chottoniche
500+ Views

アニメ放送が決定した人気マンガ「僕のヒーローアカデミア」のPVがかっこいい!

少年ジャンプで連載している人気少年マンガ「僕のヒーローアカデミア」を知っているだろうか?
最近のジャンプ作品の中では個人的にかなりの大ヒットである。
その人気少年漫画がこの度4月3日からMBS、TBSで放送スタートされる。

「僕のヒーローアカデミア」

誰もが「個性」と呼ばれる超能力を持つ時代...
その個性を悪用する犯罪者「敵(ヴィラン)」とそれを取り締まる「ヒーロー」が混在する世界。
その中で珍しく個性を持たない主人公・緑谷出久(デク)がヒーローを目指し奮闘する。
「個性」を生まれつき持たないデクがNo.1ヒーローの「オールマイト」と出会い、物語が動きはじめる。

このPVだけでもこの王道的少年漫画といえる「熱さ」が伝わってくるであろう。

友情、涙、憧れ、葛藤、力、戦い」少年漫画に必要な要素を全て盛り込んだ作品なので漫画を読んでいない人もアニメを要チェックだ!!!
Comment
Suggested
Recent
Cards you may also be interested in
2016年はアメコミ映画が熱いぞ!!!【まとめ】
2016年といえばアメコミ映画が熱い。 様々な映画の予告編が出てきているがこれをまとめてみた バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 スーパーマン マン・オブ・スティールシリーズの新作だ。 この映画のテーマは、「スーパーマンのような超人的能力を有した人物を信用できるのか?」というものだ。 バットマンが果たしてあのスーパーマンと戦えるのか、というところが気になるところだ。 デッドプール このデッドプールの面白いところは家族で楽しめるヒーロー物の中で珍しくR指定されていることだ。コミックの世界観を醸し出すために暴力、暴言が溢れる大人向けになっている。 デッドプール(英: Deadpool)、はマーベル・コミックの登場する架空の人物。本名ウェイド・ウィルソン。脚本のファビアン・ニシーザとアーティストロブ・ライフェルドによって生み出された。初登場は1991年2月刊行のニューミュータンツ#98。X-FORCEに再登場して以降アベンジャーズやデアデビルなどにゲストとして登場している。 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 本作品は『エイジ・オブ・ウルトロン』の後の出来事で、ヒーローを二分する内戦が描かれる。 シビル・ウォーのストーリーの前提には、アメリカ合衆国が施行したスーパーヒューマン登録法(Superhuman Registration Act)という架空の法律が関わっている。同じような法律はこれまでも物語上の仕掛けのひとつとして、X-メン(アンキャニィ・X-メン)、DCコミックのウォッチメンおよびニュー・フロンティア、パワーズ、Mr.インクレディブルなどでも用いられていたが、ポップカルチャーの象徴とされるような超人キャラクター達を永久的に変えてしまうようなスケールでは決して行われなかった。 Teenage Mutant Ninja Turtles Out of The Shadows 『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』(Teenage Mutant Ninja Turtles)は1984年にミラージュ・スタジオから出版されたアメコミを原作とするアニメシリーズ、および作中に登場するグループの名称である。略称は「TMNT」もしくは「忍者タートルズ」「ミュータント・タートルズ」。 Gambit ガンビットはX-MENではかなり人気あるキャラクターの1人。 手に持った物体に破壊エネルギーを込める(チャージする)能力を持つ。ただし生物に破壊エネルギーをチャージすることはできない。破壊エネルギーはキネティック・エナジーと呼ばれる。普段はトランプをよく使うが、破壊するパワーは物体の質量に依存するためトランプより小石の方が威力が強く、そのことを作中で自ら嘆いたことがある。なお、質量が大きくなるほど、エネルギーをチャージする時間が長くなる。 X-MEN:アポカリプス 2000年のシリーズ第一作目公開からファンを虜にしてきた『X-MEN』シリーズ。その新作が2016年公開予定だ。ストーリーについてはまだ詳細が明らかになっていない。
東映で制作された日本版特撮「スパイダーマン」が面白い
