でもあります。 駒澤大学耕雲館(現在は禅文化歴史博物館)なども手がけた菅原栄蔵氏による設計の内装は、当時の建築技術を結集して作られたもの。歴史が詰まった荘厳な空間です。 知らなかったのですが、内装は「豊穣と収穫」をテーマとしてつくられており、『麦の穂』をイメージした柱や、『豊穣』や、『ビールの泡』をイメージした電球などもあるのだとか。細部まではちゃんとチェックできてなかったので今度いったときはしっかりみてみます。 この日本初の250色ガラスモザイク壁画もすばらしく、見応えありますよ〜 これを眺めながら飲むビールがまたおいしいのです。 その他、『生ビールの達人』ともいわれるビールマイスターがいたり、こだわり抜いた「サッポロ生ビールの味」だったりと、オススメポイントは他にも。 ビールはあんまり...な人も建物としての魅力が満載なので行ってみる価値ありです。 お料理も美味しいですよ。 ビアホールライオン銀座七丁目店 http://r.gnavi.co.jp/g131800/
厚揚げの中華風サラダ☆お酒のおつまみ
この前、このレシピを発見し、お酒のお供に作ってみました♪ 簡単でお腹もちもよくて、コスパも最高です♡ 材料 厚揚げ 1枚 もやし 1袋 A 酢 大さじ2 醤油  大さじ2 砂糖 大さじ1 みそ 大さじ1 ごま油 小さじ1 にんにく すりおろし 1片分 小ねぎ、白ごま 各適量 作り方 ①もやしは、熱湯でさっと茹でる。 ②ざるにあげてそのまま冷ます。(水っぽくなるので、水にはさらしません。) ③厚揚げは、熱湯をかけて水けをきり、オーブントースターで約8分焼いて、食べやすい厚 さに切る。  ※お魚を焼くグリルでもOk。 ④Aの調味料を混ぜ合わせてタレを作る。  皿にもやし、厚揚げの順で盛り、Aのタレをかける。  白ごま、小口切りした小ねぎを散らす。 そしてここにちょっとアレンジして・・・・ 冷蔵庫に、「ちりめんじぁこ」が あったので、カリカリにして上からかけて食べてましたよ=333 なんといっても、この味噌を入れるのがポイントな気がします!! たれは作り置き可能との事で、多めに作って、保管しておきました♪ 最近では、サラダ・豆腐・唐揚げにかけたりして使ってますよ~(*´∇`*) 低カロリーで美味しく、味もさっぱりしているので、焼酎・日本酒のおつまみにはバッチリです!! 参考レシピ https://oceans-nadia.com/user/36/recipe/101061
窓からはイサムノグチが手がけた石庭も!丹下健三建築の草月会館のカフェ
港区赤坂にある建築家・丹下健三氏の設計「草月会館」にカフェがオープンしていました!手がけたのはデザインオフィスnendo。天井や壁面には触れずにそのまま残したそうなんですが、やはり床が違うとここまで印象がかわるとは。(下の「レストラン薔薇」と見比べてみてください) 以前から使っていたエーロ・サーリネンの「チューリップ・チェア」「チューリップ・テーブル」も補修してマットブラック塗装を施して再利用したそうです。木目に黒い家具、というのがシックでモダンな印象を引き立てています。 窓からは、イサムノグチの石庭、さらに高橋是清翁記念公園、赤坂御所の緑も楽しめます。そんな贅沢な場所でいただけるコーヒーが目黒の人気店「Switch Coffee Tokyo」のものだというからもう言うことなしですね・・・そして大きいテーブルには電源もあるらしい。 すばらしい。。 ちなみに、こちら公式ページでは、「草月指導者連盟会員のくつろぎの場として ご利用いただけます」との記載がありますが一般の方でも大丈夫のよう。ただ、土日は空いてないようなのでその時点でハードルがかなりあがってしまいますが。 いつか機会見つけていってみたいです。 ちなみに、こちらが改装前の「レストラン薔薇」。やはりちょっとレトロな印象が強いですよね。これはこれで好きですけど・・ connel coffee http://www.nendo.jp/jp/works/connel-coffee/space/?genre http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13185974/
メーヤウ
信濃町にある都内随一のタイカレーの名店。昼夜通し営業でメニューも共通。遅めの昼にとても重宝する。代わりに閉店は早い。 カレーは3種類でどれも780円。他にカオマンガイとガパオ、タイ風牛スジ煮込みそばがあり、それらの組み合わせてセットメニューもあり。 お店は地下にあり、入り口からの雰囲気はスナック風だけど店内は意外に広くゆっくりできる。ただしつまみ系メニューはなく飲み用途には向かない。食べたらさっさと帰る人が殆どで1人か2人向き。女性1人でも入りやすいかと。 ※早稲田メーヤウ等との関係についてはこちらが参考になる。 店名:メーヤウ 店舗形態:老舗カレー専門店 価格帯:500〜999円 最寄駅:信濃町 住所:新宿区信濃町21 大門ビルB1F 電話番号:03-3355-0280 営業形態:昼夜通し 営業時間:11:30-20:30(LO20:00)※土曜は19:00迄 定休日:日祝 創業:1983年 関連サイト:食べログ ※公式サイトなし Aセット(メーヤウカレー + タイ風牛スジ煮込みそば小) タイカレーの草分け的存在ということで、現地の本格カレーというよりも、かなり日本人向けにアレンジされたされたタイカレー。