shironeko2015
2 years ago1,000+ Views
京都にある宿泊型アートスペース クマグスク
最近、「泊まれる本屋」とか、「IKEAでのお泊まり会」とか本来泊まる場所ではない場所に泊まっちゃおう、みたいなの流行りなんですかね。京都にあるこちらも面白そうですよ。
kumagusukuとは、"アート"と"ホステル"を合わせ、展覧会の中に宿泊し、美術を体験として深く味わっていただくための宿泊型のアートスペースです。展覧会は、年一回のペースで開催され、その度に全く違う宿泊空間に変貌を遂げます。私たちは、美術とは単に癒しや美しさのためだけでなく、日常をあらたな視点から捉え直し、世の中に様々な問いを投げかけるものだと思っています。そんな空間で一晩を過ごすことは、宿に本来求められる快適さや利便性からは少し離れているのかも知れません。しかし、時に鑑賞者の価値観を覆し、心を揺さぶるような体験がそこには存在します。
上の文章を読んで、新潟・越後妻有アートトリエンナーレの「泊まれるアート作品」を思い出したけど、これは作品そのものではなく「展覧会の中に宿泊」なのでそれともまたちょっと違うのかな〜 いずれにせよ、「美術を泊まって体験」できるなんて普段はそうそうできないことだし、かなり面白そう。さすがに「美術館にお泊まり」はちょっと怖そうなのですけど、部屋の写真を見る限りは普通にシンプルで使いやすそうです。 注意点としては、展覧会の企画によってはギャラリー以外にも客室、共用部分に作品が展示されていることがあるそうです。もともとは築70年の民家だったものだったそうで、どんなふうに改修されているのかも気になるところ。 値段も朝食付き1名様利用7,000円〜と使いやすい価格! さすがに現時点で3月中はすでに満室、ですがGWならまだ大丈夫そうです! http://kumagusuku.info/
0 comments
4
Comment
3