今や世界で一番人気とも言えるMARVELスーパーヒーローのスパイダーマン。 そんなスパイダーマンが実は日本でも制作されていたことをご存知だろうか? それが東映がマーベル・コミック社とキャラクター使用契約を交わした東映製作の特撮テレビドラマである。 そしてこのスパイダーマン、コスチューム以外とてもスパイダーマンと言えないのである。 スパイダーマンのキャラクターを使用しているが、設定や物語は東映が独自で創作している。 戦闘では巨大ロボット・レオパルドンに乗り込んで戦う。 巨大ロボットレオパルドン!? そう、上記の画像の後ろにいるロボットである。完全に日本の特撮風にアレンジされたスパイダーマンなのである。 ストーリー: オートレーサーの山城拓也は、高名な科学者の父を研究成果の悪用を目論む異星人のモンスター教授に殺された。故郷を滅ぼされて教授を追って来たが力尽きたスパイダー星人・ガリアから、蜘蛛の能力を与えられて、超人・スパイダーマンとなり、仇である教授が率いる鉄十字団と戦う。 仮面ライダーかな!? と思わせる設定。最高である。 登場の時のセリフがいちいち面白く、ネットでも話題(ネタ)になっている。 そしてスパイダーマンなど数々のマーベル・コミックの原作者であり、マーベルの重鎮のスタン・リーの「東映スパイダーマン」に関するインタビューもYouTubeにあるので是非見て頂きたい。 めちゃくちゃ優しそうなおじいちゃんである。そして東映スパイダーマンが出てきて生みの親スタン・リーと握手する。スパイダーマンが腰が低いのが少し面白い。
ドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」感想
日本全国の婚活中の皆さんコンニチハ。 先日、失恋したばかりのazukiと申します。 失恋話を既婚者の先輩に話したら、このドラマを見ろ!役に立つ!と強く勧められまして、見てみました。 (もう第1回目の放送は終わっているのですが、以下のサイトで見ることができますよ↓) http://tver.jp/episode/15165085 ストーリーをざっと説明しますと、主人公の中谷美紀は39歳の開業医で、バリバリ仕事をこなしており、これまで結婚をしたいと思わなかったんですね。 ところが、ある日、高校時代に片思いをしていた徳井義実に再会して、恋心が目覚めるのです。そこに、どSな日本料理店・店主の藤木直人が恋愛指南役として中谷美紀に絡んでくるんです。 以下は、第1話のネタバレ感想なので、ドラマを見た人だけ、読んで下さい。 女子会ばっかりしている30代独身女に対して、どSな男があれこれと口を出してくれるという構図は、東村アキコのマンガ「東京タラレバ娘」とまったく同じですね。 徳井にやんわりとふられた中谷美紀に対する藤木直人のアドバイスですが、、、 男と会話するときは以下のようにしろと彼は言うんですよ。 ・男に対して突っ込め。ツッコミマスターになるべし。 ・話題をどんどん揺さぶる吊り橋トークをしろ。 ・突然話題をかえたりしろ。 ・ソフトタッチしろ。 ・男を勘違いさせろ。 ・男の上に立つんだ。 全体的に、まるでクルクルと動き回る猫のような態度をとれ、翻弄しろ、といったアドバイスなんですよ。 男に対してウンウンうなずくだけ、下手(したて)に出る姿勢は×、というのは、わかる。わかりますよ。 でも、なんかこれってなんか、あざとくないですか!? ソフトタッチが異性に効く、というのもこちとら40年近くも生きてるから知ってますよ? でも、今更それをやるってーのも、いかにも過ぎやしませんかね!? 皆さん、どう思います!? とりあえず、このドラマを見た男性からの意見を聞いてみたい!!! そして、第1話の最後、藤木直人は、中谷美紀に「仮氏」を作れ、と言って終わるのです。 仮氏!? 仮氏って何!?気になる!!! 来週も必見でございますね。。。
絶対覚えておきたい「写真の基本構図」を説明した動画
私は写真を撮るのが下手だ。せいぜいポケモンスナップで良い点数をとるのが限界である。 しかしこの写真家Steve McCurry氏が説明する「写真の基本構図」を頭に入れればもしかしていい写真が撮れるのではないだろうかと思えてきた。 この動画ではベーシックを教えてくれると共にその構図の参考となる素晴らしい写真を例に出してくれている。 めちゃくちゃ数が多く全てはここで紹介できないので少し紹介していこうと思う。 ① 9分割した時の交差点 どういうことかと言うと、写真をまず9分割する。 そしてその線が交差するところに目を引くポイントを置くのだ。 そのようにするとこんな写真が撮れる 確かにこのような構図の写真はよく見る。 ② 9分割した時の線に沿った写真を撮る どういうことかと言うと写真の中にある立体感を出すラインをこの線に合わせるのである。 この構図を取り入れた写真がこちら これは横だが、縦と合わせて色々な組み合わせが出来そうだ。 ③ 自然のラインで目線を集めろ! これはどういうことかと言うと世の中にはよく見ると色々な「線」がある。 その線の矛先を一箇所に集めよう! このようなことである。 この他にもたくさん紹介されているので是非写真を上手く撮りたい人は一番上の動画を見て欲しい。 見た感想としては「線」を意識することが大切なんだな、と感じた
渋谷LOFTのSTAR WARSコーナーに行ってみた【レポート】
