ABCsorber
2 years ago1,000+ Views
”ダックワーズ”考案者・三嶋隆夫氏のお店「フランス菓子 16区」
福岡スイーツ界では”横綱”的なお店であり、マカロンと似たメレンゲ焼き菓子「ダックワーズ」を考案した三嶋隆夫氏がオーナーシェフを務める洋菓子店。
まず、あのダックワーズの誕生に日本人が関わっていたことにビックリ。しかも、その方のお店が福岡にあることにまたビックリ。
ダックワーズは三嶋さんがパリ16区の菓子店「ARTHUR」のシェフを務めていた1979年に考案したんだとか(そう、お店の名前の由来は”そこ”です!)。
その翌年、1980年に帰国。そのまた翌年の1981年10月に「16区」をオープンさせたのだそう。以来、35年に渡り福岡のスイーツ界を牽引してきた重鎮で、今では福岡で知らない人はいない名店として知られています。
福岡みやげというと、明太子や博多通りもんが定番ですが、16区のダックワーズもぜひリストに加えてみてください。
2 comments
ダックワーズそうなんですか!びっくり!かなり甘いものの中でも好物なんで覚えておきます。
2 years ago·Reply
詳しいことは分かりませんが、らしいです。是非とも福岡へ〜!
2 years ago·Reply
7
2
3