その点はデリーやエチオピア、ボンディなんかと立ち位置が似ています。 ”大辛”のメーヤウカレーだけど、実際にはそこまで辛くなく、ココナッツミルクの風味も控えめ。あっさりしているけどコクがあり、相変わらず中毒性が高い。具はほろほろの骨付きチキンとじゃがいも、ゆで卵という潔さ。+30円で追加できるパクチーは嫌いじゃなければ外せません。×2にしても良いぐらい。セットのタイ風牛スジ煮込みそばがこれまた旨い。 値段:1,130円(税込) カレー:タイカレー ごはん:日本米? 具材:骨付チキン、じゃがいも、ゆで卵、パクチー(オプション) 異国感:★★★☆☆ スパイシーさ:★★★☆☆ 味わい深さ:★★★★★ ガッツリ度:★★★★☆ 辛さ:★★★☆☆ 総合評価:★★★★☆(月1で通いたい) 2016年3月某日
素材うまっ。d47食堂@渋谷・ヒカリエ
「素材うまっ」っておかしいか・・・笑 でも、とにかくここのレストランのメニューは、素材が生きてるんです。 先週行ったばかり。ヒカリエに行くたびにちらっと見てはいたんですが、なんとなく入ってなかったお店。が、こんなに美味しいとは思わなかったです。(絶賛) このお店には、以下のようなコンセプトがあります。(以下、公式サイトから引用) d design travel編集部は旅先で様々な食の生産者とも交流を持ちます。d47食堂は、そこで出会った方々から仕入れた四季折々の食材をつかう定食屋です。47都道府県の「食」をテーマに、生産者や器の作り手の想いを伝え「おいしく正しい日本のご飯」を提供していきます。 d design travel という本、書店でみかけたことがある人いますかね?その編集部が47の都道府県と季節を感じる定食屋を作ったんだそう。たしかに、メニューにもしっかり説明がついていて、ストーリーを感じながらいただくことができます。 どーん!これが、私が注文した大分県の「大分定食 とり天(1,650円)」! この前に、綺麗な花のようなお新香とお茶がでてきました。(写真は撮り忘れました…) とり天なるもの、おそらくはじめて食べたような気がします。ふわっふわでした! 中央のポン酢につけて食べます。ふわふわな天ぷらに、ポン酢がよく染み込んで美味。 いくらでも食べれそうでした、すぐ無くなりました…全部美味しかったんですけど、しらす豆腐がさっぱりひんやりして、天ぷらによく合いました。最高です。 ちなみに友人は、「長崎定食 松浦港のアジフライ 1,520円」を注文。無類のアジフライ好きという彼女ですが、こんなに美味しいアジフライはじめてだ、と絶賛していたので、こちらもおすすめ。 これが「d design travel 大分」。 ラムネ温泉館というものもあるらしい。あまり関心はなかったのだけど、この「とり天」を現地で食べたくなってしまったので、これを片手に巡ろうかな。(まんまと編集部に動かされています笑)→ http://www.d-department.com/jp/oita/travel これは、大分市内にある「キッチン丸山」のとり天。 市内で「とり天」で最も有名だとされるお店らしい。 つい、調べてしまったけど、d47よりころころしたとり天。 本場のとり天、別府温泉に行ったついでに食べよう。TODOLIST行き。 大分県大分市顕徳町1-6-15 11:00~14:30 (ランチ営業のみ) d47食堂 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 11:30~14:30 ランチタイム 14:30~18:00 ティータイム 18:00~22:30 ディナータイム(ラストオーダー/フード21:30 ドリンク22:00) 59席 全席禁煙(喫煙ルーム有り) http://www.hikarie8.com/d47shokudo/
自由が丘らしからぬ店構えも魅力 タイの食卓 クルン・サイアム×アティック×
自由が丘というと、おしゃれな雑貨屋さんやカフェ、というイメージがありますけど結構それとは真逆なお店もあったりするんですよ〜。(いい意味で。) ここはそんなお店の代表格といっていいかも。駅近くの怪しげなビルの4階にあるタイ料理屋さんです。同じ系列のお店がもう一軒自由が丘内にあるのですが、こちらのほうが穴場感があって好きです。 この入り口から4階まで狭い階段を歩いていかなければならないというところからして...期待感高まりますよね。 店内はこんな感じのカウンター。狭いのですが、隠れ家みたいな感じで居心地がいいです。ひとりでも入りやすい、というのもありがたい。 わたしは未経験なんですが、夏限定で、6F屋上テラス席でビアガーデンが楽しめるそうです!一人3,500円で飲み放題たっぷり2時間、タイのおつまみ2品付、ビールサーバー設置でお好きなだけビールが飲めるらしいですよ〜。いつか行ってみたいなあ。 それと、料理はとっても美味しいです!ボリュームもあるし、かなりコスパもいいですよ。麺類が種類豊富なのもいいです。わたしがよく行くのは主に自由が丘の2店舗なのですがそれ以外にも六本木、中目黒、吉祥寺などにも。この春には、渋谷にもできたそうです。 機会あればぜひ行ってみてください〜 タイの食卓 クルン・サイアム公式 http://www.krungsiam.info タイの食卓 クルン・サイアム×アティック×はこちらです。 http://www.krungsiam.info/attix.html