渋谷Loftで10月4日までやっているSTAR WARSコーナーに行ってみました! 詳細はこちら http://www.loft.co.jp/lp/STARWARS/ 平日の昼間でも賑わうSTAR WARSコーナー 平日の昼間にたまたま通りがかったので寄ってみました。 まず入った瞬間にもうテンションがぶち上がってしまい、ちょっと立ち寄ろうと思って入ったにも関わらず長居してしまいました。 コーナー自体は広くはないのですが、店の中を何周もしてしまうほど見応えありです。 マグカップ、ステッカー、トートバッグ、ぬいぐるみ、衣類、コスチューム、日用品、人形、ノートなどありとあらゆるグッズを揃えているこのコーナーはSTAR WARSファンでなくても見ていて何かこみ上げてくるものがあるはずです。 その中でも一番熱いと思ったグッズはなんとプラモデルでした! STAR WARSプラモデル http://bandai-hobby.net/sw/index.html これはもうヤバイですね。 しかもダース・ベイダーとストーム・トルーパーは2592円という値段! 買うしかないですね。 店頭では無料でプラモデルのカタログがもらえる! ちゃっかりもらいました。 そして何よりも大画面で新作「STAR WAR フォースの覚醒」のメイキング映像が流れていて、それを見ている大人たちが皆ニヤニヤしているのが素晴らしかったです。 買い物をしにきているスターウォーズファンが腕を組み、ニヤニヤしながらこの動画を見ている光景をみて改めてスターウォーズのコンテンツとしての強さを感じました。 気になった方は10月4日まで渋谷LOFTでやっているので是非行ってみては? http://www.loft.co.jp/lp/STARWARS/ http://starwars.disney.co.jp/movie/force.html ちなみに私はこのポスターを480円(安い!)で買いました。
【名言紹介】『ぼのぼの』20年ぶりTVアニメ化 【2016年4月】
20年前に放送されていたテレビアニメ、「ぼのぼの」をご存知であろうか? 単行本は40巻が刊行されており、累計発行部数900万部を超える人気作である。 ラッコのぼのぼの、シマリス、アライグマなどの森の生物の「ほのぼの」した生活を描いているが、実は哲学的なこの作品。 20年ぶりの「ぼのぼの」は4月2日スタート、毎週土曜午前4時52分~5時に放送される..... 毎週土曜午前4時52分~5時!?!? 時間早すぎ...? ってことでモチベーションが上がるように「ぼのぼの」に出てくる名言でも少しだけ貼っておきます。 スナドリネコさん "ぼのぼの、生き物は、絶対、こまるんだよ。こまらない生き方なんか、絶対、ないんだよ。そしてこまるのは、絶対、おわるんだよ。どうだ、少しは安心してこまれるようになったか?" シマリスくん "いつだったかおとうさんがたいせつにしているものをこわしてしまったことがあるのでぃす。正直に言おうか言うまいか三日三晩悩みました。 その間が地獄なのでぃす。しかし正直に言うと決めれば地獄は終わるのでぃす。あとは最悪でも、どなられるかなぐられるだけではねいでぃすか。" ダイねえちゃん "誰かの悪口をそのまま信じることは、その悪口を言ったものと同じくらいいけないことですよ"  "アライグマさん、好きかどうかというのは二人だけの問題です。決して誰かに証明しなければいけないものではないのです" ぼのぼの "誰かといっしょに歩くのはたいへんだね ぶつからないように はなれないように 話しながら笑ったり 曲がらないようにして あわてないようにして うるさくないようにして" "何かを探すんだったら道をまちがえちゃいけないよ。ひとつでもまちがえるともう見つからないよ。でもまちがっても大丈夫。別なものが見つかるから" 
これが実話とは!!「カルト村で生まれました。」
「カルト村」で生まれ育った著者の少女時代の回想記録エッセイ。ちょっと見ただけで「ええええ!」ってなりますよ。これが平成の今の時代の話というのだから驚きです。 カルト村、ってそもそも何?って感じですよね。 まずはこちらをどうぞ。 〈カルト村ってどんなとこ?〉 ●大人と子供の生活空間が別々 ●朝5時半起床で労働 ●布団は2人で1組 ●食事は昼と夜のみ ●卵ミルクを飲ませられる ●お小遣いはもらえない ●すべてのモノが共有で、服もお下がり ●男子は丸刈り、女子はショートカット ●ビンタ、正座、食事抜きなど体罰は当たり前 ●手紙は検閲される ●テレビは「日本昔ばなし」のみ ●漫画は禁止、ペットも飼えない ●自然はいっぱい。探険など外遊びは楽しい♪ すごくないですか、これだけでも十分にお腹いっぱい、あるいは頭ん中ハテナマークだらけになると思いますが、さらに興味が深まった人はこちらをどうぞ。一部だけですが、読めます。http://crea.bunshun.jp/articles/-/9637 これ、本人的には絶対に大変だったと思うんですが、ほんわかした絵の雰囲気とユーモアのある手書き文字につい和んでしまうという。読みやすいです。しかし、冷静に考えるとほんとあんな過酷な状況でよくちゃんと大人になって・・・と思ってしまいます。。 しかもこの村今も実在するらしいです。その世界では有名な団体みたいですね・・・犠牲になっている子供たちが今もいるということですよね・・・それって大丈夫なんだろうか。いろいろ考えさせられます。 http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